パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

13686171 story
アニメ・マンガ

スラドに聞け:人生を変えたアニメは? 160

ストーリー by hylom
パトレイバーの影響で制御工学を志した人は近くにいた 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

河出書房新社が「人生を変えるアニメ」という書籍を発売した(コミックナタリー)。全27名の著名人が、「人生を変えた」おすすめアニメを紹介するもの。

ガンダムやドラえもんが作りたくて進路を決めた人もいるはずです。あなたの人生を変えたアニメは何ですか?

13676327 story
アニメ・マンガ

究極超人あ~る、31年ぶりの最新刊10巻が発売 72

ストーリー by hylom
31年とは 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

高校の「光画部」(写真部)を舞台とし、その後の「文化系部活動」を題材にした作品に大きな影響を与えた(とタレコミ子が勝手に思っている)ゆうきまさみの漫画作品「究極超人あ~る」の単行本最新刊となる10巻が発売された(アキバBlog)。

ちなみに9巻の発売は今から31年前だそうだ。

10巻には連載終了後に発表された作品が収録されているとのこと。10巻の発売に合わせて、1~5巻をまとめた「完全版BOX①」と6~10巻をまとめた「完全版BOX②」も発売されている(小学館)。

さらに、新宿の紀伊國屋書店新宿本店では8月26日までの期間限定で究極超人あ~る関連グッズなどを集めたポップアップショップがオープンしているそうだ(ナタリー)。

13657303 story
アニメ・マンガ

第49回星雲賞受賞者が決定、「けものフレンズ」や「それでも町は廻っている」などが受賞 47

ストーリー by hylom
バラエティに富んだラインアップ 部門より

日本SFファングループ連合会議が、優れたSF作品を投票で選ぶ「第49回星雲賞」の受賞作を発表した(アニメーションビジネス・ジャーナル)。

受賞作/受賞者は以下の通り。

  • 日本長編部門:あとは野となれ大和撫子(宮内悠介)
  • 日本短編部門:雲南省スー族におけるVR技術の使用例(柴田勝家)
  • 海外長編部門:巨神計画(シルヴァン・ヌーヴェル、訳・佐田千織)
  • 海外短編部門:折りたたみ北京(郝景芳、訳・大谷真弓、ケン・リュウ)
  • メディア部門:けものフレンズ(監督・たつき)
  • コミック部門:それでも町は廻っている(石黒正数)
  • アート部門:永野のりこ
  • ノンフィクション部門:アリエナクナイ科学ノ教科書(くられ)
  • 自由部門:『超人ロック』生誕50周年トリビュート企画

候補作一覧は同会議のWebサイトで確認できる。ノンフィクション部門については候補作以外からの選出となった。

13656065 story
アニメ・マンガ

人気声優の上坂すみれさんを起用した「Python×AI・機械学習入門」オンライン講座 19

ストーリー by hylom
ロシアからの刺客 部門より
nemui4 曰く、

エンジニア向けの転職および学習サービスを手がけるpaizaが、Pythonを使った機械学習技術の学習コンテンツ「ロシアの美少女ハッカーによるAI機械学習入門【CV上坂すみれ】」を公開した。

実際にPythonと画像認識技術を使いながら機械学習を学習できるそうで、環境設定を行うことなしにブラウザから機械学習を体験できるという。

Python、AI・機械学習、上坂すみれに興味がある方はこの機会にどうぞ。

8月26日までの期間限定で本講座の全レッスンが無料で受講できるとのこと。

13646255 story
音楽

VOCALOID 5発売。井上喜久子の声を使ったライブラリも発表 26

ストーリー by hylom
17歳 部門より
NurseAngel曰く、

ヤマハが歌声合成ソフトウェア「VOCALIOD」の新バージョン「VOCALOID 5」の発売を開始した。また、VOCALOID 5に対応する音声ライブラリ(ボイスバンク)も各社から発表され、その1つとして声優の井上喜久子さんの声を元にした「VOCALOID 桜乃そら(はるのそら)」が7月26日に発売される(発売元であるAHSの製品ページ)。

AHSの音声合成ソフトウェア「VOICEROID 2」シリーズでも同じく井上喜久子さんの声を元にした「VOICEROID2 桜乃そら」が提供される。どちらのバージョンも音声ライブラリに加えてMMD形式の3Dモデルデータも収録されるほか、Live2D用モデルデータも今後提供予定だそうだ。

