パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13590690 story
グラフィック

GIMP 2.10.0リリース 263

ストーリー by headless
最新 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

GIMPの最新安定版GIMP 2.10.0がリリースされた。GIMPの安定版は2.8以来約6年ぶりのリリースとなる(アナウンスリリースノートダウンロードページOSDN Magazineの記事)。

最近では、Photoshopが月額課金制になるなど、無料ソフトとしてのGIMPの需要は高まっていると思われるが、皆様はGIMPやInkscapeを使っているだろうか。Photoshopやその他のプロプライエタリソフトを使っている方は、どの辺りに利点を感じているだろうか。

画像処理のGEGL移行がほぼ完了したGIMP 2.10.0では高ビット深度処理やマルチスレッド化などが可能になっており、GEGLベースのフィルターが80点以上同梱されている。このほか主な変更点は、カラーマネージメントのコア機能化、テキストツールでのCJKサポート強化などツールの強化、ペイント機能強化、HiDPIサポートなど。また、新しい「Dark」テーマとそれに合わせた「Symbolic」アイコンがデフォルトに設定されている。

13497890 story
数学

「史上最大の素数」約2年ぶりに更新、50番目のメルセンヌ素数で桁数は2324万9425桁 77

ストーリー by hylom
でかい 部門より

メルセンヌ素数を探索するプロジェクトである「Great Internet Mersenne Prime Search」(GIMPS)が、新たな「これまで知られているなかで最大の素数」を発見したと発表したハフィントンポストGIGAZINE)。新たな最大素数が発見されたのは2015年9月以来(発表は2016年1月)

この素数が発見されたのは2017年12月26日で、2の77,232,917乗-1という数。これを単純に数字として表すと2324万9425桁になるという。この数をプレインテキストで表記したファイルも公開されているが、ZIP圧縮されたもので約11.2MBというサイズとなっている。

12663947 story
数学

史上最大、2,233万8,618桁の素数が発見される 73

ストーリー by hylom
次はいくつだろう 部門より

メルセンヌ素数を探索するプロジェクトである「Great Internet Mersenne Prime Search」(GIMPS)が、これまで知られているなかで最大の素数を発見したと発表した(WIREDASCII.jp)。

この素数は2015年9月に発見されていたが、ソフトウェアの不具合で発見されたことがメール通知されておらず、GIMPSサーバーの定期メンテナンス時にそのことが分かったという。

12602806 story
グラフィック

GIMPが浮動小数点画像に対応 27

ストーリー by hylom
最近は浮動小数点ブームなのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

GIMPの開発版である2.9.2がリリースされ、浮動小数点画像に対応した (GIMPのアナウンス)。カラーマネージメントも強化され、ICC v4に対応した。OpenCLによる実験的なGPGPU処理や、実験的なメタデータの表示ダイアログ、実験的なMyPaintブラシの対応も含まれている。

GIMP 2.9.2は開発版であり、安定してはいるものの、まだ処理速度が遅いとのこと。安定版の2.10までに改善される予定となっている。

12096678 story
ビジネス

SourceForge、批判を受けて「無断でのアドウェア入りインストーラ配布」を中止へ 23

ストーリー by hylom
終息に向かうのか 部門より
insiderman 曰く、

米SourceForgeがGIMP for Windowsのアドウェア付きインストーラを勝手に配布していた問題で、SourceForgeが6月1日付けでアドウェア付きインストーラの配布は「Opt-In」、つまりプロジェクトからの許可を受けた場合にのみ行うことを発表した

SourceForge側の見解としては、あくまで「very small number of unmaintained SourceForge projects」、つまりメンテナンスされていないごく少数のプロジェクトでのみ、さらに「そのインストールを簡単に拒否できる」ようなアドウェアを試験的に導入していたとしながらも、コミュニティからの否定的なフィードバックを受けたためこれを中止し、プロジェクトの開発者から同意を得られたものにのみアドウェアを同梱する方針にするとのこと。

いっぽう、これだけ話題になったにも関わらずこの件がSlashdotで取り上げられなかったことについて、「Slashdotはこの件がタレコまれているにも関わらず無視した」のではないかという声も上がっている(Slashdot Burying Stories About Slashdot Media Owned SourceForgereddit)。Slashdotは6月1日付けでSourceForge and GIMP [Updated]という記事を出し、「単純に忙しくて出せなかっただけ」と述べている。

