パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

金メダリストの遺伝子を追え」記事へのコメント

  • by Pen2 (18210) on 2004年05月24日 18時05分 (#554960)
    ハードな病気とちがって
    金メダルに対応する遺伝子なんて、見つけられる?
    全然科学的に見えないが。
    • by Ryo.F (3896) on 2004年05月24日 18時13分 (#554969) 日記
      「金メダルに対応する遺伝子」を探しているのではなくて、「運動能力と関わりの深い遺伝子配列」を探している、とありますね。競技の内容にはよるでしょうが、一般に、五輪金メダリストなどの一流選手は、運動能力が高いでしょうから、それに対応する遺伝子も見つかるかもしれません。
      しかしながら、一流選手になるには、高い運動能力の素質に加えて、努力を続けられる能力みたいなものが関係しているのではないでしょうか?それは遺伝とは無関係かもしれないし。
      親コメント
      • by yammasky (17908) on 2004年05月24日 18時38分 (#554987) 日記
        >しかしながら、一流選手になるには、高い運動能力の素質に加えて、努力を続けられる能力みたいなものが関係しているのではないでしょうか?それは遺伝とは無関係かもしれないし。

        いやいや、なんでも遺伝子って感じの最近の風潮なら、そのうち絶対に「我々のグループは『努力』に関係する遺伝子を発見した」って言い出す輩^H 研究者がどっかからでてくると思いますよ。
        親コメント
        • Re:ハチ属だと (スコア:3, 参考になる)

          by odd-bee (22004) on 2004年05月24日 22時45分 (#555147)
          ミツバチ(門番バチ)の脳にカクゴ(覚悟)遺伝子 [asahi-net.or.jp]が有るそうです。

          これが発現しているハチが、「死を覚悟して」スズメバチにさえも攻撃を仕掛ける行動を取るのだそうですが、ウイルス感染によってこの遺伝子が入り込んだとか書いてありました。

          このハチの話は本能行動なんですけど、そのうちに『努力』遺伝子を発見したと言い出す研究者が出る、に一票

          親コメント
          • by sago (22454) on 2004年05月26日 14時21分 (#556118)
            リンク先よんだんですけど,なんでもかんでも遺伝子異常とか脳の病気とかで根拠づけて「病気」としてカテゴライズすようとするのは最近の風潮でしょうか?
            そんなこといってたら完全に「正常(健康)」な人なんているのか?もしいないかあるいは極端に少ないのなら,それがノーマルであると何をもって根拠づけるのか?

            ・・・と考えてしまいます。文系ですから
            親コメント
        • Re:短絡的思考 (スコア:2, おもしろおかしい)

          by halo (12510) on 2004年05月24日 19時51分 (#555046) 日記
          >「我々のグループは『努力』に関係する遺伝子を発見した」

          「努力しないんじゃなくてですね、そういう遺伝子が無いんですよ。無理。」
          って言い訳に使えないかな。

          #後天性なもの重視派だけど。
          親コメント
        • そんなこと言い出す連中に「選別」なんてされるようになったら、誰も努力する気なんておきまへんがな。。

          --
          むらちより/あい/をこめて。
          親コメント
        • by clema (20979) on 2004年05月24日 19時04分 (#555006) 日記
          >そのうち絶対に「我々のグループは『努力』に関係する遺伝子を発見した」

          それは、遺伝子ではなくて「○○○脳」のたぐいではないかと。

          #努力次第で脳内快楽物質が出るかでないかとか。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          『根性』に関係する遺伝子もきっとありますよね
        • by Anonymous Coward
          ぜひ、「痩せがまん」の遺伝子を見つけてください。
      • by Anonymous Coward
        アフリカ勢がなぜマラソン等で強いかということを調べまくったら、
        結局足が細くて長いという彼らのスタイルが競技にプラスに影響していた
        って番組をテレビで前に見たな

        能力じゃなくても先天的に優位ってあるんだね
        • Re:短絡的思考 (スコア:2, すばらしい洞察)

          by ZooMD (16314) on 2004年05月24日 21時18分 (#555086) 日記
          > 結局足が細くて長いという彼らのスタイルが競技にプラスに影響していた

          つまり
           脚を細く長くする遺伝子 = マラソンの金メダル遺伝子
          って考えなんでしょう、きっと。

          でもなー、そんなに金メダル欲しいんなら、わざわざ遺伝子レベルで探さなくても、
          アフリカ出身の人に帰化してもらえばオッケーな気がするぞ。
          --
          *-----------------------*
          -- ウソ八百検索エンジン --
          親コメント
        • by Ryo.F (3896) on 2004年05月24日 19時23分 (#555027) 日記
          あるに決まってるじゃない。そんな難しい例を挙げなくても、バスケットボールとかバレーボールの選手を見れば一目瞭然。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          <------->
          >-------<

