パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13168053 story
携帯電話

米国での入出国時に携帯電話内の情報を抜き出される可能性、携帯電話は家に置いていけ 61

ストーリー by hylom
米国の中国化 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国に入出国する場合、携帯電話は持って行かない方が良いという。携帯電話から各種情報が抜き出され、最悪の場合テロリスト関係者として逮捕される可能性があるからだそうだ(freeCodeCampSlashdot)。

1月30日、NASAジェット推進研究所の研究者であるSidd Bikkannavar氏は、空港で税関と国境警備隊に捕まり拘束されたそうだ(THE VERGE)。彼らは携帯電話とパスワードを要求、氏は電話機がNASAのもので機密情報が含まれていると説明したが納得せず、ロックされた携帯電話を持ち去ったという。この携帯電話は30分後に返却されたのだが、この間に携帯電話内の情報がすべて抜き取られてチェックされていた可能性があるという。

現在、Elcomsoftなどの企業が携帯電話内の写真や連絡先、電子メール、ソーシャルメディアアカウントのパスワードなどを数分で抜き出せるソフトウェアを提供している。顧客には様々な国、軍隊、民間治安部隊や警察などがおり、彼らはツールを駆使して、知るべきことをすべてアーカイブすることができる。必要なのはロックされた携帯電話本体だけだ。

もしFacebookやLinkedInの友人リストに重大犯罪者が含まれていれば、最悪の場合テロリスト関係者として逮捕されることすらあり得るという。電子フロンティア財団は「米国の国境は厳密には米国ではない」ため、米国内の法律が適用されないとして米国人に警告を出している(EFF)。

13166631 story
プライバシ

「恥ずかしいデジタル遺品」を隠しきるには 61

ストーリー by hylom
遺族の尊厳を守れ 部門より

死後に見られたくないファイルなどの「デジタル遺品」をどう管理すべきか、というテーマでイベントが開催されたそうだ(ASCII.jp)。

葬儀屋での勤務経験があるというライターの古田雄介氏によると、「遺族にとって必要なデータ」は分かりやすいようにメモなどで残しておき、その上で隠したいデータは別のアカウントに分けたり、暗号化ストレージや別の端末に保存するのが良いという。また、「お金絡みの隠しは諦める」とのアドバイスもある。

なお、イベントに参加した別のPC系ライターによると、「故人のファイル捜索を遺族に依頼されたり、死者からFacebookの友達申請が来た」といったこともあるそうだ。

13165104 story
Facebook

Facebook、米国とカナダで求人情報機能を提供開始。プロフィール自動入力機能あり 2

ストーリー by hylom
Facebookはアカウントだけ作って放置が一番 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookが、求人関連機能を米国およびカナダで提供開始したそうだ(CNET JapanTechCrunchSlashdot)。

今回提供された新機能はは、企業が発信するFacebookのフィード上に求人情報を投稿したり、企業のFacebookページに「Jobs」というタブを追加してそこに求人情報を掲載できるというもの。Facebookユーザーはこの求人情報に表示されている応募ボタンをクリックするだけで、簡単に求人に応募できるそうだ。また、その際はそのユーザーが登録しているプロフィールを元に自動的に必要事項が応募フォームに入力されるという。人事/採用関連で使われるSNSとしてはLinkedInが有名だが、Facebookはそれと比べて「より簡単に求人を行ったり、それに応募できる」ことを目指しているようだ。

ただ、採用者が利用者のSNSプロフィールを簡単にチェックできるという点には賛否両方の意見がありそうだ。

13162336 story
ゲーム

モノポリーのコマ「指ぬき」退役へ 31

ストーリー by headless
不運 部門より
ボードゲーム「モノポリー」のコマ(token)として当初から同梱されていた「指ぬき(thimble)」の退役が決まったようだ(Monopoly公式アカウントのFacebook投稿Consumeristの記事PBS NewsHourの記事Fortuneの記事)。

発売元のハズブロは8月にモノポリーのアップデートを予定しており、1月にコマの人気投票を実施している。400万票を超える投票の結果は3月19日のWorld MONOPOLY Dayに発表される予定だが、一足早く指ぬきの脱落が発表された。ハズブロによれば、現在のファンにとって幸運の指ぬきは「輝き」を失ったものになっているとのこと。

