パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13678868 story
サイエンス

「トリチウムは容易に有機結合し食物連鎖で高度に生物濃縮される」というデマ 33

ストーリー by hylom
またか 部門より
masakun曰く、

トリチウムは容易に有機結合し食物連鎖で高度に生物濃縮されるというデマがあるそうだ(Togetterまとめ)。

ネタ元は8月3日に原子力資料情報室CNICに掲載された記事「ブリーフィングペーパー 「トリチウム水と提案されている福島事故サイトからのトリチウム水海洋放出について」で、長年海洋の放射性物質を調査しているTim Deere-Jones氏から寄せられた情報(英語PDF)だという。その和訳要旨によると、「最近の研究では、有機結合型トリチウムは魚類・鳥類・哺乳類が水産物を摂取することで容易に吸収されること、非常に高い生物濃縮率で有機結合型トリチウムの生体内濃度を高めることが、決定的に示されている。同程度に重要なこととして、遅まきではあるが、有機物負荷の高い沿岸水域は、トリチウム水の放出により、有機結合型トリチウムの製造に極めて適していることがわかった」(原文ママ)とある。

しかしながら英語原文の参照資料を調べてくれた方によると、沿岸の海洋生物から高濃度の有機結合型トリチウム(OBT)が検出されている実例はあるが、「研究用の「有機結合型トリチウムの試薬」を製造している事業所からの排水」からのもの(生物学や薬学では体内の化合物の分布を調べるためにトリチウムH-3が広く使われているそうだ)。またトリチウム水(FWT)が水系中のタンパク質性物質に「吸着」されやすそうだという報告については、タンパク質性物質に吸着されたFWTが生態系の中でOBTに変換されるかどうかは示されていないとしている。また福島沖で捕獲されたヒラメからFWTは検出されるものの、OBTはNDであること(魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>)も指摘されている。よってトリチウム水FWTが有機結合型トリチウムOBTとして食物連鎖で生物濃縮するという根拠はないことを専門的に示していて、このTogetterまとめは非常に興味深い。

なお経産省のトリチウム水小委員会の資料(2016/6/3)内の参考資料4(2014年2月7日)「トリチウムの水産物への影響評価について」で、水産総合研究センターの森田貴己氏が「直接、有機結合型H-3を取り込んだ場合は、見かけの濃縮係数が非常に高くなる場合」の例として、Tim Deere-Jones氏が示しているのと同じ資料を挙げていたりするw

13677306 story
Facebook

Facebook、地震の発生したロンボク島の無事を祈る投稿をお祝いと誤認識、紙吹雪と風船のアニメーションを表示 47

ストーリー by headless
誤認 部門より
インドネシア東部ロンボク島で5日に発生した地震に関するメッセージをインドネシア語/マレー語でFacebookに投稿したユーザーの中には、紙吹雪や風船のアニメーションが表示されて驚いた人も多いそうだ(Motherboardの記事Mashableの記事The Next Webの記事)。

Facebookにはメッセージ内にお祝いの言葉を各国語で検出すると、紙吹雪と風船のアニメーションを自動で表示する機能がある。ところが、インドネシア語/マレー語の「selamat」という単語はお祝いの言葉として使われるだけでなく、無事を祈る言葉としても使われるという。今回は現地の人の無事を祈って「selamat」と書いたところ、お祝いと誤認識されてしまったようだ。Facebookではお祝いのアニメーションが災害時に表示されたことに遺憾の意を示し、この機能を地域指定で無効にしたとのことだ。
13628091 story
地震

ワールドカップ観戦中の観客ジャンプで地震発生? 25

ストーリー by hylom
そんなに遠くまでの揺れは起こせなかった模様 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

現在ロシアでサッカーワールドカップが開催されているが、そのドイツ−メキシコ戦でメキシコが得点した直後、メキシコ市で地震が観測されたという話が出ている。ゴールで歓喜したファンが一斉にジャンプしたことが原因ではないかと見られているようだ(日刊スポーツ産経新聞ABC EYEWITNESS NEWSSlashdot)。

