パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13651118 story
ビジネス

セブンイレブンの生ビール販売、話題になるも中止に 68

ストーリー by hylom
角打ちは許されるのに 部門より

セブン-イレブンの一部店舗で生ビールの試験的な販売が計画されるものの、販売開始前に中止される事態になったそうだ(ITmedia)。

Sサイズ100円、通常サイズが190円(共に税込)という安価な価格設定とあって注目を集めたが、「本部からの指示」で中止になったという。「非常に反響があり、需要の高まりが想定されたことから、販売体制等の関係で中止という判断に至りました」とのこと。

一方、コンビニで生ビールを提供することに対しトラブルを危惧する声もあり、こういった反応を受けての中止なのではないかとの推測も出ている(しらべえ)。

13613597 story
ビジネス

ダイヤモンド大手のデビアス、とうとう人工ダイヤの取り扱いも開始へ 45

ストーリー by hylom
サブブランド戦略 部門より

先日、ダイヤモンド大手のデビアスが人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドを区別できるダイヤモンド鑑定士養成を進めるという話が報じられた。同社は人工ダイヤモンドについて否定的な立場だったが、このたび新たに人工ダイヤモンドの流通を行う会社を立ち上げるという(CNNBusiness Insider Japan)。

新会社が手がける商品は200~800ドル程度で、また肉眼では見えないほどの小さいロゴが入るという。

同社はより高額な天然ダイヤモンドについても今まで通り手がける方針で、ブロックチェーンを使った天然ダイヤモンドの取引追跡プラットフォームの構築なども計画している(COINTELEGRAPH)。

13594067 story
ビール

ペットボトル入りで透明なノンアルコールビール、仕事や会議中でも飲める? 129

ストーリー by hylom
まさにただの炭酸飲料 部門より

ここ数年で一気に「ノンアルコールビール」が普及したが、酒造メーカーはこのノンアルコールビールの消費拡大を目指し、仕事の合間や昼食時などの飲用を勧めるキャンペーンなどを行なっている(過去記事)。しかし、職場でノンアルコールビールを飲むことは未だ議論が多い。そんな中、サントリービールがペットボトル入りの透明なノンアルコールビール「オールフリー オールタイム」を発売する

アルコール含有量は0.00%で、品目は炭酸飲料。パッケージには「BEER TASTE」と書いてあるものの、よく見なければノンアルコールビールとは気付かない外見となっている。ノンアルコールでカロリーゼロ、糖質ゼロとのこと。

13476528 story
iOS

Google Project ZeroリサーチャーのツイートにiOS脱獄コミュニティがざわつく 104

ストーリー by headless
脱獄 部門より
Google Project Zeroのセキュリティリサーチャー、Ian Beer氏の謎めいたツイートに、iOS脱獄コミュニティがざわついているようだ(Motherboardの記事9to5Macの記事Softpediaの記事The Next Webの記事)。

ツイートの内容は「iOS 11のカーネルセキュリティの調査に興味があるなら、iOS 11.1.2以前のデバイスを調査専用に確保しておくように。もうすぐPart I (tfp0)をリリースする」といったものだ。Motherboardによれば「tfp0」は「task for pid 0」の略でカーネルタスクポートを意味し、OSコアの制御が可能になるものだという。そのため、iOS 11の脱獄が可能なエクスプロイトが公開されるのではないかと期待されている。

iOSの脱獄はバージョンごとに難易度が増しており、現在一般に入手可能なツールで脱獄できるのはiOS 10.2までとなっている。11月に韓国・ソウルで開催されたPoC 2017でTencent Keen LabのLiang Chen氏がiOS 11.1.1の脱獄をデモしており、ツールの使用手順も公開されているが、ツール自体はまだ公開されていない

Beer氏は最も多くiOSの脆弱性を発見しているセキュリティリサーチャーの一人。iOS 11.2修正された14件の脆弱性のうち、5件(CVE-2017-13847 / CVE-2017-13861 / CVE-2017-13865 / CVE-2017-13867 / CVE-2017-13876 )を発見したのがBeer氏だ。 なおiOS 11.2では、iOS 11.1で未修正だった旧モデルのKRACK脆弱性 (CVE-2017-13080)が修正されている。
13475791 story
ビール

米ニュージャージー州、ドローンの飲酒運転を禁じる法案 33

ストーリー by headless
千鳥 部門より
米国・ニュージャージー州の州議会に、アルコールや薬物の影響を受けた状態での無人航空機システム(ドローン)の操作を禁じる法案が提出された(ニュースリリース法案 A5205The Registerの記事)。

米連邦規則では商用小型ドローンの操縦者などに対し、民間航空機の乗務員と同等の扱いでアルコールや薬物の使用を制限している。一方、模型飛行機として扱われる視界内のみを飛ばす趣味の小型ドローンに関しては、航空システムの安全を損なわないことが義務付けられているが、アルコールや薬物に関する条項はない。

