パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

14009250 story
ソフトウェア

Linuxディストロ別のsnapトップ5、spotifyが人気 5

ストーリー by headless
人気 部門より

6つのLinuxディストロについて、snapの人気トップ5をCanonicalが公開している(Snapcraftのブログ記事BetaNewsの記事)。

最も人気が高いのはspotifyで、すべてのディストロでトップ5入りしており、4ディストロで1位となっている。昨年最も人気のあったsnapもspotifyだった。続いてcode/skype/slackが3ディストロ、vlc/lxd/discordが2ディストロでトップ5入りしている。Arch LinuxとManjeroは順位が一部異なるものの、トップ5がすべて共通していた。逆にCentOSとDebianで他と共通するsnapはspotifyとlxdの2本のみとなっている。ブログ記事ではDebianでfirefoxが3位、Ubuntuでchromiumが4位に入っていることが興味深い点として指摘されている。

各ディストロのトップ5は以下の通り。

  Arch Linux CentOS Debian Fedora Manjaro Ubuntu
1 spotify wekan spotify spotify spotify vlc
2 code lxd lxd vlc code spotify
3 skype microk8s firefox code slack skype
4 discord spotify nextcloud postman discord chromium
5 slack helm pycharm-community slack skype canonical-livepatch
14007724 story
Windows

Microsoft、Exchange Server 2010のサポートを9か月延長 2

ストーリー by hylom
10年目の延長 部門より
headless曰く、

Microsoftは16日、Exchange Server 2010の延長サポート終了日を2020年1月14日から2020年10月13日に変更することを明らかにした(Exchange Team BlogComputerworldgHacksRegister)。

延長の決定は数多くの顧客の環境におけるデプロイ状態を調査・分析した結果によるものだといい、一部の顧客がアップグレードの最中であることを考慮したとのこと。変更は既に製品ライフサイクル検索結果にも反映している。サポートが終了してもExchange Server 2010が動作しなくなるわけではないが、一刻も早いアップグレードが推奨されている。なお、Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日は2020年1月14日のまま変更されていない。これらのOS上でExchange Server 2010を実行している場合、OS側の対策も必要となる。

13994812 story
OS

Windows 10 Insider Preview 20H1、クラウドからのOS再インストール機能が有効になる 45

ストーリー by hylom
OSが降ってくる 部門より

Anonymous Coward曰く、

8月29日に提供開始したWindows 10 Insider Previewビルド18970で、兼ねてから噂されていたクラウドからのOS再インストール機能が入ったそうである。これは再インストールの機会が多そうなアレゲ民には朗報であろう(PC WatchITmedia)。

再インストール時に「クラウドのダウンロード」を選択すると、同じバージョンのWindows 10がダウンロードされて再インストールされるという。ただし、現段階では一部のオプションを有効にしていると正しく動作しないようだ。

13992627 story
お金

イーサリアム共同考案者曰く、イーサリアムのブロックチェーン容量をほぼ使い切った 4

ストーリー by hylom
どうすんの 部門より

Anonymous Coward曰く、

ブロックチェーンプラットフォームであるイーサリアムの共同考案者ビタリック・ブテリン氏が、イーサリアムのブロックチェーンについてその容量をほぼ使い切っていると述べたそうだ(BloombergCoinTelegraph)。

現在イーサリアムのネットワーク利用率は90%を超えているそうで、その利用コストも一部ユーザーにとって過度に高くなっているという。ネットワーク混雑の背景には、イーサリアムのブロックチェーンを利用するゲームや仮想通貨「テザー」が2015年に登場したことが背景にあるという。安定した仮想通貨を意図して設計されたテザーの利用は広がっており、その少なくとも40%はイーサのネットワーク上で運用されているという。

イーサリアムでは取引情報だけでなく、それ以外のさまざまなデータをブロックチェーンに格納できるようなアーキテクチャとなっている。そのためブロックチェーン容量の消費も早いという指摘も出ているようだ。

13989805 story
クラウド

AWS東京リージョンで大規模障害、原因は冷却システムの故障 103

ストーリー by hylom
設備系はなかなか予想しづらいところ 部門より

Anonymous Coward曰く、

8月23日の昼頃から数時間にわたり、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の東京リージョンで大規模な障害が発生、多数の企業のサービスに影響が出るトラブルとなった(ITmediaITmediaの続報ASCII.jp日経xTECHEngadget日本版)。

