パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

英国DellがFirefoxプレインストールPCを出荷」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    ついでにAMDのCPUもプレインストールしろ
    • 昔々打倒Wintelと言う企画でAMD+LinuxのPCと言うのがあったけど、
      今、最新のディストリとFirefoxとOOo2で販売したら買う人はどれ位いるんだろう。
      • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 13時16分 (#856470)
        それでWindowsのライセンス代払わなくて済むなら買いますね~。

        社内のサーバ(Linux)にするためにデスクトップPCを買うことも多いんですが、OS無しを選択できないモデルも多いですから。(...大人の事情でそこでしか買えないということもままあるので)
        親コメント
        • by tokushima (155) on 2005年12月28日 14時58分 (#856525)
          > それでWindowsのライセンス代払わなくて済むなら買いますね~。

          Linux + Firefox + OOo + VMware上のWindows というプレインストールで、リカバリCD一発でその状態に戻るなら買っちゃうかも。

          現実問題としてWindowsを必要とすることはあるので、複数台所有するのでなければWindowsなしはつらい。サーバー機なら自分でセットアップするからLinuxすら不要。クライアント機は2台もいらないので、Windowsは必須。
          --
          It's not who is right, it's who is left.
          親コメント
          • >> それでWindowsのライセンス代払わなくて済むなら買いますね~。
            >Linux + Firefox + OOo + VMware上のWindows というプレインストールで、

            どうみてもWindowsのライセンス代がかかりそうな構成なわけですが・・・orz
            • > どうみてもWindowsのライセンス代がかかりそうな構成なわけですが・・・orz

              「Windowsのライセンス代払わなくて済むなら買います」に対して、Windosは必要でしょっと言っているのですよ。
              --
              It's not who is right, it's who is left.
          • >Linux + Firefox + OOo + VMware上のWindows というプレインストールで、リカバリCD一発

            CD1枚にそれ全部納めるのは難しそう。
            それはさておき、Win-xp インストール済み VM の配布なんて、絶対 MS が許可しなさそうだけど。

            さらにオフトピックで、アクティベーション済みの Win-xp@VM って事実上のポータブルなんだろうか。
            WGA(正規品チェック)は通るのだろうか。

            試したいけど VM用に Win-xp 買うほど金余ってないので AC
            • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 15時39分 (#856546)
              VirtualPC上のWinXP Pro.をVMWarePlayerで動かしてたら、WGA(正規品チェック)を求められた、、、
              「PCのハードウエアの大幅な変更がありました」とさ、
              そ、そうなのか???

              「事実上のポータブル」なのか?も試してみよっと。

              親コメント
              • by sakuya-m (14007) on 2005年12月28日 16時12分 (#856560) 日記
                えーと、VPCのイメージをVMwarePlayerで実行ですか?
                ならハード変わりまくりだと思います。
                VGAからNIC、サウンドまで違ってたと思います。
                (サウンドはどうだったか怪しいですが・・・)
                --
                ---にょろ~ん
                親コメント
              • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 16時10分 (#856559)
                (#856539)の AC です

                貴重な体験談をありがとうございます。
                VirtualPC と VMware の提供する仮想ハードウェアに完全な互換性がない限りは、
                ハードウェアの変更と解釈されるのはむしろ自然なことでしょう。
                また VMware に限っても、仮想マシンのメモリ容量や、
                ゲスト環境に提供される仮想デバイスを変更できるので、
                これもやりすぎると再アクティベーションを要求される可能性があると思います。

                一方で、仮想マシンの設定さえ固定しておけば、
                VMware そのものは他のマシン、他のホスト環境に移しても、
                ゲストOSからは何も変わらないものとして扱われるのかが、
                さしあたっての私の興味の対象です。

                もしそうなら、ソフト(ライセンス)とハードの紐付けに必死なMSにとって、
                大きな脅威になりかねないでしょうね。
                親コメント
              • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 19時06分 (#856602)
                もしそうなら、ソフト(ライセンス)とハードの紐付けに必死なMSにとって、
                大きな脅威になりかねないでしょうね。
                最近の話題としてこのあたりもどうぞと。

                Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition で提供される仮想化環境におけるライセンス メリット [microsoft.com]

