パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

14962212 story
ビール

ケロリン桶に食品や酒類を入れて提供しないよう注意喚起。飲食店で横行 60

ストーリー by nagazou
一気飲みとかやってるんだろうか 部門より
ケロリン桶で知られる富山めぐみ製薬(元内外薬品)が、ケロリン桶を食器や酒を入れる容器として使わないよう警告を発表した。同社によると複数の飲食店においてこうした行為が行われているという。行為が行われていると判明した企業の一部には直接連絡をして警告を行っている模様(富山めぐみ製薬ねとらぼ)。

具体的には、ケロリン桶食品衛生法上の食器ではないためだという。食器として必要な各種規格適合試験もクリアしておらず、食品衛生法の第十五条と第十六条に違反する恐れがあるとしている。

具体的には食品の伝達する熱によってプラスチックや印刷が溶解する可能性や、酒に含まれるアルコール成分でプラスチックが溶けたり損壊(割れたりする)する可能性があることを指摘していると思われる。
14396456 story
ビール

ラベルで食用アルコール使用を強調したハンドサニタイザー製品、米国でリコールされる 14

ストーリー by headless
食用 部門より
旧聞ではあるが、米国でハンドサニタイザー製品を販売するCorgioMedが同社の製品「Leafree Instant Hand Sanitizer」について、ラベルに「EDIBLE ALCOHOL (食用アルコール)」と記載されていたことを理由とする全品自主回収を3日に発表している(プレスリリースSlashGearの記事)。

この製品のラベルは白ベースに緑のアクセントカラーを組み合わせたデザインだが、目立つ位置に「EDIBLE ALCOHOL」というフレーズが赤地に白抜きで入っている。フレーズは2行に分けて記載されており、文字数の関係で「EDIBLE (食べられる)」が強調される形となっている。

米国ではアルコール入りのハンドサニタイザー製品を飲んでしまう事故が相次ぎ、食品医薬品局(FDA)が飲まないよう注意喚起している。FDAではラベルの記載内容を理由として、使用中止を呼びかけるハンドサニタイザー製品のリストにLeafree Instant Hand Sanitizerを8月11日付で追加し、輸入警告リストにも追加していた。さらに、9月1日にはリコールを勧告しており、これを受けて自主回収が発表されたようだ。
14396446 story
ビール

酒税の税率変更、何か準備してる? 153

ストーリー by headless
準備 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

酒税の税率変更を10月1日に控え、酒類販売店の商品棚が増税前の購買を推奨するポップなどで賑やかなことになっている。

改正により350mlあたりの税額はビールが77円から70円へ、麦芽比率が25%以上50%未満の(節税型の)発泡酒は62.34円から58.49円へ減税となり、いわゆる新ジャンルは28円から37.8円への増税となる。税率変更は2020年10月、2023年、2026年と段階的に行われ、ビール系飲料の税率は「発泡性酒類」として350mlあたり54.25円として一本化される予定となっている。このほか、清酒は350mlあたり42円から38.5円、ワイン等果実酒は28円から31.5円へ変わり、2023年10月には「醸造酒類」として35円に一本化される(国税庁 - 酒税関係法令等の改正Money VIVAの記事)。

広く流通しているビール系飲料については、金額差は原材料のコストよりも税率によるところが大きく、今後新ジャンルは縮小していくのではないかという見方もあるようだ。お酒を嗜まれる皆様は、増税前の買い溜めや、減税まで高みの見物など、いかがお過ごしだろうか。

14282377 story
ビール

米FDA、飲食物風パッケージ入りのハンドサニタイザー製品を飲まないよう注意喚起 30

ストーリー by headless
飲食 部門より
米食品医薬品局(FDA)は8月27日、飲食物パッケージ風の容器に入ったアルコールベースのハンドサニタイザー製品が出回っているとして消費者に注意喚起した(ニュースリリースArs Technicaの記事)。

