パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13535335 story
Android

開発終了したデータ節約アプリ「Opera Max」をSamsungが引き継ぐ、ただし…… 6

ストーリー by headless
復活 部門より
開発終了が昨年発表されていたAndroid用データ節約アプリ「Opera Max」をSamsungが引き継ぎ、「Samsung Max」としてGoogle Playで再公開した(プレスリリースSamsung Mobile Pressの記事Android Policeの記事The Vergeの記事)。

Samsung Maxはアイコンが赤から青に変更され、UIデザインもSamsung風になっているが、主な機能はOpera Maxと同様で、パッケージ名も変更されていない。インストール件数もOpera Maxから引き継がれているようだ。ただし、Google PlayではGalaxyシリーズの一部機種のみ限定での提供となっており、他機種はGoogle Playで非対応機種としてブロックされる。他社製の端末でOpera Maxを利用している場合、現時点ではSamsung Maxにアップデートするとサービスが利用できなくなるとのこと。なお、Android PoliceによればAPKを入手すれば他社製の端末にもインストールでき、利用も可能だという。

Android Policeの検証によると、広告の多さもOpera Max時代から変わっていないそうだ。利用時間制限を解除する代わりに充電時の画面に広告が表示されるVIPモードはPremiumモードに名称が変更されているが、Opera MaxではVIPモードを有効にしなくても利用できたアプリ管理機能がPremiumモード限定になっているとのこと。Android Policeでは、最高1,000ドルも払ってGalaxyデバイスを購入したユーザーに提供するアプリで多数の広告が表示される点を批判している。また、(このようにひどいアプリが)一部の新興国市場向けのGalaxy A/J シリーズにプリインストールされる点についても、残念(ユーザーが気の毒)だと述べている。
13535139 story
iPhone

米カリフォルニア州サクラメント郡、Appleからの緊急通報誤発信が相次ぐ 16

ストーリー by headless
発信 部門より
米国・カリフォルニア州サクラメント郡で昨年10月以降、Appleの施設から緊急通報用電話番号911への誤発信が相次いでいるそうだ(CBS Sacramentoの記事The Guardianの記事Mac Rumorsの記事9to5Macの記事)。

発信元の住所はサクラメント郡エルクグローブのApple Distribution Centerで、発信元の電話に向かって話しかける人はいないが、バックグラウンドでApple製品の修理などについて話す声が聞こえることもあるという。エルクグローブ警察の通報センターが受けたAppleからの誤発信は毎日20本ほど、累計でおよそ1,600本にのぼる。現在のところ実際の緊急対応には影響していないが、生死を分ける貴重な時間が奪われているとのこと。サクラメント郡保安官事務所の通報センターでも、同様の誤発信を1月1日以降47本受けているそうだ。

Appleは誤発信がエルクグローブの修理・整備施設からのものであることを認め、問題が継続しないよう捜査機関と協力して 原因を調査していると述べている。誤発信元のデバイスがiPhoneなのかApple Watchなのかについては言及していないが、問題が始まったのはiOS 11で緊急SOS機能利用可能になった時期以降のことだ。また、Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)では、iPhoneやWi-Fiに接続しなくても緊急SOS機能が利用できるようになっている。
13534759 story
スポーツ

SpaceX、Falcon 9ロケットから切り離したフェアリングのキャッチに挑戦 23

ストーリー by headless
捕逸 部門より
SpaceXは22日、Falcon 9ロケットによるレーダー衛星 PAZの打ち上げミッションをバンデンバーグ空軍基地 SLC-4Eで実施した(The Vergeの記事The Registerの記事Ars Technicaの記事The Next Webの記事)。

PAZは打ち上げから約11分後に地球低軌道(LEO)へ投入され、打ち上げは成功した。また、今回の打ち上げにはSpaceXのStarlink衛星デモ機2機(Tintin A/B)が相乗りしており、こちらもLEOへの投入に成功して通信を確立している。StarlinkはSpaceXが計画する衛星コンステレーションで、ブロードバンド接続を12,000機の人工衛星で中継して地球に提供するというものだ。イーロン・マスク氏によると、Starlinkは「The Fault in Our Stars」にインスパイアされた名称だという。SpaceXでは米連邦通信委員会(FCC)に申請書を提出しており、FCC委員長のアジット・パイ氏は計画を支持する意向を示している。

今回はペイロードを保護するフェアリングのキャッチに初挑戦している。キャッチャーミット(巨大なネット)を搭載したボートMr. Steven(名前は適当だという)は、落下位置を数百メートル外してキャッチに失敗しているが、船上カメラがとらえた海上に浮かぶフェアリングの半分に目立った損傷はないという。このフェアリングは6百万ドルとのことで、マスク氏はどうしても回収したいようだ。マスク氏はパラシュートがもう少し大きければキャッチできていたと述べており、次回のキャッチ試行はいつかという質問に1か月ほど先と回答している。なお、Falcon 9ロケット第1段は昨年8月のFORMOSAT-5打ち上げミッションで使用したもので、今回は回収を行わなかった。マスク氏によれば、旧バージョンなので回収しなかったとのことだ。
13534744 story
インターネット

