パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自動車運転中の携帯電話使用に対する罰則が強化」記事へのコメント

  • プリウスの場合 (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2004年11月02日 10時10分 (#646668)
    トヨタのG-BOOK対応ナビを使用していて、Bluetooth対応携帯電話を所有している場合は、以下のような感じになります。

    車内に乗り込み、スタートボタンを押した10秒後ぐらいに、EMV(車載ディスプレイ)に「Bluetooth携帯電話と接続しました」と表示されます。携帯電話と接続するための操作は一切ありません。

    走行中に電話がかかって来た場合ですが、オーディオの音がフッと小さくなり、ドアスピーカから、携帯電話の着信音(その携帯で設定されている着信音)が流れ、EMVに発呼者の名前(電話帳に登録されている場合)が表示されます。

    ステアリングに電話ボタンがありますので、これで「出る」「出ない」を選択することができます。「出る」ボタンを押した場合、ハンズフリーになり通話ができます。音声は運転者側のドアスピーカから流れ、マイクはミラー付近の車内灯に付属していています。

    自分からかける場合ですが、走行中はEMVの電話帳がグレイ表示になっていてかけることができません。停止すると電話帳の操作が可能になり、電話帳にタッチすることで電話がかけられます。

    たぶん、今のところ一番安全な方法だと思いますが、それでも会話中は結構気をとられる場合がありますね。

    • なるほど、走行中に発呼しないとか操作ボタンをステアリング上に配置とか、セーフ側に振った設計ですなぁ。

      とはいえ、改正道交法の意義が「携帯電話による運転中の注意力散漫を防止する」のであれば、
      携帯電話の使用を助長するものとして製品コンセプトが微妙になるかも。

      まぁ、上記の意義がQAに明文化されてるわけでもなく。
      「手がふさがる」「画面に目がいく」ことが罰則の対象となってるようなので、
      現時点では「法に触れずに便利なツール」って位置付けになりそうですねぇ。

      # 便利でアレゲには違いないので正直食指が動きそうなネタですね
      --
      ---- 何ぃ!ザシャー
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      > ステアリングに電話ボタンがありますので、これで「出る」「出ない」を選択することができます。「出る」ボタンを押した場合、ハンズフリーになり通話ができます。音声は運転者側のドアスピーカから流れ、マイクはミラー付近の車内灯に付属していて

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...