FDAによれば、ビールの缶やベビーフードのパウチ、飲料水・ジュース・ウォッカのボトルといった容器を使用するアルコールベースのハンドサニタイザー製品が確認されているという。中にはチョコレートやラズベリーなどの食品フレーバーを含むものもあるとのこと。FDAでは飲料水だと思って購入したらハンドサニタイザーだったという消費者からの報告や、子供向けのマンガをあしらったお菓子のようなパウチ入りハンドサニタイザーがあるという小売業者からの報告を受けているそうだ。

FDAではメタノール1-プロパノールを含むハンドサニタイザー製品を使用しないよう注意喚起しているが、高濃度のエタノールも経口摂取では毒性を示す。特に小さな子供は少量でも危険性が高い。ハンドサニタイザーの誤飲による入院や死亡といった事故の報告も増加しているという。飲食物パッケージ風の容器は誤飲を招くうえ、食べ物のような香りが付けられていれば子供が食べ物と間違いやすくなる。そのためFDAは消費者へ注意喚起するとともに、誤飲を招くようなパッケージの使用を避けるよう製造業者に呼び掛けている。

日本では厚生労働省が医療機関に対し、特例としてアルコール濃度の高い酒を消毒用に使用することを認めている。その結果、医薬品・医薬部外品ではないが消毒用に使用可能、かつ飲用不可のアルコール飲料というカテゴリーの製品が誕生した。これらの製品にはアルコール飲料用らしきボトルが使われている。
14281023 story
ビール

キリンビール、糖質ゼロのビールを10月6日から発売。酒税改正と巣ごもり需要を狙い 65

ストーリー by nagazou
糖質ゼロだからっていくら飲んでもいいわけではなく 部門より
キリンビールが糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日から発売するそうだ。ビールカテゴリーでは、国内で初めて糖質ゼロを実現した製品であるとのこと。発売が10月からなのは10月の酒税改正で350ml缶が1本当たり約7円減税されるためだそう(キリンリリース)。

Business Insiderによればアスマークの調査で、新型コロナウイルス感染拡大によって巣ごもりが進み、1キロ以上“コロナ太り”した人は約4割もいるそうだ(Business Insider)。リリースでも

「健康志向」の高まりが、新型コロナウイルス感染拡大によってさらに加速し、これまで堅調に推移してきた当社の糖質オフ・ゼロ系ビール類の販売数量も、1~7月で前年比約5%増と伸長しています。

と新型コロナウイルスの影響があるっぽい表現がされている。ちなみにビール業界は新型コロナウイルスの影響で業務用の売り上げが激減、キリンは6.2%の減収、23.1%の減益となっているそうだ。

14279491 story
ビール

Go To Eatキャンペーンでキャンペーン事業者が決定。オンライン事業者はぐるなび食べログなど 99

ストーリー by nagazou
オンライン経由は若者向けかな 部門より
旅行業者の支援策として実施されたGoToトラベルに続いて、飲食店などを支援するための政策であるGo To Eatキャンペーンが実施されるそうだ。Go To Eatキャンペーンは農林水産省が主導するもの。25日にはキャンペーンを委託する48の事業者が発表された(農林水産省トラベルボイスNHK)。

キャンペーンは2種類の経路があり、感染予防に取り組んでいる地域の飲食店で食事をした場合に、金額の25%が上乗せされるプレミアム食事券が提供されるパターン。そして、ぐるなびや食べログといったオンライン事業者経由での飲食予約をした場合、ポイントを付与するというパターンがある。二つのパターンでそれぞれ767億円の給付金が使用されるという。

食事券に関しては1回の購入あたり2万円の上限があり、食事券を使用した場合はおつりが出ないなどの制約がある。プレミアム食事券は来年1月まで販売され、有効期限は来年3月までとなっている。

