パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

13318063 submission
マイクロソフト

Microsoft、サードパーティーのアンチウイルスベンダーとの協力関係を重視していると主張

タレコミ by headless
headless 曰く、
Windows 10のセキュリティ機能とサードパーティー製アンチウイルス(AV)ソフトウェアの関係について、MicrosoftのRob Lefferts氏が解説している(Windows Securityブログの記事The Vergeの記事On MSFTの記事Neowinの記事)。

Kaspersky LabはWindows 10におけるセキュリティソフトウェアの扱いで反競争行為が行われていると主張し、ロシア欧州の独占禁止当局に訴えている。記事ではKaspersky Labを名指ししてはいないが、同社の主張に答える内容となっている。

MicrosoftではすべてのWindows 10デバイスを常時保護された状態に保つためにWindows DefenderのAV機能を作ったが、Microsoft Virus Initiative(MVI)によるAVベンダーとの協力も怠っていないという。AVパートナーにはWindows Insider Programなどを通じて初期のビルドを提供しており、MVIプログラムを通じて情報を提供している。その結果、Windows 10 Creators Updateのリリース時にはほぼすべてのAVソフトが完全な互換性を実現。Windows 10 PCにインストールされたAVソフトのおよそ95%がWindows 10 Creators Updateと互換性があったとのこと。

更新が必要なバージョンを使用している場合、Windows 10のアップデート完了後に最新版をインストールするようユーザーに知らせる機能もAVソフト専用に作られているという。Windowsのアップデート時に互換性のないバージョンのAVソフトが無効化されるのはこのためであり、互換性や最新版の入手方法などの情報はAVパートナーの協力により実現しているそうだ。

MicrosoftはユーザーによるAVソフトの選択を尊重しており、サードパーティーのAVソフトがWindows 10を保護している限り、Windows Defenderに切り替えられることはないという。Windows Defenderの定期スキャン機能もユーザーが指定しない限り動作することはない。また、AVパートナーとの協力関係は今後も重視していくとのことだ。
13293583 story
Debian

Devuanプロジェクト、初の安定版「Devuan Jessie 1.0.0 Stable」リリース 26

ストーリー by headless
安定 部門より
Devuanプロジェクトは25日、Devuan GNU+Linux初の安定版となる「Devuan Jessie 1.0.0 Stable」をリリースした(アナウンスPhoronixの記事The Registerの記事Softpediaの記事[1][2])。

DevuanプロジェクトはDebianにおけるsystemdをめぐる論争の結果として、「Veteran Unix Admin」を名乗るグループが2014年11月にDebianをフォークして立ち上げたプロジェクト。initシステムの自由(Init Freedom)を掲げ、Debianからsystemdへの依存を排除して任意のinitシステムを使用できるようにすることを目指す。

Devuan Jessie 1.0.0は3週間前にRC2が公開されてから大きなバグの報告はなく、重大なバグは1件もないことから、安定版としての公開に至ったとのこと。本バージョンは同時に長期サポート版(LTS)となる。Debian 7/8からのアップグレードも可能だ。

プロジェクトによれば、DevuanはDebianのあるべき姿とのことで、目標は実用的で継続的な選択肢の提供だという。ナンセンスではないユニバーサルなGNU+Linuxを提供するという計画は始まったばかりであり、このリリースの先に広がっていくとのことだ。
13292423 submission
Debian

Devuanプロジェクト、初の安定版「Devuan Jessie 1.0.0 Stable」リリース

タレコミ by headless
headless 曰く、
Devuanプロジェクトは25日、Devuan GNU+Linux初の安定版となる「Devuan Jessie 1.0.0 Stable」をリリースした(アナウンスPhoronixの記事The Registerの記事Softpediaの記事[1][2])。

DevuanプロジェクトはDebianにおけるsystemdをめぐる論争の結果として、「Veteran Unix Admin」を名乗るグループが2014年11月にDebianをフォークして立ち上げたプロジェクト。initシステムの自由(Init Freedom)を掲げ、Debianからsystemdへの依存を排除し、任意のinitシステムを使用できるようにすることを目指す。

