パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

P2Pで地震情報を共有するソフト」記事へのコメント

  •  途中で情報を改変されちゃったりはしないのだろうか。
    内容の信頼性が確保できるなら、非常時の連絡一般に応用できるかもしれないけど。
    • 改変以前に流言飛語が発生するのが怖いですね。発信者の身元を
      特定しやすくすれば、抑止力にはなるのでしょうが、そうすると
      この前のNHKの安否情報がオレオレ詐欺に利用されるようなこと
      になりかねない。

      官公庁の災害時の連絡手段は専用線(無線等も含む
      • by Anonymous Coward on 2004年12月08日 19時07分 (#663522)
        発信者の身元を 特定しやすくすれば、抑止力にはなるのでしょうが、そうすると この前のNHKの安否情報がオレオレ詐欺に利用されるようなこと になりかねない。
        情報の信頼性を、発信者の個人情報にもとづくのではなくネット上IDの同一性にもとづくようにできればいいのではないかと思います。
        P2Pシステムに求められるのは、発信者IDの同一性と転送ノードによる改変がないことの保証であり、そのIDを持つ発信者の信頼性はネット上での実績による、とか。

        #信頼を築くのは並大抵ではないが,失うのは一瞬
        親コメント
        • by halo (12510) on 2004年12月08日 20時18分 (#663555) 日記
          多分、技術的な解としてはその辺りなんだろうなとは思います。

          問題は、対象が災害ですので、突然起きて比較的短期間に必要
          とされ、収束するということで、その信頼性を獲得するまでの
          実績を積んでいる暇が無いというところかと。

          熱心な人は災害時ではなくてもそのP2P網を維持して、平時に
          実績を積むことで、いざという時に備えて下さるかもしれません
          が、災害というのは局所的なものですから、そういう人が近く
          にいない場所で災害が起きた場合、一次情報源から遠いために
          信頼性を担保できないということも考えられます。

          ボランティア組織みたいなものを薄くてもいいから、広く配置
          して、その組織としての信頼性を用意しておくといった、どち
          らかというと社会的な落としどころになっちゃうのかな。

          なんとなく、RC5-64とかSETI@Homeとかが頭に浮かぶのですが、
          展開しきれません。
          親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...