パスワードを忘れた? アカウント作成

13166531 story
国際宇宙ステーション

SpaceX、歴史的な発射台LC-39AからのFalcon 9ロケット打ち上げに成功 7

ストーリー by hylom
民間でも使えるのか 部門より
headless 曰く、

SpaceXは19日、国際宇宙ステーション(ISS)の補給ミッション(CRS-10: PDF)のため、Dragon宇宙船を搭載したFalcon 9ロケットの打ち上げを実施した(SpaceXのツイート[1][2][3]NASAのツイート動画The Vergeの記事[1][2])。

打ち上げが行われたケネディ宇宙センター第39複合発射施設のLC-39Aは、アポロ11号やスペースシャトルの打ち上げに使われた歴史的な発射台だ。SpaceXは2014年にNASAと20年間のリース契約を結んでいるが、実際の打ち上げに使われたのは今回が初めてとなる。もともと今回の打ち上げはケープカナベラル空軍基地の発射台を使用する予定だったが、昨年9月に発生した打ち上げ前試験中の爆発事故による損傷が大きく、LC-39Aに変更されたとのこと。

Falcon 9ロケットは東部時間19日9時39分(日本時間19日23時39分)に打ち上げられ、約10分後にDragon宇宙船を予定軌道に投入。打ち上げは成功した。Dragon宇宙船は打ち上げから約2日後にISSとドッキングする。約1か月後には地球へ帰還し、メキシコ・バハカリフォルニア沖の太平洋上に着水する予定だ。

ロケット第1段は打ち上げから約8分後にケープカナベラル空軍基地のLanding Zone 1(LZ-1)に着陸し、回収も成功している。今回の打ち上げは東部時間18日10時1分(日本時間19日0時1分)の予定だったが、ロケット第2段の問題を確認するため13秒前になって中止となり、翌日に延期されていた。

13161681 story
インターネット

Microsoftプレジデント兼最高法務責任者曰く、サイバー攻撃から民間人を守るデジタルジュネーブ条約が必要 21

ストーリー by headless
条約 部門より

Microsoftのプレジデント兼最高法務責任者のブラッド・スミス氏は14日、サイバー攻撃から民間人を守るデジタルジュネーブ条約の必要性をRSA USA 2017のキーノートで語った(キーノートMicrosoft On the Issuesの記事The Registerの記事)。

戦時下の民間人は1949年以来、ジュネーブ条約第4条約により保護されてきた。しかし、現代では平和時においても国民国家によるサイバー攻撃により、民間人の安全が脅かされている。スミス氏の提唱するデジタルジュネーブ条約は、こういった脅威から民間人を保護するものだ。

具体的なデジタルジュネーブ条約の内容としては、以下のような項目が挙げられている。

  1. テクノロジー企業や民間企業、重要なインフラをターゲットにしない
  2. サイバー攻撃を検出・抑制・対応・復旧できるよう民間企業を支援する
  3. 脆弱性を悪用せず、ベンダーに報告する
  4. サイバー兵器の開発を制限する
  5. サイバー兵器の拡散を防止する
  6. 攻撃的な活動を制限する
13156898 story
テクノロジー

「破壊ボタン」付き携帯電話を実現できるシステム 21

ストーリー by hylom
本当に需要はあるのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

「スパイ大作戦」などのフィクションでは、レコードやテープレコーダーが再生後に煙を出して再利用できなくなるのが定番。アブドゥラ科学技術大学の技術者らが、こうした自己消滅ガジェットを実現できる機構を開発したそうだ(Yahoo!NewsSlashdot)。

このシステムは、摂氏80℃以上になると急膨張するポリマー層を使ったもの。このポリマーをデバイスに組み込み、「破壊ボタン」などの指示を受けた際に電極によってポリマー層を加熱するというものだそうだ。ポリマー層は加熱されると10~15秒以内に元のサイズの約7倍に膨張し、これによってデバイス内のコンポーネントが破壊され、格納されている情報が消えるという仕組み。このシステムを既存の携帯電話に組み込むコストは15ドルほどになるようだ。