市中心部のスタジアムでは数万人のファンが試合をTV観戦していたそうで、彼・彼女らの一斉のジャンプが大きな衝撃を生み出し、それが観測されたのではないかという。

一方で、この振動はスタジアム近隣のみで観測されており、地震と言えるようなものではないとの話も専門家からは出ているようだ(LiveScience)。地球惑星科学の専門家である米ノースウェスタン大学のSuzan van der Lee教授によると、この振動が記録されたのはアマチュアが設置した簡易的な地震計であり、メキシコ国立自治大学が設置した地震計のデータにはそれらしきものはなかったという。また、メキシコ市から225km離れたGuerreroという都市に設置された地震計は地震活動を観測していたが、これは試合中に偶然にも別の場所で起きていた地震を観測したものだったという。

13626001 story
地震

スラドに聞け:あなたのアレゲ的減災・防災対策は? 66

ストーリー by hylom
貯金 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

6月18日朝8時ごろ、大阪で震度6弱の地震があった。幸いにして大きな被害は今のところ観測されていないようだけれど、これを機会に今、スラドの諸氏に聞きたい。あなたがやっている(アレゲな)減災・防災対策は何かあるだろうか?

日本は年中地震が多い国だが、忘れてはいけないのは風水害。これから風水害が最も発生するシーズンでもある。日本で最も頻繁に発生している大規模災害は風水害だ。

サーバーは家の中のできるだけ高い場所に置いて、転倒防止対策、と言う基本的なケースから、近頃では「Cloud」をわざわざ口にするまでもなく当たり前、多少コスパが悪くてもサーバーラックなんて置かない事が災害対策だというケースもあるだろう。この他に、実家との間でVPNをつなぎ遠隔地バックアップを取っている猛者や、果ては気象観測装置を設置していて異変をいち早く検知、すべて担いで逃げる、とか、耐震・免震装置があるタワマンにお住まいで、愚民共が足掻く姿をワイン片手にのんびりと見る事のできる2週間分の物資の準備こそがそれだ、と言うブルジョアもいるかもしれない。

地味なケースでは、電源が断たれてもPCが使える程度の電気を稼げる太陽光発電を屋根上に乗せている、とか、多少重たくとも、常に大容量のモバイルバッテリーと充電器を持って歩いている、いざという時のためにLTEを自宅回線にできるルータを使っている人もいるかも知れない。

IT関係以外では、コレクションケースに免震装置を組み込んでいて、自分は死んでもコレクションは守ると言う人もいるだろう。さらには自分が死んだときにデータを消す自爆装置というのも度々話題になる。

いくらやっても実際災害の結果論でしか語れないのが防災・減災対策ですが、これを機械に是非、アレゲなみなさんの防災・減災対策を語って欲しい。

13624974 story
地震

大阪府北部でM5.9の地震が発生、震度6弱が観測される 198

ストーリー by hylom
二次災害や余震にご注意を 部門より

6月18日7時58分ごろ、大阪府北部の枚方市・高槻市・茨木市・箕面市付近を震源とするマグニチュード5.9の地震が発生、震源付近では震度6弱が観測された(気象庁読売新聞朝日新聞産経新聞)。

この地震の影響で高槻市・寿栄小学校のプール付近のブロック塀が倒壊、下敷きになった9最児童が死亡したほか、大阪市でも民家の外壁が倒れて80代男性が下敷きになり死亡。そのほか茨木市でも倒れた本棚の下敷きになった84歳男性の死亡が確認されている。そのほか地震の影響で火災や屋内設備の落下、水道管の破裂といった事故も複数発生している。

今回の地震は、大阪府や奈良県、兵庫県に渡って延びる「有馬-高槻断層帯」「上町断層帯」「生駒断層帯」の境目付近で発生したとみられており、今後余震が続く可能性もあるようだ(ハフィントンポスト)。

