パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13533267 story
任天堂

Nintendo Switch上でLinuxとデスクトップ環境を動作させるデモ 27

ストーリー by hylom
Linuxをブートさせるまでが大変そうだ 部門より

fail0verflowを名乗るハッカー集団が、Nintendo Switch上でLinuxを実行させるデモを公開した。この動画ではデスクトップ環境を動かし、タッチパネルによる操作でディスプレイの輝度調整やブラウザによるWebブラウジング、文字入力、Twitterへの投稿、グラフィックスデモアプリケーションの実行などをSwitch上で行っている様子が確認できる(GIGAZINEThe VergeSlashdot)。

具体的な手法については明かされていないが、Switchのセキュリティ上の不具合を利用してLinuxを実行させている模様。また、現行のハードウェアではこの不具合は修正されているという。

13533063 story
ゲーム

艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 102

ストーリー by hylom
またTwitterが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

22日10時から11時ごろ、人気ゲーム「艦隊これくしょん」(艦これ)の公式Twitterアカウント(艦これ開発・運営)のアカウントが凍結された(Togetterまとめハフィントンポスト)。

Twitterではアイコンの著作権者を名乗って削除を要求したり、投稿しているコンテンツが違法なものだと主張するなどの手口で不正に通報を行って自動的にアカウントを凍結させる行為が横行している。

Twitterの苦情処理はほぼ自動化されており、攻撃者が同様の通報を繰り返すことで、被害者の行動と関係なく、意図を持って繰り返し不正行為を行ったと認識させられるといわれる。日本の支社は実際の運営業務に触れる権限を持たず、サンフランシスコ本社が直接運営するTwitterでの日本語圏への注力は年々減っているのが実情だ。

艦これ運営によると、凍結されたアカウントで使用されていたアイコン画像について、偽名等の第三者から「自身が描いたものだ」との虚偽通告が行われ、その結果著作権侵害ということでアカウント凍結が行われたという。

また、DMCAによる申し立て情報のデータベースを確認すると、「https://twitter.com/KanColle_STAFF」に対し複数のDMCA Takedown Noticeが行われていることが確認できる。

また、艦これ公式だけでなく、艦これの開発を行っている角川ゲームス角川ゲームス社長のアカウントも凍結されている模様。

13533055 story
ゲーム

タニタがゲームコントローラ開発プロジェクトを立ち上げる 31

ストーリー by hylom
まさかのタニタ 部門より

計量器などを手がけるタニタが、ゲーム周辺機器を開発するプロジェクトを立ち上げた(AUTOMATON)。

このプロジェクトは「TWIN-STICK PROJECTと名付けられており、先日発売されたPlayStation 4/PlatStation Vita向けゲーム「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」」向けのコントローラ(ツインスティック)を開発するようだ。

13532176 story
Windows

ARM版Windows 10の制約とは? 62

ストーリー by hylom
驚きはない 部門より
headless曰く、

MicrosoftがARM版Windows 10の制約を解説するドキュメントを公開した。その後ドキュメントは削除されたが、Internet Archiveにスナップショットが保存されている(NeowinThe VergeRegister)。

リストアップされていた制約は以下のようなものだ。

  • 使用できるドライバーはARM64版のみ
  • x64アプリは動作しない
  • OpenGL 1.1以降またはOpenGLのハードウェアアクセラレーションを使用するアプリは動作しない
  • 「アンチチート」ドライバーに依存するゲームは非サポート
  • ネイティブOSコンポーネントから非ネイティブコンポーネントを呼び出すことはできないため、x86版のIMEやユーザー支援技術、シェル拡張などは動作しない
  • モバイル版Windowsデバイスを想定したARMアプリは正常に動作しない可能性がある
  • Hyper-Vを使用するバーチャルマシンは動作しない

現在、同URLへアクセスすると、「Troubleshooting x86 desktop apps」というドキュメントへリダイレクトされる。内容としては似通っているが、制約をメインにしたものからx86アプリの問題解決をメインにしたものに変更されている。

13532170 story
ゲーム

Atariが仮想通貨を発行へ 20

ストーリー by hylom
仮想通貨ショックでもAtariショックは起こるか 部門より

Atariが「Atari Token」と名付けられた仮想通貨の発行を計画しているそうだ(Engadget JapaneseCNET Japan)。

Atariはさまざまなコンテンツを提供できるという分散型プラットフォームにも興味を示しており、この仮想通貨はこういったプラットフォーム上でのコンテンツの購入や、オンラインカジノなどでの利用が想定されているという。発表後、同社の株価は上昇したそうだ。