なおYahoo! Newsの記事では、このシステムが実用化されるまではSamsung Galaxy Note 7を利用する必要があるとしている。

13147483 story
Intel

IntelのAtom C2000シリーズに不具合、最悪システムが起動しなくなる可能性 52

ストーリー by hylom
初期は問題ないというあたりがキツい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

IntelのAtom C2000シリーズプロセッサに不具合が発見された。最悪システムの起動ができなくなる可能性もあるという(Registertom's HARDWARE)。

問題の不具合は2017年1月に明らかにされたもので、SoCのLPC_CLKOUT0とLPC_CLKOUT1端子が機能しなくなる可能性があるというもの。これによってシステムが恒久的に起動しなくなったり、停止する可能性がある。数年に渡って高い頻度で利用するような環境下で回路が劣化すると発生するというものらしい。

なお、このプロセッサを搭載している製品を発売しているCiscoが「Clock Signal Component Issue」という文書を出している。この文書によると、製品を使い始めてからだいたい18か月後に問題の発生率が増加するとされている。また、問題が発生した機器は停止し、起動せず、修復は不可能になるという。Ciscoの文書には詳細は記されていないが、Registerの記事ではAtom C2000シリーズプロセッサの不具合が影響しているのではないかと推測されている。

13147478 story
JAXA

「こうのとり」6号機、ミッション終了。デブリ除去実験のためのワイヤー打ち出しは行えず 19

ストーリー by hylom
次善の策 部門より

JAXAの宇宙輸送船「こうのとり」6号機が宇宙ゴミ除去実験のためのワイヤー打ち出しに失敗したことは先に報じられていたが、その後再打ち出しは行えず、そのまま大気圏へ突入し燃え尽きた(NHKJAXAの発表)。

こうのとり6号機は国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送のために2016年12月9日にH-ⅡBロケットによって打ち上げられ、その後14日にISSに結合された。今回輸送された物資にはISS用の新型バッテリや小型衛星放出機構、超小型衛星などが含まれており、新型バッテリについては2017年1月にISSへの取り付けが完了している。その後1月27日にISSより分離され、2月5日に大気圏に再突入した。

スペースデブリの除去実験では、先端に「エンドマス」と呼ばれる重量物を付けた縄状の「テザー」をこうのとりから射出し、伸びたテザーに電流を流す実験が予定されていたが、エンドマスの放出に失敗したため、テザーの伸展に関する実験は失敗に終わった。エンドマスを固定している4本のボルトのうち、1つが切断できなかったのが原因では無いかと見られている。

いっぽう、電子放出素子から電子を放出してこうのとりの帯電状態を制御する実験については成功した。導電性テザーを使ったデブリ回収ではテザーに流れる電流によってテザーに発生するローレンツ力を制御してデブリの軌道を変えることを目指しており、その電流生後はデブリ除去システムで重要な役割を果たしている。

13144416 story
国際宇宙ステーション

長期間の宇宙滞在、腸内細菌のバランスが変化する一方で多様性は変化しない 11

ストーリー by headless
腸内 部門より
1年近くにわたり国際宇宙ステーション(ISS)に滞在したNASAのスコット・ケリー宇宙飛行士の生物学的変化について、一卵性双生児のマーク・ケリー宇宙飛行士を比較対象とした研究で、腸内細菌に関する研究を担当するノースウェスタン大学が予備的な研究結果を発表している(ノースウェスタン大学のニュース記事NASAの記事The Vergeの記事)。

スコット宇宙飛行士は宇宙滞在中、主要な2つの腸内細菌グループであるフィルミクテス門とバクテロイデス門の細菌のバランスが変化したという。しかし、地球に帰還すると出発前のバランスに戻ったそうだ。また、宇宙滞在中も腸内細菌の多様性に変化が見られなかったことは驚くべき発見だとしている。

