パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13233431 story
GUI

Microsoft、すべてのアプリでウィンドウのタブ切り替えを可能にする新機能を実験中 87

ストーリー by headless
実験 部門より
Windows Centralによれば、Microsoftがすべてのアプリケーションでウィンドウのタブ切り替えを可能にする新機能「Tabbed Shell」を実験しているそうだ(Windows Centralの記事Neowinの記事On MSFTの記事)。

Tabbed ShellはOSレベルの機能であり、複数インスタンスの起動可能なアプリであればそのまま利用できるという。開発者は特にアプリを変更する必要はないが、Microsoftが提供するAPIを利用することでタブ表示に最適化することも可能とのこと。なお、Windows CentralやNeowinの記事に掲載されている画面はモックアップであり、実際の画面ではない。

Tabbed Shellの搭載時期や、実際に搭載されるかどうかは不明だ。Windows Centralの情報提供者によれば、この機能が不採用にならなければ、Windows 10の次期大型アップデート(コードネーム: Redstone 3)または来年の大型アップデート(Redstone 4)に搭載される可能性があるとのこと。Windows Centralでは5月に開催される開発者向けイベント「Microsoft Build 2017」で情報が出てくることを期待しているようだ。

エクスプローラーへのタブ機能搭載は、多くの要望にもかかわらずWindows 10では採用されていない。Tabbed Shellが搭載されれば、エクスプローラーだけでなくメモ帳やMicrosoft Wordなどさまざまなアプリでタブ切り替えが実現可能となる。スラドの皆さんはTabbed Shellに期待するだろうか。
13233379 story
電力

太陽電池パネルを設置する米国の炭鉱博物館 48

ストーリー by headless
節約 部門より
米国・ケンタッキー州ベンハムのケンタッキー炭鉱博物館では、建物で使用する電力の大半を賄うために太陽電池パネルを設置するそうだ(ニュースリリースArs Technicaの記事NBCi4.comの記事)。

炭鉱の町として最盛期には人口3,000人に達したベンハムだが、現在は500人程度まで減少している。博物館は炭鉱が栄えた州の歴史を残すため、州の援助も受けて1994年に開館した。博物館の設置を提案した当時の州議員 Roger Noe氏は、炭鉱博物館に太陽電池パネルを設置するのは少し皮肉だが、石炭も太陽も自然から来たものだなどと述べているとのこと。

パネルの設置を行ったBluegrass Solarは、最初に話を受けたときに耳を疑ったそうだが、博物館の入る建物は日当たりがよく、設置に適した場所だという。博物館を所有するSoutheast Kentucky Community & Technical Collegeでは、年間8,000ドル~10,000ドルの電気料金節約を期待しているとのことだ。
13233242 story
NASA

土星の衛星「エンケラドス」で水素が観測される 32

ストーリー by headless
観測 部門より
hylom 曰く、

9月に土星の大気圏へ突入してミッションを終了する土星探査機「カッシーニ」だが、2015年に土星の衛星「エンケラドス」周辺を通過した際に観測したガスに、水素分子が含まれていたことが明らかになった(NHKニュースの記事BBCニュースの記事AFPBB Newsの記事)。

この水素はエンケラドスの海底にあると推定される熱水由来と考えられており、そこに生命体が存在する可能性があるようだ。

カッシーニは2005年にエンケラドスの表面から噴出されるプルームを観測して以降、繰り返しプルームの中を通過しており、メタンやホルムアルデヒドといった有機化合物を発見している。最後に通過した2015年10月には、エンケラドスの表面から48km上空にまで迫り、水素分子(H2)を発見したとのこと。研究者はエンケラドスで微生物が発見されたわけではないが、微生物の食物が発見されたと述べている。研究成果は4月14日付でScienceに掲載された(Scienceの記事)。

また、4月13日には、ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、木星の衛星エウロパで特定の場所から繰り返しプルームが噴出されているとする研究成果がThe Astrophysical Journal Lettersに掲載されている。これを受けてNASAでは、海が存在すると考えられる衛星を太陽系の「Ocean Worlds」として紹介している(NASAのプレスリリース動画)。

13232326 story
Google

GoogleのJavaScriptベンチマーク「Octane」が引退 25

ストーリー by headless
引退 部門より
Googleは12日、JavaScriptベンチマーク Octaneの引退を発表した(V8 JavaScript Engineブログの記事Ars Technicaの記事BetaNewsの記事)。

SunSpiderのような初期のマイクロベンチマークの弱点を克服すべく開発されたOctaneだが、2015年までに多くのJavaScript実装はOctaneで高いスコアを得るためのコンパイラー最適化が進んでいたという。その結果、Octaneのスコアは実際のWebサイト読み込み速度を反映しないものになっている。現実のユースケースでは不利益になるような最適化や、Octaneのバグを悪用する最適化も行われているとのこと。