12088964 story
ワーム

オープンソースのSSHクライアントPuTTY、トロイの木馬が仕込まれたバージョンが配布される 78

ストーリー by headless
偽物 部門より
insiderman 曰く、

やや旧聞になるが、人気のWindows向けSSHクライアント「PuTTY」で、マルウェア入りの非公式バージョンが出回っているそうだ(シマンテック公式ブログの記事)。

PuTTYはオープンソースソフトウェアなので、(知識と開発ツールさえあれば)誰もが改変したバージョンを作成して配布できる。シマンテックのブログによると、このマルウェア入りPuTTYは2013年後半から出回っているらしい。今のところあまり拡散していないが、検索エンジン経由でこのマルウェア入りPuTTYのダウンロードページに誘導されることがあるようだ。

この改変版PuTTYでは、サーバーへの接続時に接続情報が攻撃者のサーバーに送信される。これにより、攻撃者は被害者が接続しようとしたSSHサーバーへの接続が可能になるという。

SourceForgeがアドウェア入りGIMPインストーラを配布したことが話題になっているが、オープンソースソフトウェア自体へのマルウェア混入も増加するかもしれない。

12086168 story
The Gimp

SourceForge.net、GIMP for Winの管理権限を奪ってアドウェアを配布 58

ストーリー by hylom
これはアウトだろ…… 部門より
tarxz 曰く、

SourceForge.net(SF.net)にあったGIMP for WindowsのプロジェクトがSF.net運営者側にアカウントを乗っ取られ、配布物がアドウェア付きのインストーラーに置き換えられたという騒動が起きたようだ(Ars Technica)。

インストーラには「Norton anti-virus」および「myPCBackup.com remote backup」がバンドルされていたと報告されている。SF.net側は「18か月以上プロジェクトが放置されていたのでミラーに切り替えた」としているが、GIMP側はWindowsバイナリの配布用としてメンテをしていたと主張している。

こちらのツイートにあるように以前はGIMP側の人が管理者になっていたGIMP for Winのページが、sf-editor1というアカウントの管理下になっていることが分かる。アドウェア配布の前にそもそも管理権限を奪ったという大きな問題があるようだ。

11658699 story
Android

Android端末上でX11を使って起動するAndroid版GIMP/Inkscape 65

ストーリー by hylom
理論上は問題無い 部門より
EchoRelinquish 曰く、

Android版のGIMP/Inkscapeが一部界隈で話題となってます。アプリを起動すると、X11とxfceが立ち上がってその上でGIMPやInkscapeが起動するというあまりにも力技な仕組みだそうです。

お世辞にも実用性が良いとは言いがたく、起動中は端末がものすごくアッツアツになりますが、よくこんなやり方思いつくなあと感心してしまうばかりです。

なお、Android向けのXサーバーはオープンソースで公開されている。

10151442 story
The Gimp

GIMP for Windows 、ダウンロードサイトをSourceForge.netからftp.gimp.org に変更 53

ストーリー by hylom
選択する自由 部門より
EarOwl 曰く、

GIMP for Windows のインストーラのダウンロード元がSourceForge.netからftp.gimp.orgに変更された。(GIMP のサイトの 2013-11-05 の News 『GIMP Windows Installers move from Sourceforge to ftp.gimp.org』)。

理由として以下の 2点が挙げられている。

  • 不要なユーティリティへと誘導する緑の『ダウンロード』ボタンを持つ広告が見られるようになったこと。
  • フリーソフトウェアのパッケージにサードパーティ製品をバンドルする『SourceForge Installer』が導入されたこと。

「SourceForge Installer」については私はFileZillaで導入されたことで知ったのだが、私もその挙動には不満を感じ、FileZillaでは別途従来通りのインストーラも提供されていたためそちらを利用した。

無料で提供されているサービスで広告から収入を得ることは一般的ではあるが、一方で広告が原因でそのサービスへの不満が生じることも多い。収益を確保するために止むを得ない部分もあるとは思うが、ユーザーの利便性と上手くバランスを取る方法は無いものだろうか。

「SourceForge Installer」というのは、SourceForge.netが今年7月より実験的に始めたもの(SourceForge.netのブログ)。ソフトウェアのインストーラに「サードパーティの信頼できるソフトウェア」を同梱し、これをインストールさせることでソフトウェアの開発者側に収益が入るというシステムだそうだ。利用は強制ではなく任意で、希望するプロジェクトのみが利用できる。このブログでも「最大のパートナー」としてFileZillaが挙げられている。

