パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13794549 submission
法廷

+ - 160 AppleがiPhone Xなどの画面サイズやピクセル数を偽っていると主張する米クラスアクション訴訟

タレコミ by headless
headless 曰く、
AppleがiPhone X/XS/XS Maxの画面サイズやピクセル数を偽って販売していると主張するクラスアクション訴訟が米国で提起された(The Registerの記事9to5Macの記事訴状: PDF)。

訴状では3機種が採用するOLEDディスプレイのピクセルが3色のサブピクセルで構成される「真のピクセル」ではなく、赤と青のサブピクセルを隣接するピクセルと共有する「偽のピクセル」だと主張。真のピクセルを持つiPhone 8 Plusよりも高品質だと宣伝する被告の行為は不正だと述べている。

また、ディスプレイの角が丸く、ノッチが存在することで、(偽の)ピクセル数が製品情報に記載されているピクセル数より少ないこと、表示可能な長方形の最大エリアが10%ほど狭くなることを指摘している。さらに、被告が5.8インチと主張するiPhone Xの画面サイズが実測で5.6875インチしかなかったこと、上部が黒い画像を表示した製品写真を使用してノッチが見えないようにしたことなども挙げている。

そのため、被告の行為は虚偽の広告を禁ずるカリフォルニア州およびニューヨーク州の州法や、全米各州で定められている不当利得禁止法などに違反するとして、購入地別に全米クラス、カリフォルニアクラス、ニューヨーククラスの3つのクラスを定義。各クラスを原告として認めることや、被告が不当に得た利益の返還などを求めている。
13794520 submission
Android

+ - 160 Google、AOSPのCIシステムを可視化するダッシュボードを公開

タレコミ by headless
headless 曰く、
GoogleのAOSPチームは14日、AOSP(Android Open Source Project)の継続的インテグレーション(CI)システムを可視化するダッシュボード「Continuous Integration Dashboard」を公開した(Android Developers Blogの記事ダッシュボードの解説記事SlashGearの記事)。

Googleは異なるOEMの端末で実行可能な単一のシステムイメージ「Generic System Image(GSI)」をAOSPベースで作成し、11月のAndroid Developer Summitでデモを実施している。GSIはAndroidのベンダー実装部分とOSフレームワークを分離するProject Trebleにより実現したもので、ベンダーによるAndroidの修正をAOSPへ吸い上げることも容易になっているという。その結果、今年第3四半期にはAndroidのgitリポジトリでは、オープンソースツリーを通じたコミットが40%以上を占めているそうだ。

今回公開されたダッシュボードを使用することで、各ビルドの状況を監視することが可能となる。各ビルドのアーティファクトをダウンロードすることも可能だ。AOSPのDroidCopチームもこのダッシュボードを監視し、開発者と協力してツリーの健全性を維持していくとのことだ。
13794119 submission
バグ

+ - 167 Facebook、非公開の写真にサードパーティーアプリがアクセス可能なAPIのバグ

タレコミ by headless
headless 曰く、
Facebookは14日、Facebook Loginを使用し、サードパーティーアプリに写真へのアクセスを許可しているユーザーが影響を受ける可能性のある写真APIのバグが発見されたことを明らかにした(開発者ニュース重要なお知らせThe Vergeの記事Mashableの記事)。

ユーザーがFacebook上の写真へのアクセスをアプリに許可した場合、通常はタイムラインで公開された写真のみが対象となる。しかし、今回発見したバグにより、アプリ開発者はMarketplaceやFacebook Storiesで共有された写真にもアクセス可能だったという。さらに、Facebookへアップロードされたが、実際には投稿されなかった写真にもアクセスできた可能性があるとのこと。このような写真についてFacebookでは、後で投稿できるよう3日間コピーを保存しているそうだ。

バグは既に修正済みだが、9月13日から9月25日まで最大680万人のユーザー、876開発者による最大1,500本のアプリが影響を受けたと考えられるという。Facebookでは数日中にアプリ開発者がバグの影響を受けたユーザーを特定できるようにするツールをロールアウトし、影響を受けたユーザーの写真の削除を開発者と協力して進めていく計画だ。影響を受けた可能性のあるユーザーにはFacebook上で通知を表示し、影響を受けたアプリを確認できるようにするとのこと。Facebookへの写真投稿に使用したアプリがある場合はアプリにログインし、アプリがどの写真にアクセスしたか確認することが推奨されている。
13794104 submission
クリスマス

+ - 171 サンタクロースの思い出に関する初の国際的学術調査、子供の時にサンタを信じるふりをしていた人は65%

タレコミ by headless
headless 曰く、
英エクセター大学は14日、世界で初めてだというサンタクロースの思い出に関する国際的学術調査の中間結果を発表した(エクセター大学のニュース記事SlashGearの記事)。

