パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

16268319 story
JAXA

JAXA、2016~2017年に行われた閉鎖環境研究での「不適切行為」で古川宇宙飛行士らを処分 18

ストーリー by nagazou
あらら 部門より
11月25日、JAXAは6年前に実施された「長期閉鎖環境(宇宙居住環境模擬)におけるストレス蓄積評価に関する研究」で研究データのねつ造や改ざんにあたる行為があったことを発表した。問題となったのは古川聡宇宙飛行士が研究代表者を務めた研究で、古川飛行士の直接的な関与はないものの、監督責任を問い処分する方針としている(JAXA報告書Yahoo!ニュース個人朝日新聞産経新聞TBS NEWS DIG)。

あるAnonymous Coward 曰く、

不適切行為」が確認されたのは、スラドでも2015~2016年にかけて募集記事が掲載された「長期閉鎖環境(宇宙居住環境模擬)におけるストレス蓄積評価に関する研究」(過去記事その2その3)。この研究は一般からも注目を集め約1万1000人が応募、40名が参加するものとなったが、報告書によれば2017年に、捏造や改竄ととられかねない杜撰なデータ管理や、心理状態の変化を測定するとしながら評価基準を定めないまま研究を開始していたといった問題点が多数露見、最終的に2019年に研究が打ち切られたとのこと。研究の責任者としては3名が名を連ねており、そのうち1名は古川宇宙飛行士であったことから、大きく注目を集める事態となっている。

16166583 story
JAXA

日本初の月面着陸を目指した探査機「OMOTENASHI」、通信安定せず着陸断念 30

ストーリー by nagazou
オモテナシされず 部門より
先日、NASAのSLSで打ち上げられた日本の探査機「OMOTENASHI」(オモテナシ)だが、JAXAは月面着陸への挑戦を断念したと発表した。OMOTENASHIは日本初の月面着陸を目指していた。しかしOMOTENASHIと地上との通信が安定しない状況が続き、太陽電池パネルが光を受けられないことから、月に向けた軌道修正などが行えない状況になっていたという。このため22日未明にかけて計画していた月面着陸への挑戦を断念したとしている(NHKNHKその2)。

JAXAによれば「着陸に入る前の挑戦断念で、失敗以上の失敗だった」とし想定外の事態だったそうだ。探査機は引き続き復帰作業を継続、宇宙空間における放射線量の計測といった月面着陸以外のミッションの遂行を目指す方針であるとしている。
16158942 story
NASA

NASA、超大型ロケットSLSによるArtemis I ミッションが打ち上げ成功 20

ストーリー by nagazou
ようやく 部門より
4000トンの推力を持つNASAの巨大ロケット「SLS」初号機が午前1時47分(米国東部標準時)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。宇宙船は予定どおりロケットから切り離され、月に向けて飛行を続けている(NASA SLS公式TwitterNHK毎日新聞ナショナルジオグラフィック)。

NASAは2025年を目標に、アポロ計画以来となる宇宙飛行士による月面着陸を目指す「アルテミス計画」を進めており、今回の打ち上げはその初期段階となる。今回は無人の試験飛行で、飛行士の代わりにマネキンを乗せ、人体への影響を調べる。日本のJAXAの2基の小型探査機なども搭載している。そのうちの一つである「オモテナシ」は日本初の月面着陸に挑戦する予定。
16157714 story
JAXA

日本人宇宙飛行士搭乗など、月周回有人拠点ゲートウェイのための日米間の協力に関する実施取り決め 11

ストーリー by headless
協力 部門より
文部科学省は 18 日、月周回有人拠点「ゲートウェイ」のための日米間協力に関する実施取り決めに永岡桂子文部科学大臣と NASA のビル・ネルソン長官が署名したと発表した。署名後、国際宇宙ステーション (ISS) の 2030 年までの運用延長に政府として参加することも公表された (文部科学省の発表 [1][2]JAXA のニューストピックス)。