すごいけど、本人の声として聞くとやはり違和感はあるな。ボカロは使いこなせないので買わないと思うけど、ボイロのほうは買う。

そういえば5万支援した東北イタコボイロはいつ発売されるんだろう? あと塩沢兼人とか銀河万丈とかそっち方面のボイロもほしい。

VOCALOID 5は「STANDARD」版と「PREMIUM」版が提供され、STANDARD版では4つ、PREMIUM版では8つの音声ライブラリが付属する。新たにVSTやAUといった形式に対応するプラグインとして利用できるようになったほか、MIDI経由でのリアルタイムレコーディングをサポートするなど、連携機能が強化された。また、多数のプリセットフレーズが提供されるほか、パラメータが調整しやすくなるといった強化が行われている。対応プラットフォームはWindows 7/8.1/10、OS X 10.11以降(いずれも64ビット版のみ)。

13644352 story
アニメ・マンガ

Amazon、「Kindleインディーズマンガ」サービスを開始 21

ストーリー by hylom
問題はスルーしつつ新サービスを出すAmazon 部門より

Amazon.co.jpが、電子書籍配信サービス「Kindle」で「Kindleインディーズマンガ」を開始した。個人がマンガ作品を無料でKindle上で配信できるサービスで、配信による直接の収益は得られないものの、人気の作品に対してはAmazonからの「分配金」が支給されるという。

まずは7月5日から31日までの間で配信数が上位20名の作者に対しそれぞれ10万円が支払われるとのこと。

13644308 story
アニメ・マンガ

大日本印刷、人工知能技術を使った漫画のデジタル着色サービスを商用化へ 53

ストーリー by hylom
作業の手間は大きく低減できそう 部門より

大日本印刷が、人工知能技術を使って漫画を着色するサービスを商用化する(日刊工業新聞)。

日本の漫画作品はほとんどがモノクロだが、海外ではカラーの漫画が多く、作品を海外展開する際に着色することも多い。大日本印刷が開発したシステムはコマの内容から自動的に着色が行えるというもので、その後人間による細かい修正を加えて仕上げるというものだそうだ。

13642160 story
アニメ・マンガ

ガンダム、初のハリウッド実写映画化プロジェクトが発表される 112

ストーリー by hylom
ぜひGガンダムの実写化を 部門より

「ガンダム」シリーズがハリウッドで実車映画化されることが発表された(コミックナタリーBIGLOBEニュース)。

Legendary Picturesとサンライズが共同制作する形となっている。タイトルなども未定(現時点では「GUNDAM LIVE ACTION MOVIE」とされている)で、既存の作品の実写化になるのか、それとも完全新作になるのかも明かされていない。

Legendary Picturesは「バットマン ビギンズ」や「ウォッチメン」といったアメコミ原作作品のほか、最近では「GODZULLA」や「キングコング: 髑髏島の巨神」、「パシフィック・リム」シリーズなどを手がけている。

13636001 story
アニメ・マンガ

漫画家・佐藤秀峰曰く、漫画村閉鎖による売上増を現時点で語るのは早計 127

ストーリー by headless
早計 部門より
hylom 曰く、

海賊版配信サイト「漫画村」の閉鎖による漫画電子版の売上増加という報告が出ていることに対し、漫画家の佐藤秀峰氏が現時点で判断するのは早計だという見解を示している(佐藤氏のnote記事)。

佐藤氏は自ら作品を手がけるとともに、漫画家向けの電子書籍取次サービス「電書バト」を手がけている。 漫画村が閉鎖したのは4月だったが、全ストアで4月分の売上が確定するのは6月末~7月、明細が出るのは8月以降だという。現在までに4月分の売上が確定している二次的取次A社の1月~4月の売上を見ると、佐藤氏の作品は3月がピークで4月は若干低下する一方、電書バトの売上は4月に倍増している。

佐藤氏の見解によれば、3月は新刊発売に合わせたセールの効果、4月は新生活が始まる時期で毎年売上が増えるのに加え、ほぼ全作品で総ボリュームの半分を無料にしたことによる大幅増と考えられるとのことだ。

13633162 story
アニメ・マンガ

アニメ「ルパン三世 PART5」に登場するハッカーは現実的 82

ストーリー by hylom
まじめな考証 部門より

創作の世界で現実的でない手法を使うハッカーが描かれることはよくあるが、現在放送中のアニメ「ルパン三世 PART5」に登場するハッカーは現実的に描かれているそうだ(ITmedia)。

たとえば作中で工場のネットワークに侵入した場面では、機械の出荷時に設定されていたデフォルトのユーザー名とパスワードを使ってログイン認証を突破するという現実的な手法を使っているほか、相手の端末をマルウェアに感染させるために「標的型のメール攻撃」を使ったり、SNSを活用したりと、実際にサイバー犯罪で使われているような手法が作中に登場しているという。

また、作中で登場する仮想通貨やアンダーグラウンドネットワークも現実世界のものに近く、セキュリティ研究者も満足して見られる内容だという。

13630970 story
アニメ・マンガ

実在の競走馬を擬人化したアニメ「ウマ娘」、競走馬のイメージを損なう表現を行わないよう通知 106

ストーリー by hylom
種馬ネタはアウトなのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」の公式サイトが「応援してくださっているファンの皆さまにご注意いただきたいこと」として、二次創作などの際に配慮を求めるよう要請するような文書を公開したことが話題となっている(Togetterまとめ1Togetterまとめ2)。