13603878 story
地震

民間企業による「AI地震予測」、公表される 65

ストーリー by hylom
地震は予知できるのか 部門より

地震予測を行っている民間企業・地震科学探査機構(JESEA)では、人工知能を用いたという地震予測を行っているという(NEWSポストセブン)。

同社は全国の電子基準点データや電子観測点データなどを解析して地震予測情報を提供するサービス「MEGA地震予測」を行っている。基準点・観測点の微小な変化から地表の動きを分析し、そこから地震の前兆を捉えて地震の発生を予測するそうだ。

同社取締役会長の村井俊治氏(東大名誉教授)の研究によると、2000年から2007年にかけて発生したマグニチュード6以上の地震に対し、すべて前兆現象が見られたという。しかし、前兆現象の発生は地震発生の数日から数ヶ月前という範囲であり、前兆現象が確認されてから何日後に地震が発生するかはまだ予測できないようだ。

NEWSポストセブンの記事では、地震の発生可能性が高いというエリアについての情報も掲載されている。

13580002 story
地震

震災による地盤沈下と隆起が影響した施工ミスで防潮堤の高さが計画よりも22cm高くなる 75

ストーリー by hylom
大地の力 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

宮城県気仙沼市魚町で建設中の防潮堤が、施工ミスで22センチ高くなってしまったそうだ(日経コンストラクション河北新報毎日新聞)。

原因は、東日本大震災による地盤沈下と、それが時間経過によって再び隆起した結果を反映せずに施工してしまったことにあるとのこと。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、地震直後、大規模な地盤沈下が観測されれていた。気仙沼市でも、0.7m弱の地盤沈下が起きていたが、そこから再び隆起したことから、2017年2月の次点で再び基準高さを0.28m高くする改訂が行われていた。

年平均5ミリも高くなっていたという計算になり、この値を長期的な地殻変動データで確認するとプレート境界にある山岳部並に大きい高い値となっており、改めて東北地方太平洋沖地震の凄まじさを感じる。今回のニュースはそれが直接実害として現れたと言うことのようだ。

また、この場所は、元々さらに巨大な防潮堤が計画されたものの住民の反対運動が起きていた場所の一つだった、というのが問題を複雑化させている模様。国土地理院の発表を受けて設計が変更されていたのに現場で反映されていなかった、と言う話もある。今後は、住宅の方を同じだけかさ上げするか、防潮堤を直すか、そのままかの三つの選択肢が示されているそうだ。

13564050 story
地震

静岡市が「津波浸水想定区域」の看板を撤去、不安や風評被害に繋がるとして 118

ストーリー by hylom
不安軽減のために住民の皆様は想定区域内に住んでみては 部門より

静岡県静岡市が海岸付近に設置した「津波浸水想定区域」の標識の一部を撤去したことが報じられている。「人口減少などの風評被害につながる恐れが強い」という要望を受けた結果だという(静岡新聞)。

これに対し、適切でない対応との声も出ている。

13496069 story
地震

震度3の地震で緊急地震速報、原因はほぼ同時に2つの地震が発生したため 87

ストーリー by hylom
身構えたけど何もなかった 部門より

1月5日11時ごろ、茨城県と石川県で震度3程度の地震が発生した。これに伴って緊急地震速報が発表されたのだが、緊急地震速報は本来大地震の際にのみ発表されるものであるため、なぜ今回の地震で緊急地震速報が発表されたのか、気象庁が調査が行っている(NHK)。

緊急地震速報は「地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大震度が5弱以上と予想された場合に発表する」とされている。気象庁の発表(PDF)によると、茨城県沖を震源とする地震と富山県西部を震源とする地震がほぼ同時刻に発生したため、富山県西部で観測された地震の震源が茨城県沖と誤判定され、マグニチュードが過大に推測されてしまったという。その結果茨城県南部で震度5強の地震が発生したと誤検出され、緊急地震速報が発せられたようだ。

