パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言」記事へのコメント

  • 私が利用しているコンテンツで、DRMで縛られてるのは、MORAで買った音楽くらいだ。
    ネットワークウォークマンとPCで音楽を聴くためにMORAで購入した。
    なので、仮にこれのDRMが外れたとして、私には特に恩恵は無い。
    他に使い道が無いから。

    権利者側の自分勝手で押し付けがましいガチガチのライセンスは気持ちの良いものではないが、実際問題としてそれほど困っちゃいない。

    大多数の人も、実は同じなんじゃ無いかな?
    iTMSで買って、iTunesとiPodで聞ければ満足とか。
    「DRMが無くなったらこんなに便利だ」とか「DRMがあるとこんなに不便だ」ってのが明確になると、もっと大きな運動になるのかもしれない。
    • DRMが導入された場合、ユーザーは可処分取得の一部をDRM対応機器の購入に振り向けることになる。その結果、楽曲の購入に振り向ける事の出来る金額は縮小し、売上は減るだろう。
      また同時にDRM対応機器に可処分所得を振り向ける気になれない、カジュアルユーザーは音楽市場から離れていくことになる。つまり市場規模の縮小も起こる。

      DRMの導入によってコピーによる喪失利益は確かに減るだろう。だが同時に総利益も減る事に、多くのレコード会社は気がついていない。

      DRMによって得するのは家電メーカーだけである。
      --
      風が吹くと桶屋が儲かりそうな話のなのでAC

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...