現在では多くのJS VMでスコアの差が出にくくなってきており、現実的な幅広いコードでの高速化を実装するのではなく、Octaneに特化した最適化が行われている現実を踏まえ、Octaneを推奨されるベンチマークから外す時期が来たとのことだ。
13232320 story
EU

アイルランドのファーストフードチェーン、EU知的財産庁に「Big Mac」の商標取り消しを求める 34

ストーリー by headless
大胆 部門より
アイルランドのファーストフードチェーン Supermac'sがEU知的財産庁(EUIPO)に対し、米McDonald'sがEUで登録している商標「Big Mac」の取り消しを求めているそうだ(Consumeristの記事The Irish Timesの記事Grub Streetの記事)。

昨年、Supermac'sがアイルランド以外でもチェーン展開するため、欧州共同体商標意匠庁(OHIM、現EUIPO)に商標を出願したところ、混乱を招くとするMcDonald'sの異議申し立てにより却下されたことが発端となっているようだ。

Supermac'sのPat McDonagh氏は、McDonald'sが実際には使用しないにもかかわらず「Mc」「Mac」を先頭に付けたアイルランド風の英単語を軒並み商標登録し、商標によるいじめを行っていると批判。McGrathさんやMcCarthyさん、McDermottさんなどが自分の名前を付けたビジネスを始めようとしたらMcDonald'sに妨害されるに違いないなどと指摘している。

Supermac'sが創業した1978年は、McDonald'sがアイルランドに初出店した翌年であり、当時から最適なネーミングではなかったとの見方もある。しかし、「Supermac」は学生時代のスポーツでMcDonagh氏に付けられたニックネームであり、「Mac」は米国での「Smith」と同様、アイルランドでは一般的な名前だとも主張しているとのことだ。
13232305 story
Windows

Windows 7/8.1の月例更新、AMDマシンの一部で将来の更新プログラムがブロックされる問題 30

ストーリー by headless
更新 部門より
Microsoftが4月の月例更新で配信したWindows 7/8.1の更新プログラムをAMD Carrizo DDR4プロセッサ搭載PCにインストールすると、将来の更新プログラムをダウンロードおよびインストールできなくなる問題が発生しているそうだ(Softpediaの記事AskWoodyの記事2017年4月のセキュリティ更新プログラム リリースノート)。

プロセッサ名は「Carrizo DDR4」となっているが、AMDの第6世代APU「Carrizo」はDDR4をサポートしていない。そのため、CarrizoのExcavatorアーキテクチャーを改良し、DDR4をサポートする第7世代APU「Bristol Ridge/Stoney Ridge」を指すとの見方もある。ただし、これらのプロセッサをサポートするのはWindows 10のみとなっており、詳細は不明だ。

問題の更新プログラムは、Windows 7 SP1/Server 2008 R2 SP1向けのKB4015549(月例のロールアップ)とKB4015546(セキュリティ専用更新プログラム)、Windows 8.1/Server 2012 R2向けのKB4015550(月例のロールアップ)とKB4015547(セキュリティ専用更新プログラム)の4本。Microsoftでは問題の修正を進めており、今後のリリースで更新プログラムを提供すると述べている。

なお、4月のセキュリティ専用更新プログラム(KB4015546/KB4015547)をインストールすると、更新プログラムのスキャンやダウンロードを試行する際にプロセッサ世代とハードウェアサポートステータスの検出が有効になるとのこと。この機能で誤検出が発生しているのかもしれない。

3月の月例更新で最新プロセッサ搭載PCで更新プログラムが利用できなくなったとの報告も出ていたが、その後英語版のサポートページにはWindows Updateのスクリーンショットが追加されている。これらの更新プログラムのインストール後は、最新プロセッサ搭載環境のWindows Updateにエラーメッセージが表示されることになるようだ。
13230713 story
統計

Gartnerは減少と推計し、IDCは増加と推計する2017年第1四半期PC出荷台数 63

ストーリー by headless
増減 部門より
GartnerとIDCが2017年第1四半期のPC出荷台数の推計値を発表しているが、Gartnerは前年比2.4%減、IDCは0.6%増となっている(GartnerのプレスリリースIDCのプレスリリースDIGITIMESの記事On MSFTの記事The Vergeの記事)。

Gartnerのデータでは第1四半期のPC出荷台数は6,218万台。2007年以来初めて6,300万台を割る四半期になったとのこと。ベンダー別の順位は1位がLenovo(1,238万台)、2位がHP(1,212万台)で、以下Dell(935万台)、Asus(455万台)、Apple(421万台)、Acer(419万台)が続く。

