パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13605393 submission

+ - 172 トランプ米大統領がtwitterで批判者をブロックするのは憲法違反

タレコミ by take-ash
take-ash 曰く、
アメリカのトランプ大統領が、みずからのツイッターに自分に批判的な人の書き込みができないようにしていることについて、アメリカの連邦地方裁判所は「異なる考え方の人を排除する差別で、憲法違反だ」という判断を示し、ブロック機能を解除するよう命じました。(NHKニュース)

トランプ大統領は、みずからのツイッターに批判的な書き込みをした人に対して、ブロック機能を使ってツイッターへのアクセスができないようにしていて、ブロックされた人が、表現の自由を保障する憲法に違反していると訴えていました。

これについて、ニューヨークにあるアメリカの連邦地方裁判所は「大統領のツイッターは、公開の討論の場だ。意見の違う人に対して書き込みをさせないのは異なる考え方の人を排除する差別で、憲法に違反する」という判断を示しました。
そのうえで、トランプ大統領に対して、ツイッターのブロック機能を解除するよう命じています。

トランプ大統領の弁護に当たってきたアメリカ司法省はこれまで、「トランプ大統領がツイッターアカウントを作ったのは、大統領に当選する前で、ツイッターはプライベートな発言の場だ」と主張してきましたが、認められませんでした。今回の裁判所の判断を受けて、司法省は今後の対応を検討するとしています。

情報元へのリンク
13605388 submission
Intel

+ - 158 RADEON GPUを搭載した「Kaby Lake G」搭載のNUC、店頭販売開始

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
その特殊性から一部で注目をされている、AMDのdGPUを同一のパッケージに組み込んだIntelのCPUモジュール「Kaby Lake G」。それを搭載したIntel製の小型ベアボーンキット・NUCの秋葉原各ショップでの店頭販売が開始された。(Akiba PC Hotline!)

発売された製品は、Core i7-8809G搭載「NUC8i7HVK」と、Core i7-8705G搭載の「NUC8i7HNK」の2モデル。店頭価格はそれぞれ124,800円前後、101,480円前後(税込)。本体サイズは221×142×39mm。SSD向けにM.2スロットが2つあり、RAID0/1構成が可能。

いつ生産打ち切りになるかわったものではないので、確実に手に入れたい方はお早めに。

情報元へのリンク
13605228 submission

+ - 162 在中国の米政府職員、「異常な」音聞き脳損傷 大使館が注意呼びかけ

タレコミ by nemui4
nemui4 曰く、
民明書房的な事案?

【5月23日 AFP】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて脳に軽度の損傷を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。この件に似た不可解な事態は、キューバに駐在していた外交官らの間でも発生している。


情報元へのリンク
13605204 submission

+ - 154 日大アメフト部の監督に逆らえば、「路頭に迷う」

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
ここでどのような姿勢を見せるかが非常に注目されるが、何らかの逃げ道を用意して弁明に終始する可能性は極めて高い。すでに内田監督を筆頭に日大アメフト部の責任者、日大側に対し、世間は厳しい目を向けている。悪質タックルを仕掛けた日大の当該守備選手が周囲に「『反則をやるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と話していたことも明らかになっており、こうなってくると日大側がいくら否定しても内田監督は限りなく“クロ”とみなされ続けるだけだ。 ただ、いずれにしてもこの問題はとにかく根が深い。まずこうした蛮行が生じた背景として、日大アメフト部で絶大な権力を握っている内田監督には部員の誰もが絶対服従を強いられているという構図が挙げられる。同部の内部事情に詳しい関係者によれば「内田監督から指示を出され『NO』と言えば、その人物は部内での居場所がなくなるどころか、自分の将来にも悪影響が及ぶことになる」という。一体どういうことなのか。
13605197 submission

+ - 158 日本ガイシ、絶縁部品で検査不正=90年代から1億個、1月確認

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
日本ガイシは23日、1990年代から2018年3月末まで、顧客と契約した検査をせずに、電線から電柱に電気が伝わるのを防ぐ絶縁部品など11製品を累計約1億個出荷していたと発表した。出荷先は電力、鉄道会社など国内約200社、海外約300社。契約件数では約100万件に上る。今年1月16日に不正を確認したが、検査体制の是正を優先したため、公表が遅れたという。

情報元へのリンク
13605177 submission
アップグレード

+ - 160 Tesla、Consumer Reportsの認定を逃したModel 3のソフトウェアを更新する計画

タレコミ by headless
headless 曰く、
Tesla CEOのイーロン・マスク氏は、Tesla Model 3がConsumer Reportsの推奨製品に認定されなかったことを受け、問題点として指摘されたブレーキ性能をソフトウェア更新で修正する計画を明らかにした(Consumer Reportsの記事[1][2])。

