パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

家庭用メガスターで迫力の星空をお茶の間に」記事へのコメント

  • by snd (14690) on 2005年04月15日 22時31分 (#723578)
    その1. 流れ星が見られるか?
    業務用のプラネタリウムだと流れ星も見られた気がします。
    スイッチひとつで流星雨とかないかなぁ。
    その2. 惑星はどう扱われているか
    planet-ariumというくらいですから(^^;
    高校の時に学校にあったやつは、惑星の扱いは「一等星くらいの星をいくつか、好きな場所に映し出せる」という感じでした。
    あとは手動で、実際の惑星の位置に合わせて投影と。
    その3. 星の色についてはどうなのか?
    リンク先にある投影の写真を見る限りでは、星の色は区別されてなさそうな気がしますが、さて実際はいかに?
    この辺がどうなっているのかが気になるところです
    こんな機能なくても、2万円は安いと思う...
    • Re:気になる機能 (スコア:2, 参考になる)

      by DoubleFire (16944) on 2005年04月16日 16時39分 (#723820) ホームページ 日記
      星の色についてはわかりませんが、Amazonのレビュー [amazon.co.jp]によると、
      ランダムに星が流れる「流れ星機能」や、全天が約6分で一周する「日周運動機能」などを搭載
      とあるので一応流れ星機能はあるようです。
      惑星については、本家本元のメガスターIIですら日本科学未来館のcosmos [jst.go.jp]以外では備えていないことを考えると、おそらくホームスターにも惑星投影機能は無いのではないかと思っています。
      親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...