オンライン事業者経由の場合、期間中に飲食店を予約し、来店が確認された場合にポイントが付与される。ポイントが利用可能なのは次回以降となる。昼のランチタイムは500円分、15時以降の夕方に関しては1000円分のポイントを付与するという。1回の予約あたり10人分の1万円が上限として設定されている。

今回オンライン飲食予約事業者で選ばれたのは、ぐるなび、カカクコム(食べログ)、ヤフー、一休、EPARKグルメ、リクルート、フードテックパートナー(favy、トレタ、ポケットチェンジ)、スターツ出版、Retty、auコマース&ライフ、USEN Media、Fesbase、表示灯の13事業者となっている(オンライン飲食予約委託事業 審査結果[PDF])。
14268466 story
ビール

米FDA、1-プロパノールを含むハンドサニタイザー製品を使用しないよう注意喚起 73

ストーリー by headless
注意 部門より
米食品医薬品局(FDA)は12日、1-プロパノール(プロピルアルコール)を含むハンドサニタイザー製品を使用しないよう注意喚起した(FDAの安全情報)。

今回対象になった1-プロパノール含有製品は、メキシコのHarmonic Nature S de RL de MIが製造した「Alcohol Antiseptic 75% Topical Solution Hand Sanitizer」という製品だ。FDAが使用中止を呼びかけるハンドサニタイザー製品は6月にメタノールを含む9製品の注意喚起を行って以降、合計160製品にまで増加しているが、1-プロパノール含有製品がリストに追加されるのは今回が初めて。なお、リストの大半(134製品)はメタノールに関連するものだが、有効成分が少なく消毒効果を発揮しないという製品も23製品が記載されている。

ハンドサニタイザー製品で広く使われている2-プロパノール(イソプロピルアルコール)とは異なり、1-プロパノールは米国でハンドサニタイザー製品に使用可能な成分ではないという。手指消毒に使用した場合の毒性は低いとみられるが、アルコール臭と表現される甘い快い匂いを持ち、動物実験ではアルコール中毒や麻酔作用を引き起こす毒性がエタノールの2~4倍という結果が出ている。そのため、FDAでは子供が誤って飲み込んでしまったり、大人がアルコール(エタノール)の代わりに飲用した場合に最も危険が大きいと述べている。
14242246 story
ビール

紙製ボトル入りJohnnie Walker、来年発売へ 53

ストーリー by nagazou
映画とかの描写が変わりそう 部門より
headless 曰く、

英酒造企業Diageoは13日、傘下スコッチウイスキーブランドJohnnie Walkerのパッケージングとして、プラスチックを一切使用しない紙ベースの蒸留酒ボトル(紙パックではない)を2021年の早い時期に投入すると発表した(ニュースリリースFOODBEASTの記事The Guardianの記事)。

紙ベースの新ボトルは持続可能なパッケージングを開発するPulpexとの提携により開発されたものだという。PulpexはUnileverやPepsiCoなど、相互に競合しない日用消費財(FMCG)企業のコンソーシアムと提携しており、各ブランドの紙製ボトル入り製品も2021年の投入が計画されているとのこと。

アルコール飲料用の紙製ボトルを開発しているのはPulpexだけではない。先日、英Frugalpacは94%再生紙を使用する蒸留酒/ワイン向けボトルFrugal Bottleを発表しており、このボトルを使用するワインも既に発売されている。ただし、こちらはプラスチックも使用しているようだ。また、Carlsbergは昨年、紙製ビール瓶のプロトタイプを公開している。

14241180 story
ビール

雑誌データをAIで分析して醸造したクラフトビールが登場 13

ストーリー by nagazou
味はどんなだろ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NECのプレスリリースによると、同社の最先端AI技術群を利用し、過去40年間分の雑誌データから画像やテキストを抽出、色や香り、味といった要素のパラメータに変換し、それを指標にコエドブルワリーが醸造したビールが登場したようだ(NECのプレスリリースコエドブルワリーのプレスリリース)。