13531245 story
日本

カジノ法案、日本人の入場は週3回までに制限する方針 136

ストーリー by hylom
三店方式じゃなくていいんですか? 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を3月にも国会に提出する予定。その中でギャンブル依存症対策として、日本人客がカジノに入場できる回数に制限を設けることになるそうだ(読売新聞産経新聞)。

IR実施法案原案では、日本人や国内に在住する外国人を対象に、カジノの入場回数の上限を「連続する7日間に3回」か「連続する28日間で10回」とする考えだとしている。入場履歴はICチップ付きのマイナンバーカードを使って確認。訪日外国人旅行者には適用しない。スロットマシンやルーレット台などを設置する主要部分の面積は1万5千平方メートルまでに抑え、IR全体の3%以下とする。

自民党の部会では、規制の必要性に賛同する意見がある一方、「採算性からみて面積制限が厳し過ぎる」という批判や、普及率が10%程度のマイナンバーカードを本人確認に使用することへの疑問が出ているとのこと。

13531239 story
ゲーム

PC版「真・三國無双8」、日本語/中国語字幕の表示を不可能にするアップデートを行い批判を浴びる 82

ストーリー by hylom
ゲーム内容の評価も微妙なところらしいですが 部門より

先日発売されたコーエーテクモゲームスの人気シリーズ最新作「真・三國無双8」は、国内向けにはPlayStation 4版のみのリリースとされているが、海外ではXbox OneやPC(Windows)版もリリースされている。海外版はSteam経由で日本などからも購入できるのだが、音声は日本語・英語の両方に対応している一方、UIや字幕は日本語には対応していない。

これだけなら国内ゲームメーカーでよくある不快な話というだけで終わるのだが、実はこのPC版には日本語や中国語の字幕データも含まれており、特定のレジストリの値を書き換えることで日本語や中国語の字幕を表示できたそうだ。ところが、この「不具合」をコーエーテクモゲームスが「修正」したことから、日本や中国のユーザーから多くの批判を浴びる事態になっている(AUTOMATON)。

Steamのカスタマーレビューには多数の日本語および中国語による不評レビューが寄せられており、全体のレビューとしては「圧倒的に不評」となっている。

13531235 story
ゲーム

米ゲーム業界団体、サービス終了したオンラインゲームに対するDMCA迂回禁止条項の免除対象拡大に反対 16

ストーリー by hylom
100年後にどれだけ残っているのだろう 部門より
headless曰く、

サービスの終了したオンラインゲームについて、米デジタルミレニアム著作権法(DMCA)1201条(迂回禁止条項)の免除対象拡大を求める提案に対し、米コンピューターゲーム産業の業界団体、Entertainment Software Association(ESA)が反対意見を提出している(TorrentFreakESAの意見書:PDF)。

米著作権局では3年おきにDMCA迂回禁止条項の免除対象を見直すため、意見募集を行っている。前回2015年の見直しではEFFなどの提案により、正規に入手したゲームのオンライン認証サービスが終了した場合の改造が認められた。個人によるプレイ目的および図書館・アーカイブ・博物館による非営利の保存目的の両方が対象だ。元の提案ではマルチプレイヤーのマッチメイキングサービスが終了した場合の改造も免除対象に含まれていたが、こちらは認められなかった。また、MMORPGなど、コンテンツの多くがサーバーに保存されているオンラインゲームについては提案段階で除外されていた。

Museum of Art and Entertainment(MADE)などによる今回の提案(Class 8)は、保存目的での免除対象をサーバー側からコンテンツが提供されるものも含め、マルチプレイヤーのオンラインゲームに拡大するというものだ。また、外部協力者が保存作業に参加することも盛り込まれている。

これに対しESAでは、認証サービス以外のオンラインサービス終了によりゲームがプレイできなくなるのはDMCA1201条で迂回が禁じられている技術的保護手段(TPM)にあたらない点や、サービスを復元するにはサーバー側のプロプライエタリなソフトウェアやコンテンツを複製する必要がある点、ゲームメーカー側も古いゲームの再提供を進めている点などを挙げ、著作権保護がなければゲームの発展が止まってしまうなどと反対している。

また、提案者の中には古いゲームをプレイしたいという理由を挙げている人もいることから、外部協力者がプレイ目的で保存作業に参加するなど著作権保護が難しくなる可能性、MADE自体が「10ドル払えば1日中ゲームがプレイできる」などと宣伝していることから、営利目的での著作物利用にあたる可能性なども指摘している。

