パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

中古ゲームの次は中古CD」記事へのコメント

  • by hkt (2602) on 2002年05月23日 14時36分 (#96725)
    中古ゲームの最高裁判決 [courts.go.jp]はいったい何だったのだろう?と思わずにはいられない.
    「頒布権は消尽する」という考え方が成立した以上,中古CDもその線にそって考えるべきだと思うが…… 都合が悪くなったらが悪くなったら土俵を変えるのか?

    『「中古CD販売店は,全国に約7600店ある。普通のCD販売店が約8000店だということを考えると,これは非常に恐ろしい数字だ。そもそも,中古CD販売店というビジネスが成立するはずがない。本は1回読んだら,映画は1回観たらもう用済で中古に売るのは理解できる。だが,音楽は何回も繰り返し聴くものである。それなのに,中古が出回るということは,パーフェクトクローンを手元に残し,オリジナルを売っているからだ」』
    [zdnet.co.jp]などという考え方をするような人たちだからしょうがないのかもしれないけど.
    音楽CDだけが特殊ってことはないのだということが理解できないのかな?
    • 学*べ*ない人々 (スコア:4, すばらしい洞察)

      by L.star (163) on 2002年05月23日 15時10分 (#96756) ホームページ
      音楽CDだけが特殊ってことはないのだということが理解できないのかな?
      理解できないのではなく、理解したくないのでしょう。そこに明白な利益が存在していると信じている以上、無視したくなるのは当然だと思います。

      特に今回の場合は既得権益のたぐいですから、自分に有利な説を主張することでそれを守る、という明白な根拠もあります。自分勝手な、とおもいますが人間は得てして自分勝手なものです。

      我々に必要なのはこういう自分の既得権益を守ることしか考えられない頭の不自由な方々を「頭が悪い」と非難するのではなく、公共の利益に反すると言うことで社会からご退場頂くようにしむけることだと思いますが如何。

      親コメント
    • Re:学ばない人々 (スコア:3, おもしろおかしい)

      by imo (5135) on 2002年05月23日 16時26分 (#96814)
      >「頒布権は消尽する」という考え方が成立した以上,中古CDもその線にそって考えるべきだと思うが

      そういう「べき」は存在しません。
      あくまでも「中古CDの頒布権は消尽する」という判決が出た時点で、個別に成立するものです。

      >音楽CDだけが特殊ってことはないのだ

      「特殊でない」という判決が出るまでは、特殊として主張することはおかしくありません。

      というのが、基本原則です。
      それが民意に沿っているかどうかは別です。 (^^)
      親コメント
      • 日本の著作権法では,頒布権は映画の著作物に限定して認められており,一般的な頒布権は存在しません。

        # 音楽CDも映画の著作物だと主張する手はあるか(笑)。

        もっとも,WIPO 96年の条約で一般的頒布権を認めることになったらしいので,国内法も近いうちに変わるかもしれません。でもその時は,頒布権の消尽に関しても多少は盛り込まれると思います。きっと曖昧な表現になるんでしょうけど(著作権審議会の議事録 [mext.go.jp])。

        親コメント
        • >WIPO 96年の条約で一般的頒布権を認めることになったらしいので

           この一般的頒布権として平成11年6月に創設されたのが譲渡権です。
           この譲渡権は第一譲渡によって消尽します。(26条の2第2項)
          親コメント
          • なるほど、別の名前でWIPO合意を実現していたんですね。知ったかぶりスマソ。で、中古販売に関しては消尽しているのも明らかですね。 ということは、いよいよ(昨日の今日で新たな立法がされない限りは)音楽CDも映画の著作物だといいはる以外に道はなさそう。

            でも不思議なのは、ゲームやCD、書籍の業界は中古販売にうるさいのに、明らかに映画の著作物とみられるビデオ・DVD業界のほうはそれほどでもありませんね。このねじれ現象はいったい何なんだろう。

            親コメント
            • > でも不思議なのは、ゲームやCD、書籍の業界は中古販売にうるさいのに、明らかに映画の著作物とみられるビデオ・DVD業界のほうはそれほどでもありませんね。このねじれ現象はいったい何なんだろう。

              今でもそうなのかよく分かりませんが、洋画の場合は
              レンタルビデオ店に作品を持込んだ時に、ある程度時期
          • # 音楽CDも映画の著作物だと主張する手はあるか(笑)。

          ゲームは、「映画の著作物」として、先の裁判でも認められてますよ。すでに。でも、頒布権は消尽するということでメーカーは負けたわけです。だから、結局、いくらこじつけて、音楽CD

    • Re:学ばない人々 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2002年05月23日 14時59分 (#96746)
      >音楽CDだけが特殊ってことはないのだということが理解できないのかな?

      本を一回読んだだけで用済みにするような人たちだから無理でしょう(w
      親コメント
      • by hirok_k (3438) on 2002年05月23日 15時04分 (#96751)
        >> 本を一回読んだだけで用済みにするような人たちだから無理でしょう

        だからこそ、CDDAの規定を破って似非CDを作ったあげくに、
        CDDAマークをつけちゃうんでしょうな 藁
        親コメント
    • Re:学ばない人々 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2002年05月23日 15時18分 (#96765)
      >中古ゲームの最高裁判決はいったい何だったのだろう?と思わずにはいられない.

      逆にこの最高裁判決があったこそ、こういう声明を出したのでは?
      中古ゲームが認可されて、なしくずしに中古音楽CDが同様に扱われるようになる前に「あくまで別のものだ」と主張してるわけで.
      最終的には中古認可されることになると思うし、無駄なあがきと見てとれなくはない.
      けどまぁ「ゲームとは別の事例だ」と主張したことで、少なくとももうしばらくの間は無理矢理グレイゾーンに引きとどめていられる、ってことなんじゃないかと.
      親コメント
    • > 音楽CDだけが特殊ってことはないのだということが理解できないのかな?

      仰る通りですな。
      音楽は何回も繰り返し聴くものであるって、そりゃそうです、いいものは特に。
      ついでに言うといい映画は何回でも見るし、いい本は何度でも読みます。

      で、自分の場合中古ショップにCD売っちゃう最大の理由は
      つまんなかったから、なんですけど。
      コピーできるから売るんですかねぇ?
      # 名盤といわれるものはなかなか中古ショップにはないもんです。
      親コメント
    • RIAJで買い取ればいいのに。
    • CDのレンタルショップの数も気になるところなんだけど、 いくつぐらいあるんだろう。
      感覚的には同数程度ありそうな気がするんだが。
    • PCのCDRドライブで焼いたものはパーフェクトクローンなんて呼べない代物だと思いますが。
    • by Anonymous Coward
      このおっさんほんとにアホですね
      こういう人がいるから日本の音楽シーンは腐っていくんでしょうね

      すばらしい本は何回でも読むし、すばらしい映画は何回だって見ますよ
      "1回読んだら、1回見たら理解できる"ふざけないでください
      理解できません
      すばらしい楽曲は何回だって聞くしコピー作って売り飛ばすなんてこと絶対しませんよ
      なかには同じCDを2枚買って1枚は保存用にしてる人だっていますよ

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...