パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

BEV充電代高騰で薄れるお得感。急速充電多用ならガソリン代超えも」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2023年11月27日 18時30分 (#4570308)

    ・電気代高騰により割安感なし。(しかも補助金はいってるにも関わらず)
    ・バッテリーに絶対的な寿命があるので買い替えなくてはならずさらに割高。
    ・改善しているが航続距離は短い。
    ・部品点数は減ってるのに実は重い。
    ・寒さに弱い、大雪で立ち往生した場合生死にかかわる。
    ・消火方法が確立されていない。(確実な消火方法は車全体を水につけるのみ)
    ・そのため船舶でのEV輸送を断る流れが出てきている。(今年あった船舶火災の影響)

    • by Anonymous Coward on 2023年11月27日 20時41分 (#4570407)

      EVは現状車両事故が起こったときにリチウムイオン電池火災が突然発生する可能性があるので単純にレッカー出来ないという問題がある。

      ドイツやポーランドだと事故対象車両がEVだった場合には防火内張を行った箱を積んだ積載車を別途用意してそれに積んで移動する模様。
      https://youtu.be/oKcvLeMWp3c?t=750 [youtu.be]
      単純にレッカー移動に必要な車両が増えることになる。
      レッカー対応するスタッフも防護服を着用する。
      https://youtu.be/oKcvLeMWp3c?t=101 [youtu.be]
      この防護服搭載車両も出場する必要がある。
      電圧の低いバッテリーを搭載したコミューター車両であっても、上記の防火内張箱積載車が出場している。
      https://youtu.be/8j4GaF-XIxk?t=381 [youtu.be]
      今後リン酸鉄リチウムイオンバッテリーや全固体電池がEVの電池として主流になってきた場合にはまた変わってくるかもしれない。

      過疎地や離島で長距離走れなくても良く日常の近距離コミューターが欲しい場合で、燃料補給網を整備しなくてもよい・電気だけ持っていけばよいというのは
      大きなメリットではあるので、長所短所あるのは事実だろう。

      親コメント
    • by hinatan (24342) on 2023年11月28日 9時37分 (#4570584) 日記

      この記事ではでBEVでは無税だから、
      今後ガソリン税に相当する走行距離税が入るとなんのメリットもないね

      親コメント
    • >消火方法が確立されていない。(確実な消火方法は車全体を水につけるのみ)
      これはEVだけじゃなく、HVやPHVにも当てはまらないのかな?

      といって今更純ガソリン車には戻れないでしょうし

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      いちおう「石油消費による環境破壊を防ぐ」というメリットはある。
      でも原発を封じたのに再生可能エネルギーも伸び悩みとなると結局石油回帰になってしまう。

      • by Anonymous Coward on 2023年11月27日 20時20分 (#4570396)

        2018年の研究なのでちょっと古いけど、こちらが参考になるかなあ。
        Fig.7に様々な車種のライフタイムCO2排出量(LCCO2)の比較が出てる。
        BEVは製造時のCO2排出が多いので、日本国内では10万kmくらいまではICEV(ガソリン車)の方がライフタイムCO2排出量は少ない。

        石崎啓太, and 中野冠. "内燃機関自動車, ハイブリッド自動車, 電気自動車, 燃料電池自動車における車内空調を考慮した量産車両 LCCO2 排出量の比較分析." 日本機械学会論文集 84.866 (2018): 18-00050.
        https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/84/866/84_18-00050/_pdf... [jst.go.jp]

        エンジンの効率もかなり上がってるんで、例えばヤリスのエンジンはすでに火力発電の電力を使うBEVより少しCO2排出が多い、くらいにまで迫ってるし。

        火力発電メインの日本だけの傾向でもない。
        こちらは国外での同様の比較。
        Fig. 2に比較が載ってる

        Kawamoto, Ryuji, et al. "Estimation of CO2 emissions of internal combustion engine vehicle and battery electric vehicle using LCA." Sustainability 11.9 (2019): 2690.
        https://www.mdpi.com/2071-1050/11/9/2690 [mdpi.com]

