パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言」記事へのコメント

  • この例のようにアーティストの生活を守りつつ、世間に思いを伝えたいという欲求(本来のモチベーション)を満たし、
    さらにユーザーの利便性失わない方法(非DRM)は実現可能なのだけど、
    アーティストが億万長者になったりレコード会社や著作権管理団体がボロ儲けする構造を残そうとするとそれがネックになる。

    つまり、「DRMは必要です」と言ってる奴は
    「僕のアートは億万長者になる(楽して生きる)ための手段です」と言ってるアーティストか
    「我々は他人のアートでボロ儲けしたいんです」と言ってる会社・団体の奴のどっちかってことだね。

    一部の不届き者(ボロ儲けしたい奴)のせいで、世間全体が不便(DRM)を強いられているのが歯がゆい。

    実際、
    一発あてて億万長者なりたいアーティスト → そんな奴の曲、聞きたくない。不要
    人のアートでボロ儲けしたい会社・団体 → 過去の遺物。不要
    でしょう。
    • > 人のアートでボロ儲けしたい会社・団体 → 過去の遺物。不要
      こっちはともかく
      > 一発あてて億万長者なりたいアーティスト → そんな奴の曲、聞きたくない。不要
      こっちはそうは思わんけどな。

      作品のクオリティがアーティストの金儲けしたいという気持ちによって左右されるわけでもなし。
      • >作品のクオリティがアーティストの金儲けしたいという気持ちによって左右されるわけでもなし。

         そうですね。よい音楽は音楽そのものがよいのであって、アーティスト(実演家)にその本質を左右されるものでもない、という部分があるとわたしも思います。

         そう考えると、レーベルの存在意義は、録音設備、広報、流通、クレジット、ブランドあたりになるんですかね。
         でも、小規模であれば、そこらへんインターネットとPCで何とかするほうがよくなっちゃった、と。たとえば、プレイヤーズ王国 [music-eclub.com]なんかを見たり聞いたりしていると、こと音楽の普及という観点では、こっちのほうがよっぽどまともな商売なのではないか、と最近思うようになっています。大量生産にあたって規模の経済性を追求するのに最適化されてきたレーベルおよびJASRACという存在は、多品種少量生産というユーザーからの要求には必ずしもマッチしなくなっているというのが現状ではないでしょうか。
        親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...