パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京ガス、システム開発失敗で50億円損失」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    プロプラでもオプソでもいいから、何か一つ標準的な
    顧客管理やら会計やら人事やらのソフトを作って、それを
    みんなで使えばいいぢゃん。
    それこそ、ワープロや表計算のソフトみたいに。

    会社ごとに根本的に違うことをやってるわけでもあるまいに。
    会社ごとにフルスクラッチでカスタムメイドを作らなくても・・・。

    まあ言うは易し(ry、というやつなんだろうけど。
    • SAPですな
      --

      --- (´-`)。oO(平和な日常は私を鈍くする) ---
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2006年02月02日 1時23分 (#875320)
        SAPというと海外だとビジネスモデル込みでのコンサルティングになるけど、国内だとお客様次第でカスタマイズし放題なイメージ。
        SAPやってますよ、っていってもビジネス自体のコンサルティングもできるくらいじゃないと意味無くない?
        会社によってやり方が違うから、っていう本末転倒。
        同じような意味で元請けのご用聞き&丸投げのSIerとかはなくなって欲しい。
        #某田園都市線沿いの会社とか。

        各市町村のシステムなんかもう1個でいいよと時々思う。
        まあ保険のために2、3個でもいいけど。
        前に役所のやつにいたけどばかばかしいと思ってたのでAC。
        親コメント
        • > 各市町村のシステムなんかもう1個でいいよと時々思う。

          長崎県電子県庁システム・オープンソース [osvfn.com]ってのがありますな。
          プロプライエタリなやつでも、一つ作ったら、別の自治体に展開、って普通にやってるのでは。
          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2006年02月02日 15時10分 (#875699)
            > 長崎県電子県庁システム・オープンソースってのがありますな。

            長崎県のシステムのバックドアアカウントの存在は、わが県のポリシーにはなじまない。
            わが県の業務に合わせたバックドアアカウントを持つシステムを独自に構築する必要がある。
            親コメント
        • by Anonymous Coward on 2006年02月02日 3時50分 (#875372)
          海外(主にEU)でSAPが流行ったのは企業会計などが多くの会社で大きく違わないからで、一方日本ではその会社独自の様式でカスタマイズしないと適用できない部分が大きいので専門に開発・保守する会社が成り立つと耳にした。日本でそういうものを作るのであれば、まずは同じ方式を採用させるように法律で強制したほうが手っ取り早そうだ。
          親コメント
          • by nim (10479) on 2006年02月02日 10時14分 (#875480)
            法律で強制しなくても、ちゃんとビジネスプロセス変更まで出来ている会社はありますよ。

            >企業会計などが多くの会社で大きく違わないからで、一方日本ではその会社独自の様式でカスタマイズしないと適用できない部分が大きい

            のではなく、日本企業がそれまでやってきた事務フローに固執しているのです。パッケージを使うなら、業務をそれに合わせる覚悟でやらないと大きな無駄が出ます。カスタマイズ費用は馬鹿にならないどころか、下手をすれば費用の7割8割まで行きます。できるだけ業務の方を合わせるつもりでやれば(それでも最低限のカスタマイズは必要かもしれませんが)半額以下になりますよ。
            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2006年02月02日 13時11分 (#875612)
            SAP が流行ったのは、システムに合わせて業務そのものを見直すことを要求したからです。
            なので、海外でも各会社が大きく違わなかったのではなく、導入した会社が、SAP に合わせて会社を変えたのです。
            で、それによって会社組織内の無駄を無くせたと。
            社内で SAP を適用できない部分を改めるのが、SAP導入の主たる意義なんです。
            カスタマイズして導入するんじゃ入れる無意味ですよ。
            親コメント
            • 自分は、いくつかの海外のSAPユーザと話し合ったことがあります。 さて、SAPに合わせられるかどうかは、やはりパッケージがFitしているかどうかが一番大きいです。ヨーロッパ生まれのパッケージですので、特にヨーロッパの企業でフィットしているようです。アメリカは若干下がるもののまあまあというところでしょう。 請求方式などの対応を見ればわかります。欧米の企業でもSAPがあわないところは徹底してSAPを使わなかったり、アドオンを結構したりします。だから、SAP自信も、NetWeaverやESAなどと言い出したわけです。日本でアドオンが多いのは、現行から変えたくない、パッケージに合わせようという意識が少ない、ということも確かにあるでしょうが、単純に導入企業のビジネスモデルにSAPがフィットしていないからがもっとも多い理由でしょう。 事前調査を十分に行うこと、SAPを採用することに決めた場合、合わせる部分、合わせない部分をバランスをとって判断することが、導入企業に求められていると思います。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...