Consumer Reports(CR)の制動距離テストは時速60マイル(約97km)でブレーキをフルに踏み込み、停止するまでの距離を測るというもの。テストとテストの間ではおよそ1マイル走行してブレーキを冷やす。なお、Teslaでは時速60マイルのModel 3が停止するまでの平均距離を133フィート(約41m)だと説明している。

しかし、実際のテストでは1回目がおよそ130フィートと短かったものの、繰り返した結果は152フィート(約46m)。翌日までブレーキを冷やしても改善せず、個人所有のModel 3を借りてテストした結果も同様だったという。この結果はほかの高級コンパクトセダンだけでなく、より大型のModel Xよりも悪い結果とのこと。

このほか、エアコンの風向きを変えるといったシンプルな操作でも数ステップのタッチスクリーン操作が必要になることや、乗り心地の悪さ、高速走行時の風切り音の強さが減点の対象になった。一方、航続距離は高く評価されている。特に回生ブレーキを強く効かせたモードでは、CRのテストで過去最高の航続距離350マイル(約563km)を記録したという。回生ブレーキを弱めた場合でも310マイルの走行が可能だったとのこと。

マスク氏によれば、Teslaのエンジニアはブレーキ性能の低さをキャリブレーションの問題とみなして修正の確認を進めており、近くOTA配信する計画だという。また、現在の生産分は乗り心地や風切り音の問題に対する改善が行われているといい、車内での各種操作も改善策を検討しているそうだ。CRではOTAでブレーキの性能が改善されれば、再度テストを行うと述べている。
13605147 submission
Java

+ - 160 米スターバックス、注文しなくても店内の利用を歓迎するとのポリシーを発表

タレコミ by headless
headless 曰く、
米スターバックスは19日、店内を快適で居心地のいい場所として利用できるようにするためのポリシー「Use of the Third Place Policy」を発表した(FOODBEASTの記事)。

ポリシーによると、来店者は店舗での飲食物購入の有無にかかわらず顧客として歓迎され、カフェやトイレ、パティオといったスターバックスの空間を利用できるとのこと。ただし、利用にあたっては空間を意図したとおりに利用すること、他の人に配慮すること、敬意をもって接すること、責任をもって行動することが求められる。他の人に迷惑をかけるような行為があれば入店を禁じる可能性もあるとのことだ。

カフェなどで待ち合わせする場合、相手が来るまで注文しないことも多い。しかし、フィラデルフィアのスターバックスでは4月12日、注文せずに居座っているとの店員の通報により店内で待ち合わせをしていたアフリカ系アメリカ人の男性2名が逮捕され、大きな問題になっていた。これを受けてスターバックスでは米国の直営店8,000店以上を5月29日に休業し、人種差別防止のトレーニングを行う計画を明らかにしている。今回のポリシーもこれに関連するもののようだ。
13605136 submission
アメリカ合衆国

+ - 161 トランプ大統領曰く、ZTEの輸出特権を停止するより制裁金を払わせる方がいい

タレコミ by headless
headless 曰く、
米国のドナルド・トランプ大統領は22日、韓国の文在寅大統領との会談の取材に集まった報道陣に対し、中国・ZTEの輸出特権を停止するよりも制裁金を支払わせる方がいいとの考えを示した(White House — Remarks)。

ZTEはイランや北朝鮮に通信機器を輸出していたとして2017年に米商務省から制裁金などの処分を受けたが、虚偽の報告が判明して今年4月に7年間の輸出特権停止処分を受けることになった。これについてトランプ大統領は5月13日、ZTEの救済計画を明らかにして波紋を呼び、議会からは強い反発を受けている。

ZTEの制裁解除について既に中国側と合意したとも報じられているが、トランプ大統領は合意が存在しないことを明言。ZTEが大量に米国原産の機器や部品を購入していることを指摘し、(輸出特権停止ではなく)制裁金を支払わせれば米企業に損害を与えずにZTEへの制裁が可能との考えを明らかにした。

トランプ大統領が想定する制裁金の額は最大で13億ドル。制裁金に加えて経営陣や取締役会の刷新、非常に厳しいセキュリティルールの設定のほか、大部分の部品や機器を米企業から調達させるといった条件も想定しているとのことだ。
13605087 submission