SourceForge.net側は「インストールされるのは安全なソフトのみ」「インストールするかどうかは分かりやすく確認される」「アンインストールも容易」などとしているが、非オープンソースなソフトウェア(現状ではAsk Toolbarが含まれるようだ)を同梱するということもあって評判はよろしくない模様。

7430171 story
数学

新たな最大素数が見つかる 93

ストーリー by reo
行為がさらに持続できます 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

今まで発見された中で最大の素数という「257,885,161-1」が見つかったそうだ。桁数を数えると 17,425,170 桁になるという (GIMPS のページ本家 /. 記事より)。

GIMPS (Great Internet Mersenne Prime Search) プロジェクトのボランティア達が 36 万 CPU を使い、最大で毎秒 150 兆回の演算を行って発見されたという。48 個目のメルセンヌ素数である。

6494779 story
Ubuntu

Ubuntu 12.10 リリース 54

ストーリー by headless
公開 部門より
nimu.akh 曰く、

Ubuntu 12.10(Quantal Quetzal)が10月18日にリリースされた(リリースノートニュースリリースSourceForge.JP Magazineの記事本家/.)。

本バージョンからAlternate CDが廃止され、DVD/USBメモリーで使用可能な約800MBの統合されたUbuntuイメージのみが提供される。また、デスクトップ版では最小必須メモリーが384MBから768MBに増加した。なお、デスクトップ版のダウンロード時には寄付を求める画面が表示されるが、「Not now, take me to the download」をクリックすることで寄付をせずにダウンロードすることも可能。

機能の面では、Webアプリケーションをデスクトップ(Launcher、HUD、通知機能など)に統合する「WebApps」が追加された。DashでのAmazon検索機能は、コントロールパネルで無効にできるようになっている。このほか、主なアプリケーションや機能は下記の通り。

  • Linux kernel 3.5.5
  • Firefox 16.0.1, Thunderbird 16.0.1
  • Unity 6.8, GNOME 3.6
  • UEFI セキュアブートのサポート
  • GIMP 2.8.2 (シングルウィンドウモードに対応)
  • TeXLive 2012 (UTF-8 対応済みの p(La)TeX を統合)

また、次のバージョンのコードネームは Raring Ringtail となった。

1438125 story
ソフトウェア

Ubuntuの新しいメニューシステム「Head-Up Display」 81

ストーリー by hylom
CUI? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Ubuntuは30年来のメニューシステムを一新した「Head-Up Display」を導入することを決めたそうだ(本家/.)。

この「Head-Up Display(HUD)」ではドロップダウンメニューからコマンドを探すのではなく、検索ボックスにコマンドを入力するようになる。たとえばGIMPで「Rad」と入力すれば「Radial blur」(ぼかし半径)が候補として表示されるなど、入力はオートコンプリートされるとのこと。また「あいまいコマンドのマッチング」機能も搭載されており、過去の入力履歴から正しいコマンドを導き出しユーザに提案してくれるとのこと。

CanonicalのMark Shuttleworth曰く、HUDは新しいソフトウエアにより早く慣れるのを手助けしてくれるとのこと。ヘビーユーザーでない人やWindowsインタフェイスに慣れたユーザにとっては不慣れなメニューからコマンドを探すのは手間である。しかしHUDでコマンドを入力すれば、メニューで迷子になることなく目的を達成できるようになるという。

開発チームはPCのGUIを何十年にも渡り支配し続けていたWIMP(Windows、Icons、Menus、Pointer)システムを変えるべく長い時間をかけて検討を重ねてきたとのこと。行き着いたのがアプリケーションに直接指示を出すという考えに基づき、ユーザが自身の意図を入力すればアプリケーション側が実現の道筋を導いてくれるHUDであるという。

HUDはUbuntuの次期リリースである12.04に搭載されるとのことで、OSと共に出荷される全てのアプリケーションで利用可能になるとのこと。また、従来のシステムを好むユーザのためにも今までのメニューも利用できるとのことだ。