トイレの個室の利用状況を確認できる無線デバイス 65

ストーリー by headless
金物 部門より
hylom 曰く、

総合金物メーカーのシブタニが、トイレの個室の施錠・解錠情報を無線で収集できる「SWITCHSTRIKE AIR」を3月末に発売する(プレスリリースケータイWatchの記事)。

トイレ個室の施錠金物に無線通信デバイスを組み込んだもので、施錠・解錠の際にスイッチが押されることで発電を行い、その電力で無線通信を行って施錠・解錠情報を伝えるという。これを利用することで遠隔からトイレの利用状況を確認できるほか、トイレ利用に関する統計情報などを収集できる。メーカー希望小売価格は15,000円(税別)。

公衆トイレの清潔化や設備の充実、モバイルデバイスの普及などにより、1人当たりの個室トイレ利用時間が長くなっていることから、都市部を中心に利用効率が低下しているという。シブタニは利用情報を共有して利用効率を改善するためにトイレ金物のIoT化を考案したとのこと。サンプル出荷は既に始まっており、2月6日から京都・元離宮二条城の大休憩所トイレで試験運用を行っているそうだ。

無線通信ユニットは光や温度、振動などの微弱なエネルギーを電力に変換して通信する自己発電型IoT「EnOcean」規格のもので、ロームが提供している。この製品ではEnOceanの送信モジュールとスイッチ用発電モジュールを組み合わせているとのことだ。

13534567 story
ソフトウェア

Microsoft Store、名称に「Windows」を含むサードパーティアプリを禁止? 39

ストーリー by headless
削除 部門より
Microsoftがアプリストア「Microsoft Store」で名称に「Windows」を含むサードパーティアプリの削除を開始したという話が出ている(Softpediaの記事WindowsArea.deの記事Dr. Windowsの記事)。

発端となったのは、Microsoft関連のニュースを紹介するドイツのWebサイト「WindowsArea.de」と「Dr. Windows」に対し、各サイトの公式アプリが名称に「Windows」を使用するなどMicrosoftの商標権を侵害している、という通知が10日にMicrosoft(の委託を受けたAppDetex)から送られたことだ(Softpediaの記事[2]Born's Tech and Windows Worldの記事)。

両サイトは情報交換し、いずれの通知も米国でのアプリ提供を問題視していたことから、ドイツ語圏限定での公開に変更したという。ところが、Microsoftから再度の連絡はないまま、WindowsAreaの公式アプリが16日にMicrosoft Storeから削除されたとのこと。
13534081 story
Facebook

Facebookの広告担当副社長、ロシアの広告は大統領選挙を動かすものではなかったと発言し批判される 10

ストーリー by hylom
果たして真偽のほどは 部門より

Facebookの広告担当副社長が、Facebook上でロシアが世論操作目的で広告を出したとされる問題について、「大統領選挙を動かすような内容ではなかった」と発言している(AFP)。

同氏の見解は、ロシア介入疑惑捜査を率いるロバート・モラー特別検察官の起訴内容に反したもの。モラー特別検察官は16日、ロシア国籍の13個人と3企業を米大統領選に介入したとして起訴している。起訴内容によると、SNSへの広告はロシアの活動の一部に過ぎないという。

起訴状ではFacebookには35回言及されていると。のちにRob Goldman氏はFacebook社内のスタッフに「個人的な見解を社内調整なくツイートしたことをお詫びする」という内容の謝罪メッセージを送ったとしている(BBCWIREDSlashdot)。

13534037 story
Wikipedia

Wikipediaの「エンゲル係数」ページで編集合戦 118

ストーリー by hylom
Wikipediaをウィキと略すな問題 部門より

Wikipediaの「エンゲル係数」ページで、短時間の間に繰り返し編集が行われて内容が変えられる「編集合戦」が発生し、一時的に編集が行えない編集保護状態になっている(同記事に対するノートページ)。

背景については毎日新聞が報じているが、2013年以降4年連続で日本の2人以上の世帯のエンゲル係数が上昇しており、国会でこれを指摘された安倍総理が物価変動のほか食生活や生活スタイルの変化が原因で必ずしも生活が苦しくなっているのが原因というわけではないという旨の答弁を行ったのが発端のようだ。

13533960 story
Chrome

Android版Chrome 64、共有したWebページURLから不要なパラメーターを除去する機能が実装される 9

ストーリー by hylom
不具合がないか心配 部門より
headless曰く、

Android版のChrome 64で、表示中のWebページを共有する際にURLから不要なパラメーターが除去されるようになった(Android PoliceThe Verge9to5GoogleMashable)。

