パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

探査機、月に突撃」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    あんたら何度も行ってるんだから、またちょっと行って井戸を掘ってみてよ。

    といいたい。
    • 日本も、LUNAR-A [isas.ac.jp]という探査機の計画があって、
      ペネトレータと呼ばれる観測用モジュールを、月の地下に打ち込む計画があるんだけど...。
      でも、いろいろトラブルがあって [www.jaxa.jp]延期になっているらしい。
      --
      I'm out of my mind, but feel free to leave a comment.
      親コメント
      • それに (スコア:4, 参考になる)

        by yuuboku (22720) on 2006年04月12日 10時32分 (#919647) 日記
        --
        ↑↑↑この線で切り取ってもうひとつジャケットを作ろう!↑↑↑
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2006年04月12日 21時19分 (#920066)
        そのトラブルがMOOG社のバルブというくだりは、日本初の
        火星探査機「のぞみ」のトラブルの全ての発端となった
        地球パワースイングバイ時という最悪のタイミングで
        発生したバルブの開閉不良による主力の500Nスラスター
        噴射不足で注目されたバルブの製造元ですね。

        悔やんでも悔やみきれない「のぞみ」の前例があるだけに、
        バルブには慎重にならざるを得ないのでしょうね。

        姿勢制御の要で最も過酷な可動部分であるが故、壊れやすく、
        宇宙機のアキレス腱といわれるリアクションホイールと
        いい、今回のバルブといい、国内メーカーでマシな主要な
        宇宙用パーツを作れないものなのだろうか・・・。
        (リアクションホイールは作っているらしいが記憶が定かであらず)
        親コメント
        • 「はやぶさ」のリアクションホイールに関しては国内メーカの物も検討されましたが、
          値段がアメリカ製の倍くらいだったので泣く泣くアメリカから輸入したそうです
          …で、購入時の条件が「リバースエンジニアリング禁止」だったので実際にトラブルが起きたときにリアクションホイールを止める以外に手段が無く、
          姿勢制御や軌道変更に化学スラスタを多用して負担をかけすぎてトラブルが起きて
          …現状に至る訳です(T_T)

          「はやぶさ」のハード自体にもう何億円か予算が付いていれば、現状の危機的(破局に近いのかもしれない)状況は回避できた可能性が高い訳で…

          # イージス護衛艦一隻新造する予算で少なく見積もっても十台前後の「はやぶさ」が出来るんですよね
          # …MDなんつーSDIの焼直しに突っ込む金の数割を科学技術
          # 振興、特に宇宙開発に廻せんのかいな(`ー´)
          --
          --暮らしの中に修行あり。
          新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
          親コメント
        • 国内に廉価な宇宙機用バルブやリアクションホイール
          が無く、海外から当てにならないものを調達して、
          毎回トラブルを起こす。国内で出来ないなら
          開発メーカーを募って開発費用を出せるぐらいが
          理想でしょう。

          宇宙開発には国内企業の技術力強化という側面が
          あるからこそ多額の税金を投入する意義もある訳で・・。

          それが、資金が少し足りないという理由で、探査で
          得られるはずの新しい発見と共に技術力強化にも
          結び付かないというのは、端金を惜しんだがゆえに
          大事な物を失うこの国の宇宙開発が抱える問題点
          だと思う。
          とともに

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...