13483813 story
地球

政府地震調査研究推進本部、千島海溝沿いで30年以内に超巨大地震が発生する確率は7~40%と推測 33

ストーリー by hylom
もうすこし分かりやすく説明して欲しい 部門より

政府・地震調査研究推進本部が19日、日本の複数の断層に対する長期評価を発表した(千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)四国地域の活断層の長期評価(第一版)日出生断層帯の長期評価(第一版)万年山-崩平山断層帯の長期評価(第一版))。

四国地域については、M6.8以上の地震が30年以内に発生する確率は9~15%、日出生断層帯については今後30年以内の地震発生確率はほぼ0%、万年山-崩平山断層帯については今後30年以内の地震発生確率は約0.003%以下と低い。いっぽう北海道北東から南東にかけての千島海溝沿いについては、マグニチュード7程度の地震はどの領域でも高い頻度で発生しているとした上で、マグニチュード8.8程度以上の超巨大地震が今後30年以内に7~40%の確率で発生すると推測している(時事通信朝日新聞産経新聞)。

13463384 story
地球

地球の自転速度低下により来年は大地震が頻発する? 68

ストーリー by hylom
どちらが先か 部門より

現在地球の自転速度が僅かに遅くなっており、そのために大地震が頻発するという説があるそうだ(GIGAZINEGuardianForbesSlashdot)。

地球の自転速度は月との間の重力の相互作用によって僅かに変化するという。また、巨大地震も地球の自転速度に僅かに影響を与えるそうだ。とはいえ、変化する量はごく僅かで、1日の長さが数ミリ秒ほど変化するという程度のレベルである。いっぽうで、地球の自転速度と大地震の発生に関連性があると主張する人達もいるようだ。

コロラド大学のRoger Bilham氏とモンタナ大学のRebecca Bendick氏が発表した論文によると、地球の自転速度と地震活動には相関関係があり、ここから来年には強い地震が発生する数が増えると予測されるという。

具体的には、自転速度が減少した直後に大地震が頻発するという。2017年は地球の自転速度が減少し始めてから4年目だそうで、この予測が正しいとすると来年には大地震が頻発する可能性があるという。ただ、なぜ自転速度と地震活動に相関が見られたかは分からないようだ。

13424827 story
地震

熊本地震論文の地震計データに改ざんの疑い 24

ストーリー by hylom
どうしたんだ 部門より
masakun曰く、

去年4月に起きた熊本地震の論文「Preliminary Analysis of Strong Ground Motions in the Heavily Damaged Zone in Mashiki Town, Kumamoto, Japan, during the Mainshock of the 2016 Kumamoto Earthquake (Mw 7.0) Observed by a Dense Seismic Array」に掲載されたデータに改ざんの疑いがあることが分かり、共著者が論文を取り下げると発表するなど騒ぎになっている(MBS毎日放送)。

論文では益城町に臨時で設置された地震計3か所の記録が掲載されているが、このデータが改ざんされて使われた可能性があるようだ。

論文の共著者である京都大学防災研究所の後藤准教授による「益城町本震記録に関するお詫びによると、益城町にて観測されたとするデータに関する資料(PDF)が匿名で提供されたという。この資料では、論文に掲載されているデータと防災科研が設置した「KiK-net(基盤強震観測網)益城(KMMH16)」のデータを相関分析したところ、ほぼ一致したということが示されている。後藤准教授は「提供された資料に記載の事実に誤りがないこと、すなわちデータに重要な問題があることを確認いたしました」としている。

別の共著者である産総研の吉見研究員も「早い段階で、初期微動部分について、高周波数成分が少ないように感じていた等、根本的検討をする時間は十分にあったにも関わらず、疑問点を検証しないままとしてしまった」と陳謝、問題のデータの公開を中止した(「2016年熊本地震の益城町臨時観測点における本震記録について」)。主筆者である大阪大学の秦吉弥准教授については大学が事情を聴いているという。