AWSの東京リージョンは4つのデータセンター(アベイラビリティーゾーン)から構成されているとのことだが、Amazonの発表によると、そのうち1つで空調設備の管理システムに傷害が発生。その結果一定数のサーバーが過熱によって停止したという。冷却装置は15時21分に復旧し、その後18時半ごろには大部分のサーバーが復旧したという。

空調設備の管理システムは冗長化されていたが、管理システムのロジックにバグがあり、制御ホストの切り替え時に制御システムが応答しなくなる事態になったという。また、制御システムに傷害が発生した場合は冷却システムは最大冷却になるよう設計されていたが、データセンターの一部でこの構成に移行できず停止。さらに、問題になるデータセンターのエリアで冷却システムを「パージ」モードに切り替えて熱風を排出することを試みたものの、これも失敗したという。最終的に不具合のあった制御システムのリセットで対応を行ったという。

クラウドの普及によりAWSを使うサービスは多岐にわたっており、今回の障害では決済アプリのPayPayが使用できなくなったほか、dTVやローソンアプリ、Backlog、各種ソーシャルゲーム、果てはシェアサイクルの返却ができなくなるなど、大きな影響が出た模様である。

13987074 story
Google

GCP/GCE の固定グローバルIPアドレス、2020年より有料化 8

ストーリー by hylom
月100円くらいなら良かったのだが 部門より

stat曰く、

これまで無料だったGoogle Cloud Platform(GCP)の固定IPアドレス使用料金が2020年1月1日から有料化される(取得したIPアドレスを稼働マシンに割り当てなかった場合は現在でも有料)。

GCPの価格表に来年からの価格が追記されている。通常の使用だと1つのアドレスに$0.004/時、月当たりだと300円くらい課金されるようになる。

GCPにはロースペックながらも無料で使える仮想マシンがあって重宝していたのだけど、私みたいにほとんどカネを払わないやつが大勢いるから有料化せざるを得なくなったんだろうなあ。

13981926 story
Firefox

Mozilla、Firefox QuantumをFirefox Browserに名称変更か 22

ストーリー by hylom
正式名称だったのか 部門より

headless曰く、

MozillaはFirefox 57以降を「Firefox Quantum」と呼んでいるが、Firefox 70では「Quantum」の使用をやめて「Firefox Browser」になるのではないかという見方が出ている(ghacks.netThurrottNeowin)。

Mozillaが6月にFirefoxファミリー製品全体を示す新アイコンを発表した際、WebブラウザーのFirefoxは「Firefox Browser」と呼ばれていた。Firefox Nightly(70.0a1)では数日前、狐が奥を向いたFirefox Quantumのアイコンから、狐が横を向いたFirefox Browserのアイコンに変更されており、バージョン情報では「Firefox Browser」の下に「Nightly」と表示されるようになっている。

もともと「Quantum」は次世代Webエンジン「Project Quantum」の要素を数多く取り入れた結果、バージョン番号の増加だけでは表せないほどの変更が行われた、という理由で使われていたものだ。ただし、基本的には雰囲気だけのもので特に意味のある名称ではなく、普及していたとは言い難い。

13980238 story
インターネット

CloudflareのDNS「1.1.1.1」で5ちゃんねるの名前解決が一時的にできなくなる 12

ストーリー by hylom
なんだったんだろう 部門より

Cloudflareが提供するパブリックDNSサービス「1.1.1.1」で掲示板サイト「5ちゃんねる」が使用している「5ch.net」ドメインの名前解決ができなくなっているという話が出ている(ITmedia5ちゃんねる・newsplus板のスレッド)。

8月5日には相次ぐ銃乱射事件を受けてCloudflareが掲示板8chanへのサービス提供を打ち切るということがあったため、これに関連して5ch.netドメインの名前解決も規制されたのではないか、との推測も出ている。

なお、8月9日時点では名前解決ができなかったようだが、現在では1.1.1.1への問い合わせに対し適切なIPアドレスが返されるようになっているようだ。

13979119 story
クラウド

Broadcom、Symantecのエンタープライズセキュリティ事業を107億ドルで買収へ 13

ストーリー by headless
買収 部門より

BroadcomとSymantecは8日、Symantecのエンタープライズセキュリティ事業をBroadcomが買収することで合意に達したことを発表した(BroadcomのプレスリリースSymantecのプレスリリースThe Registerの記事Neowinの記事)。

