パスワードを忘れた? アカウント作成
21611535 story
スラッシュドット

スラドであなたが印象に残っている記事やコメントは何ですか 251

ストーリー by headless
スラド 部門より
snowy 曰く、

まもなくスラドが終了するが、最後に、あなたの印象に残っている記事やコメントを教えてもらえるだろうか。あなたが投稿したり書き込んだものでも良い。あなたの人生を少しまたは大きく変えたり、趣味や嗜好すら変えた記事やコメントはあるだろうか。

私は、自分自身のコメントでは、ACで牛丼太郎の記事で書き込み、「おもしろおかしい」を5個もらったコメントを何故か思い出してしまう。

そのコメントに今更ながら反論しておくと、土日に「さんざんたれこみがたまってる」ところなど見たことがない。

個人的にお気に入りの記事は「死の触手「ブライニクル」が南極の海中で撮影される」で、元のタレコミはスラドの編集を14年間やった中で一番できのよいタレコミだと思う。このタレコミを書いたのは誰だったんだろう。

個別の記事ではないが、自分で楽しんで書いていたのはノーベル賞受賞者発表の記事サンタ追跡の記事だろうか。ノーベル賞の受賞者発表会はいつからか全部見て記事を書くようになっていた。

21539058 story
クリスマス

サンタ追跡 2023 23 Screenshot-sm

ストーリー by headless
恒例 部門より
ルドルフ 曰く、

今年も NORAD によるサンタ追跡ミッションが間もなく開始される (公式サイトプレスリリースNORAD Tracks Santa 2023 — Command Center)。

うちのサンタは今年話題となった生成 AI と無縁だが、NORAD のサンタ追跡サイトは Microsoft の協力により更新されたので、現在位置がハルシネーションによるものでないことを祈りたい。

追跡開始は日本時間 12 月 24 日 18 時から。プレスリリースには山地時間午前 4 時 (日本時間 20 時) からと記載されているが、例年は東部時間表記であり、東部時間午前 4 時なら日本時間 18 時となるため、誤記とみられる。また、トールフリーのサンタ追跡電話番号のオープン時刻も山地時間 6 時 (日本時間 22 時) となっており、こちらも東部時間 6 時 (日本時間 20 時) の可能性が高い。

サンタの現在位置は公式サイトのほか、Bing やアプリ (AndroidiOS)、各種ソーシャルメディアチャンネル、Amazon Alexa などでも確認できる。

Google も日本時間 12 月 24 日 19 時から、「Google サンタを追いかけよう」サイトで独自のサンタ追跡システムによるサンタの現在位置表示サービスを開始する。また、Google Arts & Culture の「Instrument Playground」では AI の助けを借りて祝祭的ジングルを生成できる。

16393883 story
クリスマス

サンタ追跡 2022 21 Screenshot-sm

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年も NORAD のサンタ追跡ミッションが間もなく開始される (公式サイトニュースリリース2022年版トレーラー)。

NORAD のサンタ追跡ミッションは今年で 67 年目。公式サイトやアプリ (Android / iOS) では日本時間 12 月 24 日 18 時からサンタの出発準備の中継が始まる。出発後はサンタの現在位置を追跡するだけでなく、ホリデーミュージックやゲーム、サンタや世界の祝日などについて知ることのできるコンテンツも用意されている。

COVID-19 パンデミックが続く中で行動制限の緩和による感染拡大だけでなく、さまざま伝染病感染拡大懸念されているが、サンタは感染防止策をとりながらウクライナの子供やロシアの子供を含めて全世界の子供にプレゼントを配る。20 時以降は全世界から利用可能なサンタ追跡トールフリー番号がオープンするほか、ソーシャルメディアや Bing、Amazon Alexa、OnStar でもサンタを追跡できる。

独自のサンタ追跡システムを公開してから今年で 11 年目の Google も日本時間 24 日 19 時からサンタ追跡を開始する。

追記 12月24日19時45分: NORADの追跡システムは今年も正常に動作しない模様。今回は追跡画面に地図が表示されない現象が発生している
追記2 12月24日 21時05分: NORAD も問題を認識し、修正を進めているとのこと
追記3 12月24日 21時30分: 復旧した模様。現在は南太平洋上の島々に配達中
追記4 12月25日 0時10分: Firefoxでは追跡画面がモバイルのような縦に細長い表示になっていた
追記5 12月25日 0時25分: Vivaldiでは最初の問題発生時と同様に何も表示されない。内蔵コンテンツブロッカーをオフにすれば表示できた
追記6 12月25日 20時: 追跡が終了したので追跡画面の埋め込みも終了
15523777 story
クリスマス

