パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京・千葉などで大規模停電中」記事へのコメント

  • クレーン船が、江戸川で送電線を切断した説があるようです。 そのクレーン船に警察関係者が行き事情聴取をしているようです。 ただ、送電線が切断されていない、送電線切断だけで停電はしないなどの情報もあるようです。
    • >>送電線が切断されていない、送電線切断だけで停電はしない
      >>などの情報もあるようです。

      送電線をショートさせたり接地しても,切断しなければ大丈夫だったのか!
      • by Anonymous Coward
        >送電線をショートさせたり接地しても,切断しなければ大丈夫だったのか!

        一応設計上は、一箇所が切断されたぐらいじゃ広域には影響が及ばないように
        されています。迂回路があったり環状だったり他のところからの送電を
        増やしたりで。
        #もちろん局所的な停電は起こります。

        ・・・まあ、実際には世界を見回すと想定外の連鎖が起きたりで大規模停電に
        なった例はいくつもあるっちゃああるんですが。
        #今回のはまだ詳細が不明なようでなんともいえませんが。
        • by Anonymous Coward
          主系統と予備系統があったとき、主系統がなくなったときに予備系統に切り替えが行われる。

          と、思ったが、切り替えが行われずに大規模トラブル!なんて事故を聞くことがあります。

          予備の信頼性は非常に低いのが問題です。

          できれば主・予備ではなく、第1系統と第2系統をもち、切り替えながら運用して、どちらも生きていることを常に使い、常に確認できることが大事かと思います。
          お金がかかるので業務の信頼性によりますがね。
          • by Anonymous Coward on 2006年08月14日 11時01分 (#996242)
            普段使っている主系統と普段使っていない予備系統で切り替えといったことはしておらず、
            普段は複数の系統を全て使って送電しています。

            1本ぐらい切れても、他の系統での送電量をちょっとずつ増やせば大丈夫、という理屈なのですが、

            送電能力の余裕が少ない状況だと、

            一部の送電線が切れる
            →生きてる線の送電量が増える→限界を超える線が出てくる→送電停止(事故ったり自動停止したり)
            →他の生きてる線の送電量が増える→限界を超える線が出てくる→停止
            (以下略)

            という悪循環が発生します。

            ニューヨークの大停電なんかは、こうして被害が拡大しました。
            親コメント
            • ということは、
              もし今回の事故が
              夏真っ盛りの真昼間、
              気温が38度越えという猛暑で
              どのもかしこも冷房かけまくりだったら
              >生きてる線の送電量が増える→限界を超える線が出てくる→送電停止
              これがもっと増えてさらに大規模な停電になった
              という可能性があるわけですか?

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...