+ - 161 MS、Office 365でFlashなどをブロックと発表。オブジェクトの挿入が対象

タレコミ by taraiok
taraiok 曰く、
Microsoftは先週、Office 365でのFlash、ShockwaveおよびSilverlightのコンテンツ使用をブロックすると発表した。これはOffice 365サブスクリプションクライアントのみ適用され、Office 2016、Office 2013またはOffice 2010には適用されない。また、ブロックされるのは「オブジェクトの挿入」機能で埋め込まれたもので「オンラインビデオの挿入」によって埋め込まれたコンテンツはブロックされないとしている(BleepingComputerslashdot)。

スケジュールは更新チャネル「Semi-Annual Channel」は2018年9月から、「Office 365 Semi Annua」は2019年1月からブロックされるとしている。マイクロソフトは、この決定を下した理由として、ハッカーの悪用が多いにも関わらず、ユーザーによる利用は少なかったことを挙げている。
13604998 submission
サイエンス

+ - 158 査読付き論文誌に「タコは宇宙から来た遺伝子を取り込んで進化した」 と言う論文が掲載される

タレコミ by hylom
hylom 曰く、
宇宙から来た生命が地球上に存在する可能性について論じることは珍しいことではないが、このたび「タコは宇宙に由来する遺伝子を取り込んで進化した」と主張する論文が査読付きの論文誌であるProgress in Biophysics & Molecular Biology誌に掲載され物議を醸している(Science Alert)。

この論文の著者には一定の業績をもつ研究者も含まれており、内容としては「宇宙において隕石が生命を広め、隕石が地球に生命の起源となるものを運んで来たことで地球上の生命は生まれ進化していった」と言う主張を真剣に論じているようだ。また、「地球上の生命が隕石によって運ばれて来たウイルスを取り込むことで新たな進化の方向性が生まれた」との主張もあると言う。

さらに、論文ではタコやイカなどの頭足類について、これらの遺伝子には生命が宇宙から来たと言うことを示すようなサインが存在すると主張している。しかし、これらはどれも推測に過ぎず、主張を裏付けるような明確な証拠などは示されていない。

ちなみにタコの遺伝子については、2015年に全ゲノム解読が完了しており、非常に特徴的な構造をしていることが分かっている(沖縄科学技術大学院大学)。また、論文が掲載されたProgress in Biophysics & Molecular Biology誌は学術雑誌を多数出版しているELSEVIER社によって発行されている学術誌であり、一定の信頼性を持つとされている(同誌のインパクトファクターに関する情報)。
13604978 submission
スラッシュドット

+ - 168 2006年の最終リリースの Eudora ソースコードが公開される 1

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
GigaZineの記事からですが、「Eudora」を発音できたらオッサンの証明完了したとも思える懐かしい
響き。 2006年の最終リリースの Eudora のソースコードが公開されるそうだ。
発音できるオッサン達はこぞって Eudora への愛と情熱を語ろう(笑

情報元へのリンク
13604975 submission
サイエンス

+ - 162 磁性体中で電流を曲げることで温度変化が発生する「異方性磁気ペルチェ効果」の観測に成功

タレコミ by hylom
hylom 曰く、
物質・材料研究機構(NIMS)と東北大学が、「異方性磁気ペルチェ効果」の観測に世界で初めて成功した(発表資料NHK)。

異なる2つの金属を接合して電流を流すと、接合点で熱の吸収や放出が発生する。これは「ペルチェ効果」と名付けられており、吸収・放出される熱量は電流およびペルチェ係数と呼ばれる物質毎に異なる係数で決定される。今回観測された異方性磁気ペルチェ効果は、磁性体においてこのペルチェ係数が磁化の角度に依存して変化すると言うもの。例えば磁化が電流と平行な場合と直行している場合とではペルチェ係数が変化する。

これを利用すると、磁性体中の磁化の分布を変えるだけでペルチェ係数が異なる物質を接合したような状態を作り出すことができ、そこに電流を流すことで発熱・吸熱を発生させることができると予測されていた。

今回研究グループはニッケルをコの字型に加工して一様に磁化させることで、場所によって磁化の方向が異なる状態を作り出し、そこに電流を流した。その結果、コの字型の角の部分で温度変化を観測することができたという。

この現象は50年前に予測されていたものの、今まで観測されてはいなかったそうだ。
13604833 submission

+ - 157 Amazonのリアルタイム顔認識システムを米警察が利用。Amazonが積極的に営業か

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
米Amazon.comがリアルタイムで人の顔を認識するAWSの技術「Rekognition」を米国の法執行機関に向けて積極的に販売していることが分かった。米Washington Postによると、ワシントン警察は月額6~12ドルの利用料でRekognitionを使い、リアルタイム映像のスキャンを実施しているという。顔認識技術は犯罪捜査に役立つとされる一方で大衆監視の道具だとして批判する向きもある(CNETITmediaニューヨークタイムズSlashdot)。

