パスワードを忘れた? アカウント作成

弾薬に使う火薬工場を政府が建設へ。自衛隊向け」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    火薬なの?
    #かやくごはんうまい!

    • by Anonymous Coward on 2022年09月20日 19時47分 (#4329518)

      弾に爆薬詰めたら砲身がはぜると思われ。

      • by Anonymous Coward

        おいおい、前装砲の時代から弾には火薬を詰めてきたよ。

        • by Anonymous Coward

          前装砲の場合火薬は弾ではなく銃身に詰めたのでは

          • by Anonymous Coward

            もちろん両方に詰めたよ。

          • by Anonymous Coward

            最初期に前装砲&&榴弾で運用されて有名なのは臼砲でしょうか
            フランスで作られたボムケッチ(臼砲艦)などは17世紀のものですし
            もうちょっと古くルネサンスの頃には実用化はされていたようです

            // てつはう?ギリシアの火?調べたら色々出てくるし砲弾に使った人もいるような気がするけどけどさすがにオフトピ気味なので…

            • by Anonymous Coward

              後に火薬で打ち出す「火砲」「大砲」が出てきてその略語としても使われはしているが、元々中国文明における「砲=礮」という字は「石偏」で判る様に「投石器=カタパルト」を意味していた。
              当然、その当時(発明は紀元前5世紀頃)から油等を利用した焼夷弾は存在していたし、後に唐代に発明されたとされる黒色火薬は、宋代迄に投石器で投射される砲弾=爆弾=榴弾に採用されている。
              そして南宋が対モンゴル戦に使い(金朝による使用は不明)、受け継いだ元が元寇で「てつはう」などとして使う事になる。
              この頃の銃砲は棒の先に短い筒を槍穂の様に挿し、その中の火薬に点火その先の石類を打ち出す「火槍」で、モンゴル帝国がヨーロッパ・中東に持ち込み、そこで鉄砲・火砲=大砲に進化していく。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...