パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13681187 story
ゲーム

人気ゲーム「艦これ」、脱Flashのためお盆にメンテ 2

ストーリー by hylom
お疲れ様です 部門より

人気のブラウザゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」はFlashベースで実装されているが、これをHTML5化する改修が行われるとのこと。そのためのメンテナンスが8月15日から17日にかけて行われる(4gamerITmedia)。

Flashの開発提供元であるAdobe SystemsはFlash Playerを2020年末までに終了するとしており、Flashを利用するコンテンツについては移行を余儀なくされている。艦これもこれに漏れず、HTML5への移行となるようだ。

今回の改修は「艦これ」史上最大のメンテナンスおよびアップデートとなるそうだが、毎日プレイしているプレイヤーからは「夏休みができる」という声もあるようだ。

13679954 story
ゲーム

ポケモンGO、年内にPvPを実装予定? 17

ストーリー by hylom
やっている人は楽しそうだ 部門より

リリース直後には大きな話題となり、さまざまな社会現象を巻き起こしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」で、年内にプレイヤー同士の対戦(PvP)が実装されるという(TechCrunch)。

ポケモンGOはリリース直後には非常に多くのユーザーを集めたが、その後しばらくはコンテンツの少なさなどを理由にプレイを辞めるユーザーが続出していた。しかし、最近は新たな追加コンテンツが続々と登場、路上でプレイする集団を見かけることも増えている。

13678984 story
検閲

ドイツ、ゲームでの鉤十字の使用を解禁 55

ストーリー by hylom
時代の流れか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

8月9日、ドイツのソフトウェア事前審査機構(USK)は、ドイツ国内のゲームに鉤十字を含むナチスのシンボルマークの利用が可能であると述べた。ナチス絡みのマークの利用は学術的なものや歴史的な史料にあたる映像作品にのみ許されていたが、USKは従来方針を転換し、この範囲をゲームまで拡大した。これまでは、鉤十字が入っていると審査対象にすらならなかったが、今後は内容的にナチスを賛美するものかどうかが審査項目に加わることになる(TelegraphNintendoSoupReuters)。

ドイツ版の『Wolfenstein II』は、ヒトラーに口ひげがなく、国旗も鉤十字を使わないように変更されていたため、拘りを持つゲーマーは同じドイツ語版であるPS4のオーストリア版を入手するなどの対処を余儀なくされていたが、これは越境した段階で違法であり、今夏に発売されたNintendo Switch版ではオーストリア版からもヒトラー関連の諸々が削除されている。今回のUSKの発言も『Wolfenstein』シリーズに関する議論が発端であり、これによってたとえば『Hearts of Iron』シリーズなどもパッチなしで他国版と同内容のものがプレイできるようになるとみられる。

13677806 story
ゲーム

Google Play、Fortniteの検索結果に警告を表示 27

ストーリー by headless
警告 部門より
Google Playで「Fortnite」を検索すると、検索結果の上に警告が表示されるようになっている(Android Policeの記事9to5Googleの記事The Vergeの記事Neowinの記事)。

Google Playを経由せず、開発元のEpic Gameが直接配信することを決めた人気ゲーム「Fortnite Battle Royale」のAndroid版だが、偽物や紛らわしい名前のアプリが出現することも予想される。偽アプリがGoogle Playに登録されてしまう例は過去にもあるため、ユーザーが誤って偽アプリをインストールしないよう予防的に警告を表示しているとみられる。ただし、Googleがこのような警告を表示するのは珍しい。

警告が表示されるのは「Playストア」アプリで検索した場合のみ。現在、「fortnite」「fortnite battle royale」などの語句を検索すると「Fortnite Battle Royale (デベロッパー: Epic Games, Inc) はGoogle Playではご利用いただけません」と表示される。ただし、「fortnite beta」「fortnite battle royale game」「fortnite battle royale the real game」などの場合、警告は表示されない。
13673577 story
AMD

AMD、第2世代「Ryzen Threadripper」シリーズを発表。12コアが$649、32コアが$1799 43

ストーリー by hylom
Intelさんも早くコア数を増やしてください 部門より

AMDがRyzenシリーズCPUの最上位シリーズ「Ryzen Threadripper」新モデルを発表した。今年4月に発売された第2世代Ryzenをベースとしたもので、コア数がそれぞれ12・16・24・32個の4モデルが用意される(Engadget Japanese4gamerASCII.jp)。