サンタ追跡 2021 27 Screenshot-sm

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年も NORAD のサンタ追跡ミッションが間もなく開始される (公式サイトニュースリリースサンタ追跡 2021年版トレーラー)。

NORAD のサンタ追跡公式サイトでは、日本時間 24 日 18 時から出発の準備を進めるサンタの更新情報を確認できるようになる。米国では 5G C バンドの信号による航空機の電波高度計等への干渉が懸念され、航空業界からは 1 月 5 日までの商用サービス延期だけでは不十分との声も出ているが、ルドルフがナビゲートするサンタのフライトシステムは影響を受けない。

20 時にはトールフリーのサンタ追跡電話番号がオープンする。COVID-19 パンデミックが続く中、今年も昨年に続いてオペレーターの数を減らしているため、オペレーターにつながらない場合は録音による更新情報を聞くことになる。サンタの現在位置は Amazon Alexa に聞くこともできるほか、Bing や NORAD のソーシャルメディアチャンネルでも確認できる。モバイルアプリ (AndroidiOS) も更新版が利用可能だ。

NORAD が Bing Map に乗り換えるまでサンタ追跡を担当していた Google は、独自のサンタ追跡システムを公開してから今年で 10 年目となる。Google のサンタ追跡は日本時間 24 日 19 時から。サンタの現在位置は 「Google サンタを追いかけよう」公式サイトのほか、Google アシスタントに教えてもらうこともできる (The Keyword の記事 [1][2])。

追記 12 月 24 日 20 時: トレーラーから埋め込み版追跡画面に変更。Googleによればニュージーランドでプレゼントを配っているサンタだが、NORADによれば今まさに北極を出発したところだ。

追記 12 月 26 日: ミッション終了のため追跡画面からトレーラーに戻す。
15026278 story
クリスマス

サンタ追跡2020 (更新) 18

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡ミッションが間もなく開始される(公式サイトプレスリリースMicrosoftのニュース記事公式YouTubeチャンネル)。

例年の追跡開始は日本時間12月24日16時1分だが、今年は2時間遅い18時から。クリスマス島などで最初に日付が25日に変わるのは日本時間19時なので、それでも時間には余裕がある。COVID-19パンデミックの影響も懸念されるが、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ氏はサンタがスーパースプレッダーにならないよう、北極まで行ってサンタにワクチンを接種してきたそうだ。ただし、全世界にプレゼントを配るサンタに濃厚接触の時間はない。NORADも例年通り、安全な距離を保ってサンタを支援する。

サンタの現在位置は公式サイトやソーシャルメディアのほか、Androidアプリ/iOSアプリでも確認できる。公式サイトやアプリでは、レーダーのチャットボットに質問できる新機能も用意されている。Alexaに質問することも可能だ。20時からはNORADサンタ追跡オペレーションセンターに電話(トールフリー)でサンタの現在位置を問い合わせることもできるが、今年は感染防止のためオペレーターの数が少なくなっている。そのため、録音された音声による応答になることもあるそうだ。

Googleは今年も独自技術を用い、公式サイト日本時間19時からサンタを追跡する。昨年から更新されていないAndroidアプリも問題なく動作しそうだが(追記: 追跡開始後も追跡画面には遷移しなかった)、Web版のGoogle Playではログインしないとアプリが表示されなかった。

追記 12月24日19時30分: トレーラーから埋め込み版追跡画面に変更。Googleのデータでは既に出発しているサンタだが、NORADによるとまだ北極にいる模様。
追記 12月25日 21時50分: 追跡が終了したので、埋め込み版追跡画面から動画に変更
15026326 story
アメリカ合衆国

サンタが電線に引っかかって飛行不能に。アメリカ 15 Screenshot-sm

ストーリー by nagazou
残念無念 部門より
今年もNORADによるサンタ追跡ミッションが行われているが、NORADに追跡される前に墜落してしまったサンタもいたようだ(日テレNEWS24CNN)。