この問題については一時土木学会地震工学委員会のWebサイトにも情報が掲載されていたが、その後内容が修正されている(土木学会地震工学委員会「熊本地震本震の臨時観測公開データの問題について」修正前記事のWebArchive)。京都大学の澤田純男教授によると、「公開データがその時点でも進行形で研究等に使われていることを鑑み、一刻も早く皆様にお知らせすることが重要であると考え、土木学会の了承を得ることなく、澤田だけの判断で地震工学委員会のホームページに掲載した(京都大学防災研究所地震災害研究部門Webサイトに掲載された澤田教授による報告)とのこと。

実際、このデータをもとに益城町でこれまででは考えられないような強い揺れが生じていたとして、揺れを増幅させる「表層地盤」のメカニズムが広く報じられていた(たとえばNHKによる「熊本地震が浮き彫りにした「表層地盤」というリスク | NスペPlus」など。すでに記事は削除済み)

13420901 story
地震

東日本大震災の津波の漂流物に乗り、日本の沿岸性海洋生物300種近くが生きたまま米国に漂着 69

ストーリー by headless
故郷の岸を離れて 部門より
東日本大震災から6年経った現在も、津波による漂流物が生きた沿岸性海洋生物を乗せ、太平洋を渡って北米やハワイに漂着し続けているそうだ(ウィリアムズ大学のニュース記事The Washington Postの記事The Vergeの記事論文アブストラクト)。

米ウィリアムズ大学の海洋生物学者を中心とした研究チームでは、ハワイとアラスカ、米西海岸のボランティアでネットワークを作り、2012年以降に漂着した600個の漂着物を調査。その結果、日本の沿岸性海洋生物16門289種が生きた状態で確認されたという。

2012年に米国・オレゴン州の海岸へ漂着した浮桟橋では日本沿岸の海洋生物が生きたまま確認されているが、これまで沿岸性海洋生物は外洋で2年以上生存できないと考えられていた。しかし、津波の漂流物にはプラスチックなど生分解されない素材のものも多く、沿岸性海洋生物の長期生存が可能になっているようだ。

世界200か国近くで毎年1,000万トン以上のプラスチックごみが海に流されており、津波に限らず台風やハリケーンなどで外洋に出ることもある。現在のところ米国に流れ着いた日本の沿岸性海洋生物が在来種を脅かしているという証拠はないが、問題ないとするのは早計だと研究者は述べているとのことだ。
13411826 story
地震

首都移転の適地「吉備高原」 105

ストーリー by hylom
「吉備団子」という隠語が生まれそうではある 部門より
northern 曰く、

16日から松山市で開かれる日本地質学会で、『首都移転するなら岡山県の「吉備高原」が相応しい』というテーマの議論が行われるそうだ(朝日新聞)。

吉備高原は標高300~700メートルの平坦な山々からなり、地下構造がほかの地域に比べて固く安定している可能性が判明したとのこと。うっかりすると高レベル放射性廃棄物の有力処分地に挙げられてしまいそうだ。

13402192 story
地震

相模トラフのプレート境界で発生する大地震の発生間隔は500~2800年 20

ストーリー by hylom
幅が広すぎて 部門より

江戸時代(1703年)に発生した大地震「元禄地震」や1923年に発生した「関東大震災」は、ともに相模トラフのプレート境界で発生した地震と考えられている。このプレート境界ではこの2つ以外にも過去にたびたび大地震が発生したと推測されているが、千葉県南房総市の地層や地形を調査し過去の地震の痕跡を調べたところ、このような巨大地震は最短でおよそ500年間隔で発生していた可能性があることが分かったという。

なお、産総研が5月に発表した「元禄型関東地震の再来間隔、最短2000年ではなく500年」という研究成果報告によると、このような地震は過去約6300年の間少なくとも5回、500~2800年の間隔で起こっていたという。なお、従来の想定はおよそ2300年間隔だったという。

typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...