これについて あるAnonymous Coward 曰く、

今回合意されたのは ISS とアルテミス計画の以下の4項目のようだ。日本人の月面着陸については未定となっている (毎日新聞の記事産経ニュースの記事)。

  • ISS 運用への 2024 年以降の参加
  • 月ゲートウェイのバッテリーや生命維持装置などの提供
  • 月ゲートウェイへの補給船による物資輸送
  • 月ゲートウェイに日本人宇宙飛行士 1 名が搭乗
16095548 story
JAXA

H3ロケットの燃焼試験 (CFT) が終了、年度内の打ち上げに前進 30

ストーリー by nagazou
いよいよ 部門より
JAXAは7日、H3ロケット初号機の「実機型タンクステージ燃焼試験」(CFT)を実施した。試験は無事に終了したとのこと。H3の初打ち上げは2年ほど遅延しているが、先のCFT終了に伴いほぼ全ての試験が完了、打ち上げを待つ状態となったようだ(TECH+NHKTBS NEWS DIG)。

あるAnonymous Coward 曰く、

今回行われたのは発射台で実際のロケットにメインエンジンを取り付けて燃焼させる「実機型タンクステージ燃焼試験」(CFT)。機材のトラブルから試験開始は遅れたものの、エンジンは無事25秒間の燃焼を完了した。データの確認はこれからだが、CFTが終われば次は打ち上げとのことで、年度内の初号機打ち上げに向けて弾みがつきそうである。

15828922 story
JAXA

イプシロンロケット6号機、2段目姿勢制御装置に異常。H3に同型の部品を使用 32

ストーリー by nagazou
原因究明 部門より
先日、打ち上げに失敗したイプシロンロケット6号機だが、JAXAが18日、文部科学省の部会で原因についての説明をおこなった。JAXAの説明によると、6号機は2段目と3段目の分離可否判断の時点で目標姿勢からズレが生じており、地球を周回する軌道に投入できないと判断され、離陸後6分28秒後に飛行中断に至ったとしている(JAXAプレスリリース毎日新聞時事ドットコムYahoo!ニュース個人)。

失敗の原因に関しては第2段エンジンの姿勢制御装置「RCS」の一つに異常が起きていたという。ロケット第2段に搭載された2系統の姿勢制御機器「RCS」の一方で推進薬が正常に流れず、機体が目標の姿勢から大きく傾いたことから飛行中断に至ったとしている。現在開発中の次世代ロケット「H3」では同型の部品を使っており、開発に影響することが懸念されている。
15820692 story
JAXA

JAXAのイプシロン6号機、打ち上げ失敗 74

ストーリー by nagazou
残念 部門より
12日午前9時50分、鹿児島県で打ち上げられた国産小型ロケット「イプシロン」6号機の打ち上げが失敗した。打ち上げ直後にロケットに異常が発生したため、指令センターから破壊指令を送られ処理がおこなわれた。6号機では初の商業衛星2基を含む研究用衛星8基を載せていた。イプシロンの初の打ち上げ失敗は今回が初めて。JAXAが打ち上げを失敗したのは2003年の「H2A」6号機以来の2003年以来で19年ぶり(NHK日経新聞朝日新聞)。

JAXAの打ち上げ責任者を務める布野泰広理事は12日の記者会見で「期待に応えられず、深くお詫びします」と謝罪した。失敗の原因は調査中だとしている。6号機は宇宙ビジネスの発展の役割を期待されていただけに、今後のJAXAの宇宙ビジネスに影響する可能性があるもある(ITmedia)。

あるAnonymous Coward 曰く、

今回の打ち上げでは、イプシロンとして初めて商業衛星も搭載していたということでなおさら残念である。JAXAのロケットの打ち上げ失敗は2003年のH-IIA 6号機以来で、その後は50回以上失敗は無かった。現行のイプシロンは今回が最後の打ち上げで、来年からは改良型の「イプシロンS」ロケットとなる予定だったため、そちらに合わせて今回の対策も入ることになるだろう。

