パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

中古ゲームの次は中古CD」記事へのコメント

  • CDの価格がさぁ... (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward
    /.Jでは前から言われてることだけど、やっぱり値段の設定がおかしいよね。

    富塚会長は会見の席,オリジナルとパーフェクトクローンの2つのパッケージを手に取り,「こんなものが,自宅で簡単に作れるようになっている。コストもたかだか100円くらいだ」と憤り,さらに,その鉾先を中古CD販売店に向けた。

    ってことらしいけど、これって見方によっては「原価100円くらいで作れるものを我々は300
    • Re:CDの価格がさぁ... (スコア:3, すばらしい洞察)

      by chronatog (8479) on 2002年05月23日 15時54分 (#96796) 日記
      そういう計算は短絡的過ぎるでしょ。(なんで「すばらしい洞察」なの?)

      客先にプログラムのバイナリをFDで収めて
      「あ、FD一枚で済みましたか。じゃ100円でお釣り下さい」
      なんて言われるようなもんだ。

      作詞だの作曲だのジャケット装丁だのには相応の報酬を
      払わないとね。嫌な話の絶えない流通や著作権管理団体には
      そろそろ払いたくなくなってきてるんだけど。
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2002年05月23日 16時23分 (#96812)
        短絡的発言をしたACです。
        ま、皆さんおわかりとは思いますが、別にCDを100円で販売しろと書いたつもりはありません。海外のレコード会社だってあの価格で普通に経営が成立してるはずなのに、なんで国内ではこんなクソ高い定価になってんの?ってのが主旨です。

        >> 作詞だの作曲だのジャケット装丁だのには相応の報酬を払わないとね。

        その通りですが、数年前に読んだ雑誌記事によると、最も一般的なケースでは、作詞+作曲+演奏してる人を全部合計した取り分で、CD販売価格の1~2割程度しか払われていなかったはずです。

        話はそれますが、これが(当時は全盛だった)コムロなど大物の作詞家/作曲家の場合は、取り分が4割程度まで上がることもあるらしいですが、いずれにせよ演奏してる人にはたいした額は入らないらしく、「売れているバンドであっても、作詞+作曲をやっている人物だけがずば抜けて儲かっていて、それ以外のメンバーは、思われているほど収入があるわけではない」というような話だったように思います。

        ま、いずれにせよ、現行の価格はレコード会社がぼったくってるだけにしか思えないですよね。
        親コメント
        • by zeissmania (3689) on 2002年05月23日 16時41分 (#96825)
          >取り分が4割程度まで上がる
          のは、著作権料(大体CD販売価格の1割)の中での配分が4割ってことだと思います。これは大物だからじゃなく、作詞やって作曲やってアレンジやってプロデュースやって演奏もやってるからですよ。
          残りの6割はその他の作詞・作曲家、エンジニア、演奏家、ジャケデザイナー、写真家に配分されるということですね。

          販売価格の4割も持ってかれたら、レコード会社の取り分がなくなります。
          CD販売価格の3割は小売店の荒利、1割が著作権料、1割がプレスやジャケット印刷代、残りの5割が流通経費や宣伝広告費などを含めてレコード会社の取り分になります。
          一番儲けているのはどこかってのは、これでおわかりですね?
          親コメント
          • by Anonymous Coward
            > 残りの6割はその他の作詞・作曲家、エンジニア、演奏家、
            > ジャケデザイナー、写真家に配分されるということですね。

            単純に「何割」で言っているようですが、全部が全部当てはまる
            でしょうか?
            • by zeissmania (3689) on 2002年05月23日 17時44分 (#96897)
              >単純に「何割」で言っているようですが、全部が全部当てはまる
              でしょうか?
              作詞、作曲、アレンジ、プロデュースは、取り分の%が決まってるみたいです。メインの歌手やミュージシャンも。契約の時に駄々捏ねれば、多少は変動するかもしれませんが。
              極たまに、レコード会社と給与契約してて、売れても売れなくても月々の固定給という人もいますけど。
              #「泳げたいやき君」などはそうだったとか。

              >一仕事いくらで請け負っている人々も多い
              スタジオミュージシャン、ジャケデザインとか写真なんかは、そういう場合もあると思います。歩合で貰うのと、固定で貰うのと選ぶんでしょうけど。
              親コメント
        • by Anonymous Coward
          >これって見方によっては「原価100円くらいで作れるものを我々は
          >3000 円くらいで販売しております」って告白だよね。その場で誰
          >か突っ込んで欲しかったなぁ。

          皆さんはこの部分を指摘しているだけかと思います。
          「原価100円で作れるんだから安くしろ」と書かれていると、
          誤解を受ける表現かと思います。
      • by G7 (3009) on 2002年05月23日 17時13分 (#96855)
        >作詞だの作曲だのジャケット装丁だのには相応の報酬を
        >払わないとね。

        相応ってのが幾らなのか、測定する手段がないから、悩んでいるわけで(^^;

        ちなみに、こんな悩みが存在するっていう所からして既に、
        これは「資本主義」の枠から外れたものだったりするんだよね。
        競争原理で価格が落ち着く、というシステムが働かないのだから。

        だからこそ、資本主義チックに扱おうとすると、量販なり中古なりの方面で
        競争原理なりなんなりによって「妥当な」価格をつける、というシステムが、欲しくなるわけです。
        親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...