パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本は「OSS界のガラパゴス諸島」か?」記事へのコメント

  • 和ジラ [mozilla.gr.jp]とか見てるとそんな風に思ってしまいます。。。

    かといって、日本人が国際化とか考えずに作り出したプログラムは、多くの場合あんまり国際的には注目されなかったりするし。。。

    # ああ、こういう考え方はよくない、よくないなぁとは理解できない訳ではないんだけど、どうしてもネガティブになってしまうよ、こういう話題わ (;_;)/

    --
    むらちより/あい/をこめて。
    • 追記 (スコア:3, すばらしい洞察)

      そもそもこの /.-j のシステムは本家に対してどうよ、とか思わなくも無かったりするわけですが。。。FoF とか、盛り込まれるんでしたっけ?

      --
      むらちより/あい/をこめて。
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        あんた、禁句言っちゃったね。

        # 本家にAC制限ってあるんだっけ?
        • それを禁句と言ってしまう時点で既にオープンとはいえない状況なわけですが。。。なんて、開発に参加もしていないおいらが言えた義理でもないのですが。。。

          # 仕事しよ (~ ̄- ̄)~

          --
          むらちより/あい/をこめて。
          親コメント
          • by Anonymous Coward
            ここはOliverにより個人掌握されてるものなのでオープンじゃありません
            • by Anonymous Coward
              >ここはOliverにより個人掌握
              つまり2ちゃんねると同じか。
              • by Anonymous Coward
                いいえ、openと見せかけているだけ2ちゃんねるよりタチが悪いです :-)
      • 変なコミュニティって、
        まさにこの日本スラドみたいなもんじゃないの?
        本家と連携あるのか不明だしさぁ~
        だいたい、「アレゲ」とか未だにしっくりこないし。
        ジャーゴンって、閉鎖社会の象徴だよね。
        「アレゲ」って、ここで自然に生まれたジャーゴン?

        まあ、そういう風に考えると、もともと、
        欧米のオープンソース(フリーソフトウェア)活動自体が、
        奇人変人の集
        • by G7 (3009) on 2004年12月04日 13時06分 (#661569)
          >ジャーゴンって、閉鎖社会の象徴だよね。

          閉鎖なのは「とりあえずは」OKなのだと思います。
          問題は、「やがて」それが離陸するかどうか?という点なんじゃないかな。

          そういう意味では、俺がココより2chを買うのは、
          離陸できてるネタが既に幾つも有るって点です。

          それこそココでも2ch語を弄する(?)輩が結構居る、とかさ。
          社会的(反社会的かどうかはさておき、とにかく外への)活動も色々してるしさ。
          最近は本ですか。(良いか悪いかはさておき)立派になったもんだ。

          閑話休題。
          要するにパワーの問題でしょ。
          そして、パワーを「増やそうとしてる」かどうかの問題でしょ。

          >欧米のオープンソース(フリーソフトウェア)活動自体が、
          >奇人変人の集まりとしか見られてなかったわけで、

          うん。そうだよね。そして「やがて」彼らはパワーをつけて離陸したわけだ。

          我々ってーか、日本オプソにせよ、スラドJにせよ、
          そうやって離陸したいものだよね。

          >日本はまだ同人誌のような奇人変人の世界だってことで、

          同人誌自体が奇人変人の世界かどうかは俺はよく知りません。
          てか、そっちはそっちで離陸してる連中、居るんじゃないんですか?(よく知らないけど。)

          >スラド批判なので、AC(笑)

          えー?(^^;

          #そこでヒクのは閉鎖的かも、と思うのでG7(^^;

          >「アレゲ」って、ここで自然に生まれたジャーゴン?

          俺が来た時には既に書いてありました。トップページの最初だか最後だかのあの位置に。

          というか、その手の看板みたいなものが、
          参加者の合議(つまりトピの中)で決められたことって、
          スラド(J)に、どれくらい有るんだろう?
          あんまり無いんじゃない?

          どうなんだろう?
          合議力(変な造語だが…まあなんというか…) の有無は、
          離陸するパワーを蓄える力に繋がるんだろうか?
          親コメント
    • by Anonymous Coward on 2004年12月03日 20時41分 (#661233)
      多言語対応をうたっていて、アジアやヨーロッパなどにおける言語に対応しているのに、なぜか日本語にだけ対応してない、もしくは対応が遅いソフトウェアって多いですよね。
      OSSに限らず。
      でも、商用ソフトウェアでは早期に日本語対応してくるケースが多い。

      言語的距離が遠いってだけだったら、中文版やハングル版が結構あることなどが納得できないし、むしろそういった国々の方が需要はあるはず。現に、いわゆる私製日本語版は多いわけですし。