一方、同期間中を通して地球にいたマーク宇宙飛行士の場合、腸内細菌グループのバランスに大きな変化はみられなかったとのこと。なお、一卵性双生児といっても環境や食事が異なるため、すべての時点で2人の腸内細菌の分布は異なっている。

ケリー兄弟を対象にした長期の宇宙滞在における生物学的変化の研究は、NASAの資金提供により10チームがそれぞれ異なる分野を担当して進められている。各チームの研究成果は先日、NASA Human Research Program Investigators' Workshopで初めて共有された。

現時点で得られたデータの意味は判明していないが、研究を通じて火星への有人ミッションのような長期間の宇宙滞在で、宇宙飛行士の健康維持につながる知見を得ることが期待されている。
13142980 story
JAXA

こうのとり6号機、宇宙ゴミ除去実験のためのワイヤー打ち出し失敗 16

ストーリー by hylom
リベンジなるか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

国際宇宙ステーション(ISS)への補給任務を終え、先日28日にISSから分離した補給機「こうのとり6号機(HTV6)」による宇宙ごみ除去実証実験が、ワイヤーの打ち出し失敗のため中断されたという(sorae.jpNHK)。

今回の宇宙ゴミ除去実証実験「KITE」は、長さ700メートルの「テザー」と呼ばれる導電性ワイヤーを展開して電流を流すことでローレンツ力を発生させ、スペースデブリのスピードを落として大気圏に落下させるというもの。しかし、今回ワイヤーを打ち出すことができなかったため、実験そのものが行えない状況となっているそうだ。

JAXAはこうのとり6号機が大気圏へ突入する直前となる2月4日までに再度ワイヤーの打ち出しを試みるとしている。

13142979 story
ハードウェア

Apple推奨のLG製5Kディスプレイ、WiFiルータの近くに設置すると不安定または使用不能に 40

ストーリー by hylom
電波のせい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

AppleがMac向けの5Kディスプレイとして推奨している「LG UltraFine 5K Display」を無線LANルーターから2メートル以内の場所に設置して利用するとトラブルが発生するそうだ。

具体的な問題としては、MacBook Proとの接続が切れたり、Macがフリーズするといった現象が発生するという。米9to5MacがLGのサポートに問い合わせたところ、これは27インチ版モニターに既知の問題であり、ルーターから2メートル以内の距離で使うと「不安定」になったり「使用不能」になったりするという(TechCrunch ITmediaThe VergeSlashdot)。

解決策としてWi-Fiルーターから2メートル以上離して置くようユーザーに推奨しているとのこと。LGは、この問題は5Kディスプレイでのみ発生する問題だと説明している

13142060 story
クラウド

GitLab.comが誤って本番DBを削除、バックアップも取れていなくて大騒ぎに 57

ストーリー by hylom
なぜバックアップが取れていないのだ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ソースコード管理サービスを提供するGitLab.comが1月31日、管理者の操作ミスにより本番DBのデータ300GBを誤ってディレクトリごと削除してしまい、サービス停止状態に陥ったことが明らかになった(公式報告のGoogle DocPublickeyThe RegisterSlashdot)。

GitLab.comはオープンソースのソースコード/プロジェクト管理ソフトウェアGitLabを使ったホスティングサービスを提供するクラウドサービスで、GitリポジトリやWiki、Issue管理といった機能を提供している。報告によると、同社では31日、スパムユーザーの負荷によりセカンダリDBに異常が発生したことから、セカンダリをクリーンしてからレプリケーションを復旧する作業を実施していたとのこと。しかし作業がうまくいかず、再度セカンダリをクリーンしようとして、誤って残るプライマリをクリーンしてしまったという。同社は直ちにバックアップからの復旧を試みるも、5系統あるはずのバックアップはいずれもエラーなどで実は機能していないという事が判明、一時騒然となった。なお失われたDBはIssueやMergeリクエストのもので、Gitリポジトリ本体とWikiは無傷だという。