パラメーター除去は、Chromeのメニューから「共有」を選択した場合に行われる。たとえばAmazonの商品詳細ページのURLには非常に長いパラーメーターが付加されるが、Chromeで共有するとページの表示に不要な部分がすべて削除される。一方、Googleの検索結果URLにも非常に長いパラメーターが付加されるが、こちらには効果がないようだ。

この変更はGoogleのガイドライン「重複したURLを統合する」に関連するとみられている。このガイドラインでは、サイト内で同じ内容のページに複数のURLからアクセスできるようになっている場合などに、正規ページのURLを指定することを推奨している。実際のところ、Webページがlinkタグで正規ページを指定している場合には、正規ページのURLが共有される。そのため、不要なパラメーターだけでなく、ページ内アンカーの指定なども除去されてしまう。逆にパラメーター除去の行われないGoogleの検索結果ページの場合、正規ページURLが指定されていない。

スラドの場合、Idleセクションのストーリー「https://idle.srad.jp/story/18/02/18/081222/」にAppleセクションのURL「https://apple.srad.jp/story/18/02/18/081222/」でアクセスできるように、各セクションのストーリーに別のセクションのURLでアクセスすることもできるが、正規ページとして指定されているのは元のセクションのURLだ。そのため、別のセクションのURLで開いたページでは、元のセクションのURLが共有されることになる。また、モバイルページの場合はデスクトップ版のURLが共有される。同様の現象はモバイル版のWikipediaなどでも発生するようだ。

なお、現在表示しているページのURL全体が必要な場合、アドレスバーのURLを選択してコピー・共有すればいい。

13533958 story
電力

熊本県の新電力会社・熊本電力が仮想通貨採掘に参入、余剰電力を活用 31

ストーリー by hylom
太陽からの恵み? 部門より

熊本県の新電力会社・熊本電力が採掘事業を行うOZマイニングを設立し、仮想通貨採掘(マイニング)事業に参入するという(マイナビニュース)。

熊本電力は2012年に設立された、太陽光発電などを手がけるテイクエナジーコーポレーション傘下の新電力会社。OZマイニングはマイニング施設の提供やクラウド型マイニングサービスの提供を行うとのことで、熊本電力から低廉な電力の供給を受けることで低コストでのマイニングが行えるという。

13533168 story
Wikipedia

Wikimedia Foundation、Wikipediaの通信料が無料になる「Wikipedia Zero」を終了へ 2

ストーリー by hylom
環境変化 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Wikipediaを運営するWikimedia Foundationが行っていた、主に発展途上国でのWikipediaに関する通信料を無料にするプロジェクト「Wikipedia Zero」が2018年中に終了されることが発表された(公式ブログGIGAZINESlashdot)。

Wikipedia Zeroは2012年に企画されたプログラムで、各国の通信業者との協力で運営されていた。しかしWikimediaによると、2016年以降このプログラムへの賛同や興味が大きく低下しており、現在のパートナーとの関係もその多くが2018年に終了することからプロジェクト終了に至るようだ。

13533167 story
インターネット

田舎のブロードバンドやモバイル接続環境を改善するため、英国政府と英国国教会が提携 30

ストーリー by hylom
神のご加護でインターネット 部門より
headless曰く、

英国政府と英国国教会は18日、田舎のブロードバンドやモバイル、Wi-Fi接続環境を改善するための提携に合意したことを発表した(英デジタル・文化・メディア・スポーツ省の発表英国国教会の発表The VergeRegister合意書:PDF)。

イングランドでは英国国教会の教区の3分の2が田舎にあり、モバイルやWi-Fiの空白地帯になっているところも多いという。教区教会はコミュニティの中心に位置することから、接続環境を提供するのに適している。教区教会による自主的なブロードバンドやモバイルサービス提供は既に120か所以上で実施されており、教会の塔や尖塔に無線基地局を設置するほか、アンテナや光ファイバーケーブルの設置なども行われているそうだ。

今回の合意は各教会にブロードバンドやモバイルサービス提供を強制するものではなく、それぞれが自主的に決定する必要がある。政府では引き続きブロードバンド/モバイルプロバイダーに対し田舎でのインフラ投資を呼び掛ける一方で、教会との協力を推奨し、教会に対しては必要なアドバイスやリソース、トレーニングなどを提供するとのことだ。

今回の合意についてデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣のマット・ハンコック議員は、教会は地域の中心かつ価値ある資産であるとし、接続環境を強化して人々の生活を改善することで、15世紀の建物であっても英国の未来に役立つことを意味すると述べている。

