パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

世紀の大発明?Wheel+Tire=Tweel」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    これって、バイクでもいけるんでしょうかねぇ?
    パッと見た感じいけそうですが、タイヤのロックをかけてると
    スポーク部分が傷みそうで・・・
    • by harux (9573) on 2005年01月13日 14時04分 (#678458) ホームページ 日記
      ぜひマウンテンバイクで。
      山中でパンクの心配が無いのは良いと思われる。
      タイヤのクッション性も高そうなので走破性も高まるのでは。
      親コメント
      • by ncube2 (2864) on 2005年01月13日 15時04分 (#678501)
        コレ [aichi-iic.or.jp]使えないかな?
        重量は増えるけど走行感は軽くなるんだとか。
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          基本的にサスペンションから先の部分(タイヤ、ホイール、ブレーキ等)の重量が増えると、サスの応答性が悪くなってしまうのでサスの付いている車両には向かないのではないでしょうか。
      • by Anonymous Coward on 2005年01月13日 15時32分 (#678514)
        でも従来のチューブ式だと、空気圧によってグリップ力(逆に言うと転がり抵抗)を調節しているのに対して、空気がいらない方式だと(他の調節方法がなければ)チューニングが固定された車輪をいくつも用意しないといけないってことにならないかな。

        #あと、基本原理(どうしてチューブなしでいけるか)が出てないので適当な「不安のでっち上げ」になるが、二輪のコーナリングでありがちな車輪の倒しこみの状態で安定するのかな?
        #発表の際、対象として出てきたどの乗り物も四輪かそれに準ずるもののような気が...
        親コメント
      • by kawatac (20090) on 2005年01月13日 23時53分 (#678707) 日記
        以前、マウンテンバイク用の似たようなホイールを、本で見たことがあります。

        もちろん、空気圧の代わりではないので、それには普通のタイヤが付いていました。

        手元にその本がないので間違ったことを書いているかもしれませんが、その本によると、サスペンションが普及する以前に、サスペンションとして開発されたそうなんですが、サスペンションが普及しちゃって商品化されなかったということだそうです。
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        これって人力では重いんじゃないでしょうか?
        現状のホイール+ムースタイヤとどっちが軽いかがポイントですかね.

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...