その後、たまたま作業の6時間前に取られていたスナップショットが思いだされ、これを元に復旧作業が進められているのだが、タレコミ時点では何故かその様子がYouTubeでライブ配信されるという不思議なことになっている。なおミスを起こしたYP氏は「もう今日は自分がこれ以上sudoコマンドを実行しない方がいいだろう」と語っているという。

13140073 story
Mozilla

Firefox / Thunderbird 52.0ベータ版が公開 18

ストーリー by hylom
次のESR 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

3月7日(米国時間)のFirefox / Thunderbird 52.0のリリースを前に、それぞれのベータ版が公開されました。52.xは延長サポート版(ESR)でもあるため、ぜひテストへ参加してバグ報告をお願いします(Firefox 52.0ベータ版のリリースノートThunderbird 52.0ベータ版のリリースノート)。

動作環境は、Thunderbird 52.xもFirefoxと同じくWindows Vista / XPで動作する最後のバージョンになりそうです。Thunderbird 53でも、意図的に動作しないよう変更されています(Mozillaの公式ブログ)。

また、影響はほとんどないと思いますが、ThunderbirdにはFirefoxと同じようにプラグインなどの変更が行われています。そのほかThunderbird 52.0では、他言語版に合わせて日本語版も送信メール本文の既定のテキストエンコーディングがUTF-8に変更されました。Thunderbird 45.xまでの既定値はISO-2022-JPでしたが、ヘッダーはUTF-8固定されていたので、UTF-8に対応できていない環境はThunderbirdから送られてきたメールの件名などが文字化けし、すでに問題を把握していると思います(Mozilla JapanによるIssues:Thunderbird/SeaMonkey の既定のテキストエンコーディングを UTF-8 に変更する)。

日本語UIに関しては表記ルールが改訂され、長音付加などが行われました。ユーザーマニュアルなどの作成では、注意が必要です(もじふぉ)。

13139550 story
Chrome

Chrome 57ではプラグイン設定ページが廃止される 12

ストーリー by hylom
拡張機能もあるから紛らわしい 部門より
headless 曰く、

Google Chrome 57では「プラグイン」設定ページ(chrome://plugins)が廃止されるそうだ(Google Chrome Help Forumの記事BetaNewsの記事)。

プラグイン設定ページにはChromeにインストールされているプラグイン(≠拡張機能)が表示され、個別に無効化したり、常に実行を許可するかどうかを指定したりできる。しかし、 Chromeでは2015年にNPAPIプラグインのサポートが廃止されており、プラグイン設定ページの必要性がほとんどなくなっていることが廃止の理由だ。また、ほとんどのユーザーはFlashを知っていても、「プラグイン」が何かを理解している人は少ないことも理由として挙げられている。FlashやPDFビューアについては、「設定→詳細設定を表示→コンテンツの設定」(chrome://settings/content)で設定を変更できる。

13138182 story
バイオテック

長期の宇宙滞在における生物学的変化、一卵性双生児の宇宙飛行士で確認される 6

ストーリー by hylom
比較実験 部門より
headless 曰く、

NASAでは長期の宇宙滞在における宇宙飛行士の生物学的変化について、一卵性双生児であるNASAのスコット・ケリー宇宙飛行士とマーク・ケリー宇宙飛行士からサンブルを採取して研究を行っている。その研究結果の一部が、NASA Human Research Program Investigators' Workshopで発表された(NatureSlashGearThe Verge)。

ISSでレタスを栽培し、枯れそうになっていたヒャクニチソウ花を咲かせたスコット宇宙飛行士は、2015年から2016年にかけて宇宙に340日間滞在し、過去の宇宙滞在を含めると合計520日となる。マーク宇宙飛行士は既に退役しているが、2001年から2011年の間に4回のスペースシャトルミッションで合計54日間宇宙に滞在した。2人は同じ遺伝子を持ち、同様の生活体験をしているが、スコット宇宙飛行士は1年近く継続的にISSに滞在していた。その結果、遺伝子から腸内細菌まで幅広い変化が見られたようだ。