指ぬきは「レーシングカー」「ブーツ」「シルクハット」「軍艦」とともに、1935年にコマが導入されて以来同梱されているオリジナルのコマの1つだ。1950年代初めに追加された「スコティッシュテリア」と「1輪の手押し車」、2013年に「アイロン」を置き換えた「猫」の8つが現在モノポリーに同梱されている。
13157783 story
携帯電話

企業が最も禁止しているモバイルアプリはゲーム「Angry Birds」 32

ストーリー by hylom
意外に真面目なラインアップ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

MobileIronが14日に発表した報告書によると、ビジネス用モバイルアプリの使用は急増、10以上のビジネス用アプリを使っている企業は全体の80%近くを占めているという。そんな中、企業が使用禁止アプリとしてブラックリスト入りしている上位10位が発表された。2016年第4四半期の上位10アプリは以下の通り(プレスリリースFORTUNESlashdot)。

  • 1位:Angry Birds
  • 2位:Dropbox
  • 3位:Facebook
  • 4位:Whatsapp
  • 5位:Twitter
  • 6位:Skype
  • 7位:OneDrive
  • 8位:Outlook
  • 9位:Netflix
  • 10位:Google Drive

この調査では、2016年10月1日から2016年12月31日までの期間、世界中の7800社に対してアンケートを行った。Android、iOSおよびWindows端末のアプリを対象に調査しているという。

情報流出のリスクがあるものが大半を占めているが、1位のAngry Birdsはゲームであるため、ほかのアプリとはやや毛色が違う。Angry Birdsは年齢や住所、デバイス識別番号などを暗号化無しに送信していることが知られており、世界中の企業で個人情報流出のリスクの高いアプリとして知られているのが理由であるようだ。 。

13152260 story
Windows

NSA、機密情報を扱える商用製品としてWindows 10とSurfaceデバイスを認定 31

ストーリー by headless
認定 部門より
Microsoftは10日、Windows 10およびSurfaceデバイスが米国家安全保障局(NSA)のCommercial Solutions for Classified Program(CSfC)に認定されたことを発表した(Windows For Your Businessの記事CSfC — Components ListSoftpediaの記事Neowinの記事)。

CSfCは米政府機関が機密情報を扱うのに適した安全な商用製品を認定するプログラム。Windows 10はVPNクライアントおよびSurfaceデバイスのOSとしてリストに掲載されている。Surfaceデバイスでは既にWindows 8.1を搭載したSurface Pro 3が認定済みで、今回Windows 10を搭載したSurface Book/Pro 3/Pro 4が追加されている。モバイルデバイスとしてはAppleのiPhone/iPadシリーズやSamsungのGalaxyシリーズ、LGのGシリーズなどがリストに掲載されているが、デスクトップOSを搭載しているのはSurfaceデバイスのみのようだ。
13147626 story
テクノロジー

米IT大手など97社、入国禁止に反対する法廷助言書を提出 84

ストーリー by hylom
米国を馬鹿にする政策 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

シリコンバレーとトランプ政権の対立が深まっている。Apple、Facebook、Google、Microsoft、Netflix、Twitter、Uberなどの米IT大手97社は米国時間2月5日、Donald Trump米大統領の入国禁止令を非難する法廷助言書を提出した。曰く大統領令は差別的で、移民法に違反しており、世界中から人材を集められなくすることで米国企業に損害を与えると主張している(TheWashingtonpostTechCrunchCNETCNNSlashdot)。

現在、入国制限の大統領令は、連邦地裁の決定により一時差し止め中。トランプ政権側は不服を申し立てていて、7日に口頭弁論が行われる予定。審理が行われる第9巡回連邦控訴裁判所は米国の中でも特にリベラル寄りという評判があるため、連邦最高裁に持ち込まれる公算が大きいとのことで、この件は長引きそうな雰囲気であるようだ。

13132592 story
インターネット

中国、許可されていないVPNの取り締まりを強化 45

ストーリー by hylom
赴任者の方々は大変そうだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国政府が「許可されていないインターネット接続」を取り締まる活動を始めたという。この活動は来年3月いっぱいまで続くそうで、対象にはVPNも含まれている(レコードチャイナ)。