13530402 story
ゲーム

ゲームが文学作品のように評価されない理由は 119

ストーリー by hylom
言われてみると 部門より

SF・文芸評論家の藤田直哉氏が、ビデオゲームが日本SF大賞の選考対象とならないことについて日本SF作家クラブに改善を提案したところ、会員の世代的な問題で「そもそもゲームをプレイできない」という問題があり実現できなかったという(IGN)。

藤田氏はまた、小説と比べてゲームは表現物として劣るものではないにも関わらず、学術研究や評論の対象となっていないとも指摘している。

13527977 story
アメリカ合衆国

ハワイ州、ゲーム内の「有料ガチャ」的コンテンツを賭博として21歳未満の利用禁止にすることを検討 34

ストーリー by hylom
やり過ぎたのか 部門より

米ハワイ州で、ゲーム内の課金要素を規制する法案が州議会に提出されたとのこと(AUTOMATON)。

法案には21歳未満に対しゲーム内課金システムを備えたゲームの販売を禁じることや、ゲームのパッケージなどに「賭博のようなシステムが導入されている」といった旨の表示を義務づけることが含まれているという。

最近ではPCや据え置き型ゲーム機向けのゲームソフトにおいても、有料でランダムにゲーム内アイテムを入手できるシステムを導入するタイトルが増えている。こういったシステムは中が見えない箱からアイテムを取り出す様子から「ルートボックス」などと呼ばれているが、Electronic Artsの「Star Wars バトルフロントⅡ」でこういったシステムの導入が検討されて大きな批判を浴び、広くこの問題が知られるようになった(過去記事)。特に問題とされているのが、低年齢層がこういった要素に多くの金銭を支払う可能性だ。そのため、こういった有料ガチャ的コンテンツは賭博と同様の扱いにして取り締まるべきではないか、という声が出ていた。

13526636 story
ゲーム

MGSVでサーバー内の核兵器が2,147,483,647発を超え核廃絶EDが解放される 36

ストーリー by hylom
地球終了EDも用意しておけば良かったのに 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

コナミのゲーム『メタルギアソリッドVファントムペイン (MGSV)』において、存在自体は知られていたものの達成は困難とみられていた核廃絶エンディング(核廃絶ED)と呼ばれるイベントが2月2日、PC版において突如として解放されるという珍事が発生したようである(AUTOMATONGameSparkFPS News)。

本作における核兵器は、オンライン要素の「FOBミッション」において他のプレイヤーからの報復を抑制する効果があるアイテムなのだが、核廃絶EDは「サーバー上の全プレイヤーが核兵器を廃棄する」という、全プレイヤーの協調が必要な非常に難しいEDとして条件が開示されていた。PC版の核兵器数も2018年1月時点で7533発であり、本来であればEDが解放されることはないはずなのだが、2月2日になり「総核兵器数: 2147483647」の文字とともに全ての核兵器が廃棄されたというEDが流れてしまった(ED動画)。

プログラマーならすぐ気付くであろう意味深な数値は、どうみても桁あふれが原因である事を示唆しているが、ユーザーの協調を信じて入れられた仕組みがユーザーのクラッキングにより突破されてしまったのだとしたら、何とも皮肉な結果である。

メタルギア公式Twitterアカウントは今回の問題の原因として「サーバー側が不正な値を受信したことにより、全ユーザーの核保有数が0であると認識し、発生した」と発表している(AUTOMATONの続報)。

13522490 story
ゲーム

ゲームのハイスコア記録にまつわる不正問題が続く 40

ストーリー by hylom
今後は第三者の検証が必要なのかも 部門より

Atari 2600のゲーム「Dragster」で36年前に達成されたハイスコアに対し、今になって不正疑惑が持ち上がり記録が取り消しになる事態となった。このハイスコアは「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」というギネス記録にもなっており、こちらも取り消される可能性があるという(AUTOMATON)。

このハイスコアに対しては再現できないのではないかという疑いがあり、とあるプレイヤーがこのゲームの理論的なハイスコアを検証するプログラムを作成したそうだ。その結果、記録されているハイスコアは再現できないという結論になったという。当時の記録はポラロイド写真でしか残されていないため、「当時の状況を確認できるものがない」という理由で取り消しになったようだ。

