パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

コミック全ページを無断配信していた 464.jp 遂に逮捕」記事へのコメント

  • 買える本なら買うから… (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward
    単行本未収録作品を公開してくれたほうがうれしいのに。
    (例)
    1)プギ・ポンマリ
    2)横綱大社長
    #偏りすぎ
    • by Anonymous Coward
      たしかにね~~。

      例えばCDでも書籍でも、絶版(というか正式な出版社経由でもすでに買えないもの)なものは著作権放棄というように著作権を改正してほしい。
      つまり絶版したら、コピーして配られようが文句は言えないと。
      著作権を保護する権利は著作権者にあると思うが、著作物を手に入れる権利は消費者にあるのだから・・・都合が良すぎるかな。
      • 絶版で手に入らないからって、権利を侵害するのはどうかと思う。

        もし、採算に合わないとかそういう理由で、企業が絶版にしたのなら、著作者にとっては不本意な事だろう。
        著作物から収入が得られなくなった上に、勝手にコピーされてしまったら、踏んだり蹴ったりだ。

        もし、著作者が何らかの理由で、その著作物を公開したくないと思って絶版にしたのなら、著作者の意志は尊重すべきだと思う。
        著作者から「公開しない権利」を奪う事になる。

        絶版になったものがどうしても欲しいのなら、権利者と直接交渉するのが正しい道じゃないかな。
        • by Anonymous Coward on 2006年02月14日 15時41分 (#883305)
          >著作者から「公開しない権利」を奪う事になる。
          すでに人格権に公表権ってのがあるでしょ。
          諸々の著作権の規定は「公表された著作物は~」となっているはず。引用とか図書館とかね。

          ちなみに一度公表したものを未公表にする権利はありません。そんなことできるようになったら、例えば新聞の戦前の主張を調べるだけで逮捕されちゃうよ。
          親コメント
          • 念のためにいっておくけど、複製することと公表することは別だからね。
          • >ちなみに一度公表したものを未公表にする権利はありません。
            これ、もし本当だとしても、報道メディアと娯楽メディアは同列に
            扱っていいものなのでしょうか。

            復刊ドットコムの社長さんの本を読んで、考えさせられました。
            本を読むと、とても多くのリクエストがありながら復刊されない本に
            まつわる事情が書いてあります。評価が高いにもかかわらず、本人が
            封印したい作品が少なからずあるということに驚きました。

            一定期間後にパブリック・ドメインにというのは私も賛成ですけど、
            「もう二度と公開したくない」という著作者さん側の権利もまた守ら
            れるべき場合もあると思うのです。

            私は内田善美さんの作品の復刊を望んでいるのですが、本人が消息を
            断ってしまっているため無理、ということです。この場合本人は復刊を
            どう思っているのかすら確かめる術もなく、もどかしい思いです。
            • なんか勘違いしてませんか?

              一旦公表したものに対して「公表したこと」自体をなかったことにはできないだけで、
              「公表したもの」がその後、世に流通しなくなったら知らん振りを決め込むことはできますよ。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...