                Microsoft はいつも通りの行動原理というか、彼らが適正と思えるだけのお金を回収したいだけであって、「ハードの紐付け」は単なるその手段じゃないですかね?
                そういう意味で Microsoft にとっての真の驚異は依然として、「ハードの紐付け」が有効であると考えられているところのカジュアルコピーユーザ層そのものでしょう。
                親コメント
              • 別ツリーの VirtualPC for Mac with Windows のような例もあるわけですが、
                ゲスト OS がサーバー版や、Mac で Win などという、
                コピーを欲しがる層にとってはニッチな環境の話ですし、
                VMware Player が手に入る今、Windows 入りの VM を大量に撒いてしまうと、
                好きなだけコピーされてしまう(MSにとっての)危険があるように思います。

                linux 使いだけど稀に Win も使う必要に迫られる、
                という層には VM で事足りることでしょうし、
                一般ユーザーに対しても、ホスト環境をどう整えるかという問題こそあれ、
                VM と Player をバンドルした「インストーラー」でも用意された日には、
                どうなるか分からないような気がします。
                パフォーマンスで劣る上にメニューが邪魔など、
                コピーを使う側にとっても様々な問題はありますけどね。
              • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 20時56分 (#856638)
                VMware Player が手に入る今、Windows 入りの VM を大量に撒いてしまうと、
                好きなだけコピーされてしまう(MSにとっての)危険があるように思います。

                linux 使いだけど稀に Win も使う必要に迫られる、
                という層には VM で事足りることでしょうし、
                一般ユーザーに対しても、ホスト環境をどう整えるかという問題こそあれ、
                VM と Player をバンドルした「インストーラー」でも用意された日には、
                どうなるか分からないような気がします。
                Winny の紹介記事が雑誌で何度も掲載されたときのように、実際にそのような海賊版行為が特定層に定着する動きを見せるかどうかはまだ未知数です。
                技術的に実現可能かどうかと、社会的に継続可能かどうかは必ずしも一致はしないでしょう。
                # まあもしそうなれば、似たようなウィルス騒ぎもきっと起きることでしょうね

                もう一度書きますが、Microsoft にとって本当に重要なのは OS がコピーによって拡散するか否かではなく、しかるべき (と彼らが考える) ところからお金を回収できるかどうかだと思います。もし仮想 PC のイメージが広く流通する可能性について論じるなら、同じタイムスパンで Microsoft が広告型の収益モデルに移行しているという可能性もあるかもしれません。
                そもそも我々がここで危険か危険でないかを指摘してあげなければならない程、Microsofot が何も考えていないとは思えないのですが……

                余談ですが、Virtual PC の VM イメージ自体の配布は、開発者向けの早期評価用に Microsoft 自信が採用し始めたところです。これにより面倒なインストール作業や、不安定なベータ版を使用中の環境に導入するリスクを避けることができ、ベータテスト参加者からの評判はずいぶんと良いようでした。
                ライセンスの問題がクリアできる他の OS では、この方式はより有効だと考えられますので、似たような話は今後しばしば目にするようになるかもしれませんね。
                親コメント
              • 微妙に方向ずれますが、SQL Server 2000は物理CPUライセンスなので、1CPUライセンス分買えば、1物理PC上で何VPC分インストールしようがOKだそうです。(MS営業確認済み)
                ま、考慮漏れだったんじゃないかと思いますけどね。
                --
                毎月二十日はtypoの日
                親コメント
              • VMware のゲスト OS に Windows XP を選択した場合などには、「アクティベーションする前にメモリの量をよく考えてね」と言われます。理由はハードウェア構成の大規模変更と看做されるためですが。

                また、そもそも Windows は、VM の中にインストールするにも VM 1 つごとにライセンスが必要になりますから、VM イメージの容易なコピーなどは、製品版でやるとしてもボリュームライセンス層向けとかしかなさそうな気もしますね。

                親コメント
            • by Anonymous Coward on 2005年12月28日 18時23分 (#856588)
              > Win-xp インストール済み VM の配布なんて、絶対 MS が許可しなさそうだけど

              いや、M$にライセンス料が入るのなら、可能性も少しはありそうな……
              Virtual PC for Mac with Windows XP [microsoft.com]なるものも出荷しているし。
              むしろ、これの方が単体のWinXP-Pro よりも安く買えたりするのが、なんだかな~ ではあるのですが。
              親コメント

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...