IDCのデータでは第1四半期のPC出荷台数は6,033万台。前年比の増分は0.6%と小さいものの、2012年第1四半期以来初の増加だという。ベンダー別の順位は1位がHP(1,314万台)、2位がLenovo(1,232万台)でGartnerとは1位と2位が入れ替わっている。3位のDell(957万台)は同順位だが、4位がApple(420万台)、5位はAcer(412万台)であり、Gartnerで4位のAsusはランキング外の6位以下となっている。

IDCによれば、日本では健全なマクロ経済とPC入れ替え時期の到来により、特にビジネス市場で出荷台数が復調しており、2014年第2四半期以来の前年比増になったとのこと。

両者のデータの違いは、集計対象が異なるためのようだ。GartnerのデータではデスクトップPCとノートPCに加え、Microsoft Surfaceのようなプレミアム価格帯のウルトラモバイルPCを含む一方で、ChromebookとiPadは除外されている。IDCのデータでは、デスクトップPCとノートPC、ワークステーションが対象となっており、デタッチャブルを含むタブレットやx86サーバーを除外している。

The Vergeの記事では、GartnerとIDCの差はChromebookによるものだと予想する。IDCではChromebookの具体的な出荷台数に触れてはいないが、米国のビジネス向けPC市場ではChromebookが増加していると述べている。
13230550 story
アメリカ合衆国

GPSタグを逃走車に打ち込んで追跡する装置、米捜査機関での導入が進む 69

ストーリー by headless
合法 部門より
逃走車の追跡が危険なカーチェイスに発展することを防ぐため、米国各地でGPSタグを対象車両へ打ち込んで追跡に使用するシステムを導入する捜査機関が増えているそうだ(FOX31 Denverの記事Consumeristの記事動画)。

スラドでも以前話題になったこのシステムは、StarChaseという企業が開発したもの。粘着性のGPSタグを圧縮空気で射出する装置とWebベースのリアルタイムGPS追跡ポータルがセットになっている。射出装置はパトカーのフロントグリルに搭載し、逃走中の車にGPSタグを打ち込む。一度貼り付いたGPSタグは簡単に取り外せないため、GPSで追跡して車両が停車したところで確保すればいい。

このシステムは既に30州以上の捜査機関が導入しており、導入9か月が経過したコロラド州アーバダの警察では、85%の命中率だという。導入には警官のトレーニングを含め、パトカー1台当たり約5,000ドルかかり、2年目からの費用は1,000ドルかかる。StarChaseの製品と直接競合するシステムはないが、捜査機関の資金不足が競争相手になっているそうだ。

米国では合衆国憲法修正第4条で不合理な捜査が禁じられているが、装置を意図したとおりに使用する限りは合法であることは、アメリカ自由人権協会(ACLU)も認めているとのことだ。
13230548 story
カナダ

カナダ銀行、記念紙幣の特設ページにコナミコマンドを実装 28

ストーリー by headless
記念 部門より
kohei 曰く、

連邦成立150年を迎えたカナダでは、記念10ドル紙幣が発行されます。カナダ銀行の特設ページでは、お馴染みのコナミコマンド(↑↑↓↓←→←→BA)が使えます。実行すると、多数のミニサイズ新紙幣がブラウザの上部から舞い散り、カナダ国歌である「O Canada」が流れてきます。

カナダを代表する建築物や自然、模様、シンボルなどが散りばめられた記念紙幣は通常紙幣と同じポリマー製。通常の10ドル紙幣にも印刷されている初代首相ジョン・A・マクドナルドの肖像に加え、連邦の父の一人であるジョルジュ-エティエンヌ・カルティエ、女性初の下院議員アグネス・マクファイル、先住民初の上院議員ジェームズ・グラッドストーンの肖像が並んでいる。最新の偽造防止技術も適用されているという。記念紙幣は6月から金融機関で交換可能になる。

なお、音楽とアニメーションはコナミコマンドを再度実行すれば停止できる。

13229657 story
英国

鮮やかなピンク色のハサミを持つ新種のエビ、ピンク・フロイドにちなんだ学名が付けられる 27

ストーリー by headless
新種 部門より
パナマの太平洋沿岸で発見された新種のエビに、英ロックバンド「ピンク・フロイド」にちなんだ学名「Synalpheus pinkfloydi」が付けられた(論文アブストラクトThe Vergeの記事BBC Newsの記事)。

ツノテッポウエビ属(Synalpheus)のエビは、左右で大きさが異なるハサミ状の第一脚を持ち、大きい方のハサミを閉じる時に大きな音を出す。これは餌となる小魚などを衝撃波で攻撃するためと考えられており、Synalpheus pinkfloydiでは210デシベルに達するという。

