パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

15486518 story
スパコン

富岳、4期連続でスーパーコンピューターランキング4冠を達成 102

ストーリー by nagazou
達成 部門より
理化学研究所のスパコン「富岳」がスーパーコンピューターをランク付けする「TOP500」、「HPCG」、「HPL-AI」、「Graph500」の4カテゴリで首位を獲得し4冠を達成した。このランクは国際会議「SC21」において約半年ごとに発表される。富岳は2020年6月、2020年11月、2021年6月に続く4期連続の首位(理化学研究所リリースPC WatchNHK)。

今回は富岳のフルスペックである432筐体15万8976ノードを用いて計測が実施された。富岳はTOP500におけるLINPACK性能では442.01PFLOPS、実行効率は82.3%を達成した。これは2位の米Summitの148.6PFLOPSに約3倍の性能差があったという。今回は2位に大差をつけて1位を獲得しているが現在、米国や中国、欧州が新型スパコンを開発中とのことで、こうした新型機が出てくると5冠達成は難しいのではないかとする見方も出ているようだ(日経新聞)。
15486353 story
医療

政府の行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」、分科会で了承される 53

ストーリー by nagazou
ちょっと緩いような 部門より
政府が16日におこなった分科会で、COVID-19のワクチン接種や陰性証明などにより、行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」制度の要綱案が了承された。このパッケージは今後COVID-19が再拡大した場合でも、経済活動と感染防止の両立を図る意図で策定されたそうだ。なお接種証明書は有効期限は現時点では設定せず、証明書の画像やコピーの利用も可能にするとしている(NHK読売新聞朝日新聞日経新聞)。

ワクチン・検査パッケージ制度が適用されるのは「飲食」と「イベント」「移動」の三つ。飲食に関しては、第三者の認証を受けた店舗でかつワクチン・検査パッケージ制度を適用した場合は利用者の人数制限は解除されるとしている。イベントに関しても、企画者が感染防止安全計画を策定しその内容を都道府県の確認した場合、収容定員までのイベント実施が可能になる。移動に関しては、都道府県をまたぐ場合でも「自粛要請の対象に含めない」としている。幼稚園や学校と言った教育機関に関しては制度は適用されないとしている。
15383059 story
Intel

Intel、高性能グラフィックス製品ブランド「Intel Arc」を発表 52

ストーリー by nagazou
どんなものでしょうね 部門より
headless 曰く、

Intel は 16 日、コンシューマー向け高性能グラフィックス製品のブランド「Intel Arc」を発表した (プレスリリースプレスリリース日本語抄訳Phoronix の記事The Verge の記事)。

Intel Arc はゲーマーとクリエイターをターゲットにした高性能グラフィックス製品で、ハードウェア・ソフトウェア・サービスを含む。複数の世代にわたるブランドとして計画されており、第1世代はこれまで DG2 というコードネームで呼ばれていた Xe HPG アーキテクチャー (コードネーム: Alchemist) ベースであり、第 2 世代以降のコードネームは Battlemage・Celestial・Druidが続く。

Intel が 1 月に発表した DG1 は Xe LP アーキテクチャーをベースとしていたが、Xe HPG アーキテクチャーは Xe LP / HP / HPCを統合したものになるという。Alchemist 製品は 2022 年第 1 四半期の発売が予定されており、ハードウェアベースのレイトレーシングや人工知能によるスーパーサンプリング機能を搭載し、DirectX 12 Ultimate をフルサポートするとのことだ。

15335294 story
スパコン

スパコン『富岳』、TOP500で3期連続首位に 44

ストーリー by nagazou
首位 部門より
理研のスパコン「富岳」が、スーパーコンピューターをランク付けする「TOP500」「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」、「HPL-AI」、「Graph500」のカテゴリーで首位を獲得したそうだ。富岳が首位になるのは2020年6月と2020年11月に続いて3期連続だという。富岳はLINPACK性能442.012ペタフロップスを達成した。2位となったのは米国の「Summit」で148.6ペタフロップス。トップ10の顔ぶれにはほぼ変化がなかったとしている(PC Watch)。

