パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

15430604 story
ニュース

三菱電機で新たな検査不正。調査難航で報告書発表延期の可能性も 11

ストーリー by nagazou
拡大 部門より
三菱電機の検査不正問題が拡大しているという。以前話題となったのは長崎製作所の不正に関するものだが、朝日新聞の記事によれば、同製作所以外でも検査不正が明らかになってきているという。和歌山市の冷熱システム製作所では、検査機器の故障により製品の一部が約7年間正しく検査されていなかったとしている(朝日新聞)。

また香川県丸亀市の受配電システム製作所でも約25年間、工場や官公庁などで使われる配電盤検査が省略されてきた。このほか、広島県福山市の福山製作所でも外部の認証機関による検査に合格させるために、「遮断器」の検査で不正を行っていたとしている。こうした不正問題の拡大により、国際認証の取り消しの可能性も指摘されている。また9月に公開予定だった長崎製作所の不正に関する報告書も10月まで発表が伸びる可能性があるとしている。
15430589 story
変なモノ

ふるさと納税の返礼品に『ホタテ水着』、青森県むつ市 18

ストーリー by nagazou
サイズ指定は出来ないのね 部門より
青森県むつ市は9月23日からふるさと納税の返礼品として「ホタテ水着 上下セット」と「漁師カード マダム・ムチュリーホタテ水着version 1枚」を提供していることが話題となっている。このホタテ水着上下セットは、洗浄研磨加工済のホタテ貝3枚で構成されており、紐を使って身体に固定する仕組み。価格は6000円となっている。説明文によると「丁度いい貝幅12cm前後のホタテ貝」を使用することで、あらゆるシーンでお使いいただけるらしい。研磨加工することで鋭利な部分を最大限削っているとしているが、取り扱いには十分注意が必要だとしている(ふるさと納税なら「さとふる」日刊スポーツ)。

日刊スポーツの記事によると、こうしたホタテ水着は2011年から毎年販売しているという。この記事によると毎年100着程度売れているらしい。
15430403 story
テクノロジー

パナソニック、外気から加湿したり、乾燥させた外気を給気できるエアコン 11

ストーリー by nagazou
お掃除のしやすさとかどうなんだろ 部門より
パナソニックは、加湿機能を備えたルームエアコン「Eolia LXシリーズ(2022年モデル)」を11月から発売する。冬場は湿度が下がり室内が乾燥するが、新たに販売されるLXシリーズでは、暖房時に外気から取り込んだ水分を室内に送ることができ、給水無しで加湿する「無給水加湿」を実現した。水分を吸湿させる素材である「高分子収着材」を室外機内部に備えることにより実用化した。これまでこうした機能を持っていたのはダイキン製の「うるるとさらら」だけだったという(パナソニック家電 Watch)。

このほか、除湿時には反対に乾燥させた外気を室内に送り込む「ドライ給気制御」や喚起を行う機能も備わっている。またWi-Fiを内蔵し、スマートフォンアプリから操作が可能で、スマホ側の位置情報などを元にして帰宅前や就寝時といったタイミングに合わせた最適な運転を行うことができるとしている。
15430452 story
入力デバイス

Logicool製品の保証期間が勝手に短縮される問題が解決へ 67

ストーリー by nagazou
ムービング・ゴールポスト 部門より

Logicoolが製品の保証期間を発売後に2年から1年に変更したとしてトラブルが発生していたようだ。このトラブルはMiyahanさんが体験したものだそうで、今年の4月にLogicool MX Master 3の調子が悪いことから、メーカー側に問い合わせしたそうだ。その顛末を書いたツイートによると、発売当初は2年保証だったものの、その後、同社のWebページが更新されたことにより1年に短縮され、修理の受付を拒否されたという(Miyahanさんの関連ツイート)。

Miyahan氏の5月ツイートによれば、Logicoolの製品紹介ページや多くのECサイトでは2年保証になっていた。しかし、5月段階ではサポートページの記載は1年(現在は変更ずみ)であり、サポートに問い合わせるとサポートページが優先された結果、Miyahanさんの保有していたLogicool MX Master 3は保証切れだとするのがLogicool側の主張だった模様。その後、長期の空白期間が空いたものの、9月に入ってからLogicoolから返答があったとのこと。そのツイートによると