型番/コア数/クロック周波数/L3キャッシュ容量/予想価格は次の通り。

  • 2990WX:32コア64スレッド、3.0GHz(ブースト時最大4.2GHz)、64MB、1,799ドル
  • 2970WX:24コア48スレッド、3.0GHz(ブースト時最大4.2GHz)、64MB、1,299ドル
  • 2950X:16コア32スレッド、3.5GHz(ブースト時最大4.4GHz)、32MB、899ドル
  • 2920X:12コア24スレッド、3.5GHz(ブースト時最大4.3GHz)、32MB、649ドル

AMDによると、2990WXおよび2970WXがワークステーション向け、2950Xおよび2920Xがエンスージニスト(特に高い性能を求める一般消費者向け)という位置付け。競合となるIntel Core i9シリーズの最上位モデル(7980XE)は18コア/36スレッドで22万円前後という価格なので、スペックや価格上の競争力は高そうだ。

13673468 story
ゲーム

人気ゲーム「フォートナイト」、Android版はPlayストアではなく販売元が独自に配信へ 22

ストーリー by hylom
租税回避 部門より

WindowsやmacOS、PlayStation 4、Xbox One、Switch、iOS向けに提供されている人気オンラインゲーム「Fortnite」のAndroid版は、Google Playストア経由ではなく開発・販売元のEpic Gamesが直接配信するという。Playストア経由での売り上げに対してGoogleが要求するロイヤリティ支払いを回避するのが目的のようだ(AUTOMATONGame*Spark)。

GoogleはPlayストア経由での売り上げに対し30%の手数料を課しており、これが「重いコスト」と判断されたようだ。同ゲームをインストールしたいプレイヤーは、Epic Gamesのサイトから直接バイナリをダウンロードしてインストールする形になるという。

一方、Playストア経由で配信しないことで、第三者がマルウェアなどを含む「偽アプリ」を配布し、それをユーザーが誤ってインストールしてしまう危険性も指摘されている。実際、まだAndroid版の配信は開始されていないにも関わらず、すでに偽アプリが登場しているという(マカフィー)。

13669882 story
ゲーム

NES、なんて読む? 67

ストーリー by headless
発音 部門より
海外版ファミコンNintendo Entertainment Systemの略称「NES」をどう読むかについて、たびたび議論となるそうだ(Ars Technicaの記事)。

発音としては「en-ee-es」のようにアルファベットをそのまま読むイニシャリズムと、「ness」「nezz」のように読むアクロニムに分かれる。米任天堂の公式サイトでは「an NES」のような表記が多く、最初が母音になるen-ee-esだ。英語版の公式YouTubeアカウントの動画でも en-ee-es と発音されているようだ。一方、英国では ness と読む人が比較的多いという。

NESをどう読むのか長らく気になって仕方がないArs TechnicaのKyle Orland氏は、nessも容認するがen-ee-esが公式だと考えていたそうだ。しかし、先日発売された「メイド イン ワリオ ゴージャス」日本語版のゲーム景品コンテンツ「ニンコレ」にはNESの解説があり、「ネス」とふりがながふられている。

Orland氏は英辞郎 on the WEBの「ニンテンドーエンターテインメントシステム」の項に日本の任天堂では「ネス」、米任天堂では「エヌ・イー・エス」と発音されているという説明も発見。日本語でアルファベットを発音すると長くなることから、短い「ネス」が好まれるのではないかと分析している。確かに日本人なら「ネス」と発音しそうだが、スラドの皆さんはいかがだろうか。
13667889 story
ゲーム

バックグラウンドで秘密裏に仮想通貨のマイニングを実行するゲームが見つかる 8

ストーリー by hylom
逮捕されるやつ 部門より

ゲーム配信サービスSteamで配信されていたとあるゲームが、プレイ中にユーザーへの通知なしにバックグラウンドで仮想通貨の採掘(マイニング)を行なっていたことが確認されたという(GameBusiness.jpAUTOMATONIGN JAPAN)。

問題のゲームは「Abstractism」というタイトルで、すでに配信が停止されているという。このゲームはシンプルなパズルゲームで、0.49ドルで販売されていたそうだ。画面やゲーム内容は質素にも関わらず、CPUとGPUの使用量が非常に高いことにプレイヤーが不審に思い調べたところ問題が発覚したという。マルウェアと見られるファイルをインストールするという報告もある。

このゲームでは、長期間ゲームを起動したままにするとレアアイテムが入手しやすくなるような仕組みも導入されており、これは長時間マイニングを続けさせるためだったのではと見られている。さらに、ゲーム内アイテムの画像や説明文などで他のゲームからの流用が見られるとも報告されている。