      成果を本家にフィードバックしないというのは、やっぱり、日本人の性格とかソフトウェア界の雰囲気みたいなものが大きいんですかね。

      # いや、訳は出来ても英語のコミュニケーションが出来ないから…という説も。
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2004年12月03日 21時38分 (#661270)
        > # いや、訳は出来ても英語のコミュニケーションが出来ないから…という説も。

        英語が読み書きできてもコミュニケーションができていない事例 [hatena.ne.jp]
        親コメント
        • ここで言及されてるynakaiというのはredhatの人ではないのか。
          googleで探したらそれっぽい人が見つかったけど。

          コミュニケーションできてないのは明らかだが、
          文脈上はOSSというより自社製品に対するリクエストという
          趣旨の方が強いのではないかと感じた。

          この人がSJIS実装にこだわる事情はまったくわからなかったが、
          「日本向けの販売戦略上SJISの実装が重要だ」という
          書き込みもあったし。

          もっと言うなら、コミュニケーションまで出来なければ
          「英語ができる」とは言えないのかもな。
          親コメント
      • >成果を本家にフィードバックしないというのは、やっぱり、日本人の性格とか
        >ソフトウェア界の雰囲気みたいなものが大きいんですかね。

        それはあると思いますよ。
        既存の物で満足してる。つか、使い勝手悪くても我慢するみたいな。
        切り口変えるとソフトやデバイスがWindows以外のOSで動かないとかインタフェースわからないとか言うのが余りに多いのに、「Windowsで動くからいーじゃん」 って事で終わる人が余りに多すぎる(怒)

        # 英語なんてどーせ方言沢山あるんだから日本語英語でもいいんじゃないの?
        # って思うけど。別にクイーンズイングリッシュだけが英語でも無し。

        親コメント
    • Encode.pmに昇華させる。

      ……ムリです。すいません。

      #日本語だけで文字コードが乱立してるのはむしろこの分野では優位だと思っていたのでID
      親コメント
      • #日本語だけで文字コードが乱立してるのはむしろこの分野では優位だと思っていたのでID
        文字コードの自動検出ができない可能性があるバイト列があるということが一番致命的な問題。
        Unicode絡まりで変換テーブルの問題も深刻。

        # 腐った文字コード(SJIS)が幅を利かせてるのはそのうちなんとかなるんじゃないかと。
        親コメント
    • > ローカライズ以外に何をせよというのか。

      それは日本人開発者のリソースをI18N/L10N以外にまわそうとしても、手が回らないのが現状だという意味ですか?

      ちなみに個人的には和ジラはローカライズではなく一
      • 和ジラに関しては、ローカライズが目的ではないプロジェクトの代表例として例示したつもりです。和ジラの目指しているのは、基本的には Bugzilla-jp [mozilla.gr.jp] で報告されている独自のバグに対するパッチの、本家洋ジラへの吸収であったかと思うのですが、実績に乏しい辺り、まさに今回の話題にぴったりの例であると言えるんではないかと思い、例示させていただいた限りであります。

        # 物凄い勘違いをしているかもしれません。。。指摘していただいた方がむしろ嬉しかったり。

        --
        むらちより/あい/をこめて。
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2004年12月03日 20時24分 (#661224)
          む、そういう意図でしたか。

          ちなみに日本人がローカライズ以外の部分で貢献した事例を一つ挙げると、Sodipodi [sodipodi.com]というベクターベースのドローエディタがあるのですが、もともとGNOME 1.xベースだったのをGtk+2ベースに移行する作業は岡充氏によるものです。
          親コメント
        • 「和ジラ」の開発をやめた理由については以下をご覧ください。

          kazhik.mozilla.blog [livedoor.jp]

          「肝心なのは日本で閉じることなく、グローバルに出て行くこと」という点に関して言えば、Bugzilla-jp [mozilla.gr.jp]から本家Bugzilla [mozilla.org]へのフィードバックは現在も行われています。和ジラは失敗例と考えていただいてかまいませんが、Bugzilla-jpは成功例だと思っています。
          親コメント
          • ありがとうございます。仰る通りです。

            本来であれば、本家 Bugzilla へ直接 commit してゆくべきなのでしょうが、英語でやり取りを行う自信のないおいらのような人間にとって、Bugzilla-jp のような受け皿の存在は非常にありがたいものです。

            ただ、そうは思いながらも、いつのまにやら、Bugzilla-jp に書き込む前に、わざわざ本家 Bugzilla で類似する bug が見つかっていないか、確認しに行ってしまう自分がいたりして、効率悪いよなぁなんて思ってしまうこともしばしばあって。。。過去に、いくつか bug 報告したこともあったのですが、正直あんまりお役に立てていないよなぁと言う負い目もあって、このような発言になってしまった部分もあります。