15816493 story
国際宇宙ステーション

2002 年以来初めてロシアの宇宙飛行士が米宇宙船に搭乗する Crew-5 ミッション、打ち上げ成功 7

ストーリー by headless
成功 部門より
NASA と SpaceX は日本時間 6 日、Crew Dragon 宇宙船で国際宇宙ステーション (ISS) にクルーを輸送する Crew-5 打ち上げミッションを実施した (NASA のプレスリリースSpaceX の打ち上げ情報Ars Technica の記事動画)。

ケネディ宇宙センター LC-39A で Falcon 9 ロケットによる打ち上げが行われたのは日本時間 6 日 1 時。打ち上げは成功し、日本時間 7 日 6 時 1 分 ISS にドッキングした。Falcon 9 ロケット第 1 段はドローン船 Just Read the Instructions 上に着陸し、回収にも成功している。

Crew-5 ミッションで ISS へ向かったのは NASA のニコール・マン宇宙飛行士とジョシュ・カサーダ宇宙飛行士、JAXA の若田光一宇宙飛行士、ロスコスモスのアンナ・キーキナ宇宙飛行士の 4 人。NASA とロスコスモスはソユーズに米宇宙飛行士が乗り、米民間宇宙船にロシアの宇宙飛行士が乗る座席交換計画を進めていた。

ウクライナでの緊張を受けて実現は疑問視されていたが、7 月には NASA とロスコスモスが座席交換に正式合意。キーキナ宇宙飛行士は 2002 年のスペースシャトルミッション以来、初めて米宇宙船に搭乗したロシアの宇宙飛行士となった。
15778910 story
JAXA

H3ロケットのエンジン改修に目処、2022年度内に初打ち上げへ 37

ストーリー by nagazou
前進 部門より
JAXAは次期主力ロケット「H3」について、メインエンジンの開発の見通しが立ったとして、今年度中の初号機打ち上げを目指すと発表した。「H3」は「H2A」の後継機として開発中だったが、メインエンジンの不具合が原因で、2020年度の打ち上げ計画から2度ほど延期、その後は具体的な打ち上げの目標時期は示していなかった。11月に予定する実機での燃焼試験を経て判断するが、現時点ではエンジンの試験は順調だという。9月1日に記者会見した岡田匡史プロジェクトマネージャは「エンジン問題へのある程度の見通しが立った」と話している(H3ロケット開発状況に関する記者説明会NHK日経新聞)。
15766058 story
アメリカ合衆国

アメリカン航空、Boom Supersonic製の超音速旅客機を20機購入 42

ストーリー by nagazou
超音速 部門より
アメリカン航空は、米新興航空機開発製造会社「Boom Supersonic(ブーム・スーパーソニック)」が開発している超音速旅客機「Overture(オーバーチュア)」20機を購入すると発表した。最初の20機についてはすでに返金不可の手付金を支払った模様(アメリカン航空リリースImpress WatchHYPEBEAST.JPAviationWire)。

今年7月にロンドン近郊で開かれたファンボロー航空ショーでの発表では、Overtureではアフターバーナーを使わずに超音速を実現するいわゆるスーパークルーズに対応する。米ノースロップ・グラマンとの提携も発表している。ただエンジンに関しては当初計画の3基から4基に増やすなどの変更がされたようだ。離陸時には、世界初の自動騒音低減システムを採用することで、世界初の超音速旅客機であるコンコルドで問題となった騒音レベルを低減するとしている。

Boom Supersonic製のこのOvertureに関しては、2021年6月にユナイテッド航空が15機を購入する契約を結んでいる。Boom SupersonicとはJALも2017年に資本業務提携を締結。2020年代半ば以降に20機の購入を計画しているという。
15765084 story
JAXA