(追記@8/6 16:50)4gamerにて、このトラブルの経緯について詳しい解説記事が掲載されている。

13665626 story
ゲーム

beatmaniaの特許、失効 26

ストーリー by hylom
とはいえ同じようなゲームは今更出ないような 部門より

コナミが権利を持つ、「音楽演出ゲーム機、音楽演出ゲーム用の演出操作指示システムおよびゲーム用のプログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記憶媒体」の特許出願(1998年7月31日)から20年が経過し、これによって同社に与えられた特許権が消滅した。該当の特許は特許情報プラットフォームでの「特許・実用新案番号照会」から、「特許出願番号」で「H10-218056」を検索すれば確認できる。

この特許は音楽ゲーム「Beatmania」の筐体やゲームシステムなどを特許化したもの。これによって、他社は無断で同様のシステムを使ったゲームを発売できなくなったとも言われている(Togetterまとめ)。

13655005 story
ゲーム

無料のスマホゲームを利用して盗難クレジットカードでの資金洗浄が行われていた 40

ストーリー by hylom
確かにチェックは緩そう 部門より

盗難クレジットカードを使って「基本プレイ無料」タイプのスマートフォンゲームのアカウントを作り、ゲーム内アイテムの売買を行って資金を得るという行為が確認されたという(GIGAZINE)。

手口としては、盗難したクレジットカード情報を使ってクレジットカードに紐付けられたアカウントを大量に作成し、ゲーム内アイテムやアカウントの売買を行うことで資金を得るというもの。こういった「資金洗浄」に使われていたのはいずれも基本無料の「クラッシュ・オブ・クラン」および「クラッシュ・ロワイヤル」、「MARVELオールスターバトル」の3タイトルだそうだ。

13648950 story
ビジネス

IntelのGPU部門副社長がAMDのRadeon Technologies Groupへ移籍 19

ストーリー by hylom
人材の流動 部門より

Imagination Technologies(旧VideoLogic)出身で2016年にIntelに入社し、GPUなどの開発に携わっていたエンジニアMartin Ashton氏がAMDのグラフィックアーキテクチャおよびIP(知的財産)開発担当副社長(Vice President)に就任した(4gamerfudzillaHEXUS)。

Ashton氏はImaginationではExecutive Vice Presidentとして、PowerVRの開発やIPに関連する業務に25年以上の間携わっていた。その後Intelに入社しGPU関連のハードウェアやアーキテクチャ担当Vice Presidentとして働くも、1年9ヶ月での転職になった。

なお、Intelは2017年にAMDのGPU部門リーダーのRaja Koduri氏を引き抜いている。

13646364 story
ゲーム

セガ、「艦これアーケード」の権利を侵害しているとしてスマホゲーム「アビス・ホライゾン」に対し配信停止を求める 56

ストーリー by hylom
特許でもあるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

MorningTec Japanが日本国内で展開するスマートフォン向けゲーム「アビス・ホライズン」に対し、セガ・インタラクティブがアーケードゲーム「艦これアーケード」の権利を侵害していると主張、配信等の差止めを求めて東京地方裁判所に仮処分命令申立てを行なっています(セガ・インタラクティブの発表)。

アビス・ホライゾンは「3D艦船擬人化艦隊アクションRPG」をうたうスマホ向けゲーム。中国の重慶煜顔文化伝播有限公司が開発し、上海晨之科信息技術有限公司(MorningTec)の日本法人のMorningTec Japanが日本でサービスを展開しています。MorningTec Japanはセガの主張に対し、理由がなく違法ではないと反論しています。

「艦これ」に似たゲームは複数出ていますが、今回セガが問題としたのは、アビス・ホライゾンの一部要素が「艦これアーケード」と酷似しているためだと思われます。このゲームに関する評価は色々ですが、「ゲーム画面は確かに似ている」ようです(ITmediaによる比較記事GameCastのレビュー)。

13642503 story
ゲーム

Nintendo Switchでは不正行為に対し本体やゲーム単位でのBANが行える 71

ストーリー by hylom
中古品を買う際にはご注意を 部門より

最近ではNintendo Switch向け人気ゲーム「スプラトゥーン2」でのチートが増えているほか、Nintendo Switch向けゲームの海賊版などが出回り始めているという噂がある。しかし、安易にこれらに飛びつくと最悪利用した本体で任天堂のネットワークサービスが一切利用できなくなる可能性もあるようだ。

Nintendo Switchには端末毎に認証用のクライアント証明書が埋め込まれており、これを使って不正な行為を行った端末のブロックが行えることがハッカーによる分析で明らかになっている(Ars Technica)。この情報は、Nintendo Switchのハックを試みているSciresMというハッカー集団が公開したもの。これによると、Nintendo Switchでは非常に強固な海賊版対策機構が導入されており、海賊版ソフトウェアの実行を検知できるという。