        EU, USはさすがに優秀でEUは7.7万km、USは6.1万km以上でBEVの方がLCCO2の排出量は少なくなる。この辺は原発効果かね。
        一方でChinaで逆転が起こるのは11万kmを超えてからだし、Australiaではずっとガソリン車の方がCO2排出量が少ないまま。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2023年11月28日 9時38分 (#4570585)

          ライフタイム排出量と言うならば車自体の廃車までの平均車齢で考えないとダメじゃないの? というのは置いておいたとして。

          https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/ev-global-life-cycle-co2-em... [evsmart.net]

          2020年の記事で、マツダの論文を元にした考証では国によってクロスラインは差があって
          現在の排出量だけで言えば4万キロ~10万キロが転換点になりますね。この時点で既にEVにICEは負けてます。

          そこから更に燃費(CO2排出量)の改善や発電に関わるCO2排出量の低減を含めるとこの差はもっと短くなる点、
          及び車の燃費は製造時でほぼ固定され、買い替え以外では低減が行われないのに対し、
          EVで使用する電力のCO2排出量の低減は発電側の効率改善が常に反映されてくる点を考えれば、
          少なくともCO2排出に関してICE側に復活の目はなさそうですね。

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2023年11月28日 12時28分 (#4570683)

            > 現在の排出量だけで言えば4万キロ~10万キロが転換点になりますね。

            このマツダの論文、バッテリ生産時の排出量の数字を2010~2013年の文献からとってきているので
            実は「現在の排出量」にはまったくなっていないという問題があるそうです。

            ソース:
            https://twitter.com/kei_sakurai/status/1340336785050648576 [twitter.com]
            > マツダ論文ではバッテリ生産時の排出量の数字は2010~2013年の文献から引っ張ってきているので、現在のEV技術には適用できません。(論文にも、ちゃんと断り書きがあります。)
            > https://togetter.com/li/1433600 [togetter.com]

            ちなみにそのスレッドの続き
            https://twitter.com/kei_sakurai/status/1340338225164865538 [twitter.com]
            > MITチームによる可視化サイトでも、排出量比較ができます。日本の条件でも、添付画像のように削減になります。
            > http://carboncounter.com/ [carboncounter.com]
            > 自動車全般で使われる、原料採掘から廃棄までカバーするアルゴンヌ国研のGREETモデルに基づいてます。
            > https://greet.es.anl.gov/ [anl.gov]

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            > 現在の排出量だけで言えば4万キロ~10万キロが転換点になりますね。
            なるほど
            > この時点で既にEVにICEは負けてます。
            なんで?

        • by Anonymous Coward

          「石油消費による環境破壊を防ぐ」といった場合(特に電気エネルギー関連では)単純にCO2排出だけを指すわけじゃないから。

          • by Anonymous Coward

            現状
            ・CO2排出量基準でガソリン車の方がクリーン
            ・それ以外の排出物質についての環境影響およびCO2と合わせた総合的な影響は評価待ち
            ということで良い?

    • by Anonymous Coward

      そこでヤシマ作戦ですよ

      # それはEVA

    • Re: (スコア:0, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      個人にはメリットがなくても、日本全体で見れば石油依存を緩和するという大きなメリットがあるよ。
      中東情勢によって経済が左右されるという。
      太平洋戦争に突入したのは、米国の石油輸出規制だった。
      高度経済成長が終わったのもオイルショックだった。
      失われた30年のバブル崩壊のきっかけは、湾岸戦争だった。中東に石油を依存していた日本はかなり戦費をとられた。
      ガソリン代には含まれてないけど、中東からのシーレーン確保の為のコストはかかってるんだよ。

      • by Anonymous Coward

        でも今はその増えた消費電力を化石燃料で稼いじゃってるのでなんだかなぁって話。
        まぁ雪国なんで現時点ではそもそも選考外なんだけど。
        乗りたい人が乗ってりゃ良いんじゃ無いの

        • by Anonymous Coward

          そうはいっても、貿易赤字がヤバいので、雪国はともかく都市部では普及させた方が良いと思うが。
          EVの利点は石油が買えなくても、他の電源でなんとか凌げる可能性があることで。
          政府も原発再稼働を急いでるし、2030年代には原発がボコボコと新設される予定ではあるので、だいぶマシになるんじゃない?