13533077 story
お金

ハイパーインフレのベネズエラ、紙幣不足で電子マネーの普及が進む 55

ストーリー by hylom
需要と供給 部門より

経済危機を迎えているベネズエラではインフレが続いており、昨年には2616%という記録的なインフレ率が達成されてしまった。そのため紙幣が不足しており、結果として電子マネーが普及することになっているそうだ(ロイター)。

ベネズエラでは銀行のATMから現金を引き出しにくい状況になっており、その結果多くの市民が複数の決済アプリを利用するようになったという。ただ、通信インフラがまだそれほど発達していないことからアプリが使えない状況に陥ることもあるようだ。

なお、ベネズエラのマドゥロ大統領はこの経済危機を脱すべく、ベネズエラの原油や金、ダイヤモンドなどの天然資源を担保とした仮想通貨を売り出そうとしているという。背景には、米トランプ政権がベネズエラに対し国債や国営石油会社の社債の新規取引を禁じる経済制裁を行っているため、国債での資金調達が難しいと言うことがあるようだ(WEDGE Infinity)。

13533063 story
ゲーム

艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 101

ストーリー by hylom
またTwitterが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

22日10時から11時ごろ、人気ゲーム「艦隊これくしょん」(艦これ)の公式Twitterアカウント(艦これ開発・運営)のアカウントが凍結された(Togetterまとめハフィントンポスト)。

Twitterではアイコンの著作権者を名乗って削除を要求したり、投稿しているコンテンツが違法なものだと主張するなどの手口で不正に通報を行って自動的にアカウントを凍結させる行為が横行している。

Twitterの苦情処理はほぼ自動化されており、攻撃者が同様の通報を繰り返すことで、被害者の行動と関係なく、意図を持って繰り返し不正行為を行ったと認識させられるといわれる。日本の支社は実際の運営業務に触れる権限を持たず、サンフランシスコ本社が直接運営するTwitterでの日本語圏への注力は年々減っているのが実情だ。

艦これ運営によると、凍結されたアカウントで使用されていたアイコン画像について、偽名等の第三者から「自身が描いたものだ」との虚偽通告が行われ、その結果著作権侵害ということでアカウント凍結が行われたという。

また、DMCAによる申し立て情報のデータベースを確認すると、「https://twitter.com/KanColle_STAFF」に対し複数のDMCA Takedown Noticeが行われていることが確認できる。

また、艦これ公式だけでなく、艦これの開発を行っている角川ゲームス角川ゲームス社長のアカウントも凍結されている模様。

13533052 story
ソフトウェア

フライトシミュレーターのアドオンにマルウェア、開発元は海賊版対策だと説明 16

ストーリー by hylom
定期的にこういった話が出るね 部門より
headless曰く、

フライトシミュレーター「Prepar3d」用のサードパーティ製アドオンにマルウェアが含まれていることが判明したのだが、その後奇妙な展開になっている(TorrentFreakArs TechnicaMedium)。

問題のアドオンはFlight Sim Labs(FSLabs)製の「A320-X」。このアドオンのインストーラーに含まれる「test.exe」がGoogle Chromeに保存されたオンラインサービスのユーザー名とパスワードを抽出するツールであることがRedditで報告された。公式インストーラーがマルウェアを含んでいることへの批判が出る一方、最初の投稿者はFSLabsが故意に行ったことかどうかはわからないなどとも述べていた。

これに対し、FSLabsのLefteris Kalamaras氏がtest.exeはDRMの一部だと説明。海賊版のシリアルキーを検出した際にパスワードを抽出し、犯罪者と戦うために裁判で使用するためのもので、正規ユーザーの環境に展開されることはないと述べている(FSLabsのアナウンス)。そのため、test.exeが展開されたRedditの投稿者は正規ユーザーではないと指弾する。なお、Redditの投稿者はFSLabsの製品を使っているわけではなく、内容を確認しただけだと説明している。

しかし、海賊版利用者だからといってパスワードを盗み出せば、それ自体が犯罪となる。Mediumの記事ではインストーラーを実行するとシリアルキーを入力する前にtest.exeが展開されるとし、FSLabsの説明に嘘があることを指摘している。その後、FSLabsではマルウェアを除去したアドオンを再公開し、同社の海賊版対策はやりすぎであったと謝罪した。

13532315 story
Facebook

Facebook、選挙関連の広告主の身元をはがきで確認する方針 15

ストーリー by hylom
ちゃんとした工作員ならそのへんも対処しそう 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Facebookが米国内における選挙関連の広告について、身元確認を厳格化する方針を明らかにした(ReutersSlashdot)。

2016年の米大統領選では、SNS上でロシアが偽ニュースなどを拡散させていたことが明らかになっており、問題視されていた(過去記事)。こういった偽ニュースによる選挙への介入を防ぐため、今後Facebookは選挙関連の広告についてはがきでの身元・住所確認を行うという。

対象となるのは出馬する特定個人に言及した広告で、問題提起型の政治広告は対象外だそうだ。

typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...