BroadcomによるSymantec買収の動きは7月初めに報じられたが、7月半ばには買収条件が折り合わずに取りやめになったとも報じられていた。

今回の買収条件には「Symantec」のブランド名使用も含まれ、Broadcomは同社の販路を通じてSymantecのエンタープライズセキュリティ製品を展開していく。一方のSymantecはコンシューマー/スモールビジネス向けセキュリティ製品に注力することで、収益拡大が可能と考えているようだ。

買収総額は現金で107億ドル。米国・EU・日本の規制当局の承認と慣習的な取引完了条件を前提とし、Broadcomの2020会計年度第1四半期中(2019年末まで)に完了する見込みだという。取引完了後、Symantecは同社の株主に1株当たり12ドルの特別配当を実施する計画だ。

13977427 story
アメリカ合衆国

相次ぐ銃乱射事件を受け、Cloudflareが掲示板8chanへのサービス提供を打ち切り 34

ストーリー by hylom
民間による対ヘイト 部門より

Anonymous Coward曰く、

コンテンツ配信サービスを提供する米Cloudflareが8月5日、画像掲示板8chanへのサービス提供を打ち切ることを発表した(CloudflareITmediaCNET JapanSlashdot)。Cloudflareは「理由はシンプルだ。彼らは自身が無法であることを証明しており、その無法により何度も悲劇が起きている」と声明を出しており、8chanが銃乱射事件に影響を与えたことからのサービス提供打ち切りのようだ。

8chanは2013年にフレデリック・ブレナン氏が立ち上げ、現在はジム・ワトキンス氏(現5ちゃんねるの管理人)が運営している掲示板サイト。同サイトでは、8月3日にテキサス州で発生した銃乱射事件の容疑者とみられる人物が憎悪に満ちた「マニフェスト」が投稿されており、3月にニュージーランドで起きた起きた乱射事件でも同様のことがあったとされる。

この影響で同サイトはアクセス不能の状態となっており、運営はTwitterで「解決策を探している間、今後24〜48時間はサイトがダウンする可能性がある」と告知している

13962826 story
クラウド

各国政府機関が愛用するスマートフォン用スパイウェア、クラウドのデータも取得可能に 11

ストーリー by headless
愛用 部門より
Financial Timesの記事によると、イスラエルのスパイウェア企業NSO Groupが同社のスマートフォン用スパイウェア「Pegasus」で端末内だけでなくクラウド上のデータも取得可能になったと顧客に説明しているそうだ(9to5Macの記事Softpediaの記事Mac Rumorsの記事)。

PegasusはNSO Groupのフラッグシップ製品で、ターゲットのスマートフォンからデータを収集するため、各国政府や諜報機関が何年にもわたって愛用しているという。5月にWhatsAppの脆弱性が公表された際、NSO Groupがスパイウェアをインストールするコードを作成したとFinancial Timesが報じていたが、そのスパイウェアがPegasusだった。

クラウド上のデータにアクセスする仕組みとしては、ターゲットのスマートフォンにインストールされたPegasusがiCloudやGoogle Driveなどの認証キーをコピーしてPegasusのサーバーへ送信する。これを使用することで、サーバー側では二要素認証の要求や警告メールの送信が行われることなく、クラウド上のデータを収集できるとのこと。

これについてAmazonやGoogleはユーザーのアカウントが不正にアクセスされた形跡はないと述べており、Microsoftは同社のテクノロジーが最良の保護を提供できるよう常に進化しているとし、デバイスを健康な(最新の)状態に保つようユーザーに促したという。一方、Appleは同社のOSは世界で最も安全なコンピューティングプラットフォームだと述べ、ターゲットを絞った攻撃を行なう高価なツールが存在するかもしれないが、幅広い消費者を対象とした攻撃には向いていないとFinancial Timesに回答したとのことだ。
13962414 story
クラウド

英国で大量に発生した羽アリを気象レーダーが雨と誤検知 14

ストーリー by headless
蟻雨 部門より
英国・イングランド南部で17日、大量に発生した羽アリを気象レーダーが雨として検出し、降っていない雨が天気図に表示されたそうだ(BBC Newsの記事Sky Newsの記事Express.co.ukの記事The Sunの記事)。