法案では商用・趣味にかかわらずアルコール飲料や麻薬、幻覚剤、習慣性医薬品の影響下にある状態、または血中アルコール濃度が0.08%以上の状態でドローンを操作した場合、治安紊乱行為にあたるとしている。治安紊乱行為を行った者は最長6か月の禁固刑または最高1,000ドルの罰金、またはその両方が科せられるとのこと。他人の生命や所有物を危険にさらすことを認識もしくは意図してドローンを操作すること、野生動物の捕獲または捕獲を補助する目的であることを認識してドローンを飛ばすことも治安紊乱行為にあたる操作として挙げられている。
13427051 story
オーストラリア

豪全国交通委員会、自律走行車の飲酒運転について意見を求める 42

ストーリー by headless
酒豪 部門より
オーストラリア・全国交通委員会(NTC)が3日、自律走行自動車に適用するための交通法規改正に向け、誰が運行の責任者になるのかといった点について、意見を求めるための討議資料を公開した。討議資料では飲酒運転に関する問題も取り上げられている( メディアリリース討議資料: PDFThe Guardianの記事Ars Technicaの記事)。

現在、オーストラリアの多くの州や地域ではアルコールや薬物の影響下で自動車を動かそうとすることが禁じられている。そのため、高度/完全な自律走行車を利用する際、行き先を指定して出発させる操作が違反行為となる可能性があるという。また、一部の州や地域では飲酒/薬物使用運転の違反行為は自動車の責任者に適用されるため、高度/完全自律走行車の乗客が違反者となる可能性もある。
13341639 story
ビール

カンタス航空777便の手荷物として預け入れられた1本の缶ビール、無事パースに到着 41

ストーリー by headless
無事 部門より
danceman 曰く、

オーストラリア・パースの男性が、包装していない缶ビール1本をメルボルン空港のカウンターでカンタス航空777便の手荷物として預けてみたところ、スーツケースと同様の扱いで預かってもらえたとのこと(The Independentの記事)。

空港に勤務する友人とビールを飲んでいるときに、空港のカウンターで荷物として預け入れられる変わったものが話題となり、缶ビールの預け入れを思いついたのだそうだ。デオドラントスプレーも候補に挙がっていたという。

目的地のパースに到着し、手荷物引渡場へ行くとバッグ類はまだ出ていなかったが、男性の缶ビール1本だけがターンテーブルを回っており、他の乗客が写真を撮影するなどしていたとのことだ。

男性が選んだのは、かつて地元パースで製造されていたビールEmu Export。メルボルンではEmu Exportの入手が難しいため、男性はメルボルン行きの便で計画を実行すれば面白いと考えていたようだが、パースでは預け入れる時間がなかったため帰路までずっと持ち運んでいたそうだ。なお、預け入れを行ったのは通常のチェックインカウンターではなく、セルフサービスの手荷物預入キオスクだったようだ。しかし、缶ビール1本では手荷物として認識されず、軽いハックが必要だったらしい(Mashableの記事Perth Nowの記事Stuff.co.nzの記事Uniladの記事)。

13315165 story
ビジネス

昼間のノンアルコールビール飲用は普及するか 206

ストーリー by hylom
エナジードリンクと合体させてみては 部門より

就業時間中のノンアルコールビールを飲むことの是非がまた取り上げられている(キャリコネニュース)。元々は読売新聞の「発言小町への、休憩時間にノンアルコールビールを飲んでいたら会社でトラブルになったという投稿だ。

なおアサヒビールは「仕事の合間のリフレッシュ時間」や「ランチ中」といった日中のノンアルコールビール飲用シーン拡大を目指してキャンペーンを行っており、就業時間中でも飲んでもらいたいと思っているようだ(アサヒビールの発表)。とはいえ、社会の目は未だに厳しいようだ。

13221452 story
テクノロジー

アサヒ飲料の「強冷」自販機 123

ストーリー by headless
冷た~~~い 部門より
Fagnux 曰く、

アサヒ飲料は5月から庫内温度を約1度にした「強冷」の自動販売機を展開する(ニュースリリースITmedia ビジネスオンラインの記事)。

アサヒ飲料によれば、利用者が炭酸飲料に求めているのは「炭酸の強さ」「爽快さ」であり、飲む温度を下げることで爽快に味わえるという。商品のラインナップも「三ツ矢サイダー」や「ウィルキンソン タンサン」といった炭酸飲料を中心としたものとなる。

同社では飲料を常温(約20度)で提供可能な自動販売機を昨年から展開しているが、今回展開する強冷自動販売機でも一部で常温飲料の提供が可能となっているとのことだ。

13213301 story
クラウド

メキシコ観光局、テキーラの雨が降る雲を開発 12

ストーリー by headless
酒雲 部門より
テキーラの雨が降る雲「Tequila Cloud」をメキシコ観光局が開発したそうだ(Adweekの記事Foodbeastの記事動画)。

