パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13434014 story
スラッシュバック

WPA2の脆弱性「KRACK」の対策が進む 33

ストーリー by hylom
致命的な感じには至らなそうでなにより 部門より
headless曰く、

先日話題になったWPA2の脆弱性KRACK」だが、Microsoftはサポート対象のすべてのWindowsについて、既に10月の月例更新で修正済みだったそうだ。LinuxやAppleのOSなどでも対応が進められている(The VergeSoftpediaMac RumorsNeowinBetaNews)。

KRACK(Key Reinstallation AttaCK)攻撃は偽のアクセスポイントを使用してクライアントにWPA/WPA 2の暗号鍵を再インストールさせることで、通信内容の復号が可能になるというもの。アクセスポイントではなくクライアントを対象にした攻撃であり、クライアント側のパッチで回避可能になる。

Windowsが影響を受けるのはCVE-2017-13080で、Windows 7~Windows 10、Windows Server 2008~2016のうち、10月10日時点でサポートされているバージョンにパッチが提供されている。なお、Windows 10は最初にリリースされたバージョン(RTM)からバージョン1703(Creators Update)まで、すべてのバージョンにパッチが提供されたようだ(セキュリティ更新プログラムガイド)。

Windows以外のOSではOpenBSDDebianUbuntuFedoraRed HatLinux Mintelementary OSArch LinuxSolusなどがパッチの提供を発表しており、LinageOSもパッチをマージしている。Appleはベータ版のiOS/tvOS/watchOS/macOSで修正済みだといい、Googleは数週間のうちにAndroidのパッチをリリースすると述べているそうだ。

デバイス関連ではIntelCiscoNETGEARArubaUbiquitiが修正版ファームウェア提供などの対策を発表している。

13432347 story
数学

「one-clean-qubit」モデルによる量子コンピュータが古典コンピュータよりも高速に問題を解けることが証明される 21

ストーリー by hylom
この問題も難解でした 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

群馬大学の森前智行准教授が、古典的な非汎用量子コンピュータモデルである「one-clean-qubit」モデルで解くことのできる結び目不変量の計算と行った問題については、量子コンピュータではない「古典コンピュータ」によるアルゴリズムよりも量子コンピュータのほうが高速に解けることを理論的に証明したと発表した(群馬大学と科学技術振興機構の共同発表大学ジャーナル論文)。

one-clean-qubitモデルによる量子コンピュータは任意の量子計算は行えないものの、特定の問題に関しては高速に解けることが知られていた。また、量子コンピュータと古典コンピュータの計算可能性は等しく、また量子コンピュータは古典コンピュータと同様の演算も行えるため、古典コンピュータで高速に解ける問題は量子コンピュータでも高速に解けるとされていた。今回の研究結果は、量子コンピュータが特定の問題において古典コンピュータよりも高速に解けることを証明するものとなる。

13432182 story
パテント

特許を無効審判から保護するためにネイティブアメリカンの部族へ譲渡するという手法 18

ストーリー by hylom
すごい抜け穴だ 部門より
headless曰く、

米国でネイティブアメリカンの部族に特許を譲渡して無効審判から保護するという手法に批判の目が向けられており、上院ではこの手法を無効にするための議案も提出されている(Ars Technicaの記事[1][2]法案: PDF)。

この手法は製薬会社アラガンが9月8日、同社の目薬「RESTASIS」関連の特許6件をニューヨーク州北部セントレジスのモホーク族に譲渡したことを発表して表面化した。特許の譲渡に伴ってアラガンはモホーク族に1,375万ドルを支払い、特許が有効である限り使用料として年1,500万ドルを支払い続ける。セントレジスのモホーク族は部族の主権政府として認められており、州政府と同様に主権免除の特権がある。そのため、モホーク族に特許を譲渡することで、当事者系レビュー(IPR: inter partes review)申立による米特許商標庁(USPTO)特許審判部(PTAB)の無効審判を回避できるというのがアラガンの主張だ。