米カリフォルニア州クラメント郡で20日、サンタの格好をした男性がエンジン付きのハンググライダーに乗ってプレゼントを配ろうとしたところ、離陸直後に電線に引っかかってしまう事故があったという。このサンタ(仮)は救助されるまでの数時間、ハンググライダーの席に横向きに座る羽目になってしまった模様。のちに消防隊がクレーンを使って救出したそうだが、救出されるとき周辺地域では数時間停電が発生したそうだ。
14075774 story
クリスマス

サンタ追跡2019 26

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡ミッションが間もなく開始される(公式サイトプレスリリース: PDF公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間16時1分から。今年のサンタは忙しいからクリスマスイブに来られないと間違ってしまった市長もいるが、サンタは毎年忙しい。サンタが確実にプレゼントを届けられるよう、NORADの任務は重大だ。

サンタの現在位置は公式サイトで確認できるほか、TwitterFacebookなどのソーシャルメディアでも確認できる。Amazon Alexaに質問することも可能だ。昨年はモバイルアプリが利用できなかったが、今年は更新版(Android / iOS)が公開された。公式サイトでは米国やカナダの軍楽隊などが演奏するクリスマスソングを聴くこともできる。「恋人たちのクリスマス」や「ラスト・クリスマス」に飽きたら聴いてみるといいだろう。

注: 手元の環境では昨年に引き続き、カウントダウン終了後も公式サイトやアプリが追跡画面に移行しない問題が発生している(追記: 日本時間25日早朝までに復旧したのも昨年と同様)。埋め込み版は正常に動作しているようだ。

一方、Googleも独自の技術により、日本時間19時からサンタ追跡を開始する(The Keywordの記事)。こちらは公式サイトのほか、Androidアプリでサンタの現在位置を確認できる。なお、公式サイトでは現行のレガシー版Microsoft Edgeがサポートされなくなったようだ。Chromiumベースの新Microsoft Edgeでは動作した。
13800612 story
クリスマス

サンタ追跡2018 41

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年で60回目となるNORADのサンタ追跡ミッションが間もなく開始される(公式サイトプレスリリース公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間16時1分から。プレゼントの原産国を間違えるとカナダで逮捕される可能性もあるが、サンタはリストをダブルチェックしているので大丈夫だ。米政府機関の一部が閉鎖される中、国防総省傘下のNORADは予算を確保できており、およそ1,500人のボランティアに支えられる追跡ミッションには影響しない。子供がサンタを信じなくても、大人は全力でサンタを追跡する。

サンタの現在位置は公式サイトやTwitterFacebookBingで確認できるほか、Amazon Alexaに教えてもらうことも可能だ。昨年まではCortanaに教えてもらうこともできたが、今年のプレスリリースでは言及されていない。また、今年はモバイルアプリやテキストメッセージによるサンタ追跡がサポートできないとのこと。

注: 手元の環境では公式サイトでカウントダウンが終了しても追跡画面に移行しなかった。同様の問題が発生している場合は埋め込み版を利用するといいだろう(追記: 日本時間25日明け方頃には修正されていた模様)。
13487561 story
クリスマス

サンタ追跡2017 25

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡ミッションが間もなく開始される(公式サイトプレスリリースニュースルーム公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間16時1分から。カリフォルニア州の山火事は火勢が弱まったと報じられているが、サンタが安全に飛行できるよう、NORADの任務は今年も重大だ。ソリの飛行高度は高いので、「国境の壁」の試作品は問題にならない。

サンタの現在位置は公式サイトのほか、モバイルアプリ(AndroidiOS)でも確認できる。昨年まで提供されていたWindows版はなくなってしまった(追記: インストール済みの旧バージョンは動作した)が、Cortanaに聞けば教えてくれる。Amazon Alexaもサンタ追跡スキルを身に着けているそうだ。また、GMのOnStarサービス利用者は自動車の中でサンタがどこにいるのか確認できるとのこと。

サンタが同社のクラウドを使用していると主張するGoogleも独自のサンタ追跡システムを使い、日本時間19時からサンタ追跡を開始する。こちらは公式サイトのほか、Androidアプリでサンタの現在位置を確認できる。また、Google HomeやAndroid端末のGoogle Assistantに「Ok, Google, phone Santa」と言えば、サンタに電話をかけることもできるそうだ。
13104201 story
クリスマス

