パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

金子氏が新たなファイル交換ソフトを共同で開発」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2006年03月21日 5時11分 (#905425)
    第21回公判傍聴録 [hatena.ne.jp]
    # 続いて、検察官から、本日の被告人質問において、「『PCを起動し、PHSによりインターネットに接続する』とあるが、Winnyを起動させるということか」との確認
    # 弁護側は、「Winnyは起動するが、インターネットにはつながない」旨の回答
    # しかし、検察側からは、「情報流出の危険性もあり、そうした取扱いは不相応である」と意見
    # それに対して、弁護側からは、「当職のPCを用いるのであるし、暗号化の措置もしており、そうした危険性はない」と回答
    # 裁判長からは、「不相応と認めます」との判断
    # この判断に対しては、弁護側は不当な弁護権の制限であるとして異議申立て
    # 裁判長が、検察官に意見を求めたところ、「理由がないと思料します」とのこと
    # 裁判長も、「異議は理由がないとして棄却します」
    # 以上のやりとりを終えて、弁護人からの被告人質問が開始

    * (弁護人から裁判長に)インターネットに接続したいが駄目か
    * (裁判長)必要があれば、弁護人が裁判所外で動かすさまを映像で記録して、それを検証することも可能であるが
    * (弁護人)このソフトを起動する際にインターネットに接続している必要があるだけであって、すぐに接続は切断する
    * (裁判長)裁判所では情報の流出等の問題もありますし。検察官の意見は
    * (検察官)ちょっと意味がわからない
    * (弁護人)休廷していただいて、その間に裁判所外で起動してインターネットに接続し、そしてその接続を切断してから、法廷に戻ってきて動作させることとする
    * (裁判長)接続させるのは、誰の
    * (弁護人)私の携帯
    * (裁判長)ちょっと合議します
    裁判官はインターネットが何かすらわかってないようだね。
    • by Anonymous Coward on 2006年03月21日 21時43分 (#905788)
      リンク先を読んだだけなのですが、弁護側は事前に裁判所に対してパソコンによる実演を申し出て
      いないようですね。
      パソコンに限らず何か機材を立証に用いる場合には公判当日に機材のトラブルが起きないように事前に裁判所と協議しておく必要があります。
      例えば電源とかスクリーンの配置とか。
      今回のように弁護側立証の場合でも検察側反対尋問に備えて裁判所、検察、弁護士の三者で事前に使用機材や立証や尋問時間の目安などを調整しておく必要があります。
      また公開裁判なので裁判官や検察官だけでなく傍聴人にも立証内容が把握出来るようにする必要があります。そうでないと公正な裁判であることが傍聴人によって担保できなくなりますから。
      その場にいたのではないのでなんとも言えないのですが、パソコンに接続するプロジェクターやスクリーンは用意していたのでしょうかね。
      もっともそれらの機材を用意していても事前に裁判所が認めていないと法廷には持ち込めません。
      あまり知られていませんが公判で提出される証拠は事前に相手側に開示する必要があります。
      公判時のテクニックとして抜き打ちの証拠提出や証言も有り得ますが普通はあまりやらないですね。
      ドラマとは違って。
      ですからもし抜き打ちでパソコンによる立証を試みてもまず認められないと思います。
      それは裁判所が保守的だからでもITがわかって無いからでもなく公正な裁判のためです。
      "情トラ付録"の人は法律や裁判に詳しいのできちんと見るところを見ていますが、この担当裁判官は慎重で公正な審理をしていると思います。
      検察官は"無能の人"みたいですがね。
      親コメント
      • 裁判所では情報の流出等の問題もありますし
        なんて言っちゃう時点で「ITがわかって無い」は事実でしょ。
        だから、せいぜい「保守的でITがわかって無いけど公正な裁判のためです」が正しい。

        本当に手続きの問題だけであったら、太字個所でも「手続きを申告、確定してください」
        と簡潔に述べればいいだけで、個人の憶測に基づく余計な事態の予測を理由にする必要は全く無い。
        法的手続き、法的根拠から逸脱した感想を理由として述べているわけだ。
        したがって、裁判官は公正でないとまでは言わないが有能ではない。

        だいたい、ネットワークソフトの作者を捕まえて、作成の意図や動機まで
        踏み込む罪状なんだから、パソコンの持込と使用なんて話の行きがかり上、
        抜き打ち的に必要になることは十分あるわけで、「立証を試みてもまず認められない」
        ようでは困るのだが、それはまあこういう裁判が異例・異常な事なので仕方ない。
        そういう意味では、判例も法的根拠も乏しく、得意分野でないものの裁判を
        担当させられてる裁判官には同情するところも多いね。
    • きっと (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年03月21日 9時19分 (#905469)
      映画の見すぎなんですよ。

      よくあるじゃん、つないだ瞬間に乗っ取られるっての。
      さらにパソコンだけじゃなくて周囲の人間にもビビッと来る奴。
      親コメント
    • Re:あれあれ? (スコア:1, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2006年03月21日 6時45分 (#905434)
      ># しかし、検察側からは、「情報流出の危険性もあり、そうした取扱いは不相応である」と意見

      一体、誰のパソコンからどんな情報が流出する事に配慮してるのかな。
      大体、インターネットに繋いでも中継動作が確認されてないと見分されてるだろう。


      弁護人:それはWinnyの使用者が自分で設定するということですか。
      証人:Winnyをダウンロードしただけでは、初期ノードを入れなければ動きませんでした。
      弁護人:今回の事件ではグローバルIPで設定しなければ動かなかった?
      証人:はい。見分の中で報告しているとおりです。

      http://homepage3.nifty.com/argus/gaiyo050704.txt [nifty.com]
      親コメント
    • Re:第21回公判傍聴録 (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年03月21日 9時14分 (#905467)
      ダブルクリックしても開けないのでこのファイルは暗号化されています。

      を思い出した。
      親コメント
    • by Anonymous Cowerd (24277) on 2006年03月21日 17時06分 (#905698)
      もしかして、裁判長が言っている「情報の流出」が
      ウィルスによる流出事故のことを言ってると勘違いしてます?