また、アーケード版「ドンキーコング」のハイスコアでも不正が取り沙汰されている(AUTOMATONの別記事)。こちらは、実機ではなくエミュレータを使っていたのではないかというもの。第三者の検証によると、この記録はアーケードゲームエミュレータであるMAMEを使って達成されたものであり、また公衆の場で同等のスコアを出したことがないことなどからこちらも記録が取り消しとなったという。

13519696 story
ゲーム

AIを使ってゲームプレイを分析し、不公平になるよう調整して有料アイテムを購入させるという手法が話題に 79

ストーリー by hylom
今の高収益なマホゲームってだいたいこんな感じでは 部門より

AI(人工知能)を用いてゲームの内容をプレイヤーごとに変化させることで、ゲーム開発社や運営者が得る収益の増加を図るという手法が昨今注目されている。モバイル広告関連ビジネスを手がけるTapjoyによると、AIを使ってプレイヤーのプレイ状況を分析して動的に難易度を調整したり、有料アイテムをレコメンドするといったことはすでに行われている、もしくは近い将来に導入されるという。

一方でこういった技術はプレイヤーに対し不公平な形で使われる可能性もある。先月には、プレイヤーに対しストレスを与えるとともに、それを解決するための有料アイテムを提示する、といった手法などを説明する資料がネットにリークされ、批判を受けている(TechPowerUpNeoGAFGIGAZINE)。

プレイヤーのゲームプレイ傾向を分析し、それに応じて難易度を変えるといった手法は昔からあり、また昨今ではゲーム内で有料アイテムの購入を促すような表示が行われることも珍しくないが、この資料ではプレイヤーが追加で支払いを行いたくなるように不公平に難易度を調整するという点や、プレイヤーの社会経済的状況をプロファイリングし、それに応じて収益を最大化させるようにする、といったものが検討されている。さらに、PCやモバイル端末の放射する電磁波からプレイヤーの部屋を推測してそのデータを収益増加のために活用するといったものまで考えられているようだ。

13519173 story
ゲーム

フランスのUNICEF、仮想通貨採掘でシリアの子供たちへの支援資金を調達するキャンペーン「Game Chaingers」を開始 59

ストーリー by headless
採掘 部門より
UNICEF Franceは2日、仮想通貨でシリアの子供たちへの支援資金を調達するキャンペーン「Game Chaingers」を開始し、仮想通貨の採掘参加者を募っている(特設サイトUNICEF FranceのツイートThe Next Webの記事キャンペーン動画)。

Game Chaingersは参加者が仮想通貨採掘ソフトウェアClaymoreを実行して仮想通貨Ethereumを採掘し、UNICEFのEthereumワレットに送金するという仕組みだ。ハイスペックなグラフィックカードを使用しているeスポーツコミュニティを主なターゲットにしており、特設サイトでは採掘ランキングなども表示される。

キャンペーンは3月31日まで。採掘参加者200名を目標としており、既に60%以上を達成している。既にEthereumを保有している場合は直接寄付することもできるほか、仮想通貨を使用しない寄付も受け付けている。
13517980 story
ゲーム

「ねこあつめ」の開発社が手がけるアプリ「旅かえる」、中国で大ヒット 23

ストーリー by hylom
ねこあつめと同じような理由でのヒットのようだ 部門より
hinatan曰く、

人気アプリ「ねこあつめ」を手がけるヒットポイントによるスマートフォンアプリ「旅かえる」が、中国で大ヒットしているそうだ(BBC)。

App Storeでは1,000万以上のダウンロードがあるが、国別に見れば日本が2%、アメリカが1%。いっぽうで中国は95%を占めている。中国語にローカライゼーションもされてないのに、どうしてこんなにヒットしたのだろうか。

新浪科技の記事によると「女の子の母性愛を刺激したら」と多くの人が考えているという(オジサンもやってるのに)。記事はこの「母性愛」「仏系(カエルが無欲な様だから)」という説を差し置き、「このゲームは'ニワトリの肋骨(役には立たないが捨てるには惜しい部分)'を含んでいるから」と、ヒットの理由を分析している。

ゲームは日本語が読めなくても進められるほど簡単で、出来る事が少なく、またクローバーを摘んだり餌をあげたりという作業は非常につまらないとしている。しかし、これがヒットした要因なのだと言う。

多くの時間を費やして真面目に遊ぶ必要がなく、毎日2、3分で遊べて暇な時に見るだけで、時折ちょっとした新鮮な喜びが得られるのだ。

「この感覚は、ポケットの中の1個のアメのようなものだ。食べたくない時はそこにあればいいし、場所を取らない。思い出した時に食べられて、そして甘みを味わえる」

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...