RESTASISの特許を巡っては、ジェネリック薬メーカー数社がIPRの申し立てを行っており、アラガンはこれら数社を特許侵害で訴えている。特許譲渡によりモホーク族が原告に加わるとのアラガンの主張に対し、主張を認めるべきかどうか、譲渡は偽装とみなすべきか判断するため、アラガンに資料の提出を命じている。

また、9月にはAppleを特許権侵害で訴えたパテントトロール企業が、その特許をマンダン族・ヒダーツァ族・アリカラ族(MHA)の三大提携部族が所有する企業に譲渡したことも報じられた。

州政府の主権免除は合衆国憲法修正第11条に規定されているもので、州政府が他州または外国の市民から訴えられないようにするものだ。ただし、部族政府は憲法で規定されているのとは異なる主権免除特権で保護されている場合もあり、連邦議会が承認することで変更または取消可能だという。そのため、クレア・マカスキル上院議員が提出した法案では、IPRに対する防衛手段として使われるネイティブアメリカン部族の主権免除を廃止する、という内容になっている。

13428672 story
お金

ソフトバンク系のVision Fund、Mapboxに1億6400万ドルを出資 1

ストーリー by hylom
桁違い 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソフトバンクなどが出資して設立された投資ファンドであるVision Fundが、地図関連サービスを提供しているMapBoxに対し1億6400万ドルの出資を行うとのこと(プレスリリースNew York TimesWall Street Journal)。

Mapboxは、主にWebおよびモバイル開発者向けに地図APIを提供する企業。このAPIを利用することで、独自にカスタマイズした地図を作成してWebサイトやアプリケーション上に表示したり、地図上にさまざまなデータをマッピングして表示したり、地図ベースのデータ解析などを行うことができる。プレスリリースによると、現在90万のユーザーが登録されており、さまざまなサービスや大手企業などで使われているという。

同社が注目されている理由として、同社の技術が自動運転自動車やカーナビゲーションなどの車載システムやAR/VR技術などと組み合わせて利用できる点があるようだ。

13421180 story
携帯電話

HMD Global、新Nokia 3310の3G対応版を発表 3

ストーリー by headless
3G 部門より
HMD Globalは9月28日、新Nokia 3310の3G対応版となる「Nokia 3310 3G」を発表した(プレスリリースGSMArenaの記事The Registerの記事The Next Webの記事)。

今年発売された新Nokia 3310は、Nokiaのベストセラー「Nokia 3310」を現代によみがえらせたフィーチャーフォン。オリジナルに搭載されていたゲーム「Snake」がプレイできることも話題を呼び、2G(GSM 900/1800MHz)のみの対応ながらヒット商品となった。Nokia 3310 3Gはボディーサイズが高さ・幅・厚みともに新Nokia 3310(以降「2G版」)よりも1mm前後大きくなっており、単に3Gに対応させただけのモデルではないようだ。写真を見比べると、Nokia 3310 3Gはやや幅広で角ばったデザインになっている。カラーバリエーションも変更された。
13420837 story
インターネット

DNSSECにおけるルートゾーンKSKの更新処理、延期に 27

ストーリー by headless
延期 部門より
ICANNは9月27日、ルートゾーンDNSSECのKSK(鍵署名鍵)を更新するKSKロールオーバー計画で、10月11日に予定していた新KSKによるルートゾーン鍵セットの署名開始を延期すると発表した(ICANNの発表INTERNET Watchの記事JPRSの資料)。

これについて hylom 曰く、

最近の調査でキャッシュDNSサーバーの相当数がこれに対応できていないことが分かったためだという。少なくとも年内は新KSKによる署名は開始されず、新たな日程は2018年第1四半期を目処に調整中とのこと。

ICANNによれば、予定通りにKSKロールオーバーを実施した場合、世界のインターネットユーザーの4分の1に相当する7億5千万人が影響を受けるとのことだ。

13418348 story
テクノロジー

東大、ループ構造を持つ光回路を使った光量子コンピュータ方式を考案したと発表 35

ストーリー by hylom
東大が考えた究極の光量子コンピュータ 部門より

東京大学が9月22日、「究極の大規模光量子コンピュータ実現法を発明」と発表している。この方式を利用することで、大規模な量子計算を実行できるという(マイナビニュース)。