      >裁判官はインターネットが何かすらわかってないようだね。

      そうではなくて、公判中の内容(情報)が意図的に流出される
      可能性があると危惧しているのだと思います。
      だから、弁護のために動作させてデモンストレーションするなら、
      前もってそれをビデオなどに録画しておいて、それを法廷内で
      再生することは可能だと言っていますね。

      むしろ、裁判官がインターネットが何なのかわかってないと
      心配するよりは、被告弁護人が法廷のことをわかってない
      のではないかと心配になってきました。
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        >そうではなくて、公判中の内容(情報)が意図的に流出される
        >可能性があると危惧しているのだと思います。

        「意図的に」ですか、それを予測するならば「情報の流出」ではなく「漏洩」とか「不正公開」です。
        実施を認めた上でそれを指摘するならば、「意図的に」行う恐れがある人物は自明なので、
        その実施方法が公正に行われない可能性を指摘して、厳正に行うようにするでしょう。

        意図があるとしたら、単に相手のペースに引き込まれたくない(裁判長を引き込ませたくない)
        から駄々こねたというのが最有力、なぜならビデオ再生なら「宣伝乙」とでもやって、
        テープ再生時間に依存した表現しかさせないで済むため、技術に疎い検察関係者や
        警察関係の証人が余計なボロを出さないで済むから。

        それよりも、単に無知から発言したように思えるがねやっぱり。
        「情報の流出」という言葉を使う時点で、状況の区別がついてない。
      • by Anonymous Coward

        もしかして、裁判長が言っている「情報の流出」が ウィルスによる流出事故のことを言ってると勘違いしてます?
        そうではなくて、公判中の内容(情報)が意図的に流出される 可能性があると危惧しているのだと思います。

        違いますよ。弁護側は「インターネットにはつながない」と回答したのに、「情報流出の危険性もあり」と言われて却下されているわけで。

        # 弁護側は、「Winnyは起動するが、インターネットにはつながない」旨の回答
        # しかし、検察側からは、「情報流出の危険性もあり、そうした取扱いは不相応である」と意見

    • by Anonymous Coward
      「理由がない」って言葉を裁判官がよく使うけど、
      これってどういう意味なの?
      普通の会話や文章では使わないよね、こんなの。
    • by Anonymous Coward
      裁判所ってたとえばビデオカメラなどの法廷内への持ち込みは許可制でしたっけ? 裁判による?
      ネットにつながったノートPCって、あるいみ実況可能な取材機器にそのまま早変わりできちゃう機能があると思われます。
      もし持ち込み禁止とかだったりすると裁判官のこの判断もあり得るのではないかと。
      • by Anonymous Coward on 2006年03月21日 14時24分 (#905631)
        海外は録音→テープ起こしなところもあったりしますけど、
        日本ではビデオカメラだろうと携帯電話だろうと、撮影・録音できるものは原則持ち込み禁止の、許可制です。
        また撮影・録音したものを放送するにも許可が要ります。

        通常は、傍聴前に身体検査を受けて、そういう可能性のあるものは預けなければなりません。
        機械的なものは大抵引っかかる厳しさです。
        # だから速記者が活躍できるのですが
        # 最近は大きな裁判のときしか採用されてなかったり
        # 国会速記者も機械に淘汰されかかったり

        なので、「接続させるのは、誰の」という部分は、普通に解釈すると
        「それは許可できる(信用できる)人のものですか?」という意味でしょうか。
        ……なんか、単純に「え、誰の?」って反射しただけな感じもしますけど。

        でも文章起こしを見るに、この裁判官の判断はそういうところじゃないイメージだなあ。
        Winnyよくわからんし何かあったら怖いから、ってのが理由じゃないかな。
        親コメント
    • Re:第21回公判傍聴録 (スコア:0, フレームのもと)

      by Anonymous Coward
      > 裁判官はインターネットが何かすらわかってないようだね。
      いやあ、それは裁判官を過大評価しすぎですよ。裁判官は自分の頭でモノを考えてすらいません。検察の言うことに盲目的に従ってるだけです。
      つい最近も書きましたが(ログが見つからない)、日本の裁判で有罪無罪を実質的に決めてるのは検察です。もちろん憲法にはそんなこと書いてませんが、日本人得意の暗黙の了解って奴です。
      皆さん、裁判員になれたらせいぜい精一杯抵抗してみてくださいね。
    • by Anonymous Coward
      裁判官に何を求めているのでしょう? 今後裁判員制度導入などである事柄を「事前に」知らずに事件を裁くことが普通になります。
      ここは弁護人が「普通の人にわかるように」説明すべき場面。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...