スコット宇宙飛行士のテロメアの長さは科学者の予想に反し、宇宙滞在中にマーク宇宙飛行士よりも長くなったそうだ。しかし、地球帰還後は比較的速く元の長さに戻ったという。原因については科学者が研究を進めており、別途実施されている他の宇宙飛行士10名のテロメアに関する研究も2018年までに完了する。これらの研究により、より詳しく宇宙飛行がテロメアに及ぼす影響がわかってくる可能性もある。

また、スコット宇宙飛行士のDNAメチル化は宇宙滞在中に減少し、同期間のマーク宇宙飛行士は増加している。こちらもスコット宇宙飛行士の地球帰還後、2人とも元のレベルに戻った。現時点では、これが何を意味するのかは明らかになっていない。一方、遺伝子発現シグネチャーは環境の変化に伴って変動するが、スコット宇宙飛行士は宇宙環境で大きなストレスを受けたためか、通常よりも変動が大きかったとのことだ。

13134871 story
ロボット

精密な眼科手術を行えるロボット、昨年9月に初手術を行っていた 31

ストーリー by hylom
最新ロボット 部門より

目の外科手術を行う「革新的なロボット」が登場したそうだ(MIT Technology Review翻訳記事Slashdot)。

このロボットはオランダのPreveyes BV社が開発したもの。「Robotic Retinal Dissection Device」(R2D2)と名付けられており、カメラ映像を見ながらジョイスティックで操作することで精密な手術が行えるという。去年9月、オックスフォード大学にてこのロボットを使った手術が行われたそうで、ロボットを使った目の外科手術は初めてとのこと。9月以降、ほかに5人の患者が手術を受けているという。

近年ではこれ以外にもロボットを使った手術は広まっており、米国では「Da Vinci」という外科ロボットが心臓疾患などの手術に使われているそうだ。なお、R2D2のコストはおよそ100万ドル程度だという。

13132181 story
ニュース

味の想像ができないカップ麺、次々登場 75

ストーリー by hylom
どん兵衛だけ正攻法 部門より
manmos 曰く、

一昨年、明星食品がチョコ味のカップ焼きそばを発売し、去年末には同じく明星食品がいちごショートケーキ味のカップ焼きそばを発売した。明星食品には、「社内にそういう『遊び心』があって『おかし』なカップ麺を発売したのか」と思いきや、今度はカップ麺の王者とも言える日清食品が看板商品である「カップヌードル」および「どん兵」、「焼きそば U.F.O」の「変わり種味」を「じゃぱん♥ぬーどるず」と題して1月23日に発売した。

発売されたのは抹茶仕立てのシーフード味の「カップヌードル 抹茶」と、肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどんという「日清のどん兵衛 すき焼き」、梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶」。

まあ日清食品が作るんだからそれなりのものには仕上がっているのでしょうが、私にはよくわかりません。

13130435 story
iPhone

iPhone 7に登録したSuicaはiCloudからサインアウトすると利用不可になる 37

ストーリー by hylom
冗長化されていない 部門より

iPhone 7ではFeliCa対応機能が搭載され、Suicaなどの電子マネーやクレジットカードを登録することでiPhoneをいわゆる「おサイフケータイ」のように利用することが可能になった。しかし、iPhone 7に登録した電子マネーはiCloudからサインアウトするとiPhoneへの登録が解除され、iCloudへのサインイン後に再度登録を行う必要があるそうだ(「非天マザー by B-CHAN」ブログ)。

また、いったん登録解除したSuicaは解除から24時間経たないと再登録が行えないとされており、これはSuicaの仕様だそうだ。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...