パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13645482 story
スパコン

六ヶ所核融合研究所に新たなスパコンが納入される 44

ストーリー by hylom
Crayなのか 部門より
shibuya曰く、

青森県六ヶ所村の六ヶ所核融合研究所に新たなスーパーコンピュータ「六ちゃん-2」が納入されたとのこと(NHK)。

以前計算科学.comtop500.orgが報じていたとおり、Cray XC50が導入された模様。国内では11番目の性能となるそうだ。

このスパコンは2017年に廃止された1.237ペタフロップスのAtos/BullシステムであるHelios社製のものと比べて4倍の性能となる。

13632933 story
スパコン

世界スパコンランキング「TOP500」、2018年6月版が発表される。中国がトップから陥落 42

ストーリー by hylom
勢力図が変わりました 部門より

6月25日、世界スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」およびエネルギー効率の高いスーパーコンピュータランキング「GREEN500」の2018年6月版が発表された(TOP500の発表記事TOP500リストGREEN500リスト)。

今回のランキングでは2016年6月以来トップだった中国「神威太湖之光(Sunway TaihuLight)」が2位に転落、新たに米エネルギー省オークリッジ国立研究所のスーパーコンピュータ「Summit」が1位の座を獲得した(Summit発表時の記事)。米国勢は3位にも米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所の「Sierra」が新たにランクインしている。

4位は中国の「天河2号(Tianhe-2)」。また、5位には新たに産業技術総合研究所の「ABCI」がランクインした(産総研の発表)。

6〜10位は前回5〜8位だった米国のTitan及びSequoia、Trinity、Coriがランクインしている。なお、前回4位だった独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の「暁光(Gyoukou)」はPEZY Computing社の助成金受給疑惑の影響で撤去されたため今回はランクインしていない。

また、GREEN500については前回同様PEZY Computing/Exascalaerが手がけたシステムが1〜3位にランクインした。また、TOP500で1位だったSummitがGREEN500でも5位にランクインしている。

13631949 story
テクノロジー

「ポスト京」の試作CPUが完成 99

ストーリー by hylom
ポストKはARMのOEMとか言い出す人はいないんでしょうかね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

富士通と理化学研究所が新たなスーパーコンピュータに搭載されるというCPUの試作品を発表した(EE Times Japan)。

このCPUは、現在稼働中のスーパーコンピュータ「京」の後継機(Post-K)に搭載される予定とのこと。Post-Kは2021年頃の運用開始を目標に開発が進められており、アプリケーション性能は京の最大100倍、消費電力は京の約3倍の30〜40MW程度を目指しているという。

今回開発されたCPUはARMv8-Aアーキテクチャをベースに富士通が開発したSVE(Scalable Vector Extensions)を採用する。

13621874 story
スパコン

IBMと米エネルギー省、新たなスパコンを発表。中国から性能トップの座を奪還へ 24

ストーリー by hylom
Powerなのか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

6月9日、米エネルギー省のオークリッジ国立研究所がスーパーコンピュータ「Summit」を発表した。ピーク性能は200PFLOPSで、世界最高性能のスーパーコンピュータになるという(MIT Technology ReviewTechCrunch)。

スーパーコンピュータの性能ランキングである「TOP500」では、ここ数年の間中国がトップだった。2017年11月時点でのトップは中国・国家超級計算無錫中心(National Supercomputing Center in Wuxi)の神威太湖之光(Sunway TaihuLight)だったが(過去記事)、Summitはこれよりも60%高性能だという。

Summitは4608ノードから構成されており、各ノードにはCPUとしてIBMのPower9(22コア)2基とNVIDIAのTesla V100 GPUを6基搭載する。システム合計での搭載メモリは10PB以上だそうだ。

13604652 story
ストレージ

世界初という、ヒートパイプ採用型NVM Express接続SSD用ヒートシンク 33

ストーリー by hylom
そろそろファンも付くのでは 部門より

昨今のSSDの性能向上とともに、その発熱についても問題になりつつある。最近のSSDでは温度が一定値を越えると速度を落とすようになっているものもあり、適切な温度管理を行わないとパフォーマンス低下にも繋がる可能性がある。そんな中、台湾CRYORIGがヒートパイプおよびヒートシンクを使ったNVM Express接続SSD向け冷却システムを発表した(PC WatchCRYORIGの発表)。

SSD基板に接触させるベース部分と、ベース部分と直径6mmのヒートパイプで接続されるヒートシンクで構成されている。対応TDPは12W、重量は56g。

13598166 story
スパコン

スパコンの性能向上でハリケーン予測の精度が大幅に向上 38

ストーリー by hylom
パワーこそ力 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

現在ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)には、世界で27番目と28番目に強力なスーパーコンピュータが存在する。これによるコンピューティングパワーの劇的な増加はハリケーン予測精度の劇的な上昇に繋がったそうだ(Ars TechnicaSlashdot)。