          • by Anonymous Coward on 2023年11月28日 1時05分 (#4570505)

            そうやってEVしか未来は無いと突き進んだ結果、欧州は大失敗して見直しを迫られているよ。
            EVの問題点としては発電の問題もあるけど、更に送電網の追加整備も物凄いコストになるし、充電設備の整備は更に酷い。
            さらにさらに廃バッテリー問題とか、中国みたいに埋めれば良いみたいな処理は日本じゃ出来ないのが問題。
            別の路線で原発を水素専用原発にして水素の利用拡大した方がまだ将来性はあると思うよ。
            日本のメーカーが水素で動く2ストエンジンを開発したってニュースが最新で出てきているよね。
            他に次世代エンジンとして超希釈インジェクションの超低燃費エンジンとか日本は色々とやってるのでもっと視野を広げるべきだと思う。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              正直、欧州は「トヨタにはEVを開発する技術がない」っていう変な投資家連中の言葉を真に受けて
              トヨタが乗っかっちゃったから見直してるように見えちゃうけど…

              それはともかく、欧州でウケてるのは排ガスやエンジン音が無いことが理由だから、水素レシプロじゃダメでしょ。

              • by Anonymous Coward on 2023年11月28日 6時49分 (#4570527)

                トヨタがどうのっていうより、欧州メーカーはディーゼル詐称でどうにもならなくなってEVに移行する道しか見えなくなっていたというのが正しいよ。
                逆にトヨタが色々と欧州メーカーに他の道も提示する事になってEV特化じゃなくなった。
                トヨタはハイブリットの特許を公開したり、水素エンジンの共同開発を欧州メーカーに持ちかけたりと色々やってるよ。

                ちなみにVWが高級EVとか出したけど全く売れずに困り果ててるくらい欧州でも人気がないよ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                タイカンは売れてるらしいけど

              • by Anonymous Coward

                いや、トヨタがどうこうって話じゃね?

                オレらが作った自動車なのにイエモンがうまいこと作るもんだから気にくわねぇ。トヨタ、とくにお前は気にくわねぇ。
                即潰す。EVにすりゃ負けねぇ。エンジンは時代遅れって事にすんだ。ディーゼルはアレがアレしなかったからとにかく忘れよう。ダウンサイジングターボはもともとアレだから忘れたよ。

                だけど、EV最近怪しくね?それとメリケンのテッスーのバリュー強めだしジンも安っすいのぶち込んでくるし。

                ここでトヨタに「THSってさぁ、最近どうなの?アレしてくれるって言ってたけどさぁ、まだアレなの?ウチのアレに組み込んでー、ねぇ、アレしてもいいかな?と思ってさぁ…。ヒソヒソ(いくらでアレできるの?)」って聞かないところがプライドばっか高いユロピアンだよね。

            • by Anonymous Coward

              なんだか原発の廃棄物に関しては鬼のように煩いのに、やはり環境汚染が問題になるバッテリーの廃棄に関しては何も言わずにEV! EV!と叫ぶ人の多いことよ。

              汚染って意味では放射性物質だろうが重金属だろうが大問題だろうに。
              かつての各種公害被害は忘れ去られてるのかねぇ。

            • by Anonymous Coward

              EVしかない。なんて誰も言ってないと思うが。
              少なくとも短距離移動が中心の小型車にはEVが向いてるだろう。
              水素は有望だけど、ガソリンのように簡単にタンクローリーで運べるものではないので、パイプライン必要。全国に今のガソリンスタンド並みの補充インフラを構築するのは恐らく無理。必然的に、水素は商用車中心になるのではない?
              先日そんな話題があったのを思い出した。
              https://srad.jp/story/23/11/16/1414244/ [srad.jp]