Devuan Jessie 1.0.0は3週間前にRC2が公開されてから大きなバグの報告はなく、重大なバグは1件もないことから、安定版としての公開に至ったとのこと。本バージョンは同時に長期サポート版(LTS)となる。Debian 7/8からのアップグレードも可能だ。

プロジェクトによれば、DevuanはDebianのあるべき姿とのことで、目標は実用的で継続的な選択肢の提供だという。ナンセンスではないユニバーサルなGNU+Linuxを提供するという計画は始まったばかりであり、このリリースの先に広がっていくとのことだ。
13279512 story
Mozilla

Thunderbirdの将来の家 100

ストーリー by headless
計画 部門より
Mozillaは9日、メールクライアントのThunderbirdについて、Mozilla Foundationがプロジェクトの法的・財政的な本拠地を今後も提供する一方で、Mozilla Corporationのインフラストラクチャーから独立して運営を行う方針を発表した(The Mozilla Thunderbird Blogの記事The Registerの記事Ars Technicaの記事)。

Mozillaは2015年、Firefoxの開発に注力するため、Thunderbirdを切り離す方針を発表。プロジェクトの受け入れ先を探していた。受け入れ先の有力候補としてはSoftware Freedom Conservancy(SFC)とThe Document Foundation(TDF)が挙げられており、Thunderbirdを独立したプロジェクトとしてMozilla Foundationがホストする案も出された。

Thunderbird Councilではこれらの選択肢を検討してきたが、Mozilla以外の組織に移動すると技術的な問題の解決や強力なチームの構築の障害になるとの結論に達したとのこと。また、ThunderbirdはMozillaと近い関係にあり続けたいと考えており、MozillaもFirefoxに注力する一方でThunderbirdの成功を望んでいることもあるようだ。

ThunderbirdプロジェクトがMozilla Corporationからの独立を迅速に進められない場合、Mozilla Foundationの援助が打ち切られる可能性もある。ただし、当面の問題が解決したことで、プロジェクトでは技術的な問題に注力できるとのこと。中期的にThunderbirdはGeckoベースアプリケーションであり続けるが、長期的にはWebテクノロジーベースのコードに移行することを計画している。今後もパフォーマンスが高いオープンソースのセキュアな電子メールクライアントを維持していくため、高度に熟練したボランティア開発者を探しているとのことだ。
13279421 submission
Mozilla

Thunderbirdの将来の家

タレコミ by headless
headless 曰く、
Mozillaは9日、メールクライアントのThunderbirdについて、Mozilla Foundationがプロジェクトの法的・財政的な本拠地を今後も提供する一方で、Mozilla Corporationのインフラストラクチャーから独立して運営を行う方針を発表した(The Mozilla Thunderbird Blogの記事The Registerの記事Ars Technicaの記事)。

Mozillaは2015年、Firefoxの開発に注力するため、Thunderbirdを切り離す方針を発表。プロジェクトの受け入れ先を探していた。受け入れ先の有力候補としてはSoftware Freedom Conservancy(SFC)とThe Document Foundation(TDF)が挙げられており、Thunderbirdを独立したプロジェクトとしてMozilla Foundationがホストする案も出された。

Thunderbird Councilではこれらの選択肢を検討してきたが、Mozilla以外の組織に移動すると技術的な問題の解決や強力なチームの構築の障害になるとの結論に達したとのこと。また、ThunderbirdはMozillaと近い関係にあり続けたいと考えており、MozillaもFirefoxに注力する一方でThunderbirdの成功を望んでいることもあるようだ。

ThunderbirdプロジェクトがMozilla Corporationからの独立を迅速に進められない場合、Mozilla Foundationの援助が打ち切られる可能性もある。ただし、当面の問題が解決したことで、プロジェクトでは技術的な問題に注力できるとのこと。中期的にThunderbirdはGeckoベースアプリケーションであり続けるが、長期的にはWebテクノロジーベースのコードに移行することを計画している。今後もパフォーマンスが高いオープンソースのセキュアな電子メールクライアントを維持していくため、高度に熟練したボランティア開発者を探しているとのことだ。
13276539 submission
日記

The Public Coin - A Peer-to-peer based crowdfunding network

タレコミ by guangfan
guangfan 曰く、

Abstract. A cryptocurrency based on Bitcoin and Counterparty. With various improvements for fair token distribution and security, the network is optimized for worldwide project crowdfunding.

