パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

酸化亜鉛を素材とした青色LEDの開発に成功」記事へのコメント

  • この廉価版青色LEDが広まったら
    あのカリフォルニア大学サンタバーバラの中村のおじさんは
    どうなるんだろう。

    ま、どうせ特許なんて迂回できればこっちのもんだし。
    • 結晶成長についてはちょっとカジった程度なのですが、
      GaNの結晶成長を行うにはサファイアと呼ばれる基盤の上に重ねて行きます。
      サファイアというのは便宜的なもので、宝石のようにルビーとかエメラルドとか呼びわけしません

      ところで転移というのがあります。
      結晶の隣が抜けてしまったりすることで、ひとたび転移が発生すると
      その上に作った結晶も転移になる(転移が伸びる)困りものです。
      転移の部分でキャリアが消えてしまうので、半導体にかかわっている人は皆転移を嫌っています。

      たしか青色LEDの研究が始まった頃はGaNもバンドギャップなどの特性で注目されていました
      • > GaNが転移だらけの結晶しかできないのに、なぜLEDとして機能する

        GaNの開発が成功したのはこの特長があったことも大きいですね。転移があっても光る上にやたら丈夫な半導体で、寿命も長いです。
        GaNの前に本命視されていたZnSe系の青緑色レーザーでは、ソニーなどが先頭に立って物理的に可能な限界まで転移を減らしたのに、結局寿命が今一歩伸びなかった経緯があります。

        ただしGaNでも転移の影響は皆無ではありません。紫や紫外のLEDの発光効率に大きく影響しますし、転移が
        • by Anonymous Coward on 2004年12月21日 14時59分 (#668829)
          半導体の転移は再結合中心(キャリアが結合してしまう)となりますが,一般的に半導体は再結合は非発光性で,GaNは運良く発光するので転移が多くても発光効率が良くなるのだったと思います。
          親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...