この手法はループ構造を持つ光回路を用いることが特徴で、1つの量子テレポーテーション回路を繰り返し使って大規模計算を実行できるという。従来手法は扱える量子ビット数を増やすには光回路を増やす必要があったが、この手法ではループを使って光回路を再利用することで、回路を増やすこと無しに量子ビット数を増やすことができ、理論上は大量の量子ビットを扱えるという。

ただし、現時点では理論段階であり、実際に動作するハードウェア開発については今後の課題のようだ。

13412694 story
ソフトウェア

Piriformが32ビット版CCleanerのマルウェア感染を発表、最新版への更新を呼び掛け 25

ストーリー by hylom
セキュリティ企業傘下のソフトでもやられるのか 部門より
headless曰く、

Piriformは18日、旧バージョンの32ビットWindows版CCleanerおよびCCleaner Cloudがマルウェアに感染していたことを明らかにした(PiriformのアナウンスTalos Intelligence Group BlogArs TechnicaBetaNews)。

マルウェアに感染していたのは8月15日に公開された32ビット版CCleaner v5.33.6162と、8月24日に公開された32ビット版CCleaner Cloud v.1.07.3191。CCleanerは9月12日、CCleaner Cloudは9月15日に感染コードを含まないバージョンが公開されている。

マルウェア感染バージョンでは米国に置かれたサードパーティーのサーバーにコンピューター名やIPアドレス、アプリケーション一覧などを送信することが確認されており、このサーバーは米捜査当局との協力により9月15日にシャットダウンされたという。

Piriformを7月に買収した親会社のAvastは、これらのソフトウェアがマルウェアに感染していると9月12日に結論付け、9月12~15日に非感染バージョンを公開するほか、ダウンロードサイトから感染バージョンを削除するなどの対応も行っている。感染バージョンを使用したユーザーは227万人と推計されており、32ビット版CCleanerのユーザーに対してはv5.34へのアップデートを呼び掛けている。CCleaner Cloudは自動更新でv1.07.3214に更新されているとのこと。

マルウェア感染についてAvastでは、洗練された方法が用いられたと述べている。CiscoのTalosチームでは感染バージョンがPiriformの有効なデジタル証明書で署名されていたことなどから、開発/ビルド環境の一部が感染していた可能性のほか、内部の犯行である可能性も指摘している。

13400158 story
アナウンス

ユピテルのドライブレコーダー、バッテリが発煙・発火する可能性があるとして回収 61

ストーリー by hylom
車内で燃えると大惨事 部門より

ユピテルのドライブレコーダー「DRY-FH200」でバッテリが発煙・発火する可能性があるとして、回収および代替品への交換が実施されるとのこと(ユピテルの発表)。

代替品としては後発製品である「DRY-ST1000c」が提供される。

13395737 story
GNU is Not Unix

GnuPG 2.2.0 リリース 9

ストーリー by hylom
旧版ユーザーはご注意を 部門より
osdn曰く、

GnuPGのバージョン2.2.0がリリースされました(アナウンスOSDN Magazine)。これは長らくmodern版として開発されてきた2.1系が新たな安定板になったことを意味します。

2.0系は今年いっぱいでサポートが終わるので、ユーザは2.2へ移行する必要があります。

13383612 story
サイエンス

琉球大の研究チームが国内では絶滅したとされていた野生のカワウソを発見、38年ぶり? 39

ストーリー by hylom
次はツチノコか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

琉球大学の研究者らが長崎県対馬に設置していた自動撮影装置にカワウソが撮影されていたことが発表された(琉球大学の発表PDF撮影された動画読売新聞)。絶滅したとされているニホンカワウソの可能性があるという。

日本においては明治時代までは全国にカワウソが生息していたそうだが、狩猟や生息地の破壊のため20世紀中ごろから後半には絶滅したとされている。「対馬で生き残っていた」「韓国から泳いで渡ってきた」「人間活動によって海外から持ち込まれた」といった可能性があるという。

