パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

コミック全ページを無断配信していた 464.jp 遂に逮捕」記事へのコメント

  • 買える本なら買うから… (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward
    単行本未収録作品を公開してくれたほうがうれしいのに。
    (例)
    1)プギ・ポンマリ
    2)横綱大社長
    #偏りすぎ
    • by Anonymous Coward
      たしかにね~~。

      例えばCDでも書籍でも、絶版(というか正式な出版社経由でもすでに買えないもの)なものは著作権放棄というように著作権を改正してほしい。
      つまり絶版したら、コピーして配られようが文句は言えないと。
      著作権を保護する権利は著作権者にあると思うが、著作物を手に入れる権利は消費者にあるのだから・・・都合が良すぎるかな。
      • 絶版というのは、出版社やレコード会社が勝手にやることで、原著作権者が絶版にしようと思ってやるわけではないのでは?

        #いくつか原著作者が絶版にした例もありますけどね。
        • 絶版となったソフトもコピーフリーにするべきですか?

          #NGワード:ソース出せ
          • 現状を鑑みると非常にラジカルなのは承知で書きますが、

            ・著作権の保護期間をリリースから15年か10年程度にして、その後は強制的にPUBLIC DOMAINにする。
            ・PUBLIC DOMAINになった後も一定期間は著作者本人に再出版や再リリースでの利益を優先して受ける権利をあたえる

            位の事は必要でしょうねぇ。
            改版やヴァージョンアップについての差分は差分で別のスタートとすればいいのではないかと。

            著作権が既得利権になっていて百年近く実際に作成した訳でもない人に独占的な権益を発生させている現状は非常にまずいのではないかと思うのですが…

            著作権者が利益を新しく得ても著作者本人には一銭も入らなかったり著作者本人が著作権者の行為を差し止める事が出来ないのも不条理窮まりないですし。
            • > 位の事は必要でしょうねぇ。

              何のために?
              誰のために?
              • by Anonymous Coward on 2006年02月15日 1時04分 (#883678)
                > 何のために?
                現状大部分の著作物は死蔵されるだけで著作権法第一条にある「文化の発展に寄与」してないから。
                死蔵されるのは単にそれが最もローコストだからなので、 死蔵するコストを上げてパブリックドメインにするコストを下げれば「文化の発展に寄与」できる。
                ただし、現状でも死蔵されない価値の高い著作物から著作権を取り上げて著作者を干すのは「文化の発展に寄与」しないから凡百とは別に保護するべきである。
                親コメント

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...