パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ネコミミ搭載型の次世代新幹線が初公開」記事へのコメント

  • by Daichi_K (3005) on 2005年06月26日 14時21分 (#758045) 日記
    青函トンネルで作動させるとミミこすらないんだろうか・・・。

    ・新函館-札幌間なんか要らないと思っている北海道民
    • Re:これさ・・・ (スコア:2, 参考になる)

      by LethocerusDeyrollei (25722) on 2005年06月26日 16時18分 (#758073)
      青函トンネル内では、
      ・空気抵抗の増大
      ・連続勾配
       に加え、在来線の貨物と線路を共有しているから、
      ・追いつく
      ・すれ違い時の風圧にコンテナ貨車が持たない
         (八戸以北の在来線切り離しの時に貨物を新幹線に走らせて   在来線は非電化にして維持コストを下げるという案が採用されなかった理由の一つがこれ。)

      ・下手すれば架線電圧が20kVになるかもしれない・・・
        貨物の追いつく問題ともあわせ青函専用の、160km/h運転可能な   25kV機関車が開発されるとは思うが・・
      などの問題があって、360km運転しないと思う。

      300km/hまでなら、500系がやっているセラミック粉吹きつけをやれば既存のブレーキで停止できるのでネコミミは青函では使わない可能性が大きいのでは・・

      ただ、エアブレーキは、車輪への摩擦ブレーキのように駆動系の発熱や空転・滑走に伴う車輪フラット(車輪が真円ではなくなり騒音のもととなる)はないし、回生失効による制動遅れの心配もないわけだから、ネコミミの騒音・振動の大きさ次第では営業車では高速域の常用制動に使われる可能性はあると思う。

      ネコミミが乱した空気がパンタや架線を揺らして回生失効をもたらし、かえって制動距離がのびないかちょっと不安・・・
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        > ネコミミの騒音・振動の大きさ次第では営業車では高速域の常用制動に使われる可能性はあると思う。

        いくらなんでも常用は回生以外にはありえないと思うが
    • ・新幹線の車両限界に収まる
      ・架線をこすらない
      ・どっち向きに走ってても使える
      ……等々の条件を満たすようなエアブレーキを作ったらネコミミになっちゃいました、なはずなので、青函トンネルの中でも大丈夫。
      ただ、トンネル内でのエアブレーキ作動による車体その他の挙動は調査する必要があるだろうけれども。
      親コメント
      • クルマのスポイラーみたいに空力で車体を下向きに押してタイヤ(鉄輪)の粘着抵抗を増やす方向で逝った方が効果ありそうな

        #逝ってよし?
    • by Anonymous Coward
      asahi.comの写真 [asahi.com]を見る限り、「耳」の高さ結構ある雰囲気。
      普通の線路ならともかく、駅周辺の分岐装置のある所だと
      架線を破壊しながら減速するのだろうかと?

      写真が架線に接触しそうに見えてるだけかもしれないけどね。
      読売新聞の写真 [yomiuri.co.jp]はそれ程高いようにも見えないし。

      例え設備を毀損させても1mでも短く止まる、というのも一つの考え方だし。
      路線情報やスピードのデ

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...