Introduction
Bitcoin is a cryptocurrency that has emerged as a popular medium of exchange and is the first digital currency that has attracted a substantial number of users. Since it’s inception in 2009, Bitcoin has been rapidly growing in mainstream adoption and merchant usage. A main issue with the acceptance of Bitcoin in point­-of-­sale situations is the time required to wait for the network to confirm the transaction made is valid, alternatively payment companies have created methods to allow vendors to take zero-­confirmation transactions, but these solutions utilize a trusted counterparty to mediate the transaction outside of the protocol.

The Public Coin (TPC) is a peer-to-peer based crowdfunding network that, has similar properties of other cryptocurrencies such as Bitcoin, with various improvement such as accelerated network transaction confirmation mechanism (ANTCM) and gradual token distribution curve. TPC project believes that under the secure proof-of-work design fully solves the security and centralization problems with earlier proof-of-work coins, as well as the increasing centralization problems faced by proof-of-stake systems. As such, TPC is the first peer-to-peer cryptocurrency, regardless of technology, that is secure, cost-efficient and decentralized in the long run.
On top of the token TPC, a layer of smart contract based on Counterparty is implemented, TPC is the foundation of decentralized and fair project funding network, allowing innovation over the world funded with TPC worldwide. Traditional crowdfunding take a 5-10% commission off the total funded amount. This greatly depend on transaction parties involved, service provider that the project uses and so on. Under TPC, the contract and funding is governed by the TPC network, therefore the fee and commision is zero when the network fee that is paid by users is not taken into considered. Both users and project funding issuer does not suffer from counterparty risk of platform and payment system. Funding will be released once criteria of a funding project is met.

Transactions
  TPC transaction messages have the following components:
●Source addresses
●Destination addresses (optional)
●A quantity of bitcoins sent from the sources to the destinations, if it exists.
●A fee, in tpc, paid to the TPC miners who include the transaction in a block.
●Some ‘data’, imbedded in specially constructed transaction outputs.
Every TPC transaction carrying a funding transaction has the following possible outputs:
●zero or more destination outputs,
●zero or more data outputs, and optional change outputs.
All data outputs follow all destination outputs. Change outputs (outputs after the last data output) have no significance.

Confirmation and validation
We define token as a chain of digital signatures. Any unspent transaction output (UTXO) could be spent by the private-key holder of the corresponding address, by issuing a digital signature to the network. The network transaction confirmation mechanism (ANTCM) utilizes the memory pool of the transaction confirming miners on the network. When the digital signature is published by a node, it is efficiently propagated to the network in a peer-to-peer manner. Due to the shorter confirmation time design of TPC, transactions could be processed 4 times faster than traditional chain-based transaction recording network.

When transaction is confirmed by the miner, the result of confirmation will be immediately propagated to the network in the same efficient peer to peer manner.

Decentralized Funding
Given the efficient and secure network design of TPC, the network could be appended with project funding mechanism that is decentralized. We treat project as assets on network as projects of crowdfunding will entitle users to perks, stakes and so on. All assets except TPC have the following properties:
●Asset name
●Asset ID
●Description
●Divisiblity
●Callability
●Call date (if callable)
●may be delayed with later issuances
●Call price (if callable) (non‐negative)
●may be increased with later issuances
Newly registered asset names will be either (unique) strings of 4 to 12 uppercase Latin characters (inclusive) not beginning with ‘A’, or integers between 26^12 + 1 and 256^8 (inclusive), prefixed with ‘A’. Alphabetic asset names will carry a one‐time issuance fee (by burn) of 0.5 TPC and numeric asset names will be freely available. ‘TPC’ is the only three‐character asset names. Example asset names: BBBB, A100000000000000000.
Assets may be either divisible or indivisible, and divisible assets are divisible to eight decimal places. Assets also come with descriptions, which may be up to 52 single-byte characters long and updated at any time.