Logicool MX Master 3 のメーカー保証がカタログ・保証書では「2年」なのに実は1年しかなく修理を断られる問題、サポートと交渉して「2年」に改めさせ、さらにそれを公式ページに明記するお約束を果たしていただきました。

泣き寝入りしていたみなさん。今なら2年保証が効くので再連絡してください。

とのこと。

15430397 story
Chrome

Google、Chrome 拡張機能プラットフォームの Manifest V2 終息計画を発表 11

ストーリー by nagazou
移行 部門より
headless 曰く、

Googleは 23 日、Chrome 拡張機能プラットフォームの Manifest V2 終息と Manifest V3 移行タイムラインを公開した (Chrome Developers のブログ記事Manifest V2 support timeline9to5Google の記事)。

Manifest V3 は Chrome 拡張の信頼性向上を目指して 2018 年に発表された。コンテンツブロッカーの動作が制限されるとして反対の声も出ていたが、その後制限はある程度緩和された。今年 1 月には Chrome 88 で Manifest V3 がロールアウトし、Chrome ウェブストアで Manifest V3 拡張機能の登録が可能になっている。

Manifest V2 終息タイムラインによると、2022 年 1 月 17 日には Chrome ウェブストアで公開設定が「一般公開」「限定公開」となっている Manifest V2 拡張機能の新規登録を停止し、既存の Manifest V2 拡張機能の公開設定を「非公開」から「一般公開」「限定公開」に変更できなくなる。2022 年 6 月には「非公開」の Manifest V2 拡張機能も新規登録が終了する。

2023 年 1 月には既存の Manifest V2 拡張機能の更新版の受け入れも停止し、Chrome では Manifest V2 拡張機能が動作しなくなる。この段階ではエンタープライズポリシーで Manifest V2 拡張機能が動作するよう設定可能だが、その猶予期間も 2023 年 6 月には終了する。

15430422 story
ターボリナックス

旧約聖書の「ソドムとゴモラ」のエピソードが実話だった可能性 73

ストーリー by nagazou
どんなものにも何らかの元ネタがある? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

旧約聖書の有名なエピソード,堕落を極めたため神の怒りを買い一夜にして滅ぼされたとされるソドムとゴモラだが,実在した可能性あるそうだ。熱による石やレンガの変成,衝撃や高温により生成される物質,地層に含まれる元素の構成などから,隕石が直撃したと考えられるとのこと(Scientific ReportsPhys.orgGIGAZINE)。

創世記の記述では,神の警告に従って避難したロトの家族だけが助かったが避難の際に振り返ってはいけないという言い付けを守らず振り返った妻は塩の柱になってしまった,とある。

地層からは高濃度の塩分も検出されており,塩害で作物が育たなくなったことから「塩の柱」という表現になったとも推測している。ちなみに,この隕石落下に巻き込まれた都市の中にはエリコという城塞都市も含まれるらしい。旧約聖書には後年のエリコの戦いで「ラッパを吹き鳴らしたら城壁が崩壊した」という記述もあるが,この元ネタにもなったのだろうか。

15430390 story
Wikipedia

ウィキペディアが中国人編集者7人を永久追放12人を停止処分、背後に香港めぐる衝突も 27

ストーリー by nagazou
停止 部門より
ウィキメディア財団は13日、編集資格を持つ中国人7人のアカウントを永久停止し、12人から管理者の権限をはく奪したと発表した。同財団は1年近く中国語版ウィキペディアの内部調査を行っていた。目的はウィキペディア編集になり、その立場を利用して中国に関連する論調を管理したり誘導していた団体の調査だと見られている(lists.wikimedia.orgThe RegisterGIGAZINERecord China)。

しかし調査中のこの夏、個人を特定できる情報やボランティア選出に関連する団体の情報にアクセスしようとする「信頼できる脅威」が確認されたことによりアカウント停止などの対応を行った模様。6月に香港の「蘋果日報(アップルデイリー)」が業務停止になるなど、中国本土と香港との対立が強まっているという政治的な背景も影響したようだ。BBCの報道によれば、オンラインチャット上で、香港の編集者を国家安全保障警察のホットラインに報告しようと話し合った人物も存在したとしている(BBC)。
15430476 story
インターネット

