パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

マイクロソフトがフォントからカギ十字を削除」記事へのコメント

  • タレコみ子です。
    タレコみで「まんじ」と「かぎ十字」の違いを理解してない部分があります。

    ロイターの元記事をAmikaiを使った翻訳サイト(Excite)で翻訳したときに
    「Swastikas」を「まんじ」と訳したので、誤って読んだ・理解してしまい
    • EXCEED 英和辞典: swastika [infoseek.co.jp]

      エイゴでは、卍もかぎ十字も swastika なんですね。初めて知りました。。。まぁ、「熱い」と「辛い (からい)」の区別もできない言語だからなぁ (^_^;

      --
      むらちより/あい/をこめて。
      親コメント
      • Re:swastika (スコア:1, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2003年12月14日 8時19分 (#454353)
        まぁ、「熱い」と「辛い (からい)」の区別もできない言語だからなぁ
        できます。温度の「熱い」と紛らわしい文脈では"spicy"や"zesty"、"zestful"と言って明確に区別します。ぴりりと辛いというときには"piquant"や"snappy"、舌を刺すような刺激は"pungent"、風味がきいているのは"seasoned"、とにかく風味が強いときは"tangy"、食欲をそそる風味を示すには"savory"、香辛料の作用のなかでも香りの方を強調したいときは"aromatic"という言葉もあります。日本語と比べて味覚について英語の語彙が特に貧弱とも思えません。むしろ日本語のように「~と(に)辛い」というような言い方をしなくてすむくらい、独立した形容詞がいろいろとあるのが英語ですね。

        "hot"が両方の意味で使われて紛らわしい、という意味で「区別もできない言語だ」というのなら、日本語だって単に「からい」と言っただけでは「鹹い」のか「辛い」のか区別ができないようなお粗末な言語、ということになってしまいます。

        親コメント
        • by Anonymous Coward
          pungent は「鼻につんと来る」(山葵や貝割れ大根のような)というほうが分かりやすいのでは。
        • by Anonymous Coward
          たしかに言語としては区別してますよね。
          元コメントの人は「区別しない民族」と書いた方がよかったのかもしれません。
            #ちゃんと使い分けしてる人はほとんど見ない
            #そもそも、味覚的に区別できないのかもしれないが
          • by Anonymous Coward
            同じこと。
            「ある外国では区別されているが日本語での通常の会話では区別されない概念」
            など、探せばいくらでも出てくるだろう。
            例えば、自由とLibertyとFreedomとか。
          • by Anonymous Coward
            > ちゃんと使い分けしてる人はほとんど見ない

            きっと交友関係に依存するんじゃないかな。豊かな教養があるのならきちんと使い分けている人も(それこそいくらでも)いますよ。
      • by Anonymous Coward
        どちらも起源はサンスクリット語のsvasticaにあるのだから間違っているわけではないですね。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...