「レディース服にポケットがない!」の声。国内主要ブランドに問い合わせも 111

ストーリー by nagazou
スマホが入るポケット需要はあるだろうなあ 部門より
ポケットを備えたレディース服の需要は以前からあったものの、こうした機能を備えた製品はなかなか存在しないことが、SNS上では以前から指摘されていたそうだ。歴史的に女性らしいシルエットを重視したデザインの服飾が多く、大きいもしくは深いポケットなどを備えた製品は非常に少ないのだという。この話題を取り上げているねとらぼとJ-CASTの記事ではそうなった歴史的な経緯と現時点での不満意見などが掲載されている(ねとらぼJ-CAST)。

こうした意見は国内外で出ていることから、ねとらぼ編集部がアパレルメーカー各社に問い合わせをおこなったという。記事で名前が挙がったのは「ユニクロ」「アダストリア」「洋服の青山」「無印良品」「ワークマン」「ワールド」「オンワードホールディングス」「しまむら」となっている。多くは実質無回答であだったり、回答そのものがなかったりする例が多かった。ただビジネス系の洋服を展開している青山やワークマンに関しては、需要に応じた具体的な対応を行っているとの回答があったようだ。
15752482 story
国際宇宙ステーション

ロスコスモス幹部曰く、技術的に可能な限り国際宇宙ステーションの運用に協力する 21

ストーリー by headless
協力 部門より
NASA が SpaceX Crew-5 ミッションに向けて 4 日に開催したプレスブリーフィングにロスコスモス幹部のセルゲイ・クリカレフ氏が出席し、ロシアは技術的に可能な限り国際宇宙ステーション (ISS) で他のパートナーと運用に協力していくと発言したそうだ (Ars Technica の記事The Register の記事SpaceNews の記事)。

ロスコスモス CEO に就任したユーリー・ボリソフ氏は 7 月、現在の協業合意が満了する 2024 年以降に ISS を撤退すると述べたが、この発言は少なくとも 2024 年まで ISS を撤退しないということであり、(2024 年以降すぐにでも撤退するというニュアンスの) 報道は発言の意図が翻訳で失われたものだとクリカレフ氏は指摘する。ISS の運用はいずれ終了することになるが、現在はロスコスモスも運用を延長する方向で作業を進めているという。

ロスコスモスの有人宇宙飛行担当エグゼクティブディレクターを務めるクリカレフ氏は ISS 第 1 次長期滞在クルーであり、NASA 幹部からの信頼も厚い。ロシアのウクライナ侵略で複雑な地政学的状況にあるものの、先週開催された ISS パートナーで構成する多国間運営委員会でも共同運用の継続は支持されているとのことだ。
15739476 story
JAXA

JAXA、スクラムジェットエンジンによる超音速燃焼飛行試験に成功 33

ストーリー by headless
成功 部門より
JAXA は 24 日、観測ロケット S-520-RD1 の超音速燃焼飛行試験を内之浦宇宙空間観測所で実施した (プレスリリースNHK ニュースの記事MBC ニュースの記事)。

S-520-RD1 実験は防衛装備庁安全保障技術研究推進制度で 2017 年度に採択された委託研究「極超音速飛行に向けた、流体・燃焼の基盤的研究」を受けたもので、JAXA は音速の 5 ~ 6 倍以上の極超音速でも使用可能な空気吸い込みエンジン (スクラムジェットエンジン) を研究している。

打ち上げが行われたのは日本時間 7 月 24 日 5 時 0 分 0 秒。ロケットは正常に飛翔し、打ち上げ 206 秒後に最高高度 168 km へ到達、412 秒後に内之浦南東海上へ落下した。これにより観測ロケット S-520-RD1 実験は終了となった。
15734430 story
国際宇宙ステーション

