パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学術的にテレビゲームを解釈する書籍」記事へのコメント

  • ゲーム脳の森教授と松沢神奈川県知事に贈呈する方が出るんでしょうか?
    送ってもゲーム否定フィルターでREJECTされそうですが

    #それにしても結構高い本だなぁorz
    • by Anonymous Coward
      この本はハードカバーのA5判で約400頁でしょ?ふつう、この手の学術書で
      4千円を切ることはありえませんよ。だから、普段から学術書に接している人からすれば
      3,200円は激安だし、千円くらいの本を好んで読んでいる人(あるいは本を読まない人)にとっては
      べらぼうに高く感じるでしょうなー。
      • by Anonymous Coward on 2005年08月13日 20時21分 (#781504)
        今までのまじめなゲーム書をみればわかるけど、発行部数がタレント本の10分の1だから、どれもすぐに絶版になる。
        初版売り切っておしまいのものが多い。
        だから、あとからゲーム研究をするやつらが、どんなに駆けずりまわって、こういった本を探していることか。
        (そして結局入手できず、何かの本に書いてあった引用文を孫引きする悲惨な結果に)
        「電子遊戯」系の本とかはオークションで6万とかついてたしな。
        この本も確かに今までのゲーム書を越えたかなりの好著だとは思うけど、しょせん初版売って終わりだろうから、
        きっと数年後には6万だなwww
        著者は何も得せんけど!
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          実家に戻ってゆっくり読み返そうと思っていたら、
          大学生の甥にむしり取られました。
          仕方ないので書店に行って予約しようとしたら
          「本店でも在庫切らしてるみたいなので2週間はかかります」って、
          おい、もうUターンしていねぇっちゅーの。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...