富士通、ProjectWEBの情報流出を受けて専任セキュリティー責任者を置く 45

ストーリー by nagazou
責任を明確化 部門より
富士通は24日、ProjectWEBの情報流出問題を受けて、専任の情報セキュリティー責任者を10月1日から置くことを決めた。従来は法務担当の役員が兼務していたが、情報セキュリティに関する体制を見直し、再発防止や初動対応の迅速化を行うようにするという。新たに置かれる最高情報セキュリティー責任者(CISO)には太田雅浩理事が就任するとしている(日経新聞)。
15430406 story
アメリカ合衆国

米インテリジェンスコミュニティ、不正広告攻撃を防ぐため広告ブロックテクノロジーを導入していた 9

ストーリー by nagazou
広告ブロック 部門より
headless 曰く、

米国の連邦捜査局 (FBI) や中央情報局 (CIA)、国家安全保障局 (NSA) を含む米インテリジェンスコミュニティ (IC) ではネットワークベースの広告ブロックテクノロジーを導入しているそうだ。ロン・ワイデン上院議員が米行政予算管理局 (OMB) に宛てた書簡を Motherboard が入手したことで明らかになった (書簡Motherboard の記事Neowin の記事)。

NSA では 2018 年に不正広告攻撃 (malvertising) を防ぐため不要な広告のブロッキングを組織に勧告 (PDF) しており、米国土安全保障省 (DHS) の Cybersecurity & Infrastructure Security Agency (CISA) も COVID-19 パンデミックによるテレワーク増加を受けた同様の勧告 (PDF) を行っている。

これらの勧告は現在のところ米連邦機関に広告ブロックの実施を義務付けてはいないが、ワイデン上院議員が問い合わせたところ、IC の CIO から DNS を含む複数の階層でネットワークベースの広告ブロッキングテクノロジーを導入しているとの回答があったとのこと。ワイデン上院議員は OMB に対し、同様のテクノロジーを導入するよう求めている。

15430411 story
医療

東アフリカで薬剤耐性の高いマラリアが広まる 14

ストーリー by nagazou
厄介だなあ 部門より
治療薬への耐性が強いマラリアが、東アフリカで急速に広がっているという。順天堂大学やウガンダのグル大学などの国際研究グループは、マラリア治療で最も有効とされる「アルテミシニン」に耐性があるマラリアの広がりに関して調査を行った。それによれば、患者240人中、5.8%に当たる14人がアルテミシニンに耐性のある変異があったとしている(NHK)。
15430394 story
SNS

ビール転売問題でアサヒビールとメルカリが協定締結。アプリ上で警告へ 88

ストーリー by nagazou
転売 部門より
アサヒビールは24日、メルカリと転売を抑制する協定を締結したと発表した。各報道によると短期で需要が急増したことから販売を一時休止している「アサヒ生ビール(通称けマルエフ)」や「スーパードライ 生ジョッキ缶」などで、店頭価格を大幅に上回る値段での出品が相次いでいるためだという。この協定では発売情報や商品情報などを事前にアサヒビールとメルカリの両社で共有し、特定商品の出品についてメルカリアプリ上で周知を行うとしている(メルカリアサヒビール朝日新聞)。

なお、酒類の販売には酒税法により酒類販売業の免許が必要であることから、オークションサイトなどでの継続的な転売は違法となる可能性があるという。読売新聞によれば、国税庁は2019年度に無免許販売で16件を摘発しているとしている。無免許の場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、売り上げも申告がなければ追徴課税されるとしている(読売新聞)。
15430471 story
お金

中国で暗号資産が全面禁止に。マイニングも決済も相場情報提供も全てNG 80

ストーリー by nagazou
PCパーツ安くなるかな 部門より
中国人民銀行などの10機関は24日、暗号資産(仮想通貨)関連サービスを全面的に禁止することを発表した。暗号資産関連の活動はすべて違法な金融活動になるという。これにより取引だけでなくマイニング行為に関しても違法行為として扱われる。今後は、海外の事業者が中国本土向けのサービスを提供することも禁じられる。違反した場合、刑事責任も追及するとのこと。Bloombergによると国家発展改革委員会は、中国が仮想通貨マイニングを根絶することは緊急の課題であり、CO2の削減目標を達成するためにも重要だとしている(日経新聞ロイターBloomberg)。
15430029 story
オーストラリア

