パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

13677801 story
携帯電話

Palmブランドの新スマートフォンは3.3インチ画面の小型Android端末? 36

ストーリー by headless
小型 部門より
米Verizonが今年発売すると噂されるPalmブランドの新スマートフォンについて、Android Policeが入手した情報を報じている(Android Policeの記事SlashGearの記事9to5Googleの記事The Vergeの記事)。

現在コードネーム「Pepito」と呼ばれている新端末は、3.3インチ720pのLCDディスプレイを搭載。バッテリーも800mAhと小容量だ。プロセッサーはSnapdragon 435、RAM 3GB、内蔵ストレージ32GB、Android 8.1といったスペックだ。カラーバリエーションはチタンとゴールドの2色、ヘッドフォン端子は搭載されないという。

バックパネルには「PALM」のロゴが入っているが、特にPalmらしい要素はなく、単なる小型端末のように見える。小さい画面と小容量バッテリー、エントリークラスのプロセッサーに3GBのRAMという組み合わせで、位置付けのわかりにくい端末になっている。なお、先日Palm PVG100という端末がFCCとWi-Fi Allianceで承認されているが、これがPepitoのようだ。こちらの情報によると、Wi-Fiは2.4GHz帯のみ対応で、5GHz帯には非対応となっている。
13673494 story
インターネット

デザイナーが勝手に考案したAcrobatアイコンを模したハンガー、Adobe公認で製作へ 36

ストーリー by hylom
まさに変なモノ 部門より

Adobe Acrobatで使われている、ねじれた線のアイコンのデザインを使ったハンガーがノベルティグッズとして製作されることになったそうだ。

このハンガーはデザイナーの大村卓氏が「企業のノベルティを勝手に作る」という活動の一巻で勝手にデザインしてTwitterに投稿したものだったが、これがAdobeの中の人の目に止まり、実際にAdobe公認でノベルティグッズとして製作されることになったという(Adobe Creative Stationブログ)。

「量産は難しいので数量限定」とのことで、製作過程などはブログで報告されるという。

13667998 story
お金

マクドナルド、ビッグマック50周年記念コイン「MacCoin」を世界50か国以上で配布へ、ただし…… 29

ストーリー by hylom
ちょっと欲しい 部門より
headless曰く、

マクドナルドは7月29日、ビッグマック50周年を記念したコイン「MacCoin」を発行することを発表した(マクドナルドのニュース記事グローバル版プレスリリースFOODBEASTBCFocus)。

伝説的なフランチャイズ経営者、故Michael James "Jim" Delligatti氏がビッグマックを考案したのは1965年。1967年にはマクドナルド本社の目に留まり、翌1968年から全米展開となった。

MacCoinは8月2日以降、世界50か国以上の参加店舗でビッグマック購入者に配布される。限定版の「世界通貨」として計620万枚以上が配布され、参加店舗でビッグマック1個と交換できる。この日が配布開始日に選ばれたのは、Delligatti氏の100回目の誕生日にあたるからだという。

MacCoinに現金としての価値はなく、参加店舗で1回来店当たり1個までビッグマックとの交換にのみ使用できる。暗号通貨だと主張するメディアもあるが、コレクターズアイテムにもなるコイン型クーポンであり、実際には通貨ですらない。マクドナルドではオークション出品や売買、複製などをしないよう求めている。交換期限は12月31日まで。

デザインは1970年代から各年代を代表するアイテムを描いた5種類。アラビア語・英語・インドネシア語・中国語・ポルトガル語・フランス語・スペイン語の7か国語版が用意される。なお、残念ながらキャンペーン参加国リストに日本は含まれていない。

13666617 story
Google

Android版Gboard、「sit on」に続く入力候補に「my face and」が表示される 21

ストーリー by hylom
俗語にも詳しいGoogleさん 部門より
headless曰く、

Googleのキーボードアプリ「Gboard」のアンドロイド版で、「sit on」と入力すると次の入力候補に「my face and」と表示される問題が発生し、Googleが修正のロールアウトを開始したそうだ(MashableAndroid Police)。

問題が発生するのはGboardの入力言語で「英語 (米国)」が選択されている場合だ。英語 (米国)と他言語を組み合わせた多言語入力の場合、「sit on」で入力候補「my face and」は表示されないが、「sit on my」まで入力すれば「face」が入力候補として提示される。ただし、米国以外の英語を入力言語にした場合はいずれも表示されない。最初の報告者とされる人の場合、ベビーシッターに連絡しようとして「sit」と入力したら「on my face」という入力候補が表示されたと述べているが、こちらは確認できなかった。