            オープンソース開発の場合、国際的な枠で見ようとするからか、英語を始めとする外国語でのコミュニケーションに不安を抱いているという意見が多数見受けられますが、おいらの場合はそれ以前の問題で、ネット上での、相手の顔が見えないという限定された条件でのコミュニケーションに、既に不安を感じてしまっていると言う部分があります。具体的に (そして感覚的に) 言えば、古くからコミュニティーに関わっている人が、会社で言うところの課長・部長クラスのようにエラい人に見えちゃって、それで萎縮してしまうような、そんな感じです。

            # 本気度は半分ぐらいです。これを全力で同意してしまう人は、きっとプログラマーの職に着くのは無理とは言わないまでも、かなり難しいんじゃないかと思います。それでも、普段から同じ職場で顔をつき合わせて仕事している人のほうが、コミュニケーションとりやすいのは当然のことかと思います。

            それでも Mozilla に関して言えば、日本人が比較的積極的に関わっていると言えるプロジェクトの一つであることは確かだとは思います。それこそ世の中には、例えば KDE のように本流側から日本語への対応が打ち切られそうになってしまったものもあるし、それでなくたってそもそも日本人からは見向きもされないプロジェクトだって星の数ほどあるわけで。

            ただ、そんな現状を指差して、日本はオープンソースのガラパゴス諸島だなんて言ってしまうのも、そりゃああんまりだと思うのですよ。もちろん、積極的にオープンソースに commit している人たちからして見れば、言葉の壁がなんだ! っていう元気な気持ちも理解できないわけではありません。でもその理解は、例えばシューティングゲームができる人の気持ちを理解する、の理解と、ほぼ同じ意味合いになるでしょう。そこで弾を避ければいいじゃない、なんていわれたって、無理なモンは無理なんだし。

            # だからこそ、長い時間をかけて習得し、馴染んでゆかなければならないことなのではありますが。

            逆に、例え日本で閉じていたとしても、あるいはライセンスだってオープンソースとは程遠いようなものであっても、いいプログラムを書ける人は日本にだってたくさんいらっしゃる。オープンソースと言うやり方は、数ある開発手法の一形態に過ぎないわけで、もしかしたら日本人にしてみれば、オープンソースと言うやり方よりももっと相応しいやり方、馴染みやすいやり方と言うものがあるのかもしれない、という考え方もできると思うんです。例えば、Blog というコミュニケーションの形態が広まっていったように (少なくとも日本では BBS というやり方よりも Blog というやり方の方が広く親しまれているように思います)、個々人が開発したプログラムを、誰かが書き換えては自分で公開して、ということが繰り返されてゆくうちに、物凄く多用な亜流のプログラムが出来上がっていって、その中のいくつかがだんだん定番化してゆく、という流れは、たとえば Wiki 系のプログラムなんか見ていても結構見受けられるなぁとか思ったりするわけです。

            オープンソースと言うやり方が定着することはなくとも、プログラムを作ると言うこと自体は、決して日本だって引けを取らないんじゃないかな、とおいらは思っています。最初からやり方を一つに絞っちゃって、そのやり方が浸透しないからって、日本だけ遅れてるみたいな言い方をしちゃうのはあまりにも暗いし、悲しいことだと思います。それならばむしろ、日本だからこそ浸透してゆくようなやり方を模索していった方が、建設的で健康的なのではないでしょうか。

            # 無駄に情緒的な上にまとまりのない長文になってしまってごめんなちゃいなのです。。。

            --
            むらちより/あい/をこめて。
            親コメント
            • > それでも Mozilla に関して言えば、日本人が比較的積極的に関わっていると言えるプロジェクトの一つであることは確かだとは思います。

              日本人で本家のMozilla開発に関わっている人を僕は数人しか知りません。そして、マルチバイトのバグは放置されたまま。

              > それこそ世の中には、例えば KDE のように本流側から日本語への
    • いざソフトウェアの言語ファイルなどを作っても、作者に報告できない私がいたりします。
      とりあえず事務的にファイルを上げていくことは出来るんですが、自分で英文を考えるとなると億劫で・・・
      簡単な問いかけにも2~3日考えないといけなくなって、タイミングを外してしまう
    • >かといって、日本人が国際化とか考えずに作り出したプログラムは、
      >多くの場合あんまり国際的には注目されなかったりするし。。。
      そりゃそうでしょう、国際的に注目されようとして作ったわけじゃないんですから。

      英語圏の人間が国際化とか考えずに作り出したプログラムに比べれば、よほどましかと思いますけどね。日本語読め

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...