パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

文化庁が逆輸入格安CDについて意見募集」記事へのコメント

  • by astro (17245) on 2003年12月14日 10時10分 (#454383) 日記
    どこにコメントをつけようか迷ったのですが、新規で起こしちゃいました。

    ま、タレコミやソースで触れられている通り、(現時点で)違法ではないけど
    国内の胴元(レーベル)からすれば面白くない話なので、なんとかしたい、
    というのだと思われます。

    音楽CDは、”文化の担い手である”というのを印籠にして、再販制度を維持することで
    利権を固めてきました。
    その制度の根幹をつぶしかねない逆輸入CDの増加に、さすがに目がつぶれなく
    なってきたのでつぶしてしまおうということなのでしょう。

    これはある意味価格統制と同じことです。
    再販制度そのものが、独占禁止法の例外扱いであるだけですから、
    本来の商業行為では認められないものでしょう。
    まあ確かに、理屈から言えば「現地の価格に見合ったライセンス料」で
    プレスされたCDを、日本の市場に持ち込まれてしまっては商売あがったり
    なのは事実でしょう。
    ですが、文化の普及のための事業だとすればこれでも目的は達されているはずです。

    こういう事態を見ていて何度も思うことは、「自分達の利権は一切手放さずに、
    新たな保護だけを求める都合のいい連中」にしか思えません。
    逆輸入CDを認めないのであれば、再販制度も廃止すべきであるともいます。
    中古CDを規制するのであれば「絶版扱い」は禁止すべきであると思います。
    彼らは文化という言葉を都合のよいように使っているだけです。
    これこそが文化の普及の名を借りた、横暴な商業行為でしかないと思います。

    同様の意見を文化庁にも送ってみます。
    • 消費者団体も同様の意見のようです。
      論旨は以下によくまとまっています。

      「レコード輸入」問題について
      http://www.shodanren.gr.jp/database/083_02.htm

      重要な論点は以下の通り:
      1.音楽業界はすでに再販制度で過剰に保護されている。
          世界的に音楽に再販制度を認めている国はない。

      2.輸入権単体を認めている国はあるが、
       再販制度と輸入権をセットで認めている国はない。

      3.邦楽の輸入盤を対象とした検討といわれているが、法律上は
       洋楽の輸入盤も対象に含まないとする立法は不可能とされて(おり、
       洋楽の輸入盤の輸入制限につながるおそれがある。

      個人的には 3. が大問題です。
      親コメント
      • by hkt (2602) on 2003年12月15日 0時27分 (#454765)
        その可能性は明白に肯定されています.
        議事要旨 [mext.go.jp]によれば,
        「○ :洋盤は従前どおりという話だが、法的にはどのようなテクニックを用いるのか。例えばアメリカで製造されたレコードと、アメリカのレコードが中国で製造されたものとをどように区別するのか。また、区別した場合、国際条約上、問題はないのか。

        ◎ :制度上は権利付与については内外無差別という形で考えている。権利者が止めたいのであれば、当該地域のみの販売という表示をし、権利行使しない場合は、その表示をしなければよい。但し、洋盤についてはインターナショナル5メジャーから、止めるようなことはしないという言質を得ている。

        ○ :それは単に「止めない」と言っているだけで、止める気になればできるという権利をになるのか。

        ◎ :基本的には「止めること」は可能ということになる。

        ○ :つまり、内外無差別にしなければいけないので、法律上は世界中の真正商品を商業レコードに関して止めることができるということになるということか。

        ◎ :法律上はそうである。ただ、実際の運用では5メジャーの協力を得て現行ビジネススキームを維持しようということである。」
        ということらしいので,international major がだめだめといえば,一切の輸入レコードは禁制品となる可能性もあります.

        やはり,悪法では?
        親コメント
        • >一切の輸入レコードは禁制品となる可能性

          可能性ではないと思う.
          国内代理店がinternational majorにかけあって,
          原則輸出(国内から見れば輸入)禁止扱いになると思います.

          過去の例でいえば,CDのSCMSにせよDVDのCSS,デジタルテレビにせよ,
          コピーや再生地域を規制する "こともできる." はずだったのが,
          実際の運用上では,内容的にはどうでもいいような
          コンテンツであっても "Defaultで" 規制になっている.
          (DTV,コピーの可不可を細かくコ
          • >> こういうことからすれば,特別な戦略性を持った時以外は,
            >> とりあえず禁止にしておけということになってしまうと思います.

            今回の話とは少々ずれるけど、Real Playerの有償版がそれと似たような状況です。
            Real Playerの有償版の目玉となる機能の一つが録音・録画機能なんですが、
            実際にはほと
      • >3.邦楽の輸入盤を対象とした検討といわれているが、法律上は
        > 洋楽の輸入盤も対象に含まないとする立法は不可能とされて(おり、
        > 洋楽の輸入盤の輸入制限につながるおそれがある。

        もし輸入権が設定されたとしても、ベルヌ条約などにより単純に
        それが外国の作品にも適用される(日本への輸出権となる)というだけ。
        で、あくまでもその権利を持つのは当該の権利者だけであり、
        その権利者が特に日本で売りたくないとか思わない限り日本での
        販売を拒む要因にはなり得ないんじゃないかと。
        --

        --
        Ath'r'onならfloatあたりに自信が持てます
        親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...