Tequila Cloudは超音波加湿器でテキーラを霧状にするという仕組みで本物の雲ではないが、テキーラのしずくが雨のように降るようだ。装置は雨の多い冬のドイツでメキシコ観光を宣伝するために広告代理店が作成したもので、ベルリンで展示されているという。テキーラの雲は外で雨が降っているときにのみ出現するが、雨は毎日のように降るため、1日に1回は見られるそうだ。ドイツはテキーラの輸入量が世界で2番目に多いこともあってテキーラの雲が選ばれたらしい。
12884310 story
ビール

誤ってアルコール製剤(食品添加物)で作った酎ハイを提供 104

ストーリー by headless
接続 部門より
maia 曰く、

鳥貴族のある店舗で、「アルコール製剤(食品添加物)」を焼酎のサーバーにセットして酎ハイを151杯提供してしまった(お詫びとお知らせ: PDF朝日新聞デジタルの記事)。

通常の酎ハイより泡立ちが多く、客から「味がおかしい」との指摘もあったという。店では誤接続時点でサーバーの不具合と考えていたが、5日目にメンテナンスで原因が判明するまで誤った商品を提供していたとのこと。問題のアルコール製剤はサトウキビから作られたエタノールが主剤だが、泡立ちからすると、pH調整や機能の安定化に使用される副剤があったのだろう。

誤提供があったのは鳥貴族 南柏店で、7月19日~23日までの期間。同社では食品添加物アルコール製剤を手指消毒用に使用しているが、焼酎の容器と形状・サイズが似た抽出口付きの透明容器に入っており、梱包していた段ボール包材を外して使用していたため区別がつきにくかったという。さらに、食品添加物アルコール製剤の抽出口の口径がドリンクサーバーの接続口の口径に近かったため、強引に接続可能だったとのこと。南柏店ではマニュアルを誤認識し、厨房内に段ボール製の包材を置いてはならないと思っていたようだ。

鳥貴族では該当商品を該当期間に注文した客に返金対応を行う。レシートがない場合も、来店日時や商品名、来店人数などを確認の上で返金するとしている。また、他店での誤接続がないことは確認済みであり、一目で区別できる容器の食品添加物アルコール製剤への一斉入替を手配するなど、再発防止策をとったとのことだ。

12863893 story
ビール

全米を回ってビールを飲むお仕事、年俸約660万円で応募が殺到 17

ストーリー by hylom
昼から飲めるお仕事 部門より

米ワシントンD.Cにある米国歴史博物館が、全米のビール醸造所を回ってビールを飲むという業務を行うビール試飲研究員を募集しているそうだ(AFP)。

もちろんビールを飲むだけのお仕事ではなく、「飲食物の歴史調査」ということで「論文執筆と資料収集、博物館展示への活用を前提」とするという。雇用期間は3年で、年俸は約660万円。この求人に対し応募が殺到しているという。

12862576 story
テクノロジー

ベルギーで開発された尿を飲料水にする装置、精製した水を使ったビール製造へ 62

ストーリー by hylom
尿を厳選すればプレミア化できるのでは 部門より
acountname曰く、

ベルギー、ゲント大学の科学者チームが、太陽の光を用いて人間の尿を飲料水と肥料成分に分離する装置を開発しました(ロイターTechXplore論文DailyMail)。

研究チームはゲントで行われたイベントでこの装置を設置、参加者の尿を集めてそこから1000リットルの水を抽出したという。この水はビールの製造に使われるとのこと。

宇宙船では当たり前に水の再利用はしますけど……地球自体、大きな再生工場だけど……。

12836449 story
ニュース

スラドに聞け:「職場でノンアルコールビール」はアリ? 183

ストーリー by hylom
そこまでして飲みたいものなのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

サントリービールが、オフィスやスーパー銭湯などへのノンアルコールビール自動販売機設置を進めているという(ニュースイッチ)。

同社のノンアルコールビール「オールフリー」は「ノンアルコールビールテイスト飲料」とうたっており、アルコール分は0.00%としている。そのため、飲んだ後の運転も、子供が飲むことも問題ない。そのため、オフィスで飲むことも建前上は問題ないはずである。また、カロリーやプリン体、脂質、糖質も0%とのことで、スポーツ施設などへの導入も進めるという。

とはいえ、職場でノンアルコールビールを飲むのはよろしくないような雰囲気も感じざるを得ない。皆様の職場では、ノンアルコールビールの飲用は大丈夫だろうか?

12788132 story
ビール

米国のクラフトビールメーカー、生分解性の缶ビール6本パック用ホルダーを開発 54

ストーリー by headless
分解 部門より
米国・フロリダ州デルレイビーチのクラフトビールメーカー、Saltwater Breweryが完全生分解性素材の缶ビール6本パック用ホルダーを開発したそうだ(The Vergeの記事Consumeristの記事Foodbeastの記事NextSharkの記事)。

6本パック用ホルダーは6つのプラスチック製リングがつながった形のもので、缶ビール以外の缶飲料でも使われる。米国で消費されるビールは主に缶入りであり、多くのリングが海に流されて海洋生物などに影響を与えているという。この6本パック用ホルダーは醸造の過程で残った大麦と小麦を含む素材から作られており、完全に生分解するだけでなく生物が食べても安全とのことだ。
typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...