The Exeter Santa Surveyと題した調査はQualtricsの調査プラットフォームを利用して実施されており、サンタクロースの存在を信じなくなった年齢や、サンタクロースの真実を知った時にどう感じたかなどを尋ねている。最初に年齢に関する設問があり、13歳以下または16歳以下(言語によって異なる)を選択した場合はその時点で調査終了となるため、子供は一応除外されているようだ。なお、日本語版などでは13歳以下の次が16~18歳となっているが、理由は不明だ。

調査ではこれまでに全世界から1,200人が回答しており、34%が今でもサンタを信じていられればよかったと回答する一方、50%はサンタを信じなくても全く不満はないと回答したという。サンタを信じなくなった年齢は平均8歳で、65%がその後も信じているふりをし続けたそうだ。サンタの真実を知った時、回答者の3分の1がうろたえ、15%が親に裏切られたと感じ、10%は怒ったとのこと。それでも子供を持つ人の72%は子供たちとサンタの話をして楽しんでいるとのことだ。
13794070 submission
マイクロソフト

+ - 163 Windows 10がアクティビティ履歴の送信設定を無視する疑惑、マイクロソフトは名称の問題だと説明

タレコミ by headless
headless 曰く、
Windows 10がアクティビティの履歴を送信しない設定にしていてもMicrosoftへ送信しているのではないか、という疑惑が数日前から出ていたのだが、Microsoftでは名称の問題だと説明しているという(BetaNewsの記事On MSFTの記事Neowinの記事Softpediaの記事)。

この設定はWindows 10 April 2018 Update(バージョン1803)でタイムラインが導入されたのに伴って設定アプリの「プライバシー→アクティビティの履歴」に追加されたもので、October 2018 Update(バージョン1809)では「アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する」というオプションになっている。このオプションをオフにすればアクティビティの履歴がMicrosoftに送信されることはないはずだが、Microsoftアカウントのプライバシーダッシュボードで「アクティビティの履歴」に履歴が保存されているのが見つかり、問題になっていた。

この問題についてMicrosoftでは、Windows 10の「アクティビティの履歴」はプライバシーダッシュボードの「アクティビティの履歴」に保存されるデータの一部分だと説明。名称の問題は今後のアップデートで改善するとのこと。ただし、アクティビティの履歴の送信設定に加え、「プライバシー→診断&フィードバック」で送信する診断データを「基本」にしておかなければMicrosoft Edgeで閲覧したWebサイトの情報がMicrosoftに送信されるとのことだ。

自分のMicrosoftアカウントでプライバシーダッシュボードを見てみたが、保存されているのはBingの検索履歴などMicrosoftのWebサイトの使用履歴が大半だった。ただし、履歴の送信が無効になっているにもかかわらず「メモ帳」などが履歴に残されていた。何度か履歴を削除してもなぜか復活していたが、その後復活しなくなった。
13793587 submission
モバイル

+ - 160 1年間スマートフォンの使用をやめるとしたら、その時間をどう使う?

タレコミ by headless
headless 曰く、
vitaminwater(グラソー ビタミンウォーター)が「vitaminwater scroll free for a year contest」と題し、スマートフォン(タブレット含む)の使用を1年間やめる場合の時間の使い方を募集している(vitaminwaterのツイートvitaminwaterのInstagram投稿SlashGearの記事募集要項)。

応募資格は18歳以上の合法的な米国在住者で、コンテスト開始前からスマートフォンを所有して毎日使用している人に限られる。仕事などでスマートフォンの使用が必須の人は応募できない。締め切りは2019年1月8日。TwitterかInstagramでハッシュタグ#NoPhoneforaYearをつけてスマートフォンなしの1年間をどのように使うかを投稿すればいい。

審査では独創性やブランドとの関連性、ユーモアなどが評価される。優勝者には1996年当時の携帯電話が月額プラン付きで贈られ、実際にスマートフォンなしの1年間に挑戦できる。スマートフォンやタブレットを一切使用せずに1年間過ごすことができれば賞金10万ドル、1年未満で挑戦に失敗すると賞金は減額され、6か月の場合は1万ドルとなる。

なお、他の人が所有するスマートフォン・タブレットの使用も禁じられ、1年後には嘘発見器を使用した検査も行われるとのこと。ノートPCやデスクトップPC、スマートスピーカーなどの使用は認められる。

日本在住者はコンテストに応募できないが、スラドの皆さんがこのような条件で1年間過ごすとしたら、どのように時間を使うだろうか。
13793570 submission
Windows

+ - 160 Microsoft、Windows 95ベースのSoftwearを発表

タレコミ by headless
headless 曰く、
Microsoftは13日、Windows 95ベースのカスタムSoftwearを発表した(Windows公式TwitterアカウントのツイートNeowinの記事On MSFTの記事Mashableの記事)。

この「Softwear」は当然ながらSoftwareではなく、Windows 95をテーマにしたセーターだ。このセーターの前身頃と後ろ見頃にはWindows 3.1からWindows Meまで使われていたWindowsのカラフルな旧ロゴがでかでかと編み込まれており、リブはBSoDのブルー。袖にはロゴの左側と同様のドットがブルーで、肩はブルーをベースに白のドットが編み込まれている。