米国自由人権協会(ACLU)を筆頭に30を超える市民権組織は米国時間5月22日、Amazon.comの最高経営責任者(CEO)を務めるJeff Bezos氏に対し、同社が政府機関へ顔認識技術を提供するのを中止するよう求める書簡を送付したと発表した。その書簡には、「(Amazonは)行政機関へのRekognitionの提案を撤回すべきだ。人々には、政府に監視されることなく通りを歩く自由があるはずだ。米国の地域共同体に顔認識技術が導入されることは、この自由を脅かす」とあるという。

ACLUによると、フロリダ州オーランドおよびオレゴン州ワシントンの警察が監視システムでRekognitionが使われている。オーランドでは、Rekognitionにより、街頭の監視カメラネットワーク上でリアルタイムの顔認識が可能になっているという。
13604809 submission
ゲーム

+ - 158 Steamで「美少女ゲーム規制」?

タレコミ by hylom
hylom 曰く、
Valveの運営するゲーム配信サービス「Steam」では、直接的な性行為などの描写を含むゲームの配信は制限されている。しかし、そういった要素を含まない「美少女ゲーム」の配信は今まで認められていた。ところが、Valveがこういった今まで配信が認められていた美少女ゲームを開発・配信していたデベロッパーに対し、突然「ポルノコンテンツの削除」を求めたという(AUTOMATON)。

発端となったのは、Steamでパズルゲーム「Hunie Pop」や、ポルノライブストリーミングサイトの運営シミュレーションゲーム「HunieCam Studio」(IGNのレビュー記事)などを手がけるデベロッパーであるHunie Potに「ポルノコンテンツの削除要請」が寄せられたこと。これらタイトル内では「きわどい描写」があったとのことだが「18禁」ではなかった。同社はSteam外で「18禁化パッチ」を配布していたものの、昨年Valveがこういった行為をおおっぴらに行うことを自粛するようデベロッパーに求めており、同社もこれに従っていた。また、別の美少女ゲーム配信をしていた複数のデベロッパーにも同様の削除要請が寄せられていたという。

ところがその後事態は急転し、Valveはこういった「削除要請」を行ったデベロッパーに対し、削除要請の撤回と作品の再審査を連絡したという(AUTOMATONの続報IGN)。背景には、Steamではポルノの配信を禁止しているものの、何がポルノに該当するのかという基準は明らかにされていないという点があるようだ。そのためValveがいったんOKを出したにもかかわらず、その後それが撤回されて公開停止になるといったトラブルはたびたび発生しているという。

この問題を受けて、こういった美少女ゲームのデベロッパーの間ではSteam以外での配信を進める動きも出ているという。ただ、nutakuFAKKUといった18禁タイトルの配信を認めているサービスはあるものの、顧客へのリーチの面ではSteamは圧倒的な力があるため難しいところのようだ。また、同じくゲーム配信サービスを手がけるGOG.comではパッチ形式で18禁コンテンツを提供することについて寛容な姿勢を見せているという(IGN)。
13604790 submission

+ - 157 米議会、最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案を議論中

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
アメリカの連邦議会で、古い録音の著作権保護期間を延長する新法案「CLASSICS Act」が検討されているという。仮にこの法案が承認された場合、1923年から1972年の録音は2067年まで保護期間が延長されるそうだ。

音楽ストリーミングサービスが勢いを増す一方で、アメリカの各著作権管理団体は楽曲のストリーミング配信に対応できていない。そこで、音楽のデジタルストリーミングが主流となった現代に対応するための法律「Music Modernization Act(MMA:音楽近代化法)」が考えられた。具体的には「ネット上の楽曲利用に対して使用料を徴収し、権利者へ分配する第三者的な組織を創設する」というものだそうだ。

ただし、MMAは1972年2月15日より前に録音された音源には適用されないので、MMAと組み合わせられるCLASSICS Actは、1923年から1972年2月15日の音源については2067年まで著作権保護期間を延長し、連邦著作権法を適用できる状態にするという。しかし、1972年以前に発表された楽曲には、もはや権利者が誰かも分からないものも多く、それを調べてライセンス料について合意を得るのはかなり難しい。

また、ライセンスはPandoraやSpotifyなどの大企業の資本がなければ取得できないため、ストリーミング配信で1972年以前の録音を聞こうとした場合、必然的にPandoraやSpotifyと契約しなければならず、この法案は特定の企業に競争力を与えてしまうことになりかねないとして反対意見を表明する団体も出ているという。

情報元へのリンク
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...