Funding Types
The most basic kind of asset must specify:
●who is issuing it (source)
●the name of the asset (asset)
●how much of asset is being issued (quantity)
●a description of asset (description)
It is possible to issue more of asset, but, at any one time, there can only be one address which issues asset. With that said, the TPC protocol allows source to transfer issuance rights of asset. Moreover, an asset can also be locked, so that there can be no further issuances of it.. A description must always be included, even if description is just an empty string; the syntax of an asset with no description is description="".
Beyond creating the most basic asset, it is also possible to make assets either divisible or callable. If an asset is made divisible (or callable) upon its initial issuance, it must always be divisible (or callable) with every issuance thereafter. A divisible user-created asset is, like, Bitcoin and TPC, divisible up to 8 decimal places. A callable asset is an asset which the issuer can call back (i.e. repurchase) from its owners at a date (call-date) and for a price (call-price) specified at the initial issuance.

Funding Contracts
By implementing Ethereum’s entire smart contracts platform TPC enables users to write Turing Complete smart contracts into the TPC blockchain and execute those contracts in a completely decentralized and trustless manner.
TPC contract language is fully compatible with Ethereum’s with the exception of the following minor incompatibilities:
●Two EVM opcodes (COINBASE and GASLIMIT) involved in mining were removed because XCP is unmined.
●The new ASSET_BALANCE opcode may be used to retrieve the balance of native Counterparty assets and BTC. It takes two inputs (address and asset_id) and returns one value (the balance of the address in the asset named). It has the same gas cost as BALANCE (which looks only at XCP).
●The new SEND opcode may be used for sending native Counterparty assets to Counterparty (Bitcoin) addresses. SEND has three inputs (address, quantity, asset_id) and no outputs; it has the same cost as CALL.
The basic fee structure of TPC Contracts is very similar to that of Ethereum. Different computational or storage operations will be associated with different fees, to prevent abuse of the system. Contract execution fees will be paid only in TPC, the native currency of TPCX (it would not be possible for them to be paid in Bitcoin). The contract system will be fully compatible with the existing TPC asset system and decentralized exchange.
The economics of the fee system for Counterparty Contracts are necessarily rather different from those of Ethereum, simply because there are no Counterparty miners. All Counterparty nodes will execute all contracts, and it will be the holders of TPC that receive the fees for the execution. The simplest and most robust way to make this payment will be just to destroy the fees, and to thereby reduce the money supply, as this is equivalent to paying the fee out to all holders of TPC in proportion to the size of their holdings.
Unlike with Ethereum, the fees will not be constant values, but rather fractions of the total extant supply of TPC , so that no amount of computation will deplete the supply of TPC and drive it into negative territory: the divisibility of TPC ensures that there will always be enough TPC.

13256576 submission

Unityは永久に不滅です

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
Unity難民の移行先がちらほら。
既存のデスクトップ環境をカスタマイズするのは上流の変更にいちいち追随する必要があってしんどいのでたいていはフォークすることになるんですけどね。UnityとかMateとか最近だと Budgieとか。
https://kledgeb.blogspot.jp/2017/04/kubuntu-1704-3-unityunited.html
https://kledgeb.blogspot.jp/2017/04/kde-6-unityenjade-desktop.html
https://kledgeb.blogspot.jp/2017/04/kde-5-ubuntuplasmakde.html
13256143 submission
GNU is Not Unix

LibrebootはGNUプロジェクトに復帰すべきか

タレコミ by headless
headless 曰く、
LibrebootがGNUプロジェクトへの復帰を目指し、Redditでスレッドを立ててコミュニティーの意見を求めている(Librebootのニュース記事RedditのスレッドPhoronixの記事)。

Librebootを率いるメインテナーのLeah Rowe氏は昨年9月、あるFree Software Foundation(FSF)従業員が性転換者であることを理由に解雇されたと主張。FSFとGNUを猛烈に批判してGNU離脱を宣言した。今年1月にはRechard M. Stallman氏が離脱を認めるメッセージをGNUメーリングリストに投稿し、論争は一旦終結していた。