中国では検閲のため多くの中国外サイトに接続できない状況であり、そのためFacebookやTwitterなどの海外サービスを利用する場合はVPNを利用するのが一般的だった。出張や一時的な赴任などで中国に在住する日本人にとってもこれらVPNは必須となっていたが、これが取り締まられるとなると色々面倒なことになるのでは……。企業が企業向けにVPNを使うのはセーフなのかな。

13131655 story
テクノロジー

Appleは人工知能研究のために「オープン」になった? 13

ストーリー by hylom
でも隠すところはしっかり隠す 部門より

Appleは製品や採用する技術などの情報をできるだけ外に漏らさない「秘密主義」を取っていたが、今後この方針が変わるのでは無いかという指摘があるそうだ(WIRED)。

背景には、Appleが人工知能関連の研究に注力している点がある。人工知能関連技術においては、GoogleやMicrosoft、Facebookなどがオープンな形で研究を進めており、これら企業は成果物の公開についても積極的だ。そのため、Appleも自社での人工知能研究についてオープンにならざるを得なという。実際、Appleの秘密主義を敬遠して他社に就職するAI研究者もいるようだ。

13131874 story
ニュース

車上荒らしに遭いノートPCを盗まれたセキュリティ専門家、PCにインストールしておいたリモート操作ツールで犯人をからかう 39

ストーリー by hylom
もう少し泳がせれば良かったのに 部門より
taraiok 曰く、

ノートPCの盗難にあったセキュリティ専門家が、そのPCにインストールしておいた遠隔操作ツールを使って窃盗犯の個人情報を入手することに成功するという出来事があったそうだ(Hot HardwareCalgarySunSlashdot)。

このセキュリティ専門家のStu Gale氏は車上荒らしに遭い、車内に置いておいたノートPCを盗まれたという。しかしその後、ノートPCにインストールしておいた遠隔操作で盗難後にそのノートPCにアクセスできることに気付いたという。さらに、窃盗犯はそのPCでFacebookにログインしたままで部屋を出て行くという失態を犯したそうだ。そのためStu Gale氏は犯人の友人リストや電話番号、写真という個人情報を得ることに成功したという。

Gale氏はリストの一人に連絡し、犯人にノートパソコンを返却する機会を与えると伝えたそうだ。犯人は自分の個人情報がバレて警察に通報される可能性に気が付くと、Facebookのアカウントを削除したという。一方 Gale氏は犯人のスマートフォンに「私は盗まれたコンピュータの中にいる。私は警察に行き、あなたを有名人にするつもりだ」というテキストメッセージを送ったという。

Gale氏は盗まれたPCが戻ってくることについては期待していないようだが、多少はこの事件を楽しめたとコメントしている。

13127749 story
Google

とあるサイトの運営者曰く、GoogleやFacebookの広告から来るトラフィックの9割は役に立たない 69

ストーリー by hylom
インターネットの闇 部門より

キャリア支援サイト「You Exec」の運営者がGoogleやFacebookの広告経由でサイトにたどり着いたユーザーの動向を調べたところ、その大多数がページの内容を読んでいるとは思えないような動きをしていたという(これを明かしているYouExecの記事)。

具体的には「マウスをほとんど動かさない」「スクロールを行うがそのほとんどは一方向のみ」「コンテンツを読んでいるとは思えないスクロール速度」といった感じだったそうだ。さらコンバージョン率(設定した目的を達成する割合)もとても低かったという。

これを受けて同サイトでは、GoogleとFacebookの広告経由で訪問するトラフィックの9割は無意味と述べている。

13125621 story
プライバシ

WhatsAppの脆弱性は意図的な実装? バックドア? 9

ストーリー by hylom
暗号化があるだけマシ? 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Facebook傘下のWhatsAppが提供する人気メッセージングアプリ「WhatsApp」にセキュリティ上の問題があるという指摘が出ている(TechCrunch)。

指摘されているのは、暗号化プロトコル「Signal Protocol」の実装方法に問題があるという点。そのため、暗号化されたメッセージが第三者に傍受された場合に、その内容が漏えいしてしまう可能性があるという。