なおCNETの記事によれば、TOP500に新たにランクインしたのは58台だけと少なかったという。コロナ禍の影響で商用高性能コンピューティングシステムへの投資意欲が冷え込んでおり、トップ10入りを果たした新システムは1台だけだった。またTOP500では中国のランクインの台数が減少しており、前回の212台から186台になったとしている。この記事ではAMD製プロセッサーを採用した新規システムが増加していることを注目点として取り上げている(CNET)。
15334377 story
Intel

Intel、次世代Xeon(Sapphire Rapids)でHBM対応。生産は2022年ごろに 28

ストーリー by nagazou
遅れは厳しい 部門より

Intelは28日、24日からオンライン開催されているInternational Supercomputing Conference 2021のの基調講演で、HPC向け製品の情報を公開。その中で「次世代Xeon(Sapphire Rapids)」に関する情報を出した(IntelリリースITmediaTECH+)。Sapphire Rapidsは10nmプロセスでの製造前提で開発が進められており、

  • DDR5メモリとHBM(広帯域メモリ)のサポート
  • PCI Express 5.0のサポート
  • CXL(Compute Express Link) 1.1のサポート
  • Intel AMX(Advanced Matrix Extensions:AI演算の拡張命令)のサポート

といった機能を備えているという。とくにHBMのサポートはこれまでに公開されていなかった情報となっている。HBMはバス幅を広げることでアクセス性能を高めたもので、「HBM2」もしくは「HBM2E」が使われるとしている。なおブルームバーグによると発売時期に関しては、生産開始が2022年第2四半期になるとしている。この発表により、29日のIntelの株価終値は1.3%安となり、大してAMDの株価は2.8%高で取引を終えている(ブルームバーグ)。

同様にHPC向けに開発を進めているGPU「Xe-HPC(Ponte Vecchio)」に関しても情報が公開された。Ponte VecchioはHPCとAIのワークロードに最適化されたGPUとなっており、こちらもHBMメモリを搭載する。複数枚搭載したサブシステムを構築することも可能となっている。こちらに関しては検証段階に進んでいるが、TECH+の記事によれば、こちらも当初予定の2021年中に納入は困難と見られているとのこと。

15270193 story
スパコン

オープンエアでもマスクなし会話は飛沫をあびる 84

ストーリー by nagazou
とりあえずマスクはしよう 部門より
路上や公園などでの集団での飲酒が話題になっているが、スパコン「富岳」を用いてこうした屋外での会話での飛まつの広がりかたをシミュレーションしたという。このシミュレーションでは、屋外で10人がテーブルを囲んで飲食した場合を想定して計算したという(NHK)。

向かい合った場合の人間の間隔を一メートルほど、無風の状態でマスクをつけていない人が30秒間大声で会側をした結果では、正面の人とその両隣の3人が飛まつを浴びる結果になったとしている。毎秒0.5メートルのそよ風が吹いていると飛沫は正面や風下にいる人などの6人に広がったという。声を出す人がマスクをつけていた場合は、飛まつは掛からなかったとしている。
15257358 story
ニュース

NVIDIAがCPU事業に参入へ。Armベースデータセンター向けの「Grace」を発表 61

ストーリー by nagazou
買収した以上は既定路線 部門より
NVIDIAは4月12日、CPU事業に参入することを発表した(NVIDIA公式ブログクラウドWatchITmedia日経新聞)。

製品のコードネームは「Grace」となっており、COBOL開発で知られるグレース・ホッパー氏から取られている模様。クラウドWatchの記事によれば、Armが新開発したデータセンター向けのCPUコアIPデザイン「Neoverse(ネオバース)」を元にした製品だそう。Graceは大規模AIおよびHPC専用のCPUとして設計され、同社のGPUとGrace組み合わせることで、大規模なディープラーニングモデルの処理能力が今日の最速サーバーの10分の1に短縮されるらしい。
15242198 story
スパコン