Rowe氏によるRedditへの投稿は具体的な論争の内容への言及を避けつつ、論争による混乱やLibrebootとFSF/GNUとの関係悪化といった出来事は起こるべきではなかったとし、LibrebootはGNUを離脱するべきではなかったと述べている。GNU復帰に関して他のメインテナーから強い反対意見は出ていないが、広い支持を得られるかどうかRedditのスレッドで確認したいとのこと。

これに先立つ4月2日、LibrebootのWebサイトではフリーソフトウェアコミュニティーに宛てた公開書状を掲載している。書状でシステム管理者のAlyssa Rosenzweig氏は、Rowe氏がコミュニティーの意見を聞かず独断でGNU離脱へ突っ走ってしまったと述べている。また、プロジェクトの民主的な運営や、一連の論争で起こった混乱を終結させる必要があるとも述べている。書状の後半では、Rowe氏が自身の行動が誤りでっあったことを認め、名指しで批判した人々に謝罪している。
13186201 journal
Debian

kawa-tの日記: SDDMのユーザアイコン

日記 by kawa-t

Stretchへのアップグレード時にインストールしたSDDMで、インストール直後は指定したユーザアイコンが表示されていたのだが、いつの間にかデフォルトのアイコンしか表示されなくなっていた。

原因は、Debianのsddm_0.14.0-2のバグであったが、通常、Debianでは最新ではないバージョンが用いられるため、大抵の問題は他のディストロのユーザによって解決済みであることが多い。ところが、これに関しては、そういったものがなかなか見つからず、解決に時間がかかってしまった。

ソースを修正して、ユーザアイコンが表示されるようになった後、他のディストロでも同様の修正がなされているかを調べたところ、なんと、Ubuntuでは1つ前のバージョンが使われていた。Debianのテスト版とは言え、Ubuntuよりも新しいバージョンが使われているのは意外だった。(アップグレード直後は同じバージョンだったと思われるが、その後、バージョンアップしていた模様)

13180275 story
政府

LinuxからWindowsへの移行を検討するドイツ・ミュンヘン市、現在の状況は? 42

ストーリー by hylom
結局何が問題なんだ 部門より
headless 曰く、

ドイツ・ミュンヘン市が独自のLinuxディストリビューション「LiMux」からWindowsへの移行を検討していることは先日からたびたび話題になっているが、現在の状況をFree Software Foundation Europe(FSFE)のBjörn Schießle氏が解説している(FSFEPhoronix)。

この件に関しては、市議会多数派のドイツ社会民主党(SPD)とキリスト教社会民主同盟(CSU)の議員がWindowsおよびWindowsベースのクライアントソフトウェアへの移行を求める動議を提出し、2月15日に可決されたことでLiMux終了とも報じられている。ただし、可決された動議はSPDとCSUが提出した動議のセクション6bを改訂したものであり、これが最終決定ではないのだという。

改訂後のセクション6bには、Windows移行に伴って不要になるLiMuxベースのアプリケーションを明確にし、過去の投資に対して必要な減損処理の金額や移行に要する大まかな予算額を市議会に通知するといった条件が追加された。さらに、これらの条件が満たされたのちに最終の決定を行うとの文言も追加されている(PDF)。

最終決定の先送りはFSFEやThe Document Foundation、KDE、OSBAが市民と協力して議員やメディアに働きかけた成果だという。公聴会では議員がFSFEなどによる質問の内容を引用し、このように多くの意見が市民から寄せられるのは初めてだとも述べたそうだ。

動議ではクライアントOSに依存しないツールを利用可能にすることを目標に掲げる。また、移行にあたっては、Windowsベースのクライアントを使用するか、既存のWindows/LiMuxベースのソリューションを使い続けるかを各部署が必要に応じて選択できることになっている。

市から依頼を受けたAccentureのリポートでも指摘されているように、LiMuxの問題はサポート体制や責任の所在が明確になっていないといった組織的なものであり、技術的な問題ではない。FSFEでは最終決定の先送りにより時間が稼げたことから、まだまだ巻き返しが可能だと考えているようだ。