NASA とロスコスモス、宇宙船の座席交換に正式合意 9

ストーリー by headless
合意 部門より
NASA とロスコスモスは 15 日、国際宇宙ステーション (ISS) へのクルー輸送ミッションにおける宇宙船の座席交換に正式合意した (TASS の記事SpaceFlight Insider の記事Ars Technica の記事NASA の声明)。

米民間機による ISS クルー輸送ミッションが実現し、NASA が高価なソユーズの座席を購入する必要はなくなったが、宇宙船の相互利用には外交上の利点だけでなく運用上の利点もある。ロシアのウクライナ侵略を受けて実現には疑問符が付く中、ロスコスモスのアンナ・キーキナ宇宙飛行士と NASA のフランク・ルビオ宇宙飛行士はそれぞれ Crew Dragon の Crew 5 ミッションとソユーズの MS-22 ミッションに搭乗すべく準備を進めていた。

NASA の声明によると、9 月には計画通りルビオ宇宙飛行士が MS-22 ミッション、キーキナ宇宙飛行士が Crew-5 ミッションに搭乗し、来春には NASA のローラル・オハラ宇宙飛行士が MS-23 ミッション、ロスコスモスのアンドレイ・フェディアエフ宇宙飛行士が Crew-6 ミッションに搭乗するという。座席交換にあたり、フライト以外の経費も含めて金銭的やり取りは一切ないとのこと。NASA は 5 つの宇宙機関 (CSA・ESA・JAXA・NASA・ロスコスモス) のすべてが ISS の維持に欠かせないことを強調している。

キーキナ宇宙飛行士は 15 日にロシアのテレビ局 Rossiya-24 のインタビューに対し、米国での訓練にあたって国際情勢の推移による影響はなく、相互に良好な関係が保たれていると語ったという(TASS 英語版の記事)。キーキナ宇宙飛行士は 2002 年のスペースシャトルミッション以来、初めて米宇宙船に搭乗するロシアの宇宙飛行士となる。
15717538 story
JAXA

はやぶさ2プロジェクトは終了、新たに「はやぶさ2#」へ 58

ストーリー by nagazou
新体制へ 部門より
JAXAは、はやぶさ2プロジェクトを6月30日に解散すると発表した。体制を見直して若手を中心とした新チームに移行する。新チームでは2031年に別の小惑星を目指す計画で、名称を新たに「はやぶさ2拡張ミッション(Hayabusa2 extended mission)に変更し、今後も研究を継続するとしている。新チームはその下の宇宙科学研究所に置き、人員と予算規模を縮小することになるという。(小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会[PDF]毎日新聞産経新聞)。

またこれに合わせてチームの名称も「はやぶさ2拡張ミッションチーム(Hayabusa2 extended mission team)に、ミッションの愛称に関しても「はやぶさ2#、Hayabusa2# (読み方:ハヤブサ・ツー・シャープ)」に変更されるとのこと。

tori_sanpo 曰く、

持ち帰ったサンプルの分析はこれからもずっと続きますが
探査機としての「はやぶさ2」プロジェクトは終了し
これからは
・新たな天体探査
・「はやぶさ2」成果の学術価値促進・発展
を目的とした「はやぶさ2#」プロジェクトへ

• 正式な名称
  はやぶさ2拡張ミッション、Hayabusa2 extended mission
• 探査機名称
  小惑星探査機「はやぶさ2」、Asteroid Explorer “Hayabusa2”
• チームの名称
  はやぶさ2拡張ミッションチーム、Hayabusa2 extended mission team
• ミッションの愛称
  はやぶさ2#、Hayabusa2# (読み方:ハヤブサ・ツー・シャープ)
  半角文字で表記するときには#(番号記号、パウンド、ハッシュ)を使う。
  全角文字で表記する場合は♯(シャープ記号)でも#(番号記号)でもよい。
  #(SHARP)=Small Hazardous Asteroid Reconnaissance Probe
  (地球に衝突する可能性がある小さいが危険な小惑星を調査する探査機の意)

typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...