これを受けて現在、環境省が対馬においてカワウソの生息状況調査を行っているとのこと。また、もしカワウソを見つけても餌付けしないこと、また糞を見つけても持ち帰らないことなどが「お願い」されている。

なお、最近話題の「けものフレンズ」でもニホンカワウソは登場しているが、同作内でもニホンカワウソは絶滅しひとりぼっちという扱いであった(Togetterまとめ)。

13382239 story
サイエンス

ゴムが一気に破ける原因はガラス化による「速度ジャンプ」 17

ストーリー by hylom
分かるような分からないような 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

伸ばされたゴムは少しの亀裂が入っただけで一気に破れることが知られているが、この「一気に破れる」原因をお茶の水女子大学の研究者が解明した(プレスリリースITmedia)。

ゴムは少し速く引っ張ると発熱し、さらに速く引っ張るとガラスのように硬く脆くなるという。この、硬く脆くなった状態になると亀裂が大きくなる速度が一気に大きくなる現象(速度ジャンプ)が発生するという。また、研究ではこれを数式でモデル化することに成功し、そこからこの速度ジャンプを抑制する方法も分かったという。

13381067 story
テクノロジー

肌に長期間貼り付けて使用できる極薄の電極が開発される 19

ストーリー by hylom
肌の上に電子回路を作れそうだ 部門より

東京大学や慶応大学らの研究者が、長期間肌に貼り付けて利用できる通気性と伸縮性を兼ね備えた超軽量で極薄のナノメッシュ電極を開発したと発表した(Nature nanotechnology掲載論文日経デジタルヘルス産経新聞読売新聞)。

この電極は金と高分子を素材としており、少量の水で皮膚に貼り付けることができるという。ナノサイズのメッシュ構造を持つためガス透過性があり、皮膚呼吸を妨げず、また実験ではかぶれや皮膚アレルギーなども見られなかったそうだ。

実験ではこの電極を生体電極として使用した筋電位の測定に成功したほか、温度や圧力などの計測にも利用できるという。

13380353 story
Amiga

新たなAmiga互換機、開発中 25

ストーリー by hylom
日本で言うX68kのようなポジションなのか 部門より

Amiga向けのアクセラレータボードを開発しているApollo Teamというプロジェクトが、Amiga 1000/500/2000などと互換性のあるAmigaを開発しているという。

同プロジェクトはすでにAmiga 500/600のCPU部分に被せるよう接続することでCPUの高速化やストレージ/メモリの強化、マイクロSDカードスロットやデジタルビデオ出力の追加などを行える「Vampire 68080」という製品をリリースしている。現在開発されている「Vampire V4」はスタンドアロンで動作するシステム、もしくはAmiga 1200向けのアクセラレータボードとして動作し、512MBのDDR3メモリ(最大1GB)、IDEインターフェイス、デジタルビデオ出力、ブートROM、マイクロSDカードスロット、USBインターフェイス、イーサネットインターフェイスなどを搭載するようだ。

Vampire V4は2017年後半に発売予定とのこと。同社は最初にアクセラレータボードをリリースし、その後にスタンドアロンシステムを作りたいとしている(The RegisterVAMPIRE V4[PDF]Slashdot)。

13380191 story
Windows

Microsoft、「Windows 10 Pro for Workstations」を発表 56

ストーリー by hylom
16コア×4が実現できるのだろうか 部門より

MicrosoftがWindows 10 Proに上級ユーザー向けエディションを追加するという噂があったが、この「上級ユーザー向けエディション」となる「Windows 10 Pro for Workstations」が発表された。業務向けハイスペックPC(ワークステーション)向けのエディションで、最大4CPU、6TBまでのメモリをサポートするのが大きな特徴のようだ(ITmediaPC WatchZDNet JapanTech Crunch)。

そのほかの特徴はファイルシステムとしてReFSがデフォルトになっている点や、NVDIMM-NおよびRDMAのサポートなど。秋にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」と同時に提供開始されるようだ。

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...