13179840 submission

独ミュンヘン市、Linux使用中止しWindowsに戻すという判断を一時保留

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
ドイツのミュンヘン市議会は現地時間2月15日、特別に作成されたLinuxディストリビューション「LiMux」の使用中止に向けた計画を策定するという提案を可決した。現時点では開発が行われていない「Windows-Basis-Client」の上に構築されたシステム上にITアーキテクチャを統一する計画だという。先の可決によって多くの関係者がLiMuxが廃止されるのは決まったと捉えてきた。

背景にはミュンヘンの運用形態からくる組織的な問題により、「LiMux」が使いにくいとする意見が出た点、コストが当初見積もりより高くついたこと、市長が希望するMicrosoftのドイツ本社ミュンヘン移転問題なども絡んでいたとされる。しかし、FSFEのブログによれば、The Document Foundation、KDE、OSBA、およびFSFEの共同努力によって、ディーター・ライター市長に対して最終決定を延期することに成功したとしている。基本的にはOSの問題ではなく、組織上の問題とクライアントアプリが原因だと指摘している(FSFEZDNetSlashdot)。
FSFEはこう言ってはいるもののの、一時保留に過ぎないとも受け取れる内容ではある。
13178925 submission
政府

LinuxからWindowsへの移行を検討するドイツ・ミュンヘン市、現在の状況は?

タレコミ by headless
headless 曰く、
ドイツ・ミュンヘン市が独自のLinuxディストリビューション「LiMux」からWindowsへの移行を検討していることは先日からたびたび話題になっているが、現在の状況をFree Software Foundation Europe(FSFE)のBjörn Schießle氏が解説している(FSFEの記事Phoronixの記事)。

この件に関しては、市議会多数派のドイツ社会民主党(SPD)とキリスト教社会民主同盟(CSU)の議員がWindowsおよびWindowsベースのクライアントソフトウェアへの移行を求める動議を提出し、2月15日に可決されたことでLiMux終了とも報じられている。ただし、可決された動議はSPDとCSUが提出した動議のセクション6bを改訂したものであり、これが最終決定ではないのだという。

改訂後のセクション6bには、Windows移行に伴って不要になるLiMuxベースのアプリケーションを明確にし、過去の投資に対して必要な減損処理の金額や移行に要する大まかな予算額を市議会に通知するといった条件が追加された。さらに、これらの条件が満たされたのちに最終の決定を行うとの文言も追加されている(PDF)。

最終決定の先送りはFSFEやThe Document Foundation、KDE、OSBAが市民と協力して議員やメディアに働きかけた成果だという。公聴会では議員がFSFEなどによる質問の内容を引用し、このように多くの意見が市民から寄せられるのは初めてだとも述べたそうだ。

動議ではクライアントOSに依存しないツールを利用可能にすることを目標に掲げる。また、移行にあたっては、Windowsベースのクライアントを使用するか、既存のWindows/LiMuxベースのソリューションを使い続けるかを各部署が必要に応じて選択できることになっている。

市から依頼を受けたAccentureのリポートでも指摘されているように、LiMuxの問題はサポート体制や責任の所在が明確になっていないといった組織的なものであり、技術的な問題ではない。FSFEでは最終決定の先送りにより時間が稼げたことから、まだまだ巻き返しが可能だと考えているようだ。
13162617 journal
Debian

kawa-tの日記: Stretchにアップグレード

日記 by kawa-t

誰かの日記に触発されたわけではなく、その1日前にアップグレードを実行。あるパッケージのバージョンを上げる必要に迫られたのがアップグレードの理由。Stretchがフルフリーズされたところなので、タイミングは悪くはない。

KDEを使っているけど見た目がスッキリして良い感じ。Winキーの挙動がWindowsのようになり、Winキーを押して、アプリ名の一部を打ち、Enterでアプリを起動できる。