          スニーカーと短パンのデザインを下のようにすれば、ほら長い。
    • by benjo-kohrogi (5193) on 2004年05月25日 4時42分 (#555269)
      予想として、単一遺伝子に支配されているとは思えない。だけど、科学的には「やってみないとわからない」というべきでしょう。
      1. サンプル集め:一流選手からダメ選手まで多数のDNAサンプルを集める。DNA配列の解読を行う前に、あらかじめ各選手のランキングを明らかにしておく。
      2. 関連領域の洗い出し:DNA配列に上記スコアを対応づける。とりあず数学の問題として、極大点と極小点はみつかるはず。(それが単なる誤差かどうかは、この時点ではわからない)
      3. 対応遺伝子の解析:極点周辺の配列を、ジーンバンクに照合する。既に機能の判明している遺伝子であれば、該当機能との関連を解析すればよい。
      4. 確認のための実験?:卵子の遺伝子を操作して、金メダル候補ベイビーを作ってみる(このステップは、倫理的に問題大あり)。これが金メダリストに育てば、該当遺伝子の関与が疑われる。
      運動能力より、「負けん気の強さ」が重要だったりして・・・。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      金メダルに対応する遺伝子はわかりませんが、
      お馬さんの世界では、血統が無茶苦茶重要視されてますね。
      #それが科学的であるかどうかはわからんが...
      • by wakyu (20590) on 2004年05月24日 20時49分 (#555069) 日記
        今話題のハルウララ号の血統 [goo.ne.jp]はなかなか凄いみたいだけど、成績は全然駄目ですよね。
        だから、遺伝子だけで全てが決まることは絶対にない。

        あれだけ走ってもケガをしないってだけでも、名馬と言えるかもしれませんが。
        親コメント
        • by torigasira (9469) on 2004年05月24日 23時37分 (#555181)
          よく聞く話ですが、現在競走馬として走っている馬のほとんどがサラブレッド [wikipedia.org]であり、世界中のサラブレッドの父系を遡ると、たった3頭の馬にたどり着くそうです。

          サラブレッドは、アラブ馬の改良品種ですが、17~18世紀にヨーロッパに輸入された200頭前後のアラブ種は、品種改良を繰り返し、時代とともに大半の血統が途絶えていったようです。

          そう考えると、ハルウララも勝負の土俵に上がれるだけの遺伝子は持ってけれど、あまりにハイレベルな争いのために連敗記録更新中なのかもしれませんね。

          # 他人に遺伝子で判断されるのは嫌ですが、
          # 自分の遺伝子が何に向いているのか、興味はあります。
          # いまさら、それを知ってどうするって事もないですが。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          >今話題のハルウララ号の血統はなかなか凄いみたいだけど、成績は全然駄目ですよね。
          >だから、遺伝子だけで全てが決まることは絶対にない。

          誰も、遺伝子だけで決まるとは言ってないのでは?
          それに、ハルウララを出さずとも、血統がすごくても泣かず飛ばずだった馬はいっぱいいますね。
          それでも、生産者などの競馬関係者は馬の生産にかけては、血統を
          • by wakyu (20590) on 2004年05月24日 22時02分 (#555118) 日記
            このストーリーは元々は「優秀なスポーツ選手の遺伝子情報を収集する」という話題のはず。
            そこに競走馬の話が出てきたわけですよね。私としては、

            血統の優れた馬でも良い成績を残せるとは限らない(競走馬の現実)

            優れた遺伝子を集めた選手を人工的に作っても、それだけで良い成績を残せるとは限らない(人間の選手に対する推測)

            ということを書きたかっただけです。

            #本当に遺伝子だけで全て決まるなら、クローンを作ればいい。
            #そうではないのだから、優れた成績を残すには素質と訓練の両方が必要である。
            親コメント
            • by Anonymous Coward
              「遺伝子だけで全てが決まることは絶対にない」→「血統の優れた馬でも良い成績を残せるとは限らない」
              ニュアンス変わってるやん。
              自分の都合のいいように後出しジャンケンで言い換えるのは卑怯遺伝子のなせる業ですか?(w

              >#本当に遺伝子だけで全て決まるなら、
              • by Anonymous Coward
                ニュアンスも何も変わらないような:

                今話題のハルウララ号の血統 [goo.ne.jp]はなかなか凄いみたいだけど、成績は全然駄目ですよね。
                「血統の優れた馬でも良い成績を残せるとは限らない(競走馬の現実)」

                だから、
              • by Anonymous Coward
                良い血統を引き継いでいても、良い遺伝子を引き継いでいるとは限らないのでは?
                血統=遺伝子ではないですよ。
              • by Anonymous Coward
                あなたの言ってることは、
                「血統的に優れた馬が遺伝子による影響でだけでよい成績を残すことは絶対にない」
                ということなんですが、自分の言ってる事は理解できてますか?