オーストラリアで Wing の宅配ドローンとカラスの縄張り争いが発生 38

ストーリー by headless
攻撃 部門より
オーストラリア・キャンベラ北部ハリソンで Alphabet 傘下 Wing の宅配ドローンに対するカラスの縄張り行動が発生し、サービスが一時中止となったそうだ (ABC News の記事The Register の記事動画)。

Wing の宅配ドローンは少なくとも 14 基のモーターを搭載する大型のもので、カラスよりもはるかに大きい。コーヒーを出前するドローンをカラスが襲う様子が動画撮影されているが、ドローンは揺さぶられる程度で墜落の危険は大きくないと思われる。

キャンベラとその周辺地域を含むオーストラリア首都特別地域 (ACT) では現在ロックダウンが行われており、デリバリーサービスでのドローン利用増加と巣作りの時期に入るカラスの縄張り行動激化が重なる事態になっている。カラスが負傷したとの報告はないようだが、Wing ではカラスの行動を評価するためハリソンでのサービスを一時停止するとのこと。

なお、動画で Wing のドローンは一体何の音かと思うようなひどい騒音を発している。キャンベラ南部ボニーソンでドローン宅配に反対するグループ Bonython Against Drones によれば、子供や犬を怖がらせるほどの騒音だという。同グループが戸別訪問した家庭では 80 % がドローン宅配に反対しており、騒音のほかプライバシーや野生動物への影響が問題点として挙げられているとのことだ。
15430024 story
iOS

Apple、Epic Games との裁判が完全に終結するまで Fortnite を App Store に復活させない考え 62

ストーリー by headless
禁止 部門より
Apple が Epic Games との裁判が完全に終結するまで Epic の開発者アカウントを復活させないと Epic 側に伝えたそうだ (Tim Sweeney 氏のツイートArs Technica の記事Mac Rumors の記事Neowin の記事)。

カリフォルニア北部地区連邦地裁の Yvonne Gonzalez Rogers 判事は Epic Games による iOS 版 Fortnite への独自課金システム実装を意図的な契約違反とみなし、Apple による Epic の開発者アカウント削除やアプリ削除は適切だとの判断を示している。

Apple は開発者ガイドラインに違反する独自課金システムを削除すれば Fortnite を App Store に復活させる用意があると繰り返し説明していた。そのため、Epic の Tim Sweeney 氏は独自課金システム削除を条件とした Fortnite 復活を Apple の Phil Schiller 氏に打診していたという。

しかし Apple 側は連邦地裁の判決内容や、 Sweeney 氏が Fortnite を App Store に復活させるために独自課金システムを削除することはないと公言していたことなどを挙げ、現時点では Epic の開発者アカウントを復活させないだけでなく、最終判決が出るまでは復活を検討しないと弁護士を通じて Epic 側に伝えたとのことだ。
15429936 story
OS

【スラドに聞け!】自宅でどんな机を使ってる? 106

ストーリー by headless
机上の 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

自宅でどんな机を使っているだろうか。自宅には机はない (居場所もない) 人もいるだろうし、在宅勤務で急遽、パソコンデスクを買ったという人もいるだろう。こたつが机な人も、ちゃぶ台が机な人も、東京オリンピック的にエコな段ボール机の人もいるだろう。

キーボードのように 1,000 円以下のものを使っている人もいれば、高い REALFORCE を使っている人もいるのと同じように、机も安い机を使っている人もいれば、高いものを使っている人もいるだろう。

クレイが世界一高い椅子なら、デスクトップパソコンではなく、デスクパソコンも世界のどこかにはあるかもしれないし、どこかのコンピュータアーキテクトのように、アーキテクトは机を自作すべきという信念の人が、すでに自作 PC ならぬ自作デスクパソコンを作っているかもしれない。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...