大きな変化はKDE Plasma 5になったことだが、Debianなので周回遅れ感は否めない。

13010872 journal
日記

taka2の日記: 君の名は。 6

日記 by taka2

君の名は。の日記エントリが流行ってるっぽいので便乗。ネタバレはありません。

映画自体はちょっと前に見たんですが、積ん読してたパンフレットをやっと読了。
で、最後のページの「劇場商品通信販売のご案内」で目にとまったのが「ブックカバー」。青い空に白い雲だけで彗星も何にもないシンプルなものです。
「あー、これは、わかってる人が作ったんだなー」と思ったんですが、もしかしたら「コアな新海ファンは、空を見るだけでどの作品かわかったりするんだろうか」と怖い考えになってしまいました。

…閑話休題。

それにしても、君の名は。って本当に流行ってますよね。

妻(小学校教諭、2年生の担任)のクラスでも結構な人数の子が見ていて、すごく面白かったと評判らしい。そのうちの一人は数日前から小説版を読み始めたとか。

12996847 story
お金

NTPプロジェクトの資金難、現在も改善せず 28

ストーリー by hylom
忘れられやすいインフラ 部門より
headless 曰く、

昨年、深刻な資金難が伝えられたNTPプロジェクトだが、資金難は現在も改善されていないようだ(Infoworld)。

NTP(Network Time Protocol)はその重要性にもかかわらず注目度が低く、「時の翁」ことプロジェクトマネージャーのHarlan Stenn氏に資金面・運営面ともに依存している状態となっている。11月21日にリリースされたntp-4.2.8p9のリリースノートによれば、今年はGoogleからの資金援助が得られず、Linux FoundationのCore Infrastructure Initiative(CII)によるサポートもNTPの開発に限定されており、Stenn氏の毎週の作業時間のおよそ25%程度しかカバーできないのだという。そのため、通常の作業の継続やドキュメンテーションの改善のほか、Network Time Security(NTS)プロジェクトやGeneral Timestamp APIの開発を進めていくためには現在よりも相当多くのサポートが必要になるとのこと。

ntp-4.2.8p9で修正された脆弱性の中には6月に報告されたものもあり、9月には発見者のMagnus Stubman氏が修正に時間がかかればかかるほど、悪用しようとする人々に知られる可能性が高くなるなどと催促。これに対しStenn氏は、深刻なリソース不足が続いていると述べ、作業が遅いことを批判してもよいが、自ら作業を手伝ってくれてもよく、誰か助けてくれる人を探してくれてもよいと回答している。

12994914 submission
お金

NTPプロジェクトの資金難、現在も改善せず

タレコミ by headless
headless 曰く、
昨年、深刻な資金難が伝えられたNTPプロジェクトだが、資金難は現在も改善されていないようだ(Infoworldの記事)。

NTP(Network Time Protocol)はその重要性にもかかわらず注目度が低く、「時の翁」ことプロジェクトマネージャーのHarlan Stenn氏に資金面・運営面ともに依存している状態となっている。11月21日にリリースされたntp-4.2.8p9のリリースノートによれば、今年はGoogleからの資金援助が得られず、Linux FoundationのCore Infrastructure Initiative(CII)によるサポートもNTPの開発に限定されており、Stenn氏の毎週の作業時間のおよそ25%程度しかカバーできないのだという。そのため、通常の作業の継続やドキュメンテーションの改善のほか、Network Time Security(NTS)プロジェクトやGeneral Timestamp APIの開発を進めていくためには現在よりも相当多くのサポートが必要になるとのこと。

ntp-4.2.8p9で修正された脆弱性の中には6月に報告されたものもあり、9月には発見者のMagnus Stubman氏が修正に時間がかかればかかるほど、悪用しようとする人々に知られる可能性が高くなるなどと催促。これに対しStenn氏は、深刻なリソース不足が続いていると述べ、作業が遅いことを批判してもよいが、自ら作業を手伝ってくれてもよく、誰か助けてくれる人を探してくれてもよいと回答している。
12973078 story
スラッシュバック

ハルク・ホーガン対Gawker Mediaの訴訟、和解に達する 15

ストーリー by headless
場外 部門より
ハルク・ホーガン対Gawker Mediaの訴訟が和解に達したそうだ(ニック・デントン氏のブログ記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

