パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Linux MLD miniはGPL違反ディストリビューション?」記事へのコメント

  • by stealth_inu (4326) on 2001年07月27日 13時53分 (#9844)
    以前MLD開発元にライセンス関係のことで問い合わせたことがあり、そのとき下記のような返答いただきました。
    簡単に言うと、イニシャル部分の設定とかはうちで作った(うちのインストーラが作った)ものだから、そこにライセンスがあるんでコピーしないでね、ってのが論拠のようです。

    【Q】
    MLD5のマニュアル1ページ目に、ライセンスについて触れている部分があり、
    「Linux MLD のインストーラーには1台分のライセンスが含まれています。お客様がご利用になるパソコン以外にインストールすることは出来ません。」
    とのことで、インストーラーにはライセンスが入っている、と考えられますが、インストーラーを利用しない場合には、ライセンスに抵触しませんか?

    【A】
    収録されている個々のRPMパッケージはそれぞれのライセンスにしたがって再配布が可能です。

    【Q】
    FATにインストールしたMLD5から商用ソフトウェアを削除し、他のPCにWindowsからloopファイルをネットワーク上等でコピーした場合、コピーにはインストーラーを利用しませんが、この場合でも利用ライセンスに抵触しますか?

    【A】
    この例は少し複雑です。確かにWnn6等を除けば大部分がGPLもしくは再配布可能なものです。ですが、loopファイルからLinuxを起動するためのイニシャルラムディスクや起動時の設定プログラムは弊社で作成したものです。これらを使用しないと、 loopファイルをコピーしても実際には起動できないものになってしまいます。
    申し訳ありませんが、イニシャルラムディスクなどインストーラーと対になる部分は私的な複製を除いては許可しておりません。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...