サンタ追跡2016 37

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(公式サイトプレスリリースNORAD Tracks Santa's Newsroom公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間16時1分から。サンタはリストを2回チェックしているので、嘘ニュースへの対応も万全。地球温暖化の影響によるトナカイの小型化や、シベリアで発生した炭疽菌が原因とみられる家畜のトナカイの大量死も報じられているが、ルドルフの鼻は今年もピカピカだ。デリバリーを断念したドミノ・ピザのトナカイとは違い、確実にプレゼントを配達できる。

サンタの現在地は公式サイトのほか、アプリ(AndroidiOSWindows)やCortanaで確認することもできる。日本時間20時以降は無料通話の1-877-Hi-NORAD(1-877-446-6723)に電話するか、noradtrackssanta@outlook.comにメールを送ればサンタがどこにいるか教えてもらえる。

独自のサンタ追跡システムを使用するGoogleも日本時間19時からサンタ追跡を開始する。アプリは今年もAndroid版のみ。2016年バージョンはポケモンGOのように端末の位置情報を使用してプレゼントを集めるゲーム「プレゼントクエスト」も搭載されている。
12630792 story
クリスマス

冷戦時代、NORADのサンタ追跡ミッションが始まった本当のきっかけは? 27

ストーリー by headless
追跡 部門より
NORADのサンタ追跡ミッションも無事に終わり、サンタは全世界の子供たちに7,281,439,471個のプレゼントを届けて北極に帰り着いた。サンタ追跡の始まりはデパートが開設したサンタホットラインの広告で電話番号が間違っていたこととされているが、事実は少し異なるようだ(Consumeristの記事Paleofutureの記事)。

NORADの公式ストーリーは以下のようなもの。1955年、コロラドスプリングスのシアーズローバックが子供向けに、サンタと電話で話せるホットラインを開設。しかし、広告の手違いでNORADの前身であり、ソ連の核ミサイルを監視するCONADのホットラインの電話番号が印刷されてしまう。クリスマスイブに子供からの電話に出た責任者のHarry Shoup大佐は、部下にレーダーを調べさせ、サンタは北極から南へ向かったと答えたという。その後も子供たちからかかってくる電話に対して最新のサンタの場所を回答したことが伝統の始まりとなった。

しかし、実際には電話番号のミスプリントではなく、子供が電話番号を間違えただけだったという。また、電話がかかってきたのもクリスマスイブではなく、11月30日だったそうだ。1955年12月1日付のPasadena Independent紙によれば、サンタクロースが北極にいるのかという質問に対し、大佐は「サンタクロースという名前の奴が北極にいるかもしれないが、私がその方向から来るのを心配しているのは彼のことではない」と答えたとのこと。

ただし、この件がきっかけとなり、CONADではその年のクリスマスイブからサンタの安全を確保するミッションを開始することになる。実際にソ連がサンタを攻撃することなどはなかったが、子供たちに対するイメージアップは大成功。軍のPRキャンペーンとしては最も成功したものになったとのことだ。
12628234 story
クリスマス

サンタ追跡2015 20

ストーリー by headless
恒例 部門より
NORADがサンタ追跡を開始してから今年で60年。サンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(Official NORAD Santa Trackerプレスリリース公式Facebookページ公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間12月24日の17時から。今年はフィンランド・サンタクロース村のサンタクロース事務局が破産の危機に陥ったが、支援者が現れて無事解決した。もちろん北極のサンタクロース本部と事務局とは独立して運営されているので、サンタの仕事が影響を受けることはない。ちなみに、良い子と悪い子のリストがクラックされたというのはノートンの宣伝であり、本物のリストはサンタが2回チェックしているので安心してほしい。

Web版のサンタ追跡ページは今年も引き続きMicrosoftが作成。モバイルアプリ(Android版iOS版)やWindowsストアアプリも最新版が公開されているほか、Cortanaがサンタの現在位置を教えてくれるなど、Windows 10限定コンテンツも用意されている。なお、Windowsストア版はPCとモバイル共通になったようで、Windows Phone版は更新されていない。また、Android版はAndroid 4.0以降の対応となっている。

