パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Eolas社のプラグイン特許が無効化へ」記事へのコメント

  • ソフトウェア特許から個人(又は企業)の創造性を守るためのオープンアイデアデータベースなんてのが欲しいところですね。

    自分のアイデアを公知にすることで、「誰でも思い付くような」特許から逃れられ、フリーなアイデアの再利用によるソフトウェアの発展が望めるのではないかと思います。
    また、自分の実現したいソフトウェアのアイデ
    • うーん、それはそれで、後からどうとでも内容を解釈できる曖昧なアイデアを書いておいて他社を訴えて回る企業(or個人)が出てきそうだけど、それでも、実現すれば現状より技術競争が健全な方向に向かうかもね。面白いなあ。・・・なんだか他に穴がないか不安になるけど。

      それと、やるとしたら特許庁がいいのかなあ。OSDNでやってみるって、どう???
      • by nai (14015) on 2004年03月08日 12時39分 (#509722)
        えーと、そのデータベースに登録した時点で公知化する(つまり特許として成立しなくさせる)ことが目的なので、アイデアを書いた時点で特許権を放棄してるのと等しく、そのアイデアによって他人を訴えることはできなくなると思います。
        (後から訴えられる可能性があったら再利用可能ではないので)

        登録者は登録時点で「その特許権を放棄すること」と、再利用時のリスクを少なくするため「可能な限りそのアイデアが特許申請されていないか調べること」が求められるでしょう。
        前者は、「将来こういうソフトが作りたい」という人に、そのアイデアを特許から守る(その時点で特許が既に取られてなければ、ですが)手段と引き換えにすることでクリアできるでしょう。
        公知化される=他人が実現する可能性がある、ということですが、自分ならそのデータベースを見た他人がアイデアを実現したとしても、実装したのなら許せる、というかむしろ嬉しいでしょうしね。

        問題は後者です。果たして個人で既存の特許をチェックすることができるのか?
        それは完全には(もしくはほぼ)無理でしょう。
        それでも、これを実現することには意味があります。
        特許足り得ない特許と戦い、創造性の自由を勝ち取るという意味が、です。

        自由に使えてよく整備されたライブラリがプログラミングで重要であるように、アイデアのライブラリも重要であるという認識を持つべきかもしれません。

        # OSDLでもいいですねー。オープンソース?ですしね。
        親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...