この訴訟はハルク・ホーガンことテリー・ボレア氏のセックステープをめぐる報道についてボレア氏がGawker Mediaや編集者、ジャーナリストを訴えていたもの。一審のフロリダ州中部地区連邦地裁ではボレア氏の主張を認め、Gawker側に合計1億4千万ドルの賠償を命じた。Gawker Mediaは6月に破産を申請しており、控訴に必要な資金をまなかうため、GizmodoやKotakuなど7サイトを含む資産を米Univisionに売却している。

和解内容はGawker側がボレア氏に3,100万ドルを支払い、該当記事を削除するというものだ。Gawker Media創立者で元CEOのニック・デントン氏は訴訟の継続をあきらめた理由として、ピーター・シール氏が原告を資金援助する訴訟は費用が掛かりすぎ、あまりにも多くの人を傷つけるうえ、まったく先が見えないことを挙げている。また、ボレア氏と同じ弁護士事務所が原告側代理人を務め、Gawker Mediaを訴えている2件の訴訟も和解に達している。和解により、訴訟のターゲットとなった編集者やジャーナリストも再び自由な報道活動ができるようになるとのことだ。
12972606 submission
スラッシュバック

ハルク・ホーガン対Gawker Mediaの訴訟、和解に達する

タレコミ by headless
headless 曰く、
ハルク・ホーガン対Gawker Mediaの訴訟が和解に達したそうだ(ニック・デントン氏のブログ記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

この訴訟はハルク・ホーガンことテリー・ボレア氏のセックステープをめぐる報道についてボレア氏がGawker Mediaや編集者、ジャーナリストを訴えていたもの。一審のフロリダ州中部地区連邦地裁ではボレア氏の主張を認め、Gawker側に合計1億4千万ドルの賠償を命じた。Gawker Mediaは6月に破産を申請しており、控訴に必要な資金をまなかうため、GizmodoやKotakuなど7サイトを含む資産を米Univisionに売却している。

和解内容はGawker側がボレア氏に3,100万ドルを支払い、該当記事を削除するというものだ。Gawker Media創立者で元CEOのニック・デントン氏は訴訟の継続をあきらめた理由として、ピーター・シール氏が原告を資金援助する訴訟は費用が掛かりすぎ、あまりにも多くの人を傷つけるうえ、まったく先が見えないことを挙げている。また、ボレア氏と同じ弁護士事務所が原告側代理人を務め、Gawker Mediaを訴えている2件の訴訟も和解に達している。和解により、訴訟のターゲットとなった編集者やジャーナリストも再び自由な報道活動ができるようになるとのことだ。
12952462 story
KDE

KDE 1リリース 23

ストーリー by headless
記念 部門より
KDE Projectは10月14日に20周年を迎えた。これを記念して、さまざまな企画が行われているが、KDE開発者のHelio Castro氏は1998年にリリースされたKDE 1を再リリースしている(Helio Castro Personal Spaceの記事Jonathan Riddell's Diaryの記事Phoronixの記事The Next Webの記事)。

再リリースされたKDE 1はモダンなビルドシステムにポートされ、モダンなシステム上で動作する。KDE 1.1.2までのCVSがgitにインポートされており、KDE gitから利用できるようになっているとのこと。KDE 1 neon LTSもリリースされており、Dockerイメージも提供されている。
12952244 submission
KDE

KDE 1リリース

タレコミ by headless
headless 曰く、
KDE Projectは10月14日に20周年を迎えた。これを記念して、さまざまな企画が行われているが、KDE開発者のHelio Castro氏は1998年にリリースされたKDE 1を再リリースしている(Helio Castro Personal Spaceの記事Jonathan Riddell's Diaryの記事Phoronixの記事The Next Webの記事)。

再リリースされたKDE 1はモダンなビルドシステムにポートされ、モダンなシステム上で動作する。KDE 1.1.2までのCVSがgitにインポートされており、KDE gitから利用できるようになっているとのこと。KDE 1 neon LTSもリリースされており、Dockerイメージも提供されている。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...