セーターは売り物ではなく、Windowsの公式TwitterアカウントにDMを送った人の中から抽選でプレゼントされるとのこと。現在、このツイートは4,000件以上リツイートされ、いいねが17,000件以上つけられている。Microsoftはこのセーターを「Ugly」と表現しているが、スラドの皆さんのご感想はいかがだろう。
13793554 submission
医療

+ - 163 サウスウェスト航空3606便、目的地で心臓を降ろし忘れて引き返す

タレコミ by headless
headless 曰く、
サウスウェスト航空3606便が9日(現地時刻。以下同)、貨物として預かった移植用の心臓を目的地で降ろし忘れ、引き返していたそうだ(The Seattle Timesの記事NBC Newsの記事Mashableの記事Sierra Donor ServicesのFacebook投稿)。

3606便はデンバー国際空港を出発して複数の空港を経由し、最終的にアマリロ国際空港へ到着する経由便。心臓は米NPO Sierra Donor Servicesの依頼によりサクラメント国際空港で積み込まれ、次の目的地のシアトル・タコマ国際空港で引き取られる予定だった。ところが、同便がダラス・ラブフィールド空港に向けてシアトルを出発後、心臓が降ろされていないことが判明する。

サウスウェスト航空では命にかかわる重大な貨物を降ろし忘れたと判断し、引き返すことを決定。FlightAwareによれば出発からおよそ3時間後の17時56分に再度シアトルへ到着しているが、本件とは無関係な機材変更も発生したため、ダラス着は翌10日4時17分だったという。ダラス-アマリロ間はまた別の機材で一足先に出発したようで、9日中にアマリロへ到着している。

ただし、Sierra Donor Servicesによると、この心臓は将来の移植に備えて心臓弁のみを確保するために摘出したものだったそうだ。そのため、シアトルに移植待ちの患者はおらず、48時間の余裕があったとのこと。同便に乗り合わせた医師は、緊急性がないことをサウスウェスト航空は知っていたはずだとし、引き返す必要はなかったと批判している。「人間の心臓を降ろし忘れた」という機長のアナウンスを聞いた乗客は驚いていたものの、誰かの命を救えると思って大幅な遅れを喜んで我慢していたが、そうではなかったとのことだ。
13793324 submission
電力

+ - 165 公共交通機関EV化のメリットとデメリット

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
ロンドンは赤い2階建車両のバス(ダブルデッカー)で有名だが、ロンドンはこの2階建バスを2019年までにすべてハイブリッド化し、1回建車両のバス(シングルデッカー)は2020年までに排気量ゼロ、つまり電気自動車化(EV化)する計画がある。排気に寛大なイメージがあるアメリカでも、ニューヨークの路線バスを運営するMTA(Metropolitan Transportation Authority)は2040年までに5,700台全てをEVにすることを表明している。

一方で、「ハードウェアのシリコンバレー」と呼ばれる中国の深圳市(人口1,200万人)では、既に16,000台の路線バス全てが今年の5月23日の時点でEV化完了しており、この半年、EVだけで運用されてきたことになる。
https://rev-m.com/mobility/shenzhen_20180807/

深圳では2018年中に22,000台のタクシーも全てEV化して、公共交通機関のオール電化を達成する見込みであり、中国政府は2020年までに30以上の都市を同じようにする予定である。

2017年6月の時点で全5698台のEV化を達成していたバス会社・深圳巴士集団公司(Shenzhen Bus Group、シェア40%で最大手)の副支配人ジョセフ・マー氏(Joseph Ma)は英・ガーディアン紙のインタビューで次のように答えている。
https://hk.linkedin.com/in/joe-ma-1b208440

・ディーゼルと比べると、夏場のバス停での耐え難い熱気や排煙の匂いなどが一切なくなったほか、圧倒的に静かになった。
・安全のために人工音を追加するかはまだ検討中。
・燃費は半額になった。CO2排出量も48%減で、NOXなどの排気に含まれる有害物質もなくなった。
・バスは1両およそ180万元(約3,000万円)。コストの半額以上は国の補助金。
・自治体は走行距離6万キロで50万元(約820万円)の補助金を出しているため、(不人気路線でも)運賃はかなり抑えられている。
・充電は2時間で200km走行可。1日分の距離としては十分なので全て夜間に(順次)行う。
・充電する土地の確保が大変。会社の持つ土地もあるが、公有地・私有地を多数借りている(のがコスト増)。
・タクシーも4,600台保有しており、全てEV。
・決まった路線を走るバスよりも、タクシーの方が充電の難易度が遥かに高い。
・深圳は既に4万以上の車両充電施設があり恵まれた環境だが、場所に偏りがあってタクシー運営には全然足りない。
・市営駐車場や村の共有地など方々に頼んで充電施設を設置させてもらっているところ。

記事では深圳がかなり平坦であることに触れ、高低差が大きい都市ではバッテリーへの影響が大きく出るだろうとしている。

情報元へのリンク
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...