Googleは今年も独自のサンタ追跡システムを使用して、日本時間12月24日19時からサンタ追跡を開始する。Androidアプリも最新版が公開されており、Android WearやAndroid TVのサポートが追加されているようだ。AndroidアプリはAndroid 4.1以降の対応となる。
12002837 story
Google

Google、サンタトラッカーをオープンソース化 6

ストーリー by hylom
みんなで追跡 部門より
StandardIO 曰く、

Googleは2012年よりクリスマスシーズンにサンタ追跡コンテンツを公開しているが、ここで用いられているSanta Trackerソフトウェアがオープンソース化された(betanewsGoogle Developers Blogの告知santa-tracker-websanta-tracker-android)。

画像と音声はCC by NCライセンス、それ以外のものについてはApache2ライセンスとなっている。超音速で飛ぶサンタを追跡することができるソフトを使って、間違っても他の物体を追跡しないようにしてもらいたい。

11840566 story
クリスマス

サンタ追跡2014 71

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(Official NORAD Santa Tracker公式Facebookページ公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間12月24日の16時から。急増するドローンとの接触事故からサンタを守るため、今年もNTSOCの任務は重大だ。昨年はかなり重くなってしまっていたWeb版だが、今年は大幅に改善。モバイルブラウザでの表示も改善しているようだ。モバイルアプリやWindowsストアアプリも最新版が公開されている(Norad Tracks Santa: Windows Phone版Android版iOS版Windowsストア版)。

Googleも昨年に引き続き独自のサンタ追跡システムを公開。AndroidアプリおよびWebブラウザーから利用できる。今年のAndroidアプリはChromecastにも対応。ただし、アプリを使用するにはAndroid 4.0.3以降が必要だ。Web版はAndroidの標準ブラウザでは利用できず、Android版のChromeやFirefox、Opera、Dolphinなどが必要となる。Googleは日本時間12月24日19時からサンタ追跡を開始する。
10426252 story
スラッシュバック

2013年、スラッシュドットで最も話題になったのは「Windows」と「MS Office」ネタ 20

ストーリー by hylom
珍しくまとめ記事でも 部門より

2013年もそろそろ終わりを迎えようとしていますが、今年1年間でスラッシュドットで最もコメントが多く付いた記事は「Windows 8.1への搭載が確定した、名状しがたいスタートボタンのようなもの」、もっとも閲覧数が多かった記事は「Office 2013は再インストールができない?」でした。

12月30日時点で過去1年間最もコメントが多かった記事は以下のとおり。

  1. Windows 8.1への搭載が確定した、名状しがたいスタートボタンのようなもの(393コメント)
  2. 2013年現在、Windowsを使い続ける(または避ける)理由は?(341コメント)
  3. サポート終了まで残り 1 年を切った Windows XP (333コメント)
  4. 改正消防法により過疎地から GS が消える「2 月危機」(304コメント)
  5. NHK、番組で使用する外来語が多いとして提訴される(285コメント)
  6. メートル法への移行を求める請願に対する米国政府の回答「使いたければ使えばいい」(278コメント)
  7. 特定秘密保護法が成立(278コメント)
  8. /.J に聞け: Windows XP からの移行を促すにはどうすれば良い?(275コメント)
  9. 大学入試において文系学科でも理数科目を必須にすべきという提言(274コメント)
  10. PC遠隔操作ウイルス事件の容疑者が逮捕される(273コメント)

また、閲覧数が多かったのは以下の記事でした(括弧内はおおよそのアクセス数)。

  1. Office 2013は再インストールができない?(97295)
  2. COBOLで書かれた米国防総省の給与システム700万行、実質的に更新不可能(89298)
  3. 「リッピングしない」DVD/Blu-rayコピーソフト(88609)
  4. 「10年間は何が何でも運営する」と宣言していたMMORPG、スタートから2年ちょっとでサービス終了(65092)
  5. 新しいMacProは法令上は「スパコン」扱いになる(64268)
  6. Office互換ソフト、シェア1位はOpenOffice、満足度1位はLibreOffice(64053)
  7. Windows 8 Proアップグレードの価格、2月1日からは25,800円に(58170)
  8. サンタ追跡2013(57688)
  9. 戦後最大サイズの護衛艦となる海上自衛隊のヘリ空母「いずも」、ついに進水(55788)
  10. パソコンの電源鳴きから4096ビットのRSA秘密鍵が解析される(55578)

スラッシュドット読者の皆様で印象に残っている記事は何だったでしょうか?