PC Proの元記事にはHUDのスクリーンショットや、動画も掲載されている。

936248 story
IT

独学 Geek が職に就くには? 66

ストーリー by reo
僕も元々は生物系 部門より

cheez 曰く、

本家 /.「How Does a Self-Taught Computer Geek Get Hired?」より。

自分は 12 歳で BASIC を学びはじめたが、その後コンピュータサイエンスや物理、その他のコンピュータ関連の専攻といった典型的な学問分野には進まなかった、独学の Geek である。コンピュータは趣味として、ウェブデザインや Linux/Lamp、JavaScript などを学び、そして現在は Drupal に取り組んでいる。Photoshop 及び GIMP のスキルも身につけている。ウェブ開発で短期間働いたこともあるが、基本的にはウェブサイトやその他プロジェクトなどにあれやこれやと単独で携わってきただけである。しかもそのプロジェクトの多くは頓挫していたり、もうアクセスできなくなっている。そろそろ「ちゃんとした」仕事に就きたいと思っているのだが、自分の経歴は文字にすると大したこと無いように見えてしまう。クリエイティブなタイプだと思うし、人当たりもよく、自発的でもあると思うのだが、人々が (特に Drupal 関連で) 採用したくなるような履歴書や固い信用を築くにはどうすればよいだろうか? Drupalcon 2012 に参加してみようかと思うが、それで道が拓ける可能性もあるだろうか。ウェブ管理者/開発者としての能力があることを「証明」するには他にどのような方法があるだろうか? アドバイスを求む。

専門外からこの業界に飛び込んできた /.Jer も多くいるのではないだろうか? どのように最初の一歩を切り開いてきたのだろうか、経験談などお聞かせ願えればと思う。

260538 story
オープンソース

Blenderによるオープンムービー第3弾「Sintel」がオンライン公開される 18

ストーリー by hylom
Blenderの底力 部門より

manda 曰く

9月30日(日本時間10月1日)、Blender Foundationによるオープンムービー第3弾「Sintel」がオンライン公開されました(「Sintel がダウンロード可能に - blender.jp」、YouTubeにアップされている動画)。ダウンロードページでは2kサイズの高画質な動画もダウンロード可能となっています。「映画」としての鑑賞に堪えうるだけのクオリティ(実際の上映では4kサイズで出力されているとか)で、ストーリー性のあるものに仕上がっています。

このムービーはほとんどがBlenderで制作されているほか、「Special Thanks To Open Source Projects - GIMP MyPaint Alchemy Python Inkscape Subversion Ubuntu OpenEXR」とあるように、GIMPやUbuntuといったオープンソースソフトウェアも制作に使用されているそうです。

また、このプロジェクトのもう一つの目的として「Blenderの開発」というものもありました。Blenderのバージョン2.5では伝統的な「ごちゃごちゃしたUI」から、「より近代的なUI」へと変貌を遂げるべく大幅な書き直しが行われていますが(現在2.54 betaが公開中)、このSintelの制作はバージョン2.5(の開発版)で行われ、作品の制作とともにBlenderの開発も進められていったそうです。

Sintelは9月27日のオランダフィルムフェスティバルのプレミアでいち早くお披露目されており、今回のオンラインプレミア後、さまざまなところで上映が予定されています。アジアでは、韓国で開催されるSiggraph ASIA/Koreaでの上映が予定されています。

これだけの作品を作り上げた、制作メンバーの努力に脱帽!! & Blenderの正式リリースが待ち遠しいです!!

なお、SintelはCreative Commons Attribution 3.0ライセンスで配布されており、自由な配布が可能。フランス語やスペイン語などの字幕データも公開されており、他の言語の字幕ファイルも募集されている(日本語の字幕ファイルはまだ提供されていないようだ)。また、Sintelを制作するのに使われたBlenderのプロジェクトファイルや台本、絵コンテ、そして制作スタッフによるドキュメントやチュートリアル動画が含まれるDVDもリリースされる。こちらはDVD4枚組で34ユーロで販売されるとのこと。

191708 story
グラフィック

GIMP2.8では「シングルウィンドウモード」が利用可能に 30

ストーリー by hylom
まだまだ先ですが 部門より

cheekcat 曰く

ars technicaの記事によると、画像編集ソフトとして名高いGIMPの次のメジャーリリースであるGIMP2.8にはシングルウィンドウモードが搭載されるようだ。

これはその名のとおり、あのGIMPの多く開いていたウィンドウが一つにまとまるという機能。個々のパネルの移動・リサイズができなかったり、複数の画像を開いていてタイトルバーの「×ボタン」を押しても一つの画像が閉じられるだけ、などまだ問題は多いようではある。

そんなGIMP2.8のリリースは今のところ2010年12月に予定されているらしい。まだまだ先のことだが楽しみですね。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...