パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

PC9801 Linuxを救え!」記事へのコメント

  • 誰もメンテナンスしてる人(できる人)が居ないなら、消して構わないと思います。

    Plamoも4.0β1でサポート切っちゃったし、もう使ってる人殆どいないんじゃないでしょうか。

    [linet.gr.jp]FreeBSD(98) [freebsd.org]みたいにきちんとメンテできる人がいるなら、消す必要もないだろうけど。
    • えっと(#549478)さんが FreeBSD(98) でリンク張った先は本家がリリースしている FreeBSD/pc98 です。
      FreeBSD(98) [freebsd.org]とは違うものです。

      なんだかんだ言っても、京都方面(KMC [kmc.gr.jp])には足を向けて寝られません。
      • 成果物を作ったKMCの功績はありますが、それとならんで、committer(含core)のうち何名かが日本での作業に興味を示してくれたのが成功への切り札だったのではないでしょうか。彼らは各種イベントのみならず、個人的な旅行も含めて何度か来日し、日本人の考え方を理解しようとしてくれました。また、開発作業だけでなく、観光やユーザ会とのミーティング、宴会などさまざまな面での付き合いにより、個人的な信頼関係も築けています。

        昔、libcやOpenSSH(それともOpenSSLだったかな?)でセキュリティホールが相次いで発見さ

        • そこまでしなくても、継続してそれなりの成果物を残せれば、認めてもらえませんか?
          相手によると思いますが。

          たしかに直接会って話を出来るのが理想ですが、距離があるとなかなか難しい物があります。
          親コメント
          • そんなに簡単なものではないです。いくら成果物を出したところで、それを分かってくれる人がいなければ頓挫してしまうのはnewconfigの例で明らかになりました。私自身、newconfigに関わっていた人たちに会ったことはありますが、コミュニケーションについては日本人との間ですら障害がありました。ましてや、アメリカ人やヨーロッパ人を説得させる能力がなかったのは間違いありません。

            また、当のアメリカ人やヨーロッパ人も、PCの前を離れ、同じ街に住んでいる仲間同士で飲み食いすることはよくあります。海の向こうにいる人よりも、近所に住んでいる人の方がずっと親近感があるわけです。そこにメールやIRCだけでいきなり殴り込んだところで、最悪の場合、忘れ去られてしまうのがオチです。

            それから、渡航費や時間などのリスクを負って直接会いにいくという行為自体がアピールになることもあります。自分自身、人に会うために有給だけ、あるいは無理な出張を入れて海外へ飛んだことが何度かあります。高々1週間ぐらいしかとれないのですが、それでも先方は自分に会いたくてやってきたことを分かってくれました。街の散策や観光などに付き合うなど、いろいろ楽しませてくれるようなこともやってくれました。きちんとリターンを用意してくれているのです。リスクを負うことを単に自分の金や時間が逃げていくとしか捉えない人もいますけど、それでは結局新しいことができないのも事実です。

            親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...