羽アリは新たな巣を作って女王アリとなるメスのアリと、つがいになるオスのアリ。一斉に羽化するため初夏から秋にかけて時折大量発生し、窓を開けていると大量に侵入してくることもある。英国での調査によると90%は日本のトビイロケアリ(Lasius japonicus)と近縁のLasius nigerであり、6月~9月には96%の日に英国のどこかを飛んでいるという。今回は地面と雲底の間を大量の羽アリが飛んでいたため、気象レーダーからは雨が降っているように認識されたとみられている。
13958399 story
ネットワーク

Cloudflare、全世界で発生した障害の経緯を解説 43

ストーリー by headless
解説 部門より
Cloudflareが2日におよそ30分間にわたって発生した障害について解説している(Cloudflareのブログ記事The Registerの記事)。

Cloudflareでは復旧直後のブログ記事でWeb Application Firewall(WAF)の新ルールにCPUを100%使用する正規表現が含まれていたことと、ルールが段階的ではなく短時間に全世界に展開されたことを原因としていたが、世界規模の障害につながった理由はそれだけではないという。問題の正規表現には  .*(?:.*=.*)  という部分があり、これが多数のバックトラックを生む原因となったのだが、テストには極度なCPU使用を確認する項目がなかったそうだ。

また、極度なCPU使用を防止する保護機能が数週間前に誤って削除されていたこと、Cloudflareの他のソフトウェアと異なり迅速性が重視されるWAFルールは全世界に一括展開されるようになっていたこと、サービスがダウンして内部のコントロールパネルで認証が行えない状態だったことも原因として挙げられている。新ルールは当初、ユーザーのトラフィックをブロックせずにパススルーする「シミュレート」モードで展開されていたものの、処理自体は実際に行われるためCPU使用率の上昇につながったとのこと。

今回の問題を受けてCloudflareでは極度なCPU使用に対する保護機能を復元し、すべてのWAFルールを人力でチェックして極度なバックトラックが発生する可能性を排除したという。また、ルールを段階的に展開するようSOP(Standard Operating Procedure)を変更中であり、ルールのパフォーマンスを確認する項目をテストに追加することや、正規表現エンジンの切り替えも予定しているとのことだ。
13945494 story
インターネット

中国、世界の通信会社10社以上にサイバー攻撃。富士通やNTTデータも被害 42

ストーリー by hylom
両社のコメントは無し 部門より

Anonymous Coward曰く、

世界各国のIT企業や政府に対しサイバー攻撃を行っていた中国政府の支援を受けたサイバー犯罪集団「APT10」が、富士通やNTTデータに対しても攻撃を行っていたとロイターが報じている英語版Reutersの詳細記事ウォール・ストリート・ジャーナルCNET Japan)。

APT10に対しては昨年末に外務省などが警戒を呼びかけていたが(日経xTECHZDNet Japan)、FIREEYEによると米国、ヨーロッパ、日本の建設/エンジニアリング、航空宇宙、通信業界の企業と官公庁が攻撃対象と見られている。

ロイターによると、昨年12月時点で米ヒューレット・パッカード・エンタープライズが攻撃に遭っていたことが判明。その後、今回、富士通やNTTデータ、印タタ・コンサルタンシー・サービシズ、南アのディメンションデータ、米コンピュータ・サイエンス・コーポレーション、DXCテクノロジーにも不正侵入が行われたという。

13939838 story
宇宙

火星独特の不思議な雲、スペースデプリの大気突入が原因か? 5

ストーリー by hylom
石の雨 部門より

taraiok曰く、

火星には他の惑星には見られない独特の雲がかかっていることが知られている。しかし、天文学者たちは、この雲の発生原因をうまく説明できなかった。この「meteoric smoke(気象煙雲)」と呼ばれる雲は、風によって地表の粉塵が舞い散る低高度の雲と異なり、同様に化炭素粒子の周囲に核を形成する高高度の雲とも異なるものとされる(GEEK.COMVICESlashdot)。

6月17日にNature Geoscience誌に掲載された研究によると、meteoric smokeの発生原因は、火星の大気に衝突するスペースデブリによって生成されたものではないかとしている。研究チームはNASAの探査機などの情報から、火星では1日平均で2〜3トンのスペースデブリが衝突していることが分かったという。

デプリは火星に突入する際に大気中でバラバラになる。その過程で、大量の粉塵を空気中に拡散していく。チームはコンピューターシミュレーションを使用し、この火星の大気の流れと乱流の再現に成功したという。彼らはこれらの奇妙な雲は、火星の気候に影響を与える可能性があるとしている。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...