20~50代の4世代を表現した4種の缶ビールがセットとなっており、COEDO Online Shopで販売中とのこと。
NECのプレスリリースには酒税法の関係上、セットにはビールと発泡酒が含まれる旨が記載されているが、
これは40代を表現したビール以外にはハイビスカスや青色色素、さつまいもなどといった副原料を使っているため、発泡酒の扱いとなっているようだ。

それにしても、AIが解析したデータからどのようなルールに基づいて味や香りといったパラメータに変換したのかが重要ではないかと思うのだが、残念ながらプレスリリースからはそのような情報は読み取れなかった。

14161774 story
ビール

米国で窓越しにビール不足を訴えていた外出自粛中の93歳女性、SNSで話題になった結果大量のビールが届けられる 15

ストーリー by hylom
SNSマーケティング 部門より

米ペンシルバニア州で新型コロナウイルス感染を避けるために外出を自粛していた93歳の女性が、自宅で確保していたビールが残り少なくなったことを窓越しに訴えた。その様子がSNSで注目され、その結果ビール会社がこの女性宅に150缶のビールを寄贈するということになったという(ハフィントンポストMailOnlineUSA TODAY)。

この女性は窓越しにCoorsの缶ビールと共に「I NEED MORE BEER!」という手書きメッセージを掲げていたという。テレビ局からの取材に対しては、「残り12缶しかない、私は毎晩ビールを飲んでいる、ビールはビタミンがあって飲みすぎなければ健康に良い」などと訴えていたそうだ。ビールを寄贈されたあと、大量のCoorsのビールと共に「GOT MORE BEER!」との手書きメッセージを掲げる様子も報じられている。

14160953 story
アメリカ合衆国

米国では一定数が在宅ワーク中に飲酒する 50

ストーリー by hylom
飲酒の是非は別として、それくらい気楽にやるべきなのかもしれない 部門より

新型コロナウイルスの感染拡大によって米国でも在宅勤務への切り替えが進んでいるが、アルコール依存症治療に関する活動を行なっているAlcohol.orgの調査結果で、少なくない数の米国人が在宅ワーク中に飲酒していることが分かったという(調査結果)。

調査結果では米国の州別に「在宅ワーク中に飲酒する」と答えた人の割合をまとめているが、特にこの割合が多かったのはハワイ州(67%)、ロードアイランド州(60%)、バージニア州(50%)、ニューハンプシャー州(50%)、アイオワ州(47%)、カンザス州(47%)、アイダホ州(47%)など。

また、在宅勤務中に限らず、米国では新型コロナウイルス感染者の拡大と共にアルコールへの関心が高まっているとの調査結果も出ているそうで、実際にアルコール類の売れ行きは上昇しているという(Forbes)。

なお、以前「コロナウイルス騒動を受けて米国民の38%は「今はコロナビールを買わない」と考えている」という話題があったが、コロナビールの売れ行きは好調だったという。

14159929 story
インターネット

オンライン飲み会に最適なチャットツールは? 58

ストーリー by hylom
窓の杜の方々もFacebookやLINEにはついていけてないのか 部門より

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛によって、飲み会や会食などの機会が大きく減っているようだ。その代わりとして、ビデオ通話ソフトウェアやオンライン会議ソフトウェアを使った「オンライン飲み会」が増えているという。こういったビデオ会議に利用できるツールにはさまざまなものが存在するが、窓の杜が、Windows環境で利用できるツールの検証を行なっている

ここで紹介されているのは、「Skype Meet Now」、「Google Meet/Google Hangout」、「Facebook Messenger」、「LINE」。この中でトラブルなしに利用できたのは「Google Meet/Google Hangout」のみで、それ以外のツールはカメラやマイク周りトでラブルが発生したり、FacebookやLINEは利用時に「友達になる」作業が必要になるといった準備が必要になる点が問題になることがあるようだ。