Synalpheus pinkfloydiのハサミは赤みの強い鮮やかなピンク色をしている。発見した英オックスフォード大学の研究チームでは以前からピンク色のエビを発見したらピンク・フロイドにちなんだ名前を付けると決めており、今回これが実現したようだ。英名は「Pink Floyd pistol shrimp(ピンクフロイドテッポウエビ)」が提案されている。
13229653 story
ゲーム

任天堂、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの生産を一旦終了 47

ストーリー by headless
終了 部門より
任天堂は14日、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの生産を一旦終了したことを明らかにした(YOMIURI ONLINEの記事Kotakuの記事)。

任天堂のWebサイトにニュースリリースなどは出ていないが、製品発表時のトピックス記事製品情報ページサポート情報ページに追記されている。生産が再開される場合は、改めて告知するとのこと。

海外版のNES Classic Editionについては、Nintendo of Americaが北米域での年内の出荷を4月中に終了すると述べているそうだ。来年になれば再度出荷されるのか、北米以外の地域でも出荷終了となるのかといった点については不明だ(The Vergeの記事BetaNewsの記事IGNの記事)。
13228661 story
テクノロジー

ボーイング787で3Dプリンタによるチタン製部品が採用へ 18

ストーリー by hylom
進む採用 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ボーイングの中型ジェット旅客機「ボーイング787ドリームライナー」で、3Dプリンタを使って生産された部品が採用されるそうだ(ReutersSlashdot)。

採用される部品はチタン合金製のもの。チタン合金は加工コストが高いが、3Dプリンタを利用することでそのコストを大きく削減できるという。すでに米連邦航空局の認証も得ているそうだ。

13228659 story
テクノロジー

2030年には米国内の走行距離の25%分が自動運転車によって運転されるという予測 66

ストーリー by hylom
日本はどうなる 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

まだほとんど普及していない自動車の自動運転機能だが、2030年には広く普及し、「米国内の自動車走行距離の最大25%」が自動運転によって運転されるという調査結果がBoston Consulting Group(BCG)によって公開されたTechCrunchSlashdot)。

レポートによると、2020年代前半には自動運転車が普及し始め、2030年までには年間で500万台の自動車が自動運転車に置き換えられるようになるという。また、都市部においては自動車の所有・維持コストの高さからカーシェアリングが普及するともされており、カーシェアリングと自動運転の組み合わせによる無人タクシー的なサービスが多く利用されるようになるとしている。

13228658 story
テクノロジー

トラクターの修理問題がきっかけで修理の自由問題が注目を浴びる 53

ストーリー by hylom
ビジネスモデル問題 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

多くのメーカーは「ユーザー契約」に基づいて、消費者が購入した機器を傘下企業以外に修理させることを拒否している。これに対して、米国の「Repair Association(修理協会)」と呼ばれる団体は、筐体内部を開けることすらできない現状はおかしいと批判し続けてきた。今、修理協会の主張はトラクター問題の報道により注目を集めつつあるという(nprSlashdot)。

今のトラクターでは、利用のためにハードウェアとソフトウェアの2つのキーが必要だそうだ。またトラクターはGPSによって自動運転できるが、制御ソフトウェアが故障した場合は簡単には直せない。メーカーの販売代理店だけが修復のための専用ソフトウェアを持っており、修理を受けるには数百ドルのコストがかかる。このため農家の間で海賊版ソフトウェアが流通してしまっている。修理協会のGay Gordon-Byrne氏は、こうした状況は「極端なことではない」と語った。しかし、(安価で)正しい修理方法の選択肢は必要だと語った。

農家でオートショップ経営経験のあるGoodman氏は、農業経済が好調だった時期はセールスドライバーと富を分け合うこともできた。しかし、今はそうではないと語った。元記事では機器販売業者がトラクター販売数の落ち込みを相殺するため、高価な修理費用を請求するようになったという指摘もある。現在、ネブラスカ州、イリノイ州、ニューヨーク州などの米国8州では製造業者に修理ソフトウェアの販売を要求する法案を審議している。通過すれば、トラクターだけでなく、電話、コンピューター、家電製品にも適用されることになる。

13228856 story
書籍

雑誌「ゲームラボ」休刊 87

ストーリー by hylom
一般人がマジコンでカジュアルに違法コピーする時代になるとは思ってもみなかった 部門より

三才ブックスの雑誌「ゲームラボ」が、5月16日発売号で休刊するとのこと(ITmediaJ-CASTニュースニコニコニュース)。

その前身は「ラジオライフ」の別冊だった「バックアップ活用テクニック」で、その名のとおり「マジコン」が一般に広まるかなり以前から、家庭用ゲーム機向けゲームなどの改造やいわゆる「吸い出し」、バックアップなどを取り上げていたことでも知られる。

typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...