この問題は昨年4月にFacebookに報告したが、同社は修正を行わない意向を示したという。WhatsApp側はこれをメッセージの紛失を防ぐために意図的に実装したものであると述べているという。また、これについては「政府の意向を受けたバックドアではないか」と主張する声も出ている。

13124562 story
Facebook

Facebookではマーク・ザッカーバーグ氏をブロックできない 18

ストーリー by hylom
Facebookの神 部門より

Facebookには、指定したユーザーに対し自分が投稿したコンテンツを見えないようにする「ブロック」という機能が用意されている。ブロックされたユーザーは、ブロックしたユーザーのコンテンツにアクセスできなくなるのだが、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏をブロックすることはできないそうだ(ギズモード・ジャパン)。

なお、ほかにブロックできないアカウントが存在するかどうかは不明。

13123879 story
法廷

米連邦地裁、フィクションに登場する店名は商標登録していなくても商標保護の対象になると判断 45

ストーリー by headless
Krispy-Kremeを見るたびに思い出す 部門より
米国・テキサス州の連邦地裁は11日、フィクションに登場する店の名前に関し、商標登録をしていなくても商標保護の対象になることを認める略式判決を下した(裁判所文書: PDFConsumeristの記事)。

この裁判は2014年にテキサス州のIJR Capital Investmentsがレストランの名称として「The Krusty Krab」の商標を出願したことに始まる。しかし、この名称がニコロデオンのアニメ「SpongeBob SquarePants(邦題: スポンジ・ボブ)」に登場するレストランの名前と同じだったことから、ニコロデオンの親会社バイアコムがIJRによる商標権侵害を主張、店名の変更やレストランでスポンジ・ボブの商標を一切使用しないこと、商標の出願を取り下げることを要求したが、IJRが拒否したため提訴していた。

アニメのThe Krusty Krab (邦: カニカーニ)は、海の底にある架空の町 Bikini Bottom (邦: ビキニタウン)でカニのMr. Krabs (邦: カーニさん)が経営するハンバーガーレストラン。主人公のスポンジ・ボブはこの店で働いており、1999年から放送されたテレビシリーズでは203エピソード中166エピソードに登場しているほか、映画やWebサイト、モバイルアプリ、グッズでも繰り返し使われている。

IJR側はバイアコムがThe Krusty Krabの商標を登録していない点に加え、架空のレストランに対する商標は認められないと主張していたが、連邦地裁のGray H. Miller判事は商標権が登録により発生するものではなく、使用により発生するものであると指摘。「スーパーマン」の「クリプトナイト」や「デイリー・プラネット」の商標権が認められた判例を引き、架空のレストラン「The Krusty Krab」の商標が有効であると判断している。
13120989 story
犯罪

RazerがCESで発表した3画面搭載ノートPC、ブースから盗まれる 19

ストーリー by hylom
前代未聞? 部門より
headless 曰く、

8日まで米国・ラスベガスで開催されたCES 2017の会場で、Razerのブースから2点のプロトタイプが盗まれたそうだ(Tan氏のFacebook投稿The Next WebSoftpediaの記事Windows Central)。

Razer CEOのMin-Liang Tan氏が8日、Facebookへの投稿で明らかにした。既に被害届などは提出済みで、主催者や捜査当局とともに問題解決にあたっているとのことで、情報提供を求めている。Tan氏は産業スパイによる犯行の可能性も指摘。そうであればチート行為であるとし、フェアプレイをしているRazerはチート行為を受け入れることはできないなどと強く批判している。

その後Tan氏はFacebookへの投稿内容を更新し、盗難にあったのは17インチディスプレイを3台搭載するノートPCProject Valerie」2台であることも明らかにした。事件が発生したのは8日午後4時頃だという。また、犯人の特定・逮捕・有罪判決につながる情報に対し、最高25,000ドルの賞金を提示している。

なお、Razerのプロトタイプが盗まれるのは今回が初めてではなく、2011年には同社の研究開発施設からゲーミングノートPC「Razer Blade」のプロトタイプ2台が盗まれているとのことだ。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...