パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2130万画素モンスターデジカメのレビュー」記事へのコメント

  • むかし銀河系で…じゃなくて
    銀塩写真のネガからデジタルデータ作成のサービスが
    始まった最初のサービス by KODAK

    解像度仕様 [kodak.com]

    最大は4095x6144ですよ。えぇ。
    ただ、銀塩画素からデジタル画素への変換?ロスを考えれば
    今度の撮像画素のほうが、解像度的には上でしょうか。

    ネガと印画紙の取扱いは誇りとほこりの戦いだから
    (元写真部員として、ほこり入りスキャンとかできるかよって誇り)

    ネガの取扱いからスキャナーメンテナンスまで考えると
    PhotoCDはうれしいサービスだった。
    ただ、貯まったネガを全部依頼する資金は無かった。

    • by Anonymous Coward
      #今は イメージパックCD [kodak.com]と言うそうで。

      16 Baseが、2048 x 3072
      64 Baseはoptionalで、4096 x 6144

      16BASEは、600万画素。さて、これで35mmフィルムの情報が余すところなくデータ化されたかというと、既に凌駕していた。原版はISO100のポジだけど、既に粒子が見えていた。最近のフィルムスキャナでスキャンしても印象は同じ。35mmポジに、600万画素の実力はない。600万画素なら、ブローニーフィルム(6×7とか)のレベルでないと太刀打ちできない。

      #35mmの実力は、せいぜい300万画素相当というところだ
      • ISO100って発売当初(ASAとか言ってたころか)
        高感度フィルムって言わなかったっけ?
        もちろん、をれが写真撮り出すずっと前の時代。

        どちらにしろ、ISO100の下には64とか25とかあるものな。
        10年前、EKTAR25(相当するネガフィルムは今は無い?)
        わけもわからずつかったけど、気持ち悪い程の高精細だった。
        親コメント

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...