パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

衣服に織り込める太陽電池」記事へのコメント

  • 太陽光発電なんてまったくの無駄。
    石油の無駄遣いもはなはだしい。

    真剣にこんなもの作ってるとは....
    遊びならいいか。
    • Re:まったくむだ (スコア:3, 参考になる)

      by harux (9573) on 2005年01月15日 2時39分 (#679230) ホームページ 日記
      現在の技術レベルでも、太陽光発電パネルの製造やその設置に使ったエネルギーを、日当たりの普通に良いところであれば、数年間の発電で取り戻すことができると言われています。

      ライフサイクルで検討したkWあたりのCO2排出量も、石油火力発電で742g-CO2、太陽光発電で53g-CO2というデータもあります。
      http://www.jema-net.or.jp/Japanese/denki/de-0102/de-05.pdf

      結構、日当たりに影響されるようです。確かに、衣服に折り込んで数日に一度断続的な発電をするような場合だと、製造時のエネルギーの方が大きくなるかもしれません。毎日発電するようにしないといけません。

      太陽光発電の問題は、コストの方にあると言われています。現状ペイバックするのに、20-40年かかります。発電効率の向上と値段の低下の両面がよくなりペイバックタイムが数年程度にならないと大きな普及はしないでしょうね。
      親コメント
      • これだ!こういうデータが見たかったんです。ありがたい。

        CO2排出の比≒投入した石油エネルギーの比
        と考えてもそんなに間違いはないわけで。
        現状では火力以外の発電の中では最も効率が悪くて原子力の倍以上だが、火力に比べれば一桁マシだってことですよね。
        んで将来は原子力並みになるかも、と。いいじゃないですか太陽光発電。

        コスト回収が数十年とかでは確かにきついですね。普通の人の屋根に付けて20年待てるかって言ったらエコロジー好きなマニアしかできないだろうし、故障のリスクもある。パネル交換で出費なんて眼もあてられない。
        気長に金額的な回収を待てるのは国や自治体くらいでしょうか。
        親コメント
        • それに (スコア:2, 興味深い)

          by take0m (4948) on 2005年01月15日 15時10分 (#679404) 日記
          パネルは20年持っても、インバーターは持たない
          ってデータもありますね。
          途中で数十万円単位の追加投資が必要です。
          親コメント
          • by Anonymous Coward
            >途中で数十万円単位の追加投資が必要です。

            それって、どのタイプのインバータ?って聞いてみる。
            #昔のもののタイプだと、商品価格の大部分は特許料(GEかどっかだっけ)と言う話を聞いた。
            #で、西澤先生(あの東北大の)が新しいタイプのインバータを開発して、そのタイプを使ったこと

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...