GoogleはBuzzFeed Newsに対し、このような予測入力候補を避けるようにGboardは設計されているが、人間の言語は複雑であり、機械学習モデルを通じて不適切な候補が紛れ込んでしまうと説明している。また、入力候補が不適切であることが判明すれば削除するとのこと。Gboardの「設定」→「テキストの修正」には「不適切な語句をブロック」というオプションがあり、デフォルトでオンになっているが、「sit on my face」では性的ではない単語のみの組み合わせで性的な表現になるため、識別が難しかったのかもしれない。なお、「テキストの修正」で「次の入力候補」をオフにすれば、入力候補は表示されなくなる。

13666588 story
変なモノ

積読(Tsundoku)という単語、海外でも徐々に広まりつつある 67

ストーリー by hylom
国境を越えて普及する新語 部門より

購入したまま読まずに本を積んでしまう「積読」(積ん読)という言葉が海外でも徐々に広まっているそうだ(J-CASTニュースBBC)。

英語では蔵書マニアを意味する「Bibliomania」という単語はあるものの、本を集めるのが目的ではないのに結果的に溜まってしまうという「積読」とは意味合いが異なり、これに正確に合致する単語はないそうだ。しかし、海外でも「積読」をしてしまう人は存在するため、「Tsundoku」という言葉が使われるようになっているという。

13661771 story
変なモノ

Booking.comの低評価レビューに逆切れした高野山宿坊の僧侶が話題に 108

ストーリー by headless
何坊 部門より
高野山の宿坊赤松院の僧侶が海外からの宿泊客がBooking.comに投稿した低評価レビューに逆切れし、罵るような返信をしたことが海外メディアで話題になっている(The Guardianの記事Mashableの記事)。

低評価といっても布団の寝心地や料理の質素さに対する感想や、建物について英語での情報が欲しいといった要望などで、酷評しているわけではない。むしろ他の旅行者からみれば役立つ情報と思われる。一方、赤松院の返信(英語)は「ここは修行の場所だ」「簡単な日本語ぐらい勉強してこい」「西洋人だから特別扱いされると思うな」「興味があるなら頭を丸めろ」「これが日本の精進料理だ、バーカ」といったもの。

その後、赤松院の担当者は真言宗の正式な僧侶であることが判明する。この僧侶は米国生まれだが、15年ほど日本に住んでいるという。The Guardianのインタビューを受けた僧侶は罵るような返信をしたことを後悔し、今後は気を付けると述べる一方、宿泊者の投稿の相手をするのはイライラするとも述べている。高級ホテルのようなサービスを期待する宿泊者もいるため、質素なサービスは意図的なものだと説明しているとのこと。

しかし、英語版Booking.comの情報を見る限りは単なる宿泊施設であり、英語を話すとの記載もある。宿泊者の感想にいちいち目くじらを立てるぐらいなら記載する情報を増やせばよさそうだが、スラドの皆さんはどう思われるだろうか。
13660812 story
プライバシ

Amazonのリアルタイム顔認識システム、米国会議員28名を逮捕歴のある人物と誤判定 59

ストーリー by headless
判定 部門より
米市民自由連合(ACLU)がAmazonのリアルタイム映像分析サービス「Rekognition」を用いて米国会議員全員の顔写真を処理したところ、28名が過去に逮捕歴のある人の写真に一致すると誤判定されたそうだ(ACLUのブログ記事VentureBeatの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

ACLUでは公開されている逮捕者の写真25,000人分を用い、Rekognitionで顔写真データベースと検索ツールを作成。Amazonによるデフォルトの一致検出設定で現職の米国会議員全員(下院429、上院100)の顔写真を処理させたという。使用した顔認識システムはAmazonが一般に提供しているものと同じで、実行に要した費用は12ドル33セントだったそうだ。

現在、非白人の米国会議員は20%だが、逮捕者写真データベースに一致すると誤判定された国会議員28名のうち、39%が非白人だったという。非白人は警察から不利な扱いを受けがちであり、その傾向をRekognitionが強めるのは想像に難くないとのこと。
13656461 story
変なモノ

米国で「天かす火災」ならぬ「トルティーヤチップ火災」が発生 38

ストーリー by hylom
ポテトチップとかでも発生するのでは 部門より

天かすが自然発火し、それが火事の原因になる火災が今年3月発生したが(朝日新聞)、米国ではトルティーヤチップスが同様の原理で発火する騒ぎが起きているそうだ(CNN)。