Switchでは、ゲームプレイ時にオンライン接続を行う際に次のような手順を踏むという。

  1. インターネットに接続されているかを確認する
  2. 本体固有の認証トークンを取得する(BANされた本体ではこのトークンを取得できない)
  3. ニンテンドーアカウントの認証を行う
  4. プレイするタイトルごとのアプリケーション認証トークンを取得する

2.の本体固有の認証トークンの取得には、本体内に暗号化されて格納されている秘密鍵データを使用し、このデータは工場出荷時に書き込まれるため改変ができないという。このデータはARMの「TrustZone」という技術を使った、アクセスに特別な手順が必要な領域に格納されている。Switch上で動作する一般のソフトウェアからこのデータにアクセスすることは不可能だという。

また、3.のタイトルごとのアプリケーション認証トークン取得については、ゲームカートリッジからゲームを起動する場合はそのカートリッジ毎にユニークな認証データを、ダウンロード購入したゲームを起動する場合はタイトルIDや本体の情報、ニンテンドーアカウント情報などが含まれる「チケット」データを任天堂のサーバーに送信して認証が行われるという。

最近ではこういった不正防止技術が実際に使われ、海賊版の作成に使われたと見られるゲームカートリッジが無効にされるという例も発生しているという(Nintendo Life)。

13638673 story
ゲーム

JOC、現時点ではeスポーツをスポーツと認めず。アジア大会派遣選手も「日本代表ではない」との見解 159

ストーリー by hylom
よくある俺ルール 部門より

アジアオリンピック評議会が主催する競技大会「アジア競技大会」(アジア大会)の2018年大会ではeスポーツ(いわゆるビデオゲーム)が公開競技として採用され、また4年後の2022年大会では正式種目として採用される(過去記事)。日本からも代表選手が参加するが、このeスポーツ日本代表選手らは現時点では「日本オリンピック委員会(JOC)が派遣する正式な日本代表ではない」という。

JOCはeスポーツをスポーツとして正式に認めておらず、今回の選手派遣についても競技団体の日本eスポーツ連合(JeSU)が選出した選手について、日本から派遣するための手続きを代行しただけという立場なのだという。また、JeSU側はJOCに加盟する意向を示しているが、JOCは一切これに対して議論していないそうだ。

とはいえ、2022年のアジア競技大会ではeスポーツ競技についてもほかの競技と同様に成績上位者にはメダルが進呈されることになり、またオリンピックでもeスポーツが採用される可能性があるため、いずれはJOCがなんらかの対応を示さなければならなくなるときはやってきそうだ。

なお、以前アジア大会で囲碁が正式競技として採用された際はJOCは当時設立された囲碁の団体(全日本囲碁連合)を承認団体として認可していたという。

13632941 story
ゲーム

ゲーム専用機ユーザーの3分の2はデジタルダウンロードよりも物理メディアを好む 74

ストーリー by hylom
気持ちはなんか分かる 部門より
headless曰く、

Nielsenが毎年第1四半期に米国で実施している調査「Games 360」の2018年版によると、コンソール(ゲーム専用機)でプレイするゲーマーの3分の2はゲームの購入形態としてデジタルダウンロードよりも物理メディアを好むそうだ(On MSFTリポートPDF)。

調査はオンラインで13歳以上の米国人2,000人以上(男女各50%)を対象に実施され、調査結果は米国の人口構成に合わせた重み付けが行われている。ゲーマー(自己申告)は回答者の66%を占め、2017年から2ポイント、2013年から8ポイント増加しているという。最も好まれているゲーミングデバイスはコンソール(ポータブルタイプを含む)で49%。モバイル(スマートフォン/タブレット)が30%、PCが21%となっている。

「ゲームの購入形態として物理メディアがデジタルダウンロードよりも好ましい」との回答はコンソールゲーマーの66%を占めたのに対し、PCゲーマーでは29%にとどまる。一方、コンソール/PCゲーマーともに、デジタルダウンロードを好む人の週間プレイ時間は6.4時間/7.6時間(コンソール/PC、以下同様)と、物理メディアを好む人(5.0時間/6.0時間)よりも長くなっている。

逆に、物理メディアを好む人は毎月23ドル/38ドルを毎月ゲームに費やしており、デジタルダウンロードを好む人(15ドル/15ドル)よりも多い。なお、ゲーマーは余暇の11%をゲームに使うと回答しているとのことだ。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...