パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

花びら占いより有効な愛の確かめ方」記事へのコメント

  • Nemesysco社 [nemesysco.com]のSENSE技術 [ex-sense.com] は1997年にイスラエルでAmir Liberman氏に よって発明された音声分析技術です。 それは元々はセキュリティ目的(テロ対策)用のものでした。
    SENSE技術とは「Poly-層」音声分析の商用バージョンで、分析にはすべての会話から集められた129の音声パラメーターを使用します。 その為SENSEは他の音声分析技術と異なり、 声の異なる層を分析する事による感情の範囲に 関する詳細な見解を提供する事が出来ます。

    上記は、Nemesysco社の技術解説からの抜粋です。

    SENSE技術の分析プロセス
    まず普通の状態で音声を入力し、正確な周波数スペクトルを
    • 音声から感情などの心理状態を推定するという研究は 現在盛んに行われていますが,「愛」のような微妙なものを 90%以上で判別・・・というのはにわかには信じがたいです. 少なくとも現在知られている音声分析技術では,「誰が何を 言っても愛情の判別ができる」というのは不可能だと思ってよい と思います.

      バウリンガルと同程度の信頼性だと思って使う分には 問題ないと思いますけどネ.

      親コメント
      • Love Detectorだと「ジョークグッズだろう」で済むのですが、
        世にはいろいろなものが有りまして・・・。

        Why Cry (ホワイクライ) [cgi1.net] という商品が原沢製薬工業 [harasawa.co.jp]から発売されています。 スペインの育児用品販売会社のネトゥリン社の製品だそうですが、 赤ちゃんの泣き声を 空腹、退屈、不快、眠気、ストレスの5つに分類して、 ランプが点灯するというもので、 生後10ケ月までの赤ちゃんが対象になっています。希望小売価格は1万6800円。
        概念的には、赤ちゃん用の バウリンガル [takaratoys.co.jp]なのでしょうが、こちらはジョークグッズという位置付けでは無い様です。

        「赤ちゃんの健全な発育のためにも、 赤ちゃんが何を欲求して泣いているのかを理解し、 その欲求に合わせたケアをすることが大切なのです。 泣き声にあてはまる部分のランプが点灯しますので、 分析結果を参考に、赤ちゃんをケアしましょう (例えば、①空腹 が点灯した場合は、ミルクをあげるなど)。」

        発売元の、原沢製薬工業では機能をこのように説明しています。 ただし、 「あくまでも補助的な物で赤ちゃんの様子をよく見て、泣いている理由を判断して欲しい」と書いてあります。 スペインでは実際に何万台も販売された実績があるそうです。

        インチキ商品では無いですが、なんだかなぁ商品の様に思えます。
        夜泣きに悩まされると、こういうものが欲しかったりするでしょうか ?

        親コメント
        • IT media [itmedia.co.jp]が2ヶ月の赤ちゃんに使ってみたようですが、
          記事を読んでいて感じるのはお母さんが偉いという事。

          機械を使っているけれど、自分の判断を優先させている。
          多分初めての子供ではないのでしょうね。
          こういう人にはいっさい必要ない機械だなと思いました。

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...