パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

リメイク版「巨人の星」は……」記事へのコメント

  • 「変なモノ」 (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward
    なんですか?
    なんのヒネリもない普通のリメイクのようですが
    • Re:「変なモノ」 (スコア:-1, フレームのもと)

      by Anonymous Coward
      これのどこが「ヒネリもない普通」なんだか。
      原作や旧アニメを知らないなら黙ってなよ。
      • by CowardDuck (25674) on 2006年08月07日 12時35分 (#992393)
        ある雑誌のインタビューで梶原一騎は語っていました。
        (雑誌名は失念)

        "巨人の星"のテーマは、

        「いくら努力しても報われない人間はいる」

        なのだと。

        "巨人の星"の主張は、

        「努力しても報われないことの方が多いのに、
            努力を強いる価値観が支配的なのは不条理」

        なのだと。

        彼は人間の苦闘と苦悩を背負わせるべく生み出した
        主人公に「ヒューマン」をもじって「飛雄馬」と
        名付けました。

        貧しい生い立ちを克服し野球選手となった飛雄馬は
        しかし、さらに生まれ持った欠点「質の軽さ」に
        挫折し、それを克服するために生み出した魔球は
        "生い立ちと才能に恵まれた"花形に打たれ、
        おなじく"貧しい生い立ち"の左門に打たれ、
        さらには"肉親と友人"である父と伴に打たれます。

        積み重ねた苦闘のすえに野球のできない体になった
        飛雄馬は最後に"母"の代わりであった「明子ねえちゃん」
        までもを"生い立ちと才能に恵まれた"花形にとられ
        消息不明となり原作は終わります。

        このような結末になったのは

        「原作者が連載に疲弊して錯乱した」わけでも
        「出版社と軋轢が生じて連載を投げ出した」わけでも

        ありません。

        「原作者が作品のテーマに沿って意図通り」に
        そうしたのです。

        しかしアニメ版"巨人の星"は父と子の和解で終わっています。

        このようになってしまったのはスポンサー/テレビ局の
        介入によるもので、「努力/背信/敗北」を主軸にし
        「根性」を否定的に描こうとした梶原一騎にはとても
        不本意なことであったようです。

        長々、云ってまいりましたが何をいいたいのかというと

        >これのどこが「ヒネリもない普通」なんだか。
        >原作や旧アニメを知らないなら黙ってなよ。

        旧アニメだってかなり重要なところで原作と乖離してます。
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          >「努力しても報われないことの方が多いのに、
          > 努力を強いる価値観が支配的なのは不条理」

          「デスマっても報われないことが多いのに、
            デスマを強いる価値観が支配的なのは不条理」
          だと、心の底から思います!

          >積み重ねた苦闘のすえに野球のできない体になった
          >飛雄馬は最後に"母"の代わりであった「明子ねえちゃん」
          >までもを"生い立ちと才能に恵まれた"花形にとられ
          >消息不明となり原作は終わります。

          え~っと、シャレになってないんですが…… orz

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...