天かすの自然発火は天かすの酸化による発熱が原因で、特に多くの天かすを製造するような飲食店での火災が多い。いっぽうトリティーヤチップスはトウモロコシ粉でできた生地を薄くのばして揚げたものだが、今回火災が起きたトルティーヤチップス製造工場はチップスの破棄時に砕いて粉状にして箱の中に入れていたとのことで、天かす火災と似たような状況になっていたようだ。

13655086 story
変なモノ

オウケイウェイヴ、自動車に補助輪をつけて発電し「1000倍以上のエネルギー効率化」を目指すシステムを販売へ 150

ストーリー by hylom
原理が分からないのでOKWAVEで聞いてみよう 部門より

情報サイト「OKWAVE」を手がけるオウケイウェイブが、エネルギー関連事業に参入すると発表した

このシステムは、「Gホールディングス」という企業が開発するものだそうで、「自動車の車輪に補助輪をつけて回転させて発電」するというもの。

「カーボンナノホーン技術」によって「最⼤で1,000倍以上のエネルギー効率化(電動率が銅に比べ最大1,000倍以上の可能性)の実現の可能性」があるという。また、発電した電力は「仮想通貨マイニング等にも利用できる」という。

この発表に対しては、「物理学のリテラシーが心配になる」などの声が挙がっている。

なお、カーボンナノホーンはカーボンナノチューブの研究で知られるNECの飯島澄男氏が発見したもので、すでにNECが製造・販売などを行っているNECによる解説記事)。

13655133 story
変なモノ

ジョン・ケージ「4分33秒」の公式アプリがリリースされる 25

ストーリー by hylom
無音の裏にある音 部門より

一定時間の無音を奏でるという楽曲、通称「4分33秒」のスマートフォンアプリが登場したjohncage.orgApp Store)。

このアプリは作曲者のジョン・ケージ氏の権利を持つJohn Cage Trustおよび楽譜出版社ペータース公認のアプリで、いつでもどこでも「4分33秒」のパフォーマンスを楽しめるほか、その際の周囲の環境音を録音して共有する機能も備える。

13654133 story
変なモノ

Google翻訳が世界の終末とイエス・キリストの再臨を予言? 69

ストーリー by headless
翻訳 部門より
Google翻訳で翻訳元に特定の言語を指定して無意味な文字列を入力すると、翻訳結果に意味のある文章が出力されることもあることが話題になっている(The Next Webの記事The Registerの記事9to5Googleの記事Motherboardの記事)。

元は4chanで昨年11月から話題になっていたもので、RedditでもTranslate Gateとしてさまざまな翻訳結果が投稿されている。入力内容としては短い文字列の繰り返しや、意味のある英文フレーズから単語の境界をずらしたもの。翻訳元の言語はソマリア語が中心で、他の言語を指定した翻訳結果も投稿されている。翻訳先言語は英語となっているが、日本語やその他の言語でも同様の内容が出力されるようだ。

たとえば、翻訳元言語にマオリ語を指定して「dog」を「dog dog dog...」のように繰り返し入力していくと、6回繰り返した時点で翻訳結果は「犬の犬の犬の読者の電子メール」となる。さらに繰り返していくと16回で「終わりの日の時計は12時に3分です私たちは世界で文字と劇的な変化を経験しています」となり、17回で「終末期の時計は12時に3分です私たちは文字と世界の劇的な発展を経験しています。これは終了時間とイエスの復帰に近づいていることを示しています」となる。

英文フレーズから単語の境界をずらしたものでは、たとえば「theg re atc ato fthew o rld」をマオリ語から日本語に翻訳すると「最も重要なのはこれを行うことです」、ソマリア語からの翻訳では「それが初めてである」と出力される。

Google翻訳が入力内容とは全く異なる翻訳結果を出力するようになったのは、ニューラル機械翻訳が導入された頃からだという。ニューラル機械翻訳では大量のテキストを使用して学習を行うが、ソマリア語やマオリ語といった話者数の少ない言語では、聖書など多くの言語に翻訳されているテキストの影響を強く受けるとの説もあるようだ。
13644710 story
変なモノ

Redditの「ThanosDidNothingWrong」サブレディット、参加ユーザーの半分をBAN 12

ストーリー by hylom
ネタでBAN 部門より

米コミック出版社Marvelの作品に登場する悪役「サノス」は、作中で宇宙の生命体の半分を消滅させることを画策していた。原作コミックではその目的は好意を寄せた相手の気を惹くためとされていたが、今年公開された映画「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」では設定が変更され、「生命が増えすぎたために平和が失われた」として生命体の消滅を企てている。この設定に影響され、米国の掲示板サイトRedditで「ユーザーの半分をBANしよう」という議論が行われているという(GIGAZINEThe Verge)。