フォークボールの落ちる理由は「負のマグヌス効果」にあった。スパコンで解明 51

ストーリー by nagazou
縫い目でそんなに差が出るものなのか 部門より
東京工業大らの研究チームの発表によると、野球で投手が投げるフォークボールが「落ちる」理由は「負のマグヌス効果」が起きていることが理由であると発表した。マグヌス効果は、回転しながら進む物体に対して揚力が働く現象(東京工業大学九州大学TECH+テレ朝news産経新聞)。

この負のマグヌス効果は、下向き垂直方向に働く力を指すという。本来、フォークボールはバックスピンの回転をしているため、マグヌス効果により浮き上がる軌道になる。しかし実際には浮き上がらず放物線に近い軌道となり、そうなる理由はこれまで分かっていなかったそうだ。今回の研究では、スーパーコンピュータ「TSUBAME3.0」を活用し、ボールに掛かる抗力などを計算した。

実験では時速151kmの球速と1分間の回転数1,100rpmのツーシームフォーシームの二つの球種を比較した。二つは同じ球速と回転数にもかかわらず、縫い目の回転の仕方の違いだけで打者の手元での落差が19cmも違うことが明らかになったとしている。

数値流体シミュレーションを行った結果、回転の途中、ボールの縫い目が特定の位置に来た時に負のマグヌス効果が発生することが分かったとしている。
15227069 story
スパコン

新「地球シミュレータ」が3月1日より稼働開始 31

ストーリー by nagazou
開始 部門より
st1100 曰く、

JAMSTEC(国研 海洋研究開発機構)の新「地球シミュレータ」が富岳に数日先立ち、2021年3月1日に運用を開始した

「地球シミュレータ」は初代が2002年に運用開始し、このたび運用を開始するのは第4代である。総理論演算性能は19.5PFLOPSで、先代の約15倍。AMD製CPUを搭載した計算ノード、NEC製VectorEngineを搭載した計算ノード、NVDIA製GPUを搭載した計算ノードで構成され、ノード数はそれぞれ、720、684、8である。Vector Engineを搭載したノードは、ノード当たり、8コア・メモリ48GBのVector Engineが8基、64コア・メモリ128GBのホストCPUで構成される(技術情報)。

富岳との関係はどうなんでしょう。
富岳の方は、ノードあたり、メモリが32GB。富岳がものすごく多いノード数でビッグデータを力技でねじ伏せるのに対して、新「地球シミュレータ」は、ノード当たりの能力でひたすら海洋地球物理の計算を頑張るといった感じでしょうか。

情報元へのリンク

15226154 story
スパコン

スーパーコンピュータ「富岳」が完成、共用開始 63

ストーリー by nagazou
コロナ専用スパコンから脱却 部門より
理化学研究所(理研)と富士通は9日、スーパーコンピュータ「富岳」完成したと発表した(プレスリリースPC Watch)。

理研と高度情報科学技術研究機構(RIST)は、同日から産業界や学術界など向けに共用を開始するとしている。なお今後の利用拡大にむけ、早期成果創出を狙っている小規模な課題やアプリケーションの動作検証や性能評価を試行する課題を随時募集中[PDF]とのこと。
15222109 story
スパコン

富岳で飛沫シミュレーションで二重マスクは効果薄。正常装着時との差はわずか 115

ストーリー by nagazou
シール型最強説 部門より
理化学研究所は文部科学省との連携により、継続的にスーパーコンピュータ「富岳」を使用してウイルス飛沫感染に関するシミュレーションを行っている。米国では米疾病管理予防センター(CDC)が二重マスクに効果があるとしているが(WIRED過去記事)、4日に発表された研究成果によれば二重マスクの効果は限定的であることが分かったという(PC Watch産経新聞)。

理研チームリーダーで神戸大教授の坪倉誠氏によると、不織布マスクをゆるくつけた状態で布やウレタンマスクをつければ、内側の不織布マスクが顔にフィットすることなどから性能は20%向上し、89%程度となることがシミュレーションで示されたという。しかし、不織布マスクを隙間なく着けた場合との差はわずか4%しかなかったとしている。坪倉氏は1枚の不織布マスクを、隙間なく装着することが大切であるとした。また不織布を2枚装着することはほとんど意味がないという。空気抵抗が大きくなり、隙間から漏れるためだとしている。
15005629 story
スパコン

中国科技大、光量子コンピュータの量子超越性を実証。Googleに次いで2番目 35

ストーリー by nagazou
全く分かってないけどすごいらしい 部門より

中国の研究チームが12月3日、量子コンピュータの計算能力が従来のスーパーコンピュータを上回ることを示す「量子超越性」を実証したと発表した。量子コンピュータに関してはGoogleも量子超越性の実証を行っているが、Googleが超伝導を用いているのに対して、中国では光子を操作することによって量子超越性を実現したことが特徴らしい(ScienceITmediaWIRED)。

ITmediaの記事を引用すると

干渉し合う多くのボソンの確率分布を計算する「ガウシアンボソンサンプリング」を行った。このサンプリングを光量子コンピュータで200秒間行った際の計算を中国のスパコン「神威・太湖之光」(Sunway TaihuLight)で行うと25億年、理化学研究所の「富岳」で行っても6億年かかるとしている。

あるAnonymous Coward 曰く、

中国科学技術大学などの研究チームが12月3日、量子コンピュータの計算能力が従来のスーパーコンピュータを上回ることを示す量子超越性を実証し、それが米科学誌Scienceオンライン版に掲載された。

情報元へのリンク

14990286 story
スパコン

スパコン富岳のAIスタック、開発者が誕生秘話を公開 30

ストーリー by nagazou
うまくやった感 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

富士通研究所が自社blogにて富岳用ディープラーニングライブラリの内側を公開している(富士通研究所の技術ブログ)。

これがなかなかに面白い内容で、Intelが公開しているx86向けディープラーニング高速化ライブラリをつかってJIT技術で動的にarm命令に変換、世界最高性能を達成したとのこと。普通ならIntelが激怒しそうな内容であるが、同時にIntelと成果をIntelのoneDNNにマージすることが合意され、今後は本家oneDNNがx86向けとarm向けの両方を管理するとのこと。

gihyo.jpでも本件のインタビュー記事が公開、共同開発のサイボウズ・ラボからも内部技術Xbyakの開発者よりコメントが寄せられている

14971629 story
スパコン

神戸ポートライナー「京コンピュータ前駅」改名か。スパコンの代替わりで 112

ストーリー by nagazou
名前は勢いで付けないほうが 部門より
神戸新交通ポートライナーの駅名「京コンピュータ前駅(副駅名:神戸どうぶつ王国)」が変更されるという話が出ているようだ(神戸新聞NEXT)。

理由は当然ながら神戸・ポートアイランドに設置されているスーパーコンピューターが京から富岳に代替わりしたため。ただ、スパコンの世代交代のたびに名前を変えるのは大変なので、新しい駅名は富岳となるわけではないようだ。ただ富岳の名前は福駅名として付けることも検討されているらしい。駅名を変更するには、交通系ICカードのシステム改修なども必要とされることから、変更は早くとも来年春以降になるとしている。
14231380 story
スパコン

理研寄付の返礼品としてスパコン「京」のCPUが届き始める 9

ストーリー by nagazou
所有欲はそそられる 部門より
昨年の6月に理化学研究所(理研)に5万円以上の寄付金を送ると、先着1000名にスパコン「京」のCPUが提供されるというニュースがあった(過去記事)。この返礼品となるCPUの現物が届き始めたようで、Twitterなどでも到着の報告が上がっている。

届いたCPUには個別にシリアルナンバーが打たれているほか、「京」ロゴ入りの木製の化粧箱に入っている様子がアップされている。記念品としてはなかなかよさげで喜んでいる人も多い模様。なお寄付した人は確定申告を行うことで、税法上の優遇措置が受けられるとのこと(理研プレスリリースTogetter)。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...