公式のお知らせでは「キャラクターならびにモチーフとなる競走馬のイメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮いただけますと幸いです」とあり、SNS上などではつまり「エロ同人禁止」を意味していると受け取られている。競走馬には馬主が居ることから、権利関係に厳しいのだろうという推測が行われている。またエロ以外でも、馬主同士が不仲なケースなどもあるとのことで、注意が必要なようだ。

13625986 story
アニメ・マンガ

「プラモ狂四郎」の原稿盗難は作者の作り話だった 34

ストーリー by hylom
原稿紛失・盗難・転売が問題になっている時勢に紛らわしすぎる 部門より

「プラモ狂四郎」の原稿、新聞紙にすり替えられるという話題があったが、この盗難騒動は作者のやまと虹一氏による作り話だったことが本人より明らかにされた(続・やまと屋ブログ堂)。

本人はあくまで架空のエピソードによるフィクションとして漫画を執筆したそうで、「古新聞の日付は1995年〜97年」でストレスが続いていた時期だった、という内容の続編も一時的に公開されていた(現在は非公開)。

やまと氏は「プラモ狂四郎シンドローム≪特別編≫は、僕が如何にして、当時のコミックボンボンのガンプラ漫画を辞めたか?と言う、心情を別の形で表現してマンネリ化を解消しようと試みた結果だったのですが、まさか、こんな事態になるとは夢にも思っていませんでした…」「漫画に登場する、ライター横澤ありすやカリオクネットは架空であり実在しません」などとし、騒動について謝罪している。

13623359 story
アニメ・マンガ

「プラモ狂四郎」の原稿、新聞紙にすり替えられる 86

ストーリー by hylom
一体何が 部門より

「プラモ狂四郎」などの作品で知られる漫画家のやまと虹一氏が、仕事場で保管していた「プラモ狂四郎」の原稿紛失と、その原稿がオークションに出品されていたことを明らかにした(やまと屋ブログ堂)。

やまと氏によると、保管箱に保管していたはずの原稿が新聞紙にすり替わっていたという。いつ原稿がなくなったかは分からないようだが、氏は誰かが意図的に盗んだのではないかと考えているようだ。

(追記@6/19 14:50)この話はやまと虹一氏による創作話だったとのこと(続報)。

13620047 story
アニメ・マンガ

漫画海賊版サイト閉鎖で漫画家の収益は増えるのか 63

ストーリー by hylom
まだまだ様子見 部門より

先日、漫画海賊版の配信サイトとして知られていた「漫画村」がサイトを閉鎖したが、これによって漫画電子版の売上が増えたという報告が増えているという(BIGLOBEニュース)。

いっぽう、複数の漫画家がこれに対し慎重な反応を示している。漫画家のうめ氏はTwitterで「自分の知る範囲だと、電子書籍の支払いは、3ヶ月、半年ごと。直近の振込は、漫画村全盛の3月末までの分。」と分析。同じく漫画家の佐藤秀峰氏も、「漫画村が閲覧できなくったのは4月上旬。一般論だけど5月に4月分の売り上げ明細は出ない。4月分の売り上げが確定するのは6月末〜7月。5月に出るのは、1月か2月分じゃないかなぁ?海賊サイトが盛り上がってた頃の。」と投稿している。

また、「漫画村なくなって儲かったって人だいたいケータイコミックの人っぽいので、支払いタイミングが全然違う」という声もある。結局のところ、現時点での「漫画村」閉鎖の影響はまだ判断が難しそうだ。

13612841 story
ゲーム

怪しさ満載で話題になっていたモバイルゲーム「機動少女 -Gundam Girlz」のサービス、終了へ 48

ストーリー by headless
終了 部門より
hylom 曰く、

中国のMfunGamesが4月に配信を開始したモバイルゲーム「機動少女 -Gundam Girlz」が、6月8日にサービスを終了する(ねとらぼの記事[1][2])。

このゲームは名称で「Gundam」を使用しているほか、ガンダムなどのロボットに似せたコスチュームのキャラクターが登場する。「ガンダム」シリーズだけでなく、「マクロス」シリーズや「ゲッターロボ」シリーズ、「新世紀エヴァンゲリオン」などのロボットも含まれる。しかし、ガンダムシリーズを制作するサンライズは同社が監修したものではないと述べており、各社の許諾は取っていないとみられることも話題となっていた。さらにこのゲーム自体、1月に別の会社が別の名称でリリースし、5月にサービスを終了したゲームとほぼ同じものだという。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...