                #「~とは限らない」と「絶対にない」が同じニュアンスだと主張する人を見たのは初めてです
            • by Anonymous Coward
              >#本当に遺伝子だけで全て決まるなら、
              だから、全てが決まるだなんて言ってないじゃん!
              何回言わせるの?人の言うこと聞いてる?

              全てが決まるわけではない→遺伝子なんて要因として役に立たないなんて、1か0の話を誰がしてるの?

              俺は、要因はあるかも知れないし、ないかもしれない。ならば、どれくらいあるか探求してみるもの意味があるんじゃないの?遺伝子そのものじゃないけど、
              • by wakyu (20590) on 2004年05月25日 15時49分 (#555607) 日記
                あんたこそちゃんと見てる?と言いたい。

                血統の良い馬は、それだけ良い遺伝子が含まれる可能性が高くなるってことでしょ?
                そして、それが役に立つと思っているから血統を重視するんでしょ?

                無名の馬の子供は三冠馬の子供に勝てないの?
                凡人の子供は金メダリストの子供に勝てないの?
                同一の遺伝子を持っている一卵性双生児は、全く同じ能力を持っているの?

                でも、そういうわけではないんでしょ?
                だったら、何のために遺伝子を調べるの?
                もし仮に優れた遺伝子が分かったからといって、遺伝子操作とかするの?
                しないのなら、何故調べるの?

                遺伝子とか血統も大事かもしれないけど、環境とか練習も重要でしょ?
                生まれてきた馬や選手の遺伝子を書き換えることは無理だけど、環境とかは変えられるでしょ?
                なら、遺伝子よりも先に調べることがあると思うのだが。
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                あのさぁ...

                >遺伝子とか血統も大事かもしれないけど、環境とか練習も重要でしょ?

                そんなん、当たり前。
                現に環境とか練習については、つねによりよい方法について議論とかされている。

                それとは別に遺伝的要因について調べてみたいという人が、その競技に関して中心的ではない、いわゆる外野といえる分野にいてアプローチしているという話でしょ?

                >遺伝子よりも先に調べることがあると思うのだが。
                はぁ?
                競技の中心的な存在(競技の運営組織など)が「練習や環境よりも遺伝重視」ってな育成方針をとったら、そりゃ「なにトチ狂ってるんだ?」って話になるが、外からの人間
              • by Anonymous Coward
                相変わらず「1か0」の話しか出来ないんですね。
                育成する立場にとって確率がどれだけ大事か考えたことありますか?

                >なら、遺伝子よりも先に調べることがあると思うのだが

                その程度のことを今現在やってないと思う浅はかさがなんとも言えないよ。
                なんで栗東に坂路が出来たり拡張されたりしてると思ってるんだ?
              • by Anonymous Coward
                >無名の馬の子供は三冠馬の子供に勝てないの?

                いや、無名の馬の子供が三冠馬の子供に勝てないとは限りませんね。
                なぜなら、無名の馬の子が良い遺伝子を持つこともありえるし、三冠馬の子供が良い遺伝子を受け継がないこともありえますので。

                ただし、血統の良い馬の方が良い遺伝子を受け継ぐ確率は高いでしょうね。実際、血統の良い馬の方が活躍する確率が非常に高いですから。
                現状の結果と「強い馬は良い遺伝子を持っている」という仮説の間には、何の齟齬も発生していませんが。

                競走馬の世界は過酷ですから、「良い素質を持っている」という条件と「良い調教を受け
      • by jtakano (13491) on 2004年05月24日 21時59分 (#555115)
        馬券としては、2,3着も重要なので血統で確立はあがるでしょうね。
        ただし、1位に関しては血統だけでは決まりませんよね。
        すがるものがないので、しがみついているだけかと

        #おんまさんの世界はよくわかりませんが
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        血統を無視したらサラブレッドの存在を否定することになるヨ。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...