パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

iPodなど携帯音楽プレーヤーにも補償金課金か」記事へのコメント

  • iPodなどにCDからデータを形式変換して転送するのは、対応したデータ形式の音楽が売られていないから、やむを得ず行わないといけないという面があります。
    CDからCD-Rへのコピーは同一の形式でのコピーであり、やむを得ずおこなった私的録音ではありませんので(私的録音が金を払って
    • ただそれだと、MDについても補償金課金するのはおかしいということになりますね。
      MDで音楽が売られていないから仕方がなく・・・という話になりますから。

      そもそも私的録音補償金制度というものが何かというところからたどると、MDやiPodなどは
      音楽の録音を目的としたものですから、課金されてもまあ仕方がないかなと思います。
      ただ、仮に音楽が記録されるとは限らない媒体にまで課金するという話になってきたときには、
      ちょっと待てよという話になるわけです。

      私的録音補償金制度というものの意義については、ある程度理解できます。
      現に、私的録音で損害を被っている権
      • MDはCD-Rの亜種のような物との捕らえ方がされており、補償金課金されていると考えます。CDプレーヤとMDプレーヤって大きさの違いくらいでしょう?物理媒体が1タイトルごとにいることに変わりない。

        しかし、iPod等のプレーヤは、タイトルごとの物理媒体がなくても良い。消費者が欲しいのは、音楽のデータだけなのです。その意味で、CDから音楽データを得ているのは、それしか方法が無いからです。

        CDからデータを移して聞くという構造は、一見すると、CDからMDにコピーをして聞くというのと変わりません。しかし、音楽販売者が音楽データをデジタルそのままで売れば
        • by Anonymous Coward on 2005年01月19日 17時25分 (#681250)
          まず、私的録音補償金制度の良し悪しの問題は置いておいて、
          #とは言ってもこれが一番重要な話なのでしょうが。
          確認させてください。

          「物理媒体がタイトルごとに必要であること」を補償金を課すための条件だとおっしゃっているように見えますが、これは、
          • 情報を記録する媒体が録音・再生機器と切り離せる
          • 情報を記録する媒体がCDと同程度の楽曲数を収録できる
          ということを示しているのでしょうか。

          だから、
          • 本体と記録媒体が不可分である
          • CDよりもはるかに多くの楽曲が記録できる
          というようなiPodに私的録音補償金を課すには、MDやCD-Rのときとは別の理由が必要になるということでよろしいのでしょうか。

          私の個人的な考えですが、より重要なのは上の2点ではなくて、やはりそれが録音に使うものなのかそうではないのかなのではないかと思います。その区別が明確にできなくなった以上、現行の補償金制度を拡大していろいろなものに適用していくのは無理があるということが言いたいことです。0%と100%に分けられなくなった以上、間を取ったり無理やりどっちかに寄せるようなことはもうやめて、別なことを考えようよということです。

          私的使用のための複製により、著作権者が損害を受けているかどうかについては、権利者たちは損害を受けているから私的な複製を制限しろ(つまり著作権法の条文が間違い)と言うし、消費者は著作権法で私的な複製は認められているんだから、そもそも損害なんてありえないんだと言うので、これは完全にパワーゲームになるだろうなと思います。で、このまま行くと恐らく音楽業界が勝利するでしょう。自分としては嫌だけど、それに人生をかけるのも嫌なので、しぶしぶあきらめることになるんだろうなと思っています。
          親コメント
          • - 記録媒体が不可分であって(そのため主に音楽記録に使われて)、
            - 物理媒体を通さずに楽曲を買いうる
            ものに関しては別の理由がいるのではと思います。

            PC等に関しては、主に音楽記録に使うものではないことから、デジタル音楽データを記録できるからといった理由で補償金課金するのは、あまりにも音楽と関係の無い人からもお金を取ることになり、不当であるといってよいと僕も考えます。デジタルメディアだったら何でも補償金とられるようになるじゃないですか。

            ということで、どっちが重要な論点かという話ではなくて、iPodには僕の論点が、PCなどにはACさんの論点が必要ということではないでしょうか。

            #ほんとは個人的には私的録音補償金制度自体に反対なのだけれども、おっしゃるとおり無くなりそうにないので、ネット流通とかちょとでもアーティストの取り分が多くなりそうな方向を支持していきたいですね。
            親コメント
            • > - 物理媒体を通さずに楽曲を買いうる
              ここがもう一つのポイントだったのですね。見落としていました。

              私も私的録音補償金制度には疑問がありますが、便利に聴けた嬉しさの分を、少しくらいはアーティストに還元するのもまあ悪くはないかなと思うことにしています。ただ、どうも最近の動きはアーティストへの還元よりもレコード会社の収益確保を目指したものに見えてし

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...