          • by Anonymous Coward

            都心の月極駐車場の大半が充電機付になるか、充電時間が大幅に短縮されないとなかなか難しいのでは。
            急速充電45分じゃガソリンの代わりに充電スタンドを作っても順番待ちがひどくて使えなさそう

            ところでEVは乗らなかったら何日ぐらいでバッテリー切れちゃうんだろう
            走行中にバッテリー切れたにJAF呼んでも充電方法がなさそう

            EV普及させたいならそういう周辺部分をどうにかしないと無理だと思うんだけどなー

          • by Anonymous Coward

            なら、2030年代になったらEVを検討しようかな
            その頃には全個体電池も実用化されていそうだし
            近距離用としてなら今もEVは需要はあると思っているけど、その需要がある都市部だと車は1台しか確保出来ない
            なら制約の少ないハイブリッド車の方を購入しちゃうかな
            EVも頑張っているとは思うが、まだ時期尚早かなぁ

      • by Anonymous Coward

        石油が無きゃガソリン車もEVも作れないし、他の多数の産業が成り立たない。
        プラスチック製品は見かけ上リサイクル率が高いけど、半分以上はサーマルリサイクル。燃やして燃料にしている。

        • by Anonymous Coward

          量の問題よ。日本の経済を安定させるためには、石油の輸入を減らす必要がある。
          近年、原発を止めてしまった影響で、燃料購入の貿易赤字が激増。
          その結果、円安を誘発して輸入物価暴騰を招いている。
          ↓このへんのニュースなど参照。
          https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230119/k10013953591000.html [nhk.or.jp]
          状況がヤバいことに気づいた政府は、大慌てで原発再稼働を進めてるけど、どうしても時間かかるから。

          • by Anonymous Coward

            > 状況がヤバいことに気づいた政府は、大慌てで原発再稼働を進めてるけど、どうしても時間かかるから。

            いや政府はずっと前から急いでるやろ…

            • by Anonymous Coward

              本当に慌てだしたのはコロナ後+ウクライナ侵攻後。
              それ以前は天然ガスが割と安かったから、大慌てという程ではなかった。
              ロシアから割と安く買えてたのもある。

        • by Anonymous Coward

          樹脂が無きゃ内装もタイヤも作れないし、車以外でも化繊や医薬品なども。
          健康で文化的な生活は厳しくなる。
          これを化石由来以外に置き換えるとするとすぐには難しい。

          量、日本国内でって事なら、徐々に減っていくだろう。いつどれくらいかは知らんけど。
           燃費の悪い古い車が徐々に減っていく。
           道路整備(拡幅、新道/バイパス開通、線形改良など)で燃費が改善。
           人口減少で車の数自体が減る。
           僻地の集落消滅が増える。
          などなど。

      • by Anonymous Coward

        > 日本全体で見れば石油依存を緩和するという大きなメリットがあるよ。

        原発ガンガン利用するのが前提ですねそれ。正しいけど。

        • by Anonymous Coward

          そうね。ただ原発だけじゃ足りなそうだけど。
          ガソリン車は石油が入ってこなくなると完全に詰むのに対して、他の燃料でもやっていける可能性があるのが大きい。
          例えば太陽光だと晴れた昼間しか充電できないけど、それでもないよりはるかにマシ。

      • by Anonymous Coward

        古典的だけど、タクシーのようなLNGでいいんじゃない。電気に飛びつく理由がね。

        • by Anonymous Coward

          LNGスタンドを増やすぐらいなら、水素ステーションの方がまだよさそう。

        • by Anonymous Coward

          タクシーはLNGじゃなくてLPGだ。
          ついでに言うと車両に使う天然ガスはLNGじゃなくてCNGだ。

      • by Anonymous Coward

        化石燃料への依存への緩和を重要視するなら、もっと原発を容認すべきだと思うよ。
        しかも国際情勢にも影響が無いというメリットもある。
        日本なら放射能の恐ろしさを世界一知っているんだから、安全な原発運営は出来ると思うんだよね