10392873 story
クリスマス

サンタ追跡2013 17

ストーリー by headless
恒例 部門より
今年もNORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(Official NORAD Santa Tracker公式Facebookページ公式YouTubeチャンネル)。

追跡開始は日本時間12月24日の午後4時から。今年は米政府機関の閉鎖によりサンタ追跡も実施できるかどうか危ぶまれたが、暫定予算が無事成立。モバイルアプリや、Windowsストアアプリも最新版が公開されている。昨年に引き続きMicrosoftが協力しているが、Web版はかなり重くなっており、ブラウザーによっては正常に表示できないこともあるようだ。利用できる環境ではアプリの利用がおすすめだ(NORAD Tracks Santa Android版iOS版Windows Phone 8版Windowsストア版)。

一方、昨年から新たに独自のサンタ追跡システムを公開したGoogleは、今年も独自にサンタ追跡を実施。特設サイトのほか、Androidアプリも利用可能だ。こちらは日本時間12月24日の午後7時から追跡が開始される模様(Google サンタを追いかけようAndroidアプリ Google Santa Tracker)。
6836757 story
クリスマス

サンタ追跡2012 34

ストーリー by headless
追跡 部門より
今年もNORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(NORAD Tracks Santa)。

追跡の開始は日本時間午後4時から。コントロールを失った人工衛星とサンタがニアミスしないよう、今年もNTSOCの任務は重要だ。今年は地図がBing Mapsに変更されており(/.J記事)、3Dマップの表示にはCesium Viewerを使用する。

一方、Googleは北極のエルフに教えてもらったソリの秘密を使い、GoogleマップとGoogle Earthでサンタを追跡できるようになったという。AndroidアプリとChromeプラグインも提供中だ(Google サンタを追いかけよう)。
6749602 story
クリスマス

サンタ追跡、今年はBing Mapsを採用 17

ストーリー by hylom
恒例行事ですが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

クリスマスの恒例行事となりつつあるNORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタ追跡だが、今年はGoogle MapsではなくBingの地図が採用されることになったそうだ(NORAD Tracks Santa公式サイトMicrosoft公式ブログ本家/.)。

今年は2500万人の人々がサンタの旅路を追跡すると予想されているとのこと。Bingの地図が採用された理由は明らかにされていないが、Microsoftにとって大きなPRになることには間違いない。

なお、今年のサンタ追跡は12月24日午前0時(日本時間12月24日16時)にスタートする。この時点ではサンタは空の旅の準備中だそうで、出発は午前4時(日本時間20時)が予定されているとのこと。サンタはiOSやAndroid版、そしてもちろんWindows Phone版およびWindows 8版のアプリケーションでも追跡可能とのことだ。

1098405 story
クリスマス

サンタ追跡2011 16

ストーリー by headless
santa-claus-is-coming-two-times 部門より
毎年恒例、NORADのサンタ追跡オペレーションセンター(NTSOC)によるサンタの追跡が間もなく開始される(NORAD Track Santa WebサイトNorad Newsの記事)。

追跡の開始は日本時間12月24日午後7時から。ピーターソン空軍基地内のNTSOCではレーダーおよび人工衛星、サンタカメラ、ジェット戦闘機を使い、年に1度のミッションをサンタが無事に終えることができるように空の安全を確保する。

偽GPS信号にサンタが騙されないよう、今年のNTSOCの役割は非常に重要だ。モバイルアプリ「NORAD Tracks Santa」も利用できるので、よい子のみんなもサンタを見守ろう。iOS版はiTunes Store、Android版はAndroidマーケットから、それぞれ無料でダウンロードできる。
284904 story
クリスマス

サンタ追跡大作戦2010 44

ストーリー by kazekiri
今年もきました 部門より

KAMUI 曰く

クリスマスイブまで24時間を切りましたが、今年もまたNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)によるサンタ追跡作戦が実施されます。

追跡情報はNORAD Tracks Santa公式サイトのほか、TwitterFacebookでも発信されます。また今年から、モバイルGoogleマップをインストールすることにより、携帯端末でサンタ追跡情報を見ることが可能になっているそうです。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...