Redditでは話題ごとに「subreddit」というグループが用意されるが、今回の議論は「ThanosDidNothingWrong」(「サノスは悪くない」)というsubredditで行われているとのこと。議論やそれを受けた投票ではこのBANに賛同する声が多く寄せられ、その結果実際にアカウントのBANが行われたという。ただし、BAN対象はこのsubreddit上のOFFICIAL BAN BET THREADに参加したユーザーのみで、ここから無作為に選ばれた半分のユーザーがBANされたという。BANされたアカウントは30万以上に上ったそうだ。

13641544 story
変なモノ

米郵便公社、自由の女神の写真を間違えて350万ドル以上の賠償金を支払うことに 35

ストーリー by headless
女神 部門より
米国郵便公社(USPS)が発行した切手で間違った自由の女神像の写真を使ってしまい、350万ドル以上の損害賠償を払うことになったそうだ(Ars Technicaの記事裁判所文書: PDF)。

USPSは2008年、郵便料金が改定されても追加料金を支払うことなく普通郵便が送れる切手「Forever Stamp」の更新に着手。ニューヨークにある自由の女神像の写真を使用することが決定し、20点以上の写真から1点を選定する。Gettyにライセンス料1,500ドルを支払い、2010年12月に発売された。

ところが、この写真はニューヨークの自由の女神ではなく、ラスベガスのニューヨーク-ニューヨークホテル&カジノに設置されている自由の女神像だった。USPSは翌2011年3月に写真の間違いに気づいたが、著作権表示を追加することもなく2014年1月まで販売を継続したとのこと。

ラスベガスの自由の女神像を作成したのは彫刻家のロバート・デビッドソン氏。それまで自由の女神像の写真にライセンス料を請求することはなかったが、USPSがデビッドソン氏に使用許可を求めることも、作者として表示することもなかったことから連邦請求裁判所に訴えることにしたそうだ。
13640702 story
iPhone

Siri、英国会で不規則発言 8

ストーリー by headless
割込 部門より
英下院で国防大臣のギャビン・ウィリアムソン氏が答弁中、自身の所有するiPhoneのSiriにさえぎられるトラブルが発生した(BBC Newsの記事The Guardianの記事Mashableの記事Softpediaの記事)。

ウィリアムソン氏がシリア-イラク国境の砂漠地帯の安全保障について答弁していたところ、内ポケットから「シリアに関する情報をWebで見つけた」という声が聞こえてくる。ウィリアムソン氏は中断を謝罪。本人所有の携帯電話にやじられるのは珍しいことだと述べ、この機会に国会での新たな取り決めが必要だとも述べている。音声認識ソフトウェアにはセキュリティ上の懸念もあるが、ウィリアムソン氏は機密性の高い会合に持ち込まないとのこと。なお、このiPhoneをウィリアムソン氏は最近使い始めたばかりで、使い方がよくわかっていなかったこともあるようだ。
13639420 story
変なモノ

Sony、予告編と間違えて(?)映画本編をYouTubeで無料公開 16

ストーリー by hylom
Sonyならミスでやりかねない気も 部門より
headless曰く、

Sony Pictures Entertainmentの公式YouTubeアカウントが3日、予告編と間違えて(?)映画本編をYouTubeで無料公開するトラブルが発生したそうだ(TorrentFreakArs TechnicaThe VergeCBR)。

この映画「Khali the Killer」は引退を決めたイーストロサンゼルスのヒットマンが最後の仕事で難しい選択を迫られるといった内容で、約90分の作品だ。IMDBによると昨年11月にドイツとオランダでDVD/Blu-rayが発売され、今年2月にMammoth Film Festivalで上映されているが、現在まで劇場公開はされておらず、8月31日に米国で劇場公開予定となっている。

しかし、YouTubeで公開された「予告編」のタイトルは「KHALI THE KILLER: OFFICIAL RED BAND TRAILER Now on DVD & Digital」となっていたようだ。動画は6時間ほどで削除されたが、本物の予告編はアップロードされないままだ。

公開から削除までの時間が長すぎることから、実際には間違ったのではなく宣伝ではないかとの見方も出ている。そもそも間違うような場所に映画全編の動画が保存されているのか、8月に本当に劇場公開されるのかなどといった疑問もある。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...