        • by Anonymous Coward

          福島ではできてなかったし、事故後も柏崎刈羽で出鱈目な運用してたんだが。

    • by Anonymous Coward

      加速が良いとか静かくらいか?
      機械式時計みたいな趣味のおもちゃだな

      • by Anonymous Coward

        かつては、意識高いオレ、をアピールできるってのもあった。

        • by Anonymous Coward

          それは今でもだろ。

          エンジンも燃費良くなってるしね。
          これ以上は厳しそうだけど。

    • by Anonymous Coward

      EVの一番のメリットは、買えない人が増えて道が空く。

    • by Anonymous Coward

      マジレスすると有害な排ガスが出ないので倉庫内で使用とかならメリット大きいと思うのだが。

      • by Anonymous Coward

        実際、電動フォークリフトとか結構ありますよね。

    • by Anonymous Coward

      ・EV充電インフラ 維持管理に課題 事業から撤退する修理業者も
      https://www3.nhk.or.jp/news/contents/ohabiz/articles/2023_1114.html [nhk.or.jp]

      故障の報告は、2014年からの10年近くで2万3873件に上っています。設置から時間がたち、老朽化したことなどが原因だとみられます。
      設置で補助金ジャブジャブ、維持管理で税金ジャブジャブ。

      • by Anonymous Coward

        充電設備を普通充電器と急速充電機に分けて増減を調べると、総数では減ってるのはもっぱら普通充電器と30kwh程度の低速の充電器。
        それ以外の急速充電器は伸びの多寡はあっても一貫して増えていますね。

        普通充電器の多くは宿泊施設や商業施設でしたが、これはコロナ過で施設自体が廃業しちゃってるところも多いとか、
        施設と需要のミスマッチ(滞留時間と充電出力が合っていない)などもあるので、需要自体が減っているって訳じゃないですね。

        外出先での補充電では一番需要が高い高速道路ではSA、PAの設置がeモビ一社の独占体制だったのも進まない理由でしたが
        今年になってようやく公正取引員会の調査が入ったので、今後は改善されるんじゃないですかね。

        残る問題は完全に世界から取り残されてガラパゴス規格化した低性能のCHAdeMOをいつ捨てるか。
        これはもういい加減に窓ポイッするべき時期なのだけど、その決断が遅れると設置した充電器の陳腐化と更新が難しくなるよね。

    • by Anonymous Coward

      メリットがあるかないかで言えば、走りはガソリン車の比じゃないのはメリット。
      エンジン車しか乗ったことが無くて、EVのメリットが分からないって人は、一度試乗してみればわかると思うよ。
      全然違うから。

      でも充電が問題なので、現状では日産のe-Powerがベストチョイスじゃないかな。

      • by Anonymous Coward

        「スバルの軽トラみたいな特性だな」って感想。まあ静かだけど。
        # 60km/hより先の事は知らんよ

        • by Anonymous Coward

          つまり農道最強ということか

      • by Anonymous Coward

        加速性能とかに、全く価値を見出さない人もいるんだよ。

    • by Anonymous Coward

      現実は大雪で立ち往生した場合はむしろ内燃機関積んでる車の方が死亡事故起きてて生死に関わってる様な。
      BEVは動かさないで暖房だけなら結構長時間安全に暖が取れる様ですよ。

      ガソリン車はアイドリング状態で1~2l/時のペースで燃料を消費するので、40~50lのタンクだと
      満タン状態から20~50時間で空になりますね。大雪で気温が低い状態ではHVでもエンジン回りっぱなしになりますし、
      なんならHVは燃料タンク容量が小さい傾向があるのでもっと短いかも。

      https://kuruma-news.jp/post/595191 [kuruma-news.jp]

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...