14153462 story
ビール

高知県の菊水酒造、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を発表 129

ストーリー by headless
消毒 部門より
hylom 曰く、

高知県の菊水酒造が3日、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を発表した(プレスリリース)。

主成分は醸造アルコールで、「消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」との注釈がついており、価格には酒税も含まれている。4月10日から出荷予定で、希望小売価格は税別1,200円。

この菊水酒造は「ふなぐち菊水一番しぼり」などの商品で知られる新潟県の菊水酒造とは別の会社だ。

14121171 story
ビール

アルコールの尿を出す女 60

ストーリー by hylom
濃度はどれくらいなのだろうか 部門より

Anonymous Coward曰く、

体内でアルコールを醸造してしまうという「自動醸造症候群(Auto-Brewery Syndrome、ABS)」という病気が存在する(過去記事)。一般的にこの病気の患者にはアルコールを摂取していないにもかかわらず酔っ払ってしまうという症状が出るが、膀胱でのみアルコールが醸造され、そのアルコールは体内には吸収されず尿と一緒に排出されるという珍しいタイプのABS患者が見つかったそうだ(USA TODAY)。

ABSは、腸内などにアルコール発酵を行う酵母などが住み着き、患者が摂取した炭水化物などがこれによって体内でアルコールに変換されることで発生する。

一般的なABS患者と同様、今回の患者の女性はアルコールを摂取しないにもかかわらず、排出される尿には多量のアルコールが含まれているとのこと。さらに、この女性の場合膀胱がアルコールを醸造する機関になっていたとのことで、血中からはアルコールが検出されず、単純に尿だけにアルコールが含まれる状況になっていたそうだ。

14069744 story
ビール

デンマークの研究グループ、振った缶ビールを開ける前に軽く叩くと噴き出しを防ぐことができるかどうかを1,000本以上の缶ビールで実験 93

ストーリー by headless
噴出 部門より
開ける前の缶ビールを落としたり、振ったりしてしまった場合でも缶を軽く叩いてから開ければ噴き出しを防ぐことができるなどとも言われるが、これが事実かどうかを確認するためデンマークの研究グループが缶ビール1,000本以上を使用した調査を実施したそうだ(論文: PDFThe Registerの記事)。

ビールの液体には高圧で二酸化炭素が溶解しているが、開ける前の缶が衝撃を受けると缶の内側に触れた部分で二酸化炭素の気泡が発生する。この状態で缶を開けると圧力が低下して二酸化炭素が過飽和状態になるので気泡が急速に成長し、噴き出してしまう。缶を軽く叩くと噴き出しにくくなるという仮説は、缶を軽く叩けば缶の内側に付着した気泡がはがれて缶上部の空間へ移動するため、缶を開けても噴き出しにくくなる、という理論的な根拠を持つが、厳密な評価が行われたことはないとのこと。缶ビールを開けた時に吹きこぼれてしまえば消費可能な量が減少して経済的な損失が発生するうえ、周囲が汚れて社会的にも損失が発生するため、吹きこぼれないようにする方法は非常に重要だという。

研究ではカールスバーグから提供された330ml入りの缶ビール1,031本をランダムに4つのグループ(振らない+叩かない、振る+叩かない。振らない+叩く、振る+叩く)に振り分け、4℃に設定した冷蔵庫で一晩冷やしたものを使用している。振る方の2グループは3~4缶ずつ、440rpmに設定した機械実験用シェーカーUnimax 2000に2分間かけている。これにより、自転車で10分間運ぶという、デンマークで一般的なビールの運搬法を再現できたとのこと。次に別のチームが缶を拭いて重量を測定後に(叩くグループの缶は叩いてから)開け、こぼれた後の重量を測定する。叩くかどうかを指定するラベルは缶の横に貼られているが、振るかどうかの指定は缶底に貼られており、缶を開ける人には振ったかどうかがわからないようになっている。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...