2017年に行われた予測では、5日後のハリケーン進路予測位置のずれは155海里にまで減少。これは1998年の進路予測平均誤差で言えば、2日後の数字に値するという。毎年行われている「検証」レポートでは、12時間、12時間、2、3、4と5日間というレンジでの予想でも高い予測精度を出すことに成功したとしている

13575019 story
スパコン

世界4位のスパコン「暁光」、助成金受給疑惑の影響で撤去に 90

ストーリー by hylom
科学技術を振興する気はないのだろうか 部門より

海洋研究開発機構(JAMSTEC)に設置されており、スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」では世界4位にランクインしていたスーパーコンピュータ「暁光」の運用停止と撤去が決まったと報じられている

先日、「科学技術振興機構、ExaScalerに開発を委託していたスパコンの開発中止を決定」との報道があったが、撤去はこれを受けてのもの。ExaScalerはすみやかに運用停止と撤去を行うとしている。撤去されるものの破棄されるわけではなく、ExaScalerは別の場所での再稼働を目指しているという。

科学技術振興機構によるスパコン開発中止決定はExaScalerの関連会社であるPEZY Computingの補助金不正疑惑を受けてのものだったが、暁光に関して技術面での疑義はなかった。

13563070 story
スパコン

NVIDIA、16基のGPUを接続したスーパーコンピュータ「DGX-2」を発表 6

ストーリー by hylom
お値段もスーパー 部門より

NVIDIAが16基のGPUを接続し、8万1920基のCUDA Core、合計512GBのメモリを利用できるスーパーコンピュータ「DGX-2」を発表した(4Gamer)。演算能力は2ペタFLOPS、消費電力は10kWとのこと。

同社はすでにGPUベースのスーパーコンピュータ「DGX-1」や「DGX STATION」を展開しているが(過去記事)、このシステムはこれらの上位機種となり、CPUベースのサーバー300台相当の演算能力を提供できるとNVIDIAのJensen Huang CEOは説明しているという。価格は39万9000ドル(約4,220万円)。

また、同時にCADといった業務使用向けのGPU「Quadro GV100」も発表された(PC WAtch)。こちらは8,999ドルで、メモリは32GB。最大2基のGPUを接続して1つのGPUとして扱う仕組みも備えている。

13558424 story
テクノロジー

情報学研究所などが開発した「量子コンピュータ」システム、当面は量子コンピュータと呼ばない方針に 24

ストーリー by hylom
はしごを外す 部門より

昨年11月、「NTTと国立情報学研究所(NII)、東京大学など、「量子ニューラルネットワーク」なるものを一般公開へ」という話があった。このシステムに対して本当に量子コンピュータなのかという疑問の声も出ていたのだが、内閣府がこのシステムについて、当面は量子コンピュータとは呼ばないことを決めたという(毎日新聞)。

内閣府が専門家7人に問い合わせたところ、量子コンピュータの要件を十分に満たしているかどうかについて疑問の声が出たためにこの決定を行ったという。なお、NII側は「世界最大規模の量子コンピューター」という表記について、開発を行った山本喜久・NII名誉教授個人の見解だったとし、「今回の装置を量子コンピューターと呼ぶのは適切ではない」としている。

13525778 story
お金

ロシアの核関連施設で働く研究者、施設の設備を使って仮想通貨をマイニングしようとして逮捕される 32

ストーリー by hylom
アホがいた 部門より

ロシア・サロフにあるFederal Nuclear Centreで働いている研究者らが、この施設内に設置されているスーパーコンピュータを使って仮想通貨のマイニングを行ったとして逮捕されたそうだ(BBC)。

このスーパーコンピュータはインターネットには接続されていないのだが、マイニングのためにインターネット接続を行おうとしたことがセキュリティ部門によって検出され発覚したようだ。

この施設はロシア政府が運営するもので、施設があるSarovはロシアの地図には記されておらず、訪れるだけでも政府の許可がいるという。

13492919 story
スパコン

NEDO、助成金不正受給疑惑のPEZYに対し補助金交付を当面停止に 58

ストーリー by hylom
何がダメだったのかも分からない状況で 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

助成金の不正受給疑惑がかけられているPEZY Computing社に対し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が当面の補助金交付を停止する措置をとったという(NHK)。

なお、PEZY社の斉藤社長は25日に起訴されており、これを受けてグループ各社の役員を辞任する意向だという。同社は逮捕後も業務を続けているが、社長の起訴や助成金の停止によって業務に影響が発生する可能性がある。

13484581 story
スパコン

NVIDIA、GeForceソフトウェアのデータセンターでの利用を利用規約で禁止 70

ストーリー by hylom
裁判沙汰になってほしいなあ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NVIDIAが一般向けGPUであるGeForceシリーズのソフトウェア(ドライバ)のライセンスを変更し、データセンターへの導入を禁止することが明記されたという(WirelessWire News)。

確かにライセンス文章には、次のような文言が記述されている。

データセンターへの導入の禁止。データセンターへの導入の目的では、本ソフトウェアのライセンスは付与されていません。ただし、データセンターにおけるブロックチェーン処理を行うことは許されます。

このライセンス条項には、GeForceシリーズよりも高価な(だが費用対効果は低い)TeslaシリーズGPUを導入させようという意図があるようだ。

これに対し、NVIDIAは「大学の研究室等での利用を妨げるものではありません」としているものの、NVIDIAがGeForceを使わないよう圧力をかけるような行為を行った事例もあるという(WirelessWire Newsの別記事)。

13480058 story
スパコン

不正受給疑惑で揺れるスパコン「暁光」、アップデートで20ペタFLOPSを達成 106

ストーリー by hylom
中国を抜いて世界一になれる日は来るか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

助成金不正受給疑惑で大揉め中のスーパーコンピュータ「暁光(Gyoukou)」だが、その後も開発は止まることなく、13日にはついに性能が20ペタFLOPSの大台に到達したことが発表された(プレスリリースINTERNET COMITmedia日経ITPro)。

今回の性能向上はソフトウェアの最適化によるもので、LINPACK性能は20.41ペタFLOPS、実行効率は72.4%となり、消費電力当たりの演算処理性能も16.34GFLOPS/Wに達した。暁光は2017年11月のTOP500では僅差で世界4位だったが、今回の結果は世界3位だったスイス「PizDaint」の19.59ペタFLOPSを上回っている。

13471995 story
スパコン

国内1位のスパコン「暁光」を手がけたPEZY Computingの社長ら、助成金をだまし取った疑いで逮捕 147

ストーリー by hylom
陰謀論が出そうだ 部門より

国内トップ性能のスーパーコンピュータ「Gyoukou(暁光)」の開発を手がけたPEZY Computingの社長らが、東京地検特捜部によって逮捕されたと報じられている(日経ITproPC Watch時事通信NHK日刊工業新聞)。

同社は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として複数の技術開発を行っている、その成果として「PEZY-SC」やGyoukouに使われた基幹プロセッサ「PEZY-SC2」などが実用化されている。逮捕理由は、その1つだったメモリデバイス開発事業において事業費用を水増しした実績報告書を提出し、助成金約4億3100万円をだまし取った疑いだという(日経新聞)。

13466136 story
Intel

Intel、コードネーム「Knights Hill」こと第3世代Xeon Phiを開発中止に 63

ストーリー by hylom
複雑な背景 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

インテルのTrish Damkroger氏(VP、Data Center Group and GM of Technical Computing Initiative)は「Unleashing High-Performance Computing Today and Tomorrow」と題するブログ記事にて、次世代Xeon PhiであるKnights Hillの開発を中止することを発表した(ASCII.jp)。

Blog上で述べられている理由は顧客の要望となっており、トランプ政権による科学技術関連の予算の大幅削減により複数あったXeon Phiを用いたエクサスケールに少し足りない案件を取りやめ、エクサスケールの案件一つに絞ったという事情がある。

しかし、ASCII.jpの記事にて大原氏は実情はKnights Hillの製造に用いる予定だったインテルの10nmプロセスの立ち上がりの遅れによるものと推測しており、プロセスの立ち上げを待っていてはHPCでの一番の競合相手であるNVIDIAの製品に大きく遅れを取ることを指摘している。

なお、Xeon Phi自体の開発は続けられている模様で、第4世代のKnights Cove、第5世代のKnights Runはロードマップに残っている。

ただし、現行Xeon PhiであるKnights Landingのチーフアーキテクトを勤めたAvinash Sodani氏は2016年9月にIntelを退社しており、Xeon Phiの開発チームが弱体化しているという噂があることもASCII.jpの記事では指摘している。

参考までに、各Fabのプロセス名と公表されている情報(およびそこから推測される情報)から推定される各プロセスのフィーチャサイズとの対応はこのような関係になっており、Intelの10nmプロセスはArF液浸露光では最も単位面積